3ヶ月のフィリピン留学に臨む人は以下のような不安を抱くのではないでしょうか。

「生活費を入れて総費用はいくらなのか」

「3ヶ月の時間を費やしてちゃんと英語力が伸びるのか心配」

そのような不安を解決するために、本記事はフィリピン留学3ヶ月の総費用・英語力の伸びを細かく書いています。

 

結論から言いますと、3ヶ月あたりの総額費用は約55〜75万円になります。

英語力についてはTOEIC200点の向上が見込めます。

英会話については基礎的な英文法・英単語が身につき、具体的な話に基づいた英会話ができるようになることが期待できるでしょう。

 

 

フィリピン留学(セブ留学)3ヶ月でかかる総額費用について解説!

先述の通り、フィリピン留学3ヶ月にかかる費用は約55万円〜75万円です

留学先の学校によって異なりますので、希望先の学校を事前に確認することをお勧めします。

3ヶ月のフィリピン留学にかかる費用の内訳は、以下になります。

カテゴリ 費用
学校関連費用 約40〜60万円
SSP (Special Student Permit) 約1万4000円
航空券(往復) 約3~7万円
ビザ 約2万円
海外保険(クレジット付帯でない場合) 約6万円
交際費/雑費 約3万円〜5万円

 

それぞれの費用について解説していきます。

 

学校関連費用

学校関連費用は以下のものを含んでいます。

学校関連費用は滞在されるお部屋のタイプによって変動します。
1人、3人、6人部屋が基本的なスタイルで、1人部屋の料金は他と比べ高くなります。
留学費用を安く抑えたいのであれば6人部屋を選択するのが良いでしょう。

1.授業料

マンツーマンレッスンを受ける費用です。学校により異なりますが、約50〜70万円ほどかかります。
授業料に食費が含まれている学校と、そうではない学校がありますので、事前に確認しましょう。

 

2.海外送金手数料

日本からフィリピンに送金するときにかかる手数料です。約1,500〜3,000円かかります。

 

3.教材費

(こちらは実際にサウスピーク3ヶ月留学で使用する教材の量になります)

 

学校によっては、カリキュラムで教材を指定しているところもあります。
その場合、渡航前に購入する必要があります。(現地で料金を請求される場合もありますので、事前にご確認ください)

 

サウスピークでは、留学前から皆さんの英語学習の効果を引き出すために、日本での事前学習制度を取り入れています。

そのため、学習カリキュラムを渡航前にお渡しし、留学前に教材のご購入をお願いしております。

サウスピークの特徴5 事前学習制度。留学前にTOEICを200点上げることも可能です。

 

4.入学金

語学学校に入学する際にかかる費用です。

大半の学校が授業料に含んでいますが、こちらも事前にご確認ください。

 

5.サービスチャージ

学校の寮で使用する水道光熱費です。

学校によっては授業料に含まれている場合もあります。

 

6.空港送迎費用

空港から遠い学校ほど高くなります。

 

ビザ・SSP料金・ACR I カード

3ヶ月(90日)の場合、ビザ更新にかかる費用は約2万円となります。
学校によっては代行手数料を少し上乗せしているところもあります。

※こちらは目安になります(2018年12月時点)

留学週数 ACR-I SSP(Special Student Permit) VISA 合計費用
4週間 0円 約14,000円 0円 約14,00円
8週間 0円 約14,000円 約8,000円 約22,000円
12週間 約8,000円 約14,000円 約20,000円 約42,000円

 

SSP (Special Student Permit) はフィリピンで勉強をするために必要となる許可書です。最大で26週間まで有効です。

SSPの取得は学校が代行してくれます。こちらの許可書を取っていない学校は違法なので注意しましょう。

 

ACR-I Cardとは「外国人登録証」のことです。

60日以上フィリピンに滞在する全ての外国人が取得する必要があります。

取得にあたり、約8000円がかかります。

 

7.航空券の費用

時期によっても異なりますが、LCCなどの格安航空券を購入することも可能です。

 

8.海外旅行保険

クレジットカード付帯のものであれば大多数の会社のものは最大3ヶ月まで、無料で海外旅行保険に入ることが可能です。事前にカード会社へ確認をするようにしましょう。

クレジットカード付帯でない通常の保険の場合、3ヶ月で約6万円かかります。

 

フィリピン留学(セブ留学)3ヶ月でどれだけ英語に効果があるか?

ここからはフィリピン留学を3ヶ月行った場合、英語力はしっかりと伸びるのか?と不安に思われている方に向けて実際の効果を紹介していきます。

3ヶ月のフィリピン留学で伸びる英語力

初心者(TOEIC400点以下)TOEICを240点以上伸ばすことができます。

中学・高校英文法を習得し、TOEIC500〜600点を獲得することができます。英会話も自分の話であれば、簡潔に相手に伝えることができるようになるでしょう。

なお、TOEIC500〜600点は海外での生活、旅行における最低限の英語力となります。

 

中級者(TOEIC400-700点)

TOEIC550点であれば、3ヶ月間の留学で760点、上位成績者であれば800点を取得することも可能です。

TOEIC750〜800点は大学院入試の基準や、企業内での海外転勤の水準を満たすことのできる英語力となります。

英会話では、相手にわかりやすく自分の経験に基づいた話を、学んだ英語表現を使い講師に説明することができるようになります。

 

上級者(TOEIC700点以上)

TOEIC700点以上の場合、3ヶ月の留学で860点以上を取得することができます。

日本では学べない発音矯正を習得し、英語圏の人とも円滑に自分の意見を伝えることができるようになります。

TOEIC800点は外資系企業や商社の採用基準を満たす点数となりますので、是非とも取得しておきたいスコアです。

 

これらはもちろん個人差があります。

例えば英語初級者の方(TOEIC200点相当)であれば、基礎学力が足りていないため(中学英文法・高校英文法)英語初級者から抜け出すのに人一倍時間がかかるでしょう。

 

上記の動画のように、フィリピン留学では英語の発音強制レッスンを学ぶことができます

 

英語学習を経験された方(大学受験をされた方、ここではTOEIC400点相当とします)の場合、基礎学力を培っているため、学習を続ければすぐに結果がでることもあります。

その場合は自分の英語学習における苦手を理解し、目標に向かって学習することができるようになるでしょう。

 

実際に3ヶ月の留学をした方のビフォーアフター動画です。
サウスピークでは英語の発音を学び、人前で英語を話す力もしっかり伸ばすことができます。

 

フィリピンでは人件費が他国と比べ安いため、欧米留学より格安でマンツーマンレッスンを受講することができます。

その理由から、学校により異なりますがマンツーマンレッスンを3~8時間受講することもできます。学校によっては早朝から夜遅くまでレッスンを受講できる学校もあるくらいです。

 

しかし、マンツーマンレッスンを長ければ英語力が伸びるということはありません。

なぜなら英語学習では予習と復習がとても重要だからです。

 

「マンツーマンレッスンの前に予習で徹底的に知識を詰め込んで学ぶ。その上で学んだ内容をマンツーマンレッスンで発展させる」

つまりレッスン前に新しい英語表現を学び、レッスンでその知識を実践することで初めて使える英語として身に付けることができるのです。

レッスン形式は学校により異なりますが、予習と復習のバランスを適切に保たなければ語学留学で最大の効果は引き出すことができません。

一人一人が自分のペースで学ぶことが出来る完全習得学習の導入

 

サウスピークでは2017年の間に281名の生徒がTOEIC公式試験を受験されました。

そして毎日の学習の積み重ねの結果、3ヶ月間の留学でTOEIC600点以下の方の場合、TOEICの点数が「平均で200点以上伸びる」ことが証明されています。

全生徒のTOEICスコアの伸びを公開しているのはサウスピーク のみとなります。

2017年度TOEIC LR試験受講者全員のデータから分析。3ヶ月で「平均」TOEIC226点UP

3ヶ月の留学だけで、英語を思い通りに話すのは難しいでしょう。

しかし留学期間中の学習を通して、英語力を上げるためには何をすべきかが見えてきます。

また3ヶ月という期間は、TOEICの点数を向上させ自分の改善点も見えてくることからモチベーションも保ちやすく、一番効果を実感できる期間だと言えるでしょう。

 

フィリピン留学3ヶ月の英語力への効果まとめ

・TOEICは約200点の向上が見込める。リスニング・リーディング共に効果あり(過去の学習経験により個人差はあります)

・スピーキングは自分の意見や話を講師にしっかりと伝えることができるようになる

・留学生活で一番大切なのは、予習・復習のバランスを適切に保つことです。レッスン前後の予習・復習に7割の時間、レッスンに3割の時間を費やしながら学習を続けましょう。

 

フィリピン留学(セブ留学)3ヶ月の環境(部屋・食事・ストレス)

ここからは3ヶ月のフィリピン留学の環境について、部屋・食事・ストレスの3項目をまとめてご紹介します。

お部屋について

学校によって違いはありますが、大きく2つに分かれます。

部屋は1人部屋、3人部屋、6人部屋が通常のスタイルです。学校によっては2人部屋もあります。

(こちらはサウスピーク オリジナル校舎 3人部屋の写真です。とても広く快適に過ごせます)

 

1.「宿舎と校舎が一体型の学校」

宿舎と校舎が一緒にある学校は部屋を出てすぐに校舎があるため移動距離が全くありません。
つまり起きてすぐに勉強ができたり、疲れたときはすぐに一休みをしたりすることができます。

また、部屋で一緒に過ごす仲間と刺激を受け合い、良い環境を築きながら有益な情報を得ることもできるでしょう。

複数人部屋の場合、プライベートを確保するのが難しいかもしれません。
また部屋でWi-Fiなどを使えない学校もあります。自分の目標や予算と相談してお部屋選びをしましょう。

(こちらはサウスピーク プレミアム校舎です。校舎(左)と宿舎(右)が同じ場所にあり過ごしやすい環境です)

 

2.「宿舎と校舎が分離型の学校」

宿舎と校舎が違う場所に位置している学校のことを指し、留学期間中はホテルに滞在をします。

こちらはホテルで完全にプライベートを確保できますが、食事や、校舎から授業場所への移動に時間・費用がかかるため、留学コストが多くかかる + 学習時間が減ります。

 

ホテル型の語学学校A校を参考に具体的に数字を出して紹介します。

結論から言うと、ホテル滞在型の語学学校は通常のフィリピン留学に比べ約2.5倍の料金です。

さらに通学時にはフィリピンのインフラ面が整備されていないため、かなりの時間がかかります。そのため貴重な学習時間を通学に削られてしまいます。

フィリピン留学は欧米圏の留学に比べ「格安」と言われますが、ホテル型滞在の場合は注意する必要があるでしょう。

食事について

食事は学校によって味が大きく異なります。
韓国資本の学校であれば韓国料理が出ることもあります。

料理の味は異なりますが学校側は衛生面に気を遣っているため、お腹を壊すことはまずないでしょう。

(こちらはサウスピーク のある日の食事です。バランスの良い食事が提供されます)

形式は、ビュッフェやお皿に盛り付けられた食事をカウンターからとる形式など様々です。

※学校によっては、土日は食事提供を行わないところがあるので事前に確認しましょう。

写真の通り、語学学校の校内にはウォーターサーバーが完備されています。

フィリピンの水道水は衛生的とはいえません。
ウォーターサーバー、ミネラルウォーター以外の水は飲まないようにしましょう。

 

3ヶ月の留学では食事に飽きる場合があるかもしれません。

その場合はお小遣いを多めに持っていき、学校近くの日本料理屋・日本食店に出向くことで解決できるでしょう。

学校のスタッフにお勧めを聞いて食事に出かけてみるのも良いかもしれませんね。

(サウスピークスタッフお勧めのレストラン「筑前屋」)

写真はもつ鍋 920ペソ(約1,850円)日本と同じ質で料理を楽しんでいただけます。
一品ものであれば500円程度で楽しめます。

【筑前屋(Chikuzenya)】セブでもつ鍋が食べれる!?”冬”を求めて僕はその和食レストランに駆け込んだ

生活環境について

多くの学校ではフィリピン人スタッフが掃除や洗濯などをしてくれるため、留学中は学習に専念し、快適に過ごすことができます。

(フィリピン人スタッフが皆さんの留学生活をサポートします)

 

ただし部屋の清潔さ、洗濯の質は日本と同じではありません。
貴重な私物・衣服を持参するのは控えましょう。

 

結局3ヶ月の留学期間でストレスは感じるのか?

語学学校では、スタッフが全ての生活面をサポートしてくれるので、過度に心配する必要はありません。

ただしフィリピンという発展途上国で生活することになるため、インフラ面において日本と差があることは、頭に入れておきましょう。

(フィリピンでは雨が降るとこのように冠水するところがあります)

インフラ面に関しては3ヶ月滞在される場合には途中から慣れる方が大半です。

最初の1ヶ月は新しい環境になれない場合もありますが、2ヶ月目からは環境に適応し自分なりの生活スタイルを確立する方が多いです。

部屋で複数人の方と過ごす場合共同生活のストレスも感じるでしょう。

他の方との生活は慣れるまでは負荷を感じるかもしれません。
ルームメイトと励まし合い、刺激を受けながら学習を続けたという例もありますが、少なからず精神的な負荷を感じます。

 

3ヶ月留学をする場合、ルームメイトの卒業に伴い、相部屋の方が途中で変わる可能性があります。

慣れて来たところでルームメイトが変わると、新たに1から関係を築かなければなりませんし、新しいルームメイトと生活習慣が合わない可能性もあり、それだけでストレスの原因になることもあります。

 

また、一部の語学学校では日本人の比率が50%以下の学校もあります。が、そのような学校は英語学習初心者の方は注意する必要があります。

日本人比率の低い学校では、日本人を顧客として相手にしていません。そのため居心地が悪く、生活環境が合わない場合が多いです。

例えば、韓国資本の学校では毎日の食事がもちろん韓国料理になります。

中国人やムスリムの生徒とルームメイトになれば、生活のリズムが異なり、共同で利用する部屋のシャワーやテーブルの利用方法で揉めたりなど、不必要なストレスがかかることが多くなってしまいます。

 

そのため英語学習、初級・中級者の方や英語学習に集中したい方は、日本人比率の高い語学学校へ留学することをお勧めします。
(フィリピン留学では、英語力を短期的に伸ばすこと、フィリピンを知ることを目的の中心とすることが成功の鍵です)

 

学習面では、長時間の英語学習を続けてストレスを感じる方もいるでしょう。

明確な目標を持って、留学に臨まれた方であれば「仕事・学生生活と学習を両立していた頃に比べたら、英語学習だけの生活は楽」とおっしゃる方もいます。

しかし1日8時間のレッスンを毎日続けたり、1日トータル10時間の学習を続けるのは、想像以上に負荷がかかります。

 

3ヶ月の長い留学生活の中では、不安になったり、士気が下がることもあるでしょう。

そういった場合は、日本人スタッフに相談をするのも1つの解決策です。自分が留学の目標を再認識できれば、学習のやる気にも繋がるでしょう。

 

語学学校の中には生徒数が多く、日本人スタッフが少ないような学校もあります。

生徒の数に対しスタッフの数が少ない語学学校の場合、十分な学習サポートを行えていない可能性が高いです。

 

語学学校にはインターンがいますが、短期契約で学校の運営だけを任されているため、英語力や学習面のサポートには期待できないでしょう。

逆に日本人の正社員スタッフが勤務をしている学校であればしっかりとした学習サポートを受けることができます。

(生徒の学習の悩みに真剣に向かい合う校舎スタッフ)

 

サウスピークでは英語学習を自ら経験したスタッフが、日本人に最適な学習カリキュラムを作成しています。

また現地にいる日本人スタッフもそれらを熟知しており、万全な学習サポート体制を整えています。

 

サウスピークでは日本人スタッフが月に1度、生徒全員に学習進捗を行っています。そこで学習の悩みや不安な点を一緒に解消することができます。

 

生活環境(お部屋・食事・ストレス)のまとめ

・自分の目標と予算をみて学校選びに気をつけましょう真面目に学習してないような学校を選ばないためにも、学校の成果には要注目です。

・食事は学校によりけりです。舌に合わないことを予想して、外食用のお小遣いや、ふりかけを持っていくと良いでしょう。

・留学中のストレスはどうしても避けられません。学習の士気が下がることもあります。そんな時は学校のスタッフと話をし、学習の目標を再確認しましょう。

 

フィリピン留学(セブ留学)3ヶ月の理想的な過ごし方

3ヶ月の期間は長く、学習・観光など多くを経験することが可能です。

 

学習効果を最大限まで高めるには留学期間だけはなく、渡航前から学習習慣をつけることをお勧めします。

とはいえ日本で事前に学習を行うのはとても難しく、時間もなかなか確保できないかと思います。

一部の語学学校では渡航前から皆さんの学習をサポートしていますので希望先の学校を確認すると良いでしょう。

 

サウスピークでは留学前から皆さんの学習をサポートしております。

詳細は下記記事をご確認ください。

「LINEサポートプラン」で事前学習が充実。サウスピークでの留学効果を最大化させよう!

 

事前学習で学んだ英語表現や英単語は、積極的にレッスンで使用しましょう。

 

先述の通り、英語学習では予習と復習が重要になります。

レッスン前に自分で新しい英単語・英語表現を学び、レッスン中に使用します。

そしてまた新しい表現を自習学習で取り入れることを繰り返すことにより、実践できる英語として身につきます。

平日は毎日10時間ほど学習を行い、週末は積極的に外出をしてフィリピンの文化の違いなどを学ぶことをお勧めします。

 

週末の過ごし方として、学校で出会った人たちと観光名所を回るのも良いでしょう。

3ヶ月の期間があれば、セブ島の有名な観光スポットを訪れることができます。

 

3ヶ月の間、学習だけを続けるのはとても大変です。週末は友人と外出をしてリラックスし学習効率をあげることを優先するのが良いです。

(留学先で出会った仲間との外出は特別な思い出になるでしょう)

 

真面目に学習に取り組んでいる学校を選べば自分を刺激してくれるような出会いがあるものです。

そのよう人たちと高め合いながら学習・観光をするのは理想的と言っても良いでしょう。

 

3ヶ月の留学期間であれば、お互いの意欲を高め合える友人を60人くらい作ることを目標にすると留学をした意味がさらにありますね。

サウスピークでは定期的に同窓会を行なっています。サウスピークには将来を考え、本気で留学をする人しか集まりません。

 

また発展途上国ならではの、フィリピンスラム街ツアーに参加するのもお勧めです。

フィリピンの文化への理解が少しずつ増えてきたころにスラム街ツアーに行くのも、また見え方が変わってくるかもしれません。

(スタディーツアーでは、日本で見ることができないような景色や体験をすることができます)

スタディーツアーについてはこちらの記事を参考にしてください。

 

このように3ヶ月の留学を理想的な形で過ごすことができれば、学習の成果を最大限まで引き出すことができます。

長期間でも学習モチベーションを維持することができるため、帰国後も自分の目標に向かい学習を続けることができるでしょう。

また3ヶ月という期間は、観光スポットを一巡する時間も週末だけで十分に確保できます。

学習の計画をしっかりと立て、メリハリをつけた留学生活を送るようにしましょう。

 

理想的な過ごし方まとめ

・日本で留学前に学習習慣をつけて学習効率を高めましょう(語学学校によっては、事前学習サポートがあります)

・モチベーションを維持するためにも刺激しあえるコミュニティー作りを意識しましょう

・学習・観光どちらも充実させるためには、学習計画を立ててメリハリをつけましょう

 

3ヶ月のフィリピン留学を体験した方達のお話を実際に伺いました

Kozueさん  (TOEIC385→TOEIC605点)

「英語の音源を聴くことすら嫌でした」そう語るKozueさん。

英語学習を続けることが日本では難しく3日坊主で終わることもあったそうです。

しかしフィリピン留学では真剣に学習に向き合い、英語に対する苦手意識を克服しています。

彼女は留学期間である12週間だけではなく、それ以上の効果を得ることができたと語ります。

いかにして彼女は英語初心者から抜け出したのでしょうか?

【TOEIC385点→605点】聞くことさえ嫌だった英語に真剣に向き合えた3ヶ月のフィリピン留学! Kozueさん

 

Takumiさん  (TOEIC650→900点)

3ヶ月のフィリピン留学で、TOEICの点数を650点から900点まであげることに成功したTakumiさん。

就職活動中に自分のやりたいことがわからなくなり、休学 + フィリピン留学を決意しました。

留学中に多くの社会人の方と出会うことにより、自分の視野を大きく広げることができたと語ります。

「自分のやりたいことに素直に向き合い、就職活動を再開します」

そう語ったTakumiさんの記事はこちらです。

休学→フィリピン留学で行き詰まった就活を打開する!TOEIC650点から900点まで向上させたTakumiさんの体験談

 

フィリピン留学(セブ留学)3ヶ月間検討されている方へ

3ヶ月間の留学は1ヶ月留学に比べ効果を実感しやすく、明示的な成果も残せるでしょう。

 

英語初級者でも、高校英文法までを一通り復習することによって、英語への苦手意識を克服できる可能性を高められます。

スピーキングでは講師の英語にも慣れ、学んだ英語表現を講師との実際の会話で使用する機会も増えるため、学習自体が楽しく感じられます。

 

英語中級者の方は、集中的に英語学習をすることで、今まで遠い存在に思えていた上級者への入り口に足をかけることができます。

日本ではまとまった学習時間を取ることが難しく、中級者と上級者の間には大きな違いがあるように思えますが、留学中に過ごす3ヶ月はその間にある溝を埋めてくれるでしょう。

3ヶ月のまとまった休みを取ることはなかなか難しいですが、それだけの投資をすれば大きく自分の英語力を底上げすることが可能です。

 

英語上級者の方は、3ヶ月の留学期間を通して更なる高みを目指して英語力を伸ばすことができるでしょう。

英単語、表現の学習に終わりはありません。新しい表現を学ぶことによって更なる英会話力の向上が見込めます。

 

長期の留学は不安に感じる方も多いかもしれません。その場合は短期留学を選択し、延長することも可能です。

3ヶ月間の留学生活は容易ではありません。
しかし1ヶ月目から短期で目標を設立し、最終目標に向かって学習を続けることで少しずつ学習の仕方などがわかってくることもあります。

 

英語力を向上させるのに近道はありません。日々の英語学習の積み重ねが、最終的な目標へと導いてくれるのです。

 

サウスピークは過去5年間で3,000人以上の卒業生を輩出しており、全生徒が3ヶ月間の留学でTOEICを「平均」226点伸ばしています。

英語力を向上させた全生徒の膨大な学習データとTOEICスコアデータを分析し、TOEICスコアの効果的レベル別学習ノウハウも確立しています。こちらの記事を参考にして頂いて、留学の検討の一つの基準にしていただければと思います。

サウスピークのTOEICデータベースについて