フィリピン留学を検討していると、

「お小遣いも含めて総額いくらかかるのか知りたい」

「費用や時間をなるべくかけず、効果を出したい」

「実際に1ヶ月だけで効果はあるの?」

と考える人も多いのではないでしょうか。

筆者も大学生のため「留学には行きたいが、費用はなるべく安く抑えたい」と過去に何度も考えました。

本記事では1ヶ月のフィリピン留学は総額いくら必要なのか? 英語力に変化はあるのか? 

これらの不安を解消するため、実際に1ヶ月のフィリピン留学を経験した方の体験談を含め細かく紹介していきます。

結論から言いますと、1ヶ月あたりの総費用は約20〜30万円になります。
英語力についてはTOEIC100点の向上、リスニングに関しては伸びが期待できると言っても良いでしょう。

目次

フィリピン留学1ヶ月の総費用について解説!

先述した通りフィリピン留学1ヶ月にかかる費用は、約20〜30万円です。

学校によっても大きく異なりますのでご自身の予算と目的に応じて学校選びをされると良いでしょう。

1ヶ月のフィリピン留学にかかる費用の内訳は、以下のようになります。

カテゴリ費用
学校関連費用約15〜25万円
航空券(往復)約3~7万円
ビザ0円
SSP (Special Student Permit) 約1万4000円
海外保険(クレジット付帯でない場合)約1万5,000円
交際費/雑費約1万5,000〜3万円

それぞれの費用について解説していきます。

学校関連費用

学校関連費用は以下のものを含んでいます。

学校関連費用は滞在する部屋のタイプによって変わります。
お部屋は1,3,6人部屋が基本的なスタイルで、1人部屋であれば料金が高めになります。
留学費用を節約したいのであれば、6人部屋を選択すると良いでしょう。

1. 授業料

授業を受けるためにかかる費用です。学校により異なりますが、約16〜20万円ほどかかります。授業料に食費が含まれている学校と、そうではない学校がありますので、事前に確認しましょう。

2.海外送金手数料

日本からフィリピンに送金するときにかかる手数料です。約1,500円〜3,000円かかります。

3.教材費

(サウスピーク1ヶ月留学で使用する教材です)

学校によっては、カリキュラムで教材を指定しているところもあります。その場合は事前に購入していただく必要があります。
(現地で料金を請求される場合もありますので、事前にご確認ください)

サウスピークでは留学前から、皆さんの留学の効果を最大限に引き出していただくため、日本での事前学習制度を取り入れています。

そのため、学習カリキュラムを渡航前にお渡しし、日本で教材のご購入をお願いしております。

サウスピークの特徴5 事前学習制度。留学前にTOEICを200点上げることも可能です。

4.入学金

語学学校に入学する際にかかる費用です。

大半の学校が授業料に含んでいますが、こちらも事前にご確認ください。

5.サービスチャージ

学校の寮で使用する水道光熱費代金です。

学校によっては授業料に含まれている場合もあります。

6.空港送迎費用

空港から遠い学校ほど高くなります。

7.ビザ・SSP料金

1ヶ月(30日)の滞在であればビザの料金はかかりません。

その後の観光などで30日以上滞在する予定のある方は、希望先の学校に問い合わせましょう。

SSP (Special Student Permit) はフィリピンで勉強をするために必要となる許可書です。最大で26週間まで有効です。

SSPの取得は語学学校が代行してくれます。こちらの許可書を取っていない学校は違法なので注意しましょう。

8.航空券の費用

航空券は約3〜7万円になります。

(航空券記事のリンクを貼る)

9.海外旅行保険

クレジットカード付帯のものであれば無料で海外旅行保険に入ることが可能です。

クレジットではなく通常の保険に入るのであれば、1ヶ月で約1万5000円かかります。

フィリピン留学(セブ島留学)1ヶ月で効果はあるのか?

ここからはフィリピン留学を1ヶ月行った場合、実際に英語力に変化はあるのか? と不安に思われている方に向けて実際に得られる効果を紹介します。

1ヶ月のフィリピン留学の効果

  • 初心者(TOEIC400点以下)
    中学・高校英文法など英語の基礎を学び、留学中に学習方法と習慣が身につきます。
    日本への帰国後も自身で、どのように英語学習を進めるべきかを理解することができます。 (初級者の方は英語力がまだ低いため、TOEICを受験される方はあまり多くありません)

  • 中級者(TOEIC400-700点)
    発音矯正を学ぶことにより英語を聴き取る力の向上、それによりTOEICスコアを150点程度伸ばすことができます。
    また、英語学習で曖昧になっていた文法事項を解消することにより、英会話力も自然と上がります。

  • 上級者(TOEIC700点以上)
    日本では学ぶことができない発音矯正レッスンにより、発音記号を理解する。
    論理的な思考に基づいた話の展開の仕方を習得することを目標に、自身の課題を明らかにした状態で留学し、TOEICスコアを100点ほど、スピーキング力も向上させることが可能です。

サウスピークではTOEIC試験対策において、発音矯正レッスンを受講されることをお勧めしています

これらはもちろん個人差があります。

例えば英語初級者の方(TOEIC200点相当)であれば、英語学習の基礎である中学・高校英文法の理解が足りていません。それらを習得するために多くの時間が必要になります。

英語学習を日本で事前に行っている方(大学受験をされた方、ここではTOEIC400点相当とします)であれば、1ヶ月の留学期間で150点以上伸ばす方もいます。またスピーキングにおいても、自分の意見であれば短文で相手に伝える程度はできるようになるでしょう。

(上記の動画は、サウスピークで実際に行われている発音矯正レッスンの様子です)

フィリピンでは人件費が他国と比べ安いため、欧米留学より安くマンツーマンレッスンを受講することができます。

学校により授業時間は異なりますが3~8時間が通常でしょう。

実際に多くの語学学校では1日に8~10コマのレッスンを取り入れています。しかし、実際には体力のある生徒(主に大学生)しかレッスンを受け続けることができません。

なかには眠くなってしまい、立ちながら授業を受けるという事例もあります。

英語学習は予習と復習のバランスがとても重要です。ただマンツーマンレッスンが長ければ英語力が伸びるということはありません。

「マンツーマンレッスンの前に予習で徹底的に知識を詰め込んで学ぶ。その上で学んだ内容をマンツーマンレッスンで発展させる」

つまりレッスン前に新しい英語表現を学び、レッスンでその知識を実践することで初めて使える英語として身に付けることができるのです。

レッスン形式は学校により異なりますが、予習と復習のバランスを適切に保たなければ語学留学で最大の効果は引き出すことができません。

サウスピークでは2017年の間に281名の生徒がTOEIC公式試験を受験されました。

そして毎日の学習の積み重ねの結果、3ヶ月間の留学でTOEIC600点以下の方の場合、TOEICの点数が「平均で200点以上伸びる」ことが証明されています。

TOEIC600点以上の生徒の場合は3ヶ月の留学で「平均161点」の伸びが確認されています。

全生徒のTOEICスコアを公開している語学学校はサウスピークのみです。(2017年度の成績向上データ

1ヶ月の留学では、ネイティブスピーカーの英語を理解するのはまだ難しいでしょう。しかし講師との日常会話や日頃の学習で自分の単語量を増やし、英語特有の発音を学ぶことは十分にできます。

英語学習初級者の方は、自分の語彙・英文法の知識を確実に補うことにより英語への苦手意識を克服することができます。学習方法を理解した後、さらに英語力を上げるための次の留学を検討される方も少なくありません。

初級レベルからの脱却は一番難しいと言われています。しかし、学習方法を学んだ方、英語の基礎的な音を理解すれば学習を効率的に進めることができることでしょう。

フィリピン留学1ヶ月の英語力への効果まとめ

  • TOEICスコアでいうと約100点の向上が見込める(過去の学習経験により個人差はあり)

  • スピーキングは英単語レベルの会話からの脱却が可能

  • フィリピン留学で何よりも重要なのはレッスン時間ではなく、予習と復習のバランスである

フィリピン留学(セブ島留学)1ヶ月の環境(部屋・食事・ストレス)

ここからは1ヶ月のフィリピン留学の環境について、部屋・食事・ストレスの3項目をまとめてご紹介します。

お部屋について

学校によって違いはありますが大きく2つに分かれます。

また部屋は1人部屋、3人部屋、6人部屋が通常のスタイルです。学校によっては2人部屋もあります。

(こちらはサウスピークプレミアム校舎 2人部屋の写真です。清潔感があり快適に過ごせます)

1.「宿舎と校舎が一体型の学校」

宿舎と校舎が一体型の学校の場合、どちらも同じ場所に位置しており移動距離は全くありません。
つまり、朝起きてすぐに勉強をしたり、疲れたときは一休みをすることが可能です。

(こちらはサウスピーク オリジナル校舎です。校舎と宿舎が同じ場所にあり過ごしやすい環境です)

また、部屋で一緒に過ごす仲間と学習の質を高め合ったり、良いコミュニティーを築き有益な情報を得ることもできるでしょう。

ただし、複数人部屋の場合はプライベートの時間を確保するのが難しいこともあります。また部屋でWi-Fiを使えない学校もあります。

2.「宿舎と校舎が分離型の学校」

宿舎と校舎が違う場所に位置している学校のことを指し、留学期間中はホテルに滞在することになります。

こちらはホテルで完全にプライベートを確保できますが、校舎からの移動手段や食事の提供がありません。

そのため一体型の学校に比べ、留学コストが多くかかる + 学習時間が減ります。

留学コストが通常のフィリピン留学よりかかる例を、ホテル滞在型の語学学校であるA校を参考に具体的な数字をあげて紹介します。

ホテル滞在型のA校は、通常のフィリピン留学より2.5倍の料金がかかります。

さらにインフラ面が整っていないフィリピンでは、通学に多くの時間がかかり学習時間を大きく削られます。

フィリピン留学は欧米留学に比べ「格安」と言われますが、ホテル滞在型の場合は注意した方が良いでしょう。

食事について

食事の味は学校によって大きく異なります。
日本人経営の語学学校であればフィリピン料理を日本食に寄せているところが多く、韓国資本であれば韓国料理が提供されます。

学校側は衛生面に気を遣っているため、お腹を壊すことはまずないでしょう。

(こちらはサウスピークのある日の食事です。バランスの良い食事が提供されます)

形式は、ビュッフェや、お皿に盛り付けられた食事をカウンターからとる形式など様々です。

※学校によっては、土日は食事提供を行わないところがあるので事前に確認しましょう。特に朝食を提供していない学校もあります。これはみなさんの朝学習の効率を大幅に下げることになるので注意しましょう。

写真の通り、語学学校の校内にはウォーターサーバーが完備されています。

フィリピンの水道水は衛生的とはいえません。
ウォーターサーバー、ミネラルウォーター以外の水は飲まないようにしましょう。

1ヶ月の留学では食事に飽きることはまずないため、食事面に関してそこまでストレスを感じることはありません。

どうしても食事が舌に合わない場合は、語学学校の近くにある日本食レストランに行くことで解決できます。

日本からふりかけなどを持っていくのも良いですね。

語学学校の近くにはこのような日本料理屋が多くあります

セブ島にある日本料理屋のメニューです。このように日本語で書かれています。

写真は刺身の盛り合わせ、490ペソ(約1,000円)です。丼やランチなどであれば500円程度で楽しめます。

生活環境について

(フィリピン人スタッフが皆さんの留学生活をサポートします)

多くの語学学校では、フィリピン人スタッフが掃除や洗濯などをしてくれるため、留学中は学習に専念し、快適に留学生活を過ごせる仕組みになっています。

フィリピン留学中の生活は英語学習を中心に構成するようにしましょう。

サウスピークでの生活例
5:00 am起床、シャワーなど
6:00 am レッスンの予習を行う
7:00 am 校内で朝食
8:00 ~ 12:00 pm
12:00 ~17:00 pm
それぞれのレッスンを受講する(1日2〜4コマ)
お昼は校内で講師と一緒に昼食をとる
空き時間は自主学習またはレッスンの復習
18:00 pm校内で夕食
19:00 ~ 22:00 pm明日のレッスンの予習を行う

大半の語学学校では、このように英語学習のみに専念できるように取り組まれているはずです。そうでない学校は学習時間を大幅に削ることになるため、選択しない方が良いでしょう。

全ての家事(清掃・食事・洗濯など)を学校にいるフィリピン人スタッフが行います。ただし部屋の清潔さ、洗濯の質は日本と同じとは言えません。貴重な私物・衣服を持参するのはやめましょう。

結局1ヶ月の留学でストレスは感じるのか?

1ヶ月の留学であれば、語学学校が全ての生活面をサポートしてくれますので、そこまで心配する必要はありません。

ただしフィリピンという発展途上国で生活することになるため、インフラ面において日本と差があることは頭に入れておきましょう。

(フィリピンではこのように歩道も綺麗に整備されてるところが少ないです)

Wi-Fiのスピードや部屋の清潔さ、食事など、日本と同じ質を求めてしまうとストレスを感じてしまうでしょう。

また部屋での共同生活をする場合は共同生活のストレスもあるでしょう。他の方との生活は自分では感じていなくても、精神的に負荷がかかっています。


ルームメイトと励まし合い、刺激を受けながら学習を続けたという話ももちろんありますが、日本と違う環境下での生活はストレスを感じてしまいます。

また、語学学校では日本人比率が50%以下の学校もあります。が、英語初心者・中級者の方や英語学習に集中したいという方は注意する必要があります。

日本人比率の低い学校では日本人を顧客として相手にしておらず、はっきり言うと居心地が悪く、生活が大変なことが多いです。

例えば、韓国人の多い学校では毎日の食事が韓国料理になります。

中国人やムスリムの生徒とルームメイトになれば、生活のリズムが異なり、共同で利用する部屋のシャワーやテーブルの利用方法で揉めたりなど、ストレスがかかるケースが大幅に増えます。

そのため、初級者・中級者の方や英語学習に集中したい方は、日本人比率の高い語学学校へ留学することをお勧めします。
(フィリピン留学では、英語力を短期的に伸ばすこと、フィリピンを知ることを目的にすることが成功の鍵です)

学習面についても、長時間の英語学習を続けてストレスを感じる方もいるでしょう。

明確な目標をもち、留学に臨まれた方であれば「仕事・大学生活と学習を両立していた生活に比べ、英語学習だけの生活は楽」とおっしゃる方もいます。

しかし1日8時間のレッスンを毎日続けたり、1日トータル10時間ほどの学習を続けるのは、想像以上に負荷がかかります。

1ヶ月という留学期間は実際に留学してみると思ったよりもずっと早く過ぎ去ります。

前述のように、フィリピンと日本では環境が違います。学校の生活やレッスンに関して疑問や問題点がある場合は速やかに解決しなければそれを引きずったまま留学期間が終わってしまいます。

もしも現地で問題があれば、語学学校の日本人スタッフに早めに相談しましょう。

(生徒の学習の悩みを真剣に聴くスタッフ)

生徒の数が多いかつ日本人スタッフが少ない学校の場合、スタッフは生徒の学習サポートを十分に行えません。

生徒の数とスタッフの数に大きく差がある語学学校は、学習サポートの質が低い場合が多いです。

語学学校にはインターンがいます。しかし、短期の契約で学校の運営を任されているだけの場合が多いため、学習サポートの面では期待できないでしょう。

逆に、日本人の正社員スタッフが勤務している学校であれば、しっかりとした学習サポートを受けることができます。

サウスピーク では英語学習を自らが経験し、日本人に最適な学習方法を理解した日本人スタッフが多くいます。さらに1ヶ月に1度、学習進捗や悩みを行う進捗確認を生徒全員に行なっています。

生活環境(お部屋・食事・ストレス)のまとめ

  • 日本で留学前に学習習慣をつけて学習効率を高めましょう(語学学校によっては、事前学習サポートがあります)

  • モチベーションを維持するためにも刺激しあえるコミュニティー作りを意識しましょう

  • 学習・観光どちらも充実させるためには、学習計画を立ててメリハリをつけましょう

フィリピン留学(セブ島留学)1ヶ月の理想的な過ごし方

前述の通り、1ヶ月の留学期間はあっという間に過ぎ去ります。

学習効果を最大限に高めるため、日本で英文法の基礎・英単語を学習しておくのが良いでしょう。

しかし、実際には日本で学習を行うのはとても難しく、時間もなかなか確保できないかと思います。

一部の語学学校では留学前から皆さんの学習をサポートしているところもあります。

1ヶ月のフィリピン留学を成功させるために語学学校の事前学習制度を利用しましょう。

フィリピン渡航後は日本で学んできたことを最大限に活かすためレッスン中は積極的にフィリピン人講師と話し、フィードバックをもらうことが大切です。

講師からのフィードバックを元に新しい知識を自習時間で学び、再び講師に確認してもらいます。この学習方法は非常に効率が良く、フィリピン留学の効果を最大限まで引き出すことができます。

平日は毎日10時間ほど学習を行いましょう。土日のどちらかは積極的に外出をしてフィリピンの文化の違いなどを学ぶことをお勧めします。

仲良くなったフィリピン人講師とご飯に行くのも良いかもしれません。講師から英語で文化の違いを学ぶのもいい機会ですね。

※学校によっては、講師との外出に許可が必要な学校、講師との外出を禁止している学校もあります。

また発展途上国ならではの、フィリピンスラム街ツアーに参加するのもお勧めです。

(スタディーツアーでは、日本で見られない景色や子供たちと触れ合う機会があります)

スタディーツアーについてはこちらの記事を参考にしてください。

語学学校で出会える留学生も、かけがえのない仲間になることでしょう。
語学学校選びを間違えずに普段出会えないような仲間に巡り会えれば、就職活動、転職活動において、幅広い情報を得たり、意見交換を行ったりできます。

1ヶ月の留学期間であれば、30人以上の友人を作るような目標設定をしましょう。

サウスピークの同窓会。本気留学サウスピークに留学する人たちは、将来をしっかり考えている人が集まります。

(このように毎日の学習の息抜きに出会った仲間と外出することも大切です)

このような1ヶ月を過ごすことができれば、1ヶ月という短期間の留学でも最大限に効果をはっきすることができます。
また、帰国後も英語学習を続けることが容易になるでしょう。

1ヶ月という決して長くはない留学期間で、英語学習とフィリピンの文化に触れることができるように事前に学習観光の計画を立てておきましょう。

こちらの記事では、1ヶ月の留学をされる方にお勧めの観光スポットを紹介していますのでご確認ください。


理想的な過ごし方まとめ

  • 日本でできるだけ事前に学習することをお勧めします(留学前から学習サポートをしてくれる学校の方が良いです)

  • フィリピンの文化にも積極的に触れることをお勧めします

  • 学習と観光を充実させるために渡航前から事前に計画と目標を立てておきましょう

1ヶ月のフィリピン留学(セブ島留学)を体験された方のお話をまとめました

1.Toshihiroさん(TOEIC695点)

転職先は海外と日本の合弁会社、社内で使用される言語は英語です。そのように語るToshihiroさんは、リスニング力、スピーキング力を向上させるために日本語禁止校に留学されました。

2回留学を経験されたToshihiroさんは、1回目では英語学習の方法と発音矯正、2回目では集中して学習できる環境と、発音矯正のレベルアップを目的に留学をされました。

「英語の音の繋がりを理解することによってリスニング力が向上する」
「難しい文章を誰にでも伝わるようにする力こそが、スピーキング力だ」と語るToshihiroさん。その理由とは? こちらの記事をご覧ください。

2.Natsumiさんの体験談 (TOEIC655→830点) 175点UP!

就職活動終了後に留学を決意したNatsumiさん

「英語を話せないと不利になるかもしれない」と感じ留学を決意しました。

彼女はサウスピークのカリキュラムを忠実にこなし、成長を自身で実感しながらTOEICの点数を向上させました。

なぜ彼女は短期間で点数をあげることのができたのか? その理由は学習環境にあったようです。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

フィリピン留学(セブ島留学)1ヶ月を検討されている方へ

フィリピン留学は他国の留学に比べて安く留学することができます。しかし単に留学したというだけで英語力が伸びる訳ではありません。

1ヶ月という限られた時間で、何を目標にし、どのように留学生活を過ごすかによって、皆さんの結果は大きく変わります。

皆さんの過ごし方次第で、フィリピン留学は将来の自分への投資として、費用対効果が高くなります。

英語学習に必要とされる膨大な時間から比べると、1ヶ月は短い期間ではありますが、正しい学習方法に基づいて集中的に勉強することで、大きく英語力を伸ばすことが可能です。

1ヶ月間の留学を通して英語の学習方法を学ぶことで、その後の英語学習の効率を飛躍的に高めることができるでしょう。

皆さんも明確な目標を持って、自分に適した学校や留学を選んでいただければと思います。