まえがき「HALJ式 英語学習メソッド」

(2015年10月20日に更新)
これから紹介する英語学習法は、帰国子女ではない日本人が、また英語圏の高校・大学・大学院に通ったことがない普通の日本人が最速・最短で英語を身に付ける方法です。

この学習法は自分自身の米国への留学、またフィリピン・セブ島にある語学学校サウスピークをすでに卒業した1,000人以上の人達の経験を踏まえた上で確立したものです。そして、学習法の目標は下記の2点です。

目標(1) 「聞く・読む・話す・書く」、4つの英語力を全て伸ばす。試験対策だけでなく、現実の場で英語を使いこなせるようになる。

目標(2) 客観的な目標として、TOEIC(R)試験で860点、TOEIC SW試験で360点、という第2言語として十分に英語を使いこなせる水準を目指す。

この2つの目標は20歳、30歳、40歳、50歳、もしくはそれ以上の年齢からでも可能です。私自身も英語学習をやり直した28歳の時点では英語で「話す」「書く」がほとんど全く出来ませんでした。

日本人が最速・最短で英語を身に付ける方法をこれからこのウェブサイトにて紹介していきます。そして、ここで紹介する英語学習法が他の多くの英語学習法と最も異なるのは著者個人の体験を語るだけでなく、他の多くの英語学習者の体験をまとめているという点です。

もともとは「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」という書籍で私個人の学習法を発表しました。その後様々な形でフィードバックをいただき、この英語学習法をさらに改良しました。特に語学学校サウスピークの生徒の方々から多くのフィードバックと改善の知恵をいただきました。

現在私はサウスピークという語学学校の英語学習アドバイザーを務めており、サウスピークを開学して最初の2年で1,000名以上の生徒向けに個別の英語学習カリキュラムを作成しました。そして、生徒の方々には「中学で英語に挫折した初級者」から「TOEIC900点以上の上級者」と非常に幅広いレベルの方々に向けてカリキュラムを作成しました。この体験、1,000人以上の人達に向けて学習カリキュラムを提供することで気付き発見した英語学習法、いただいたたくさんのフィードバックを踏まえた上で改良された英語学習法をここでみなさんに共有致します。

この英語学習法を活用することで、しなくてもよい苦労をすることなく、最速・最短で英語を身に付けて下さい。

著者 柴田浩幸 @HAL_J のプロフィール

はるじぇー写真
20代後半にアメリカにインターンシップ留学をし、その留学体験を通じて学んだ学習法を「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」としてまとめ、書籍を出版する。

その後、オンライン英会話のマーケティング担当を経て、2013年にフィリピン・セブ島に語学学校サウスピークを開学。

現在サウスピークの英語学習アドバイザーを務める。サウスピークが開学して2年で1,000名以上の生徒に個別学習カリキュラムを作成。今でも毎週20~30人の生徒向けカリキュラムを作成しています。

著書に「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン語学留学」。

Twitter ID @HAL_J

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
柴田 はるじぇー @HAL_J
  • twitter

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」