サウスピーク・セブ島で働く日本人社員一同

サウスピークは留学エージェントを利用せず集客している数少ない語学学校の一つです。多くの留学エージェントから、提携依頼を頂いておりますが、現在のところ1社とも提携を行なっておりません。

フィリピン留学業界でごくわずかしかない、自分たちの集客活動で運営されている語学学校です。

なぜ留学エージェントを使用していないのか。その理由は下記の3つです。

(1) 「本気留学」というサウスピークの方針に合わない生徒に来てほしくないから

サウスピークの学生は本当によく勉強をします。

サウスピークの学生は本当によく勉強をします。

青い海や白い砂浜を求めて休暇気分でセブ島に留学する人も多くいますが、サウスピークでは学内の勉強を真剣にするという雰囲気を維持するために「英語を真剣に勉強したい留学生」のみに来て頂きたいと思っています。

語学学校にいる他の生徒の人達がどのような人達かというのは留学をする際に最も大切な要素の一つです。自分が真剣に勉強したくても、周りの生徒や同室の生徒が遊びほうけていればやる気がそがれます。また、悪い場合には、勉強するのを直接的・間接的に邪魔をされるということもあります。

サウスピークでは生徒の誰もが真剣に英語の学習を行なっており、それが学校全体に良い雰囲気を作っています。そのため、サウスピークの「英語力を真剣に向上させよう」とう方針に合わない学生には極力来てほしくないと考えています。

「英語力を真剣に向上させよう」という方針と合わない学生が来ることがないようエージェントを利用していません。


※フィリピン留学では、真面目に英語を勉強しようという学生は実は少数派です。

(2) 学校情報を正確に伝えてミスマッチを防ぐため

日本人スタッフとの学習相談が毎日のように行なわれています。

学内にいて常に生徒と関わっているスタッフがメール対応を行なっています。日々変わる学校の状況、セブの状況を正確にお伝えしミスマッチのない留学を提供します。

サウスピークに転校してきている生徒の方々から、他の語学学校では留学エージェントのウェブサイトに書いてあったことと実際の学校の状況が全く違っていたという話しを定期的に聞きます。

留学エージェントは直接語学学校を経営しているわけではなく、また多くの学校に間接的に関わっているため、最新の語学学校情報を把握していないことがあるのです。例えば、「この現地スタッフの方が親身にお世話をしてくれますよ」と留学エージェントから聞いていても、実際に留学したらそのスタッフはすでに辞職していた、ということも有ります。

サウスピークでは顧客一人一人に対して自分たちで連絡を取り合うことで、学校の最新情報を正確に伝えて、生徒とサウスピークのミスマッチが起きないように努めています。

(3) エージェントを利用して急拡大をするのではなく、着実にサービスの質を上げたいと考えているから

大学生向けの就職活動対策を学内で行なっています

例えば、学内で大学生向けの就職活動対策を学内で行なっています。学生一人一人のニーズに真剣に向き合い、後悔のない留学を提供したいと考えています。

サウスピークはまず、教育サービスの質を向上させることがなによりも大切だと考えています。そのため、サウスピークは留学エージェントを利用した規模の拡大には積極的ではありません。生徒一人一人に後悔のない留学をしてもらいたいと真剣に考えて取り組んでいます。

【連絡】さらにサウスピークに知りたい方は、毎週開催している東京・新宿の留学説明会、もしくは毎月開催している大阪・梅田の留学説明会に参加下さい。

(次の記事へ)サウスピークの沿革