本記事の要点
1. 3ヶ月で「平均」TOEICスコアが226点伸びることが確認された。
2. 前回2016年度の調査よりも人数が44%増加したにも関わらず、全体伸び率は高かった。
3. TOEIC600点以上の上級者の英語力の伸びが大幅に前回を上回った。

サウスピークでは、2017年度に在学中にTOEIC LR試験(以下、TOEIC試験)を受講した全281名(505回)のTOEICスコアから、3ヶ月のサウスピークへの留学でTOEICが何点伸びるのかを算出いたしました。その結果、前回2016年に公開した際よりも受講者数が144%と多いにも関わらず、さらに英語力が短期間で英語力が伸びていることが明らかになりました。TOEIC600点以下であれば、3ヶ月間でTOEICが「平均」して200点以上伸びることが示されました。また、TOEIC600点以上の方でも2ヶ月で「平均」121点スコアを伸ばせることがわかりました。

一般的に語学学校や英会話スクールが「実績」として公表している成績は、ごく一部の優秀な生徒の成績のみを公開したものです。例えば、予備校などで「東大◯◯名!」というようにトップ数パーセントの優秀な成績を公開しているものと同様です。しかし、サウスピークでは、そのような「客観性」や「公平性」に欠けるデータではなく、すべての受講者の「平均」を公開することで、公正なデータとなるように努めています。また、一部の学校が利用するような「客観性」の欠ける内部試験のデータではなく、TOEIC LR試験という意図的な操作ができない外部試験の成績を利用することで、データの客観性を保っています。

サウスピークは、このように外部試験による受講者全員の成績から「平均点」を算出し、公開している唯一の語学学校
です。今後もこのような「客観性」と「公平性」を保ったデータを公開し、「楽しいだけ」ではなく「投資として」価値がある語学留学を提供していきます。

本稿では、2017年度のTOEICスコアの「平均」データと、サウスピークでどのような取り組みが行われているのかについて紹介いたします。

*なお、サウスピークでは、発音矯正や英会話力の向上にも力を入れています。サウスピークのスピーキング力の伸び方についてはこちらをご覧ください。
*TOEIC LR試験を基準として採用する理由は、(1)日本で広く利用されている点、(2)比較的低価格で受講できる点、(3)開催回数が多い点、などが挙げられます。
*サウスピークはTOEIC専門の学校ではありません。設問ごとの傾向把握などの細かな試験向け対策などをしなくても、英語学習をしっかりやりこむことで、TOEICの点数は伸びます。

2017年度TOEICスコアについて

2017年にサウスピーク留学中にTOEICを受講した全員のデータから留学期間とTOEICスコアの伸びを算出しました。その結果、下記のように3ヶ月で「平均」226点伸びることが確認されました。

今回は、この全体の伸びだけではなく、留学前のTOEICスコアを4つに分類し、各点数帯ごとにTOEICスコアが何点伸びたかを算出しました。サウスピークに留学する前のスコアを以下の4つの点数帯に分けて、各点数帯ごとに3ヶ月でTOEICが何点伸びるかを算出しました。

(1) TOEIC345点以下
(2) TOEIC350-445点
(3) TOEIC450-595点
(4) TOEIC600-795点

(1) TOEIC345点以下の人は3ヶ月で何点伸びるのか?

留学開始時TOEIC345点以下の点数で留学された方のTOEICの伸び方についてグラフで示しています。TOEIC345点以下というと、ほぼ全く英語がわからないレベルの英語力となります。

結果は下記のグラフが示すように3ヶ月で「平均」242点TOEICスコアが伸びたことが分かりました。また上位70%の平均では、289点伸びたことも分かりました。

2017年にサウスピークでTOEICを受講した全505回分のTOEICスコアのうち、TOEIC345点以下で留学を開始した全74のデータを元に作成しました。

TOEIC300点で留学した人であれば、3ヶ月間の留学でTOEIC550点程度が目指せることとなります。この点数の英語力は、ワーキングホリデーや海外での生活をするために最低限必要な水準と言えます。つまり、英語が全くできない人でもサウスピークに3ヶ月間留学すれば、ワーキングホリデーや海外生活で必要な最低限の英語力を身に付けることができると言えます。

(2) TOEIC350-445点の人は3ヶ月で何点伸びるのか?

留学開始時TOEIC350-445点で留学された方のTOEICの伸び方についてグラフで示しています。TOEIC350-445点というと、高校で習った範囲の英語であれば、だいたいわかる程度の英語力となります。結果は下記のグラフが示すように3ヶ月で「平均」243点TOEICスコアが伸びたことが分かりました。また上位70%の「平均」では、294点伸びたことも分かりました。

2017年にサウスピークでTOEICを受講した全505回分のTOEICスコアのうち、TOEIC350-445点で留学を開始した全102のデータを元に作成しました。

グラフから分かるように2ヶ月間の留学でTOEIC191点、4ヶ月で281点平均で伸びているため、TOEIC400点程度の英語力であれば、2ヶ月間で600点、4ヶ月で700点を十分に狙えます。TOEIC600-700点程度の英語力は、簡単な業務であれば英語を使うことが可能な水準となります。

(3) TOEIC450-595点の人は3ヶ月で何点伸びるのか?

留学開始時TOEIC450-595点で留学された方のTOEICの伸び方についてグラフで示しています。TOEIC450-595点というと、高校で習った範囲の英語であれば、だいたいわかる程度の英語力となります。結果は下記のグラフが示すように3ヶ月で「平均」210点TOEICスコアが伸びたことが分かりました。また上位70%の「平均」では、253点伸びたことも分かりました。

2017年にサウスピークでTOEICを受講した全505回分のTOEICスコアのうち、TOEIC450-595点で留学を開始した全215のデータを元に作成しました。

上記の結果から、TOEIC550点ある人であれば、3ヶ月間の留学で「平均」でTOEIC760点、上位7割の人であれば800点を越えることができることがわかりました。TOEIC750点-800点であれば、大学院入試の基準や企業内での海外転勤の水準を満たすことのできる英語力となります。

(4) TOEIC600-795点の人は3ヶ月で何点伸びるのか?

留学開始時TOEIC600-795点で留学された方のTOEICの伸び方についてグラフで示しています。TOEIC600-795点というと大学生の中でも英語が得意な人の英語力と言えます。簡単な日常会話や文章の作成くらいはできる英語力です。

結果は下記のグラフが示すように3ヶ月で「平均」161点TOEICスコアが伸びたことが分かりました。また上位70%の「平均」では、210点伸びたことも分かりました。上述の点数帯の生徒よりは英語力の伸びが鈍化してはいますが、TOEIC試験の性質上、高得点帯の方が点数が伸びなくなるためです。また、TOEIC800点以上になると、知識としては必要最低限の英語の知識を獲得しているため、スピーキングとライティングにより学習の比率を置くような、より実践向きの授業が中心となります。

2017年にサウスピークでTOEICを受講した全505回分のTOEICスコアのうち、TOEIC600-795点で留学を開始した全92のデータを元に作成しました。

上記のように、TOEIC700点の人が留学をした場合、2ヶ月でTOEIC820点、3ヶ月で860点の点数を取ることができます。TOEIC850点以上は外資系企業の採用基準を満たす点数となります。

なぜサウスピークでは、劇的に英語力が伸びるのか?

上記のようにサウスピークでは、英語力が定量的にしっかりと伸びることがおわかりいただけたと思います。ここでは、なぜサウスピークで英語力が伸びるのかについて説明をしたいと思います。サウスピークで英語力が伸びる理由は、下記のように大きく5つの理由があります。

1. 遊びの人はお断り!本気で英語を頑張りたい生徒だけが集まる「本気留学」
2. マンツーマンの発音矯正でリスニング力向上!
3. 初心者からでも学べる個別にカスタマイズされたカリキュラム
4. 落ちこぼれを出さない学内での学習サポート
5. 上級者でもさらに伸ばせる「日本語禁止校」

1. 遊びの人はお断り!本気で英語を頑張りたい生徒だけが集まる「本気留学」

サウスピークは「本気留学」を前面に打ち出しているため、真剣に英語を学びたい方しか留学に来ません。

「本気留学」を掲げるサウスピークには遊びで留学に来る生徒がほとんどいません。そのため、留学中は邪魔をされることなく、むしろ周りの生徒に流されて真剣に学習をすることができる環境です。

意外かもしれませんが、実は語学留学をするほとんどの方が真剣に英語の勉強をしません。実際にフィリピンに留学する人でも英語学習を真面目にする人は10-20%程度です。そのため、真剣に英語学習をしたい人が周りの遊びの生徒に流されてしまい、英語力を伸ばせなかったというケースが多発しています。

サウスピークでは、そのような生徒が出ないように真剣に学べる環境を維持するため様々な取り組みが行われています。当たり前のようですが、実はこのような環境がしっかりと実現できている語学学校はほとんどありません。これが、サウスピークで劇的に英語力が伸ばせる理由の一つです。

都内で行われた同窓会でも英語スピーチコンテストが開かられるほどサウスピークの学生は英語学習熱が高いです。

2. マンツーマンの発音矯正でリスニング力向上!

サウスピーク名物の発音矯正レッスン。サウスピークの講師たちは、発音矯正レッスンの指導を受けた講師たちですので、訛りのない英語でしっかりとした指導が可能です。

口から出せない音は聴き取れません。

サウスピークでは、マンツーマンレッスンで日本では習うことのできない発音矯正を徹底的に鍛えます。それにより、まずは自分で英語の子音・母音を発音できるようにし、徐々に自分でも聴き取れるようになります。この発音矯正レッスンにより音に敏感になるため、TOEICのリスニングセクションでも成果を残すことができます。

3. 初心者からでも学べる個別にカスタマイズされたカリキュラム

学習担当者が一人一人の要望に沿ったカリキュラムを作成いたします。

「本気留学」というと初心者の人は自分にはハードルが高いと感じるかもしれません。しかし、サウスピークでは、英語力が非常に低い人も多く留学をし、成果を出しています。上記のデータからもTOEIC345点以下という一番低い英語力の人であっても3ヶ月あれば、TOEIC500-600点を目指せるほど英語力が伸びています。

その理由がサウスピークのカリキュラムにあります。サウスピークのカリキュラムは二つの大きな特徴があります。一つは、日本語の参考書が利用されていることです。これにより、英語初心者であっても無理なく学習をすることが可能となります。また、早いスピードで英語の知識を取り込むことが可能となります。

もう一つは「現在の英語力」、「留学期間」、「留学の目的」に応じて個別に一人一人のカリキュラムを提供していることです。英語力が低いと一言で言っても、文法は分かるけど、スピーキングが苦手な人、またリスニングは少しできるけど、文法や単語は全くよくわからない人などがいます。このように一人一人に合わせて日本人の英語学習担当者が個別でカリキュラムを作成するため、無理なく自分にあったレベルの授業を受けることができます。そのため、サウスピークでは、「平均」して高い成果を上げることができます。

4. 落ちこぼれを出さない学内での学習サポート

スタッフと学習面談の様子です。スタッフは全員TOEIC800点以上あるので、特に初心者・中級者の方にはおすすめです

サウスピークでは、初心者対応を丁寧に行なっております。とくに、学内での学習相談や初心者向けの習熟度確認テストは「落ちこぼれ」をなくすために導入され、毎週確認が行われています。学習のペースは一人一人違うため、学習のスピードが適切に行われているか、負荷が小さすぎないか、大きすぎないかを確認し、日本人スタッフからアドバイスをしています。

このような「落ちこぼれ」を出さない仕組みがあるため、サウスピークでは「平均」して大きな成果を上げることができます

5. 上級者でもさらに伸ばせる「日本語禁止校」

モチベーションの高い生徒が集まる日本語禁止校

今回のTOEICスコアの調査では、前回の調査よりもとくにTOEIC600-795点の人の英語力の向上が目立ちました。前回2015-2016年にかけて行われた調査では、TOEIC600-700点で留学をした人は平均して、3ヶ月で135点の点数アップでしたが、今回の調査では3ヶ月で161点のアップとなりました。TOEICをある程度受講したことのある方であれば、分かると思いますがTOEIC600点-795点の点数帯ではその点数差は大きいです。このように上級者の英語力の向上が見られる原因として考えられるのが、サウスピーク・日本語禁止校の存在です。

サウスピークでは、三校舎を運営していますが、その中でTOEIC600点以上の方のみが入学できるサウスピーク・日本語禁止校があります。この日本語禁止校舎では、普段の生活も全て英語で行われます。そのような校舎にわざわざ自ら選んで行く生徒は英語力だけではなく、学習意欲も高いため、日本語禁止校はサウスピークの校舎の中でも特にやる気に溢れています。

そのような校舎があるため、上級者でもモチベーションを維持して学習ができるため、英語力をさらに高めることが可能となります。なお、日本語禁止校では、スピーキングやディベートも鍛えることができます。下記は在学途中から日本語禁止校舎に移動したNorifumiさんのスピーキング力の変化をおった動画です。サウスピークの日本語禁止校舎を利用することで、彼のようにTOEICの点数だけではなく、発音やスピーキング力もしっかりと伸ばすことができます。

サウスピークに16週間留学したNorifumiさんの英会話力の向上がわかる動画です。

サウスピークでは、上記のNorifumiさんのように長期留学の方であれば、留学の途中から日本語禁止校舎に移動ができます。
日本語禁止校への転校プラン!一定期間オリジナル校、プレミアム校に滞在した生徒は、転校できるようになりました。

いかがでしたでしょうか?
今後も、サウスピークでは、今回のような定量的な成果にこだわり生徒の英語力を高めるサービスを展開してまいります。

* ↓サウスピークのフィリピン留学が失敗しない理由
フィリピン留学・セブ島留学|2大よくある失敗体験談(2018年最新版)