マンツーマンレッスン2
マンツーマンレッスンで自分が話したい話題について徹底的に話すのがSpeakingレッスンです。

Speakingクラスの目的

主に英文音読&英作文クラスTOEICスピーキング/ライティング試験対策 スピーキングクラスで学んだ内容を踏まえて、「話す力」を高めるのが英会話レッスンです。サウスピークではこの英会話レッスンとグループレッスン、またスピーチレッスンの3つのレッスンを利用して実践的な英会話能力を習得します。

Speakingクラス 主なカリキュラム内容

徹底的に反復自己紹介
自己紹介を徹底的に繰り返すことで、英語を滑らかに話す技術を身につけます。特に自分に関することを話す技術が向上します。
英語で初対面の人と行うのが自己紹介であるため、この徹底反復自己紹介は、その後の人生においても必ず役にたちます。
主にTOEIC600点未満の人たちで英会話能力に自信のない生徒向けにこの反復自己紹介の受講をお勧めしています。

自分が作った英文エッセイを元に自由に英会話
レッスン前に英文エッセイを作成し、その英文エッセイをレッスン中に添削してもらいます。そしてレッスン中にはその英文エッセイの話題について徹底的に話し続けます。 自分自身に関すること、日本に関すること、フィリピンに関することなど好きな話題を選んで話してください。また、特定の分野についての英語表現に詳しくなりたい場合には、同じテーマで何回も何回もフィリピン人講師と話して下さい。そして、英会話能力を高めてください。

【教材例】フィリピンのことを知る際の教材としては「地球の歩き方 フィリピン」をレッスン中に使用するのがお勧めです。この地球の歩き方を元ネタにして英文エッセイを作成しましょう。 シヌログ
上記のような写真をレッスン中に使用し、フィリピンについての知識も深めましょう。

Speakingクラスを受講するのにおすすめの方

このSpeakingクラスは下記の4つの条件のいずれかに当てはまる人にお勧めです。
・すでに一定のインプット学習を終えている方。(TOEIC700点以上の方)
・サウスピークでの留学終了までの期間が残り3週間以下になっている方。
・長期留学で気分転換をしたい方。受講頻度は3週間に1度程度がお勧め。

Speaking Lessonに関する余談

このSpeakingクラスの「自分が作った英文エッセイを元に自由に英会話」は私がNew Yorkで行っていたLanguage Exchangeがそもそもの始まりになります。以下、当時Language Exchangeについて当時書いた記事です。

試行錯誤のはじめてのLanguage Exchange
(記事本部からの抜粋)
私達も最初は試行錯誤でした。そして結局辿りついたのが「毎回話題になる書籍・雑誌・参考書といった会話のネタを持参してそれについて話す」というものです。もちろん私は持参する資料を全て事前に読破して、疑問点をまとめて当日Jangに質問します。

この方法だとLanguage Exchangeを有意義に進める事ができると思います。