フィリピン留学で3つの語学学校を経験し、TOEIC380点から760点まで向上されたAsukaさんが語る、サウスピークと他校の違い

dsc02798

プレミアム校舎のBess講師と。

名前 Asukaさん
職業/年齢 大学生・休学中/21歳
留学期間 計20週間 ※他の語学学校からサウスピークへの転校
開始時の英語力 380(L:255 R:125)→最新スコア 760(L:390 R:380) 380点アップ!

英語初級者の私にとって、「成果の出る学習カリキュラム」「日本語の参考書が使える」ことは大きなメリットだった

ーー3つの学校で留学されましたがいかがでしたか?

もともと私は、他の語学学校でフィリピン留学をスタートさせました。その後、インターネットでサウスピークを見つけてサウスピークに留学、その次にまた別の学校に留学をしました。その3つで終わる予定だったのですが、サウスピークでの留学が良かったので、再度サウスピークに戻ってきました。

合計で20週間留学をしました。

ーーそうだったんですね。サウスピークはウェブサイトを見て選んでいただいたということですが、当時Webサイト見ていただいて、どうお感じになられたんでしょうか。

掲載されている留学体験談のページを拝見して、正直、「こんなに英語学習が上手くいく訳がない!英語の習得はこんなに簡単じゃない!」と思っていましたね(笑)

ーーAsukaさんご自身にサウスピークのフィリピン留学を体験していただけたかと思いますが、そんな簡単ではないですよね(笑)そんなサウスピークでしたが、実際に留学してみて他の学校とどこが違いましたか。

成果の出る学習カリキュラムがあるかないか、という点で大きく他校とは違っていました。

私はサウスピークに来たとき、TOEIC 380点という、いわゆる「英語初級者」だったんです。英語学習をし始めたばかりの時って、何が自分の弱点なのか、何をどのように勉強すればいいのかすらも、わからなかったんですよね。

でもサウスピークの学習カリキュラムには「どの参考書を使って、予習・復習でリスニング学習・音読学習を1日何回取り組めばいい」ということまで詳細に記されているので、迷うこともありませんでした。

(参考記事:3ヶ月でTOEIC試験の点数が200点上がる学習カリキュラム

以前通っていた他の語学学校では事前に予習ができないだけではなく、授業に行くまでは、「今日なんのためにどのような勉強・授業をするのか」がわからない状態だったんです。それに、英語や韓国語で書かれた海賊版教材を使用していたので、英語で文法を勉強するしかありませんでした。

私は幸運にも、サウスピークで指定された『中学英文法をひとつひとつわかりやすく』などの日本語の文法参考書を持ち合わせていたので、それらで基本知識を抑えることができました。

(参考記事:日本で販売されている英語参考書を教材として使えます。

 

正しい発音の方法を、舌の位置や口の開け方まで詳細に教えてもらえたのはサウスピークだけでした

−− サウスピークの名物授業、発音矯正レッスンはいかがでしたか。

サウスピークの発音矯正レッスンは、英語を発音する際の舌の位置や口の開け方まで、すべての説明が詳細だと感じました。例えば、講師が絵を描いたり、手を使ったりするなど、視覚的にわかりやすい教え方をしてくれたんです。他の語学学校では、発音が正しいかどうかをフィリピン人講師が聞き分けているだけで、「どうすれば正しく発音できるのか」という丁寧な説明はしてくれませんでした。

dsc02461

講師が描いた、舌の位置を示す絵。

−− 発音矯正レッスンを受けて、何かご自身の変化を感じますか。

授業で「リンキング※(ふたつの単語を繋げて一つの単語として発音すること)」について学んでから、洋楽を半分くらい理解できるようになったんですよ!

洋楽歌手って、単語1つ1つを明確に発音することはなく、それぞれの単語をくっつけて発音するんですね。なので、たとえその単語自体を知っていたとしても、リンキングした後の音を知らなければ、聞き取ることができないんです。そういった「リンキングした単語」をたくさん聞き取れるようになりました。

真剣に英語学習に邁進する生徒、既に英語力が高くてもより高みを目指す生徒さん達が、モチベーションの源泉

ーー他に、サウスピークと他の学校との顕著な違いはありますか。

サウスピークの生徒は、英語学習へのモチベーションが非常に高かったことがとても印象的でした。他の学校には「セブ島で遊ぶために来た」と言い切る生徒がいるほど(笑)、その語学学校の生徒の英語学習に対する意識は低かったと思います。

しかし、サウスピークには「英語力を向上させたい」という想いを持っている生徒さんがたくさんいて、常に刺激を受けることができました。今自分のサウスピーク留学を振り返っても、周囲で勉強に励む彼らのおかげでここまで頑張れたのだ、と思います。

ーー特に刺激を受けた生徒さんのことを教えて下さい。

dsc01853

卒業生のErikoさんとBess講師

例えば、卒業生のErikoさんは、英語力も高く英語学習への姿勢も真剣で、私の中で憧れの存在でした。

フィリピン留学に来ていたとしても、日本では一切英語を話していないわけですから、やはり英語を話すこと自体に心理的な抵抗が生まれがちでした。しかし、学校の外で話すときでさえ、常に英語で話しかけてくれました。

彼女がChit Chat Time(※サウスピーク・プレミアム校独自のプログラムのひとつ。英語に触れる機会を増やしたい生徒が自主的に参加できる勉強会)で英語を話す姿を見ていても、とても刺激になりました。「英語力の高いErikoさんですら未だ果敢に、英語を話すために努力しているのに、私が努力しない理由はあるのだろうか」と、英語学習をするだけでなく、実際に英語を話すことの努力をするようになりましたね。

dsc02417

プレミアム校で行われている「Chit Chat Time」に参加するAsukaさん。

−− 学習意欲の高い生徒さんが周りにいたことで、ご自身の英語学習に対するモチベーションを保ち続けられたのですね。

英語初心者レベルの人にこそサウスピークに来て、何物にも代えがたい「仲間」に出会って欲しい

ーー最後に、Asukaさんのように「英語初級者」レベルから英語学習を始めようと思っている方にメッセージをお願いします。

どんなに英語力が低い状態でのスタートだったとしても、モチベーションの高い英語学習者のみなさんと勉強し続ければ、必ず英語力は伸びます。私も以前、「英語を勉強したところで、どうせ一生できるようにはならないだろう」と思っていた時期もありました。でも、サウスピークで共に勉強する仲間達と切磋琢磨し、英語学習での理解を深めた瞬間に、英語自体を好きになれるんです。

そんな以前の私のような英語初級者の方にこそ、サウスピークに来て英語力を伸ばして欲しいと思います。

ーー素敵なお話、ありがとうございました!今後もご自身の目標に向けて、高めた英語力を活かして頑張って下さい!

dsc02581

最後にプレミアム校スタッフEriと。ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
Kaede

Kaede

英語と音楽を愛する21歳。現早稲田4年生で、来年3月よりユニクロで勤務開始。 セブ島の語学学校サウスピークで海外インターン中(ウェブマーケティング) 。Twitterアカウントは@maple__35