この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は sp-1024x536.jpg です

費用の安さと充実した英語学習環境が話題になっているフィリピン・セブ島留学。

近年ではフィリピン留学に年間3.5万人以上の方が訪れています。

着実にフィリピン留学が人気を集めているなかで、フィリピン留学を検討されている方も多いとことでしょう。

語学学校への留学は、大学で行われる交換留学とは違い、時期や期間を自分で考えて選ぶことができるのが特徴です。

そのため、フィリピン留学を検討される方の中には、どの時期に留学をすれば良いのかを悩む方も多いのではないでしょうか?

そこで年間1,500人の方が留学に訪れる語学学校サウスピークが、フィリピン留学で知っておくべきフィリピン留学の時期に関する基本情報や、社会人・学生など多くの方にとって参考になるような情報を紹介します。

本記事では留学の目的や期間によってのオススメを紹介していきます。

目次

フィリピン留学で知っておくべき、時期に関する基本情報

フィリピン・セブ島は年中常夏の印象がありますが、月によって少し気候が変動します。
セブ島の平均気温は「26.5℃」で1年中暖かく、冬の季節でも半袖で過ごすことができます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は chart.png です

暑過ぎず、快適なセブ島ですが、5月頃が一番気温が上がり真夏と言われており、観光をする際にはベストシーズンと言っても良いでしょう。

なぜなら、この時期はカラッとした天候が多く、マリンアクティビティーが人気のシーズンであり、綺麗なセブ島の海を満喫することができるからです。

また、フィリピンでの気候で一番懸念されるであろう台風ですが、セブ島が台風の被害に直接会うことはありません。

執筆者はフィリピンに1年と半年滞在しましたが、セブ島に台風が直撃したことはありませんでした。

フィリピン・セブ島の雨季・乾季 / 閑散期・繁忙期はいつ?

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC01743.ARW_-1024x684.jpg です

フィリピンの特徴的な気候と言えば日本の四季とは違い、雨季・乾季があることです。
セブ島では、6月初旬ごろから12月初旬ごろまでが雨季、12月中旬から5月下旬ごろまでが乾季と言われています。

雨季のシーズンでは1時間ほどのスコールが起こりやすく、激しい雨が降ることが多いです。
日本の梅雨とは違い、常に雨が降っているわけではないのが特徴です。

セブ島の乾季は湿気の少ない晴れの日が多いです。
しかし、乾季でも稀にスコールが発生するため、油断はできません。折りたたみ傘などを常に持ち歩くと良いでしょう。

フィリピン・セブ島留学の繁忙期・閑散期

フィリピン留学では時期によって生徒数が大きく変動します。

繁忙期は、学生が長期休みとなる7月末~9月末の夏休みシーズン、1月末~3月末までの春休みシーズンと言われており、語学学校によっては特別料金を設けているところもあります。

閑散期は、4月~7月中旬と10月~12月末までと言われており、語学学校も落ち着いた雰囲気になることが多いです。

目的別にみる、フィリピン・セブ島留学のオススメ時期一覧

では、実際にフィリピン・セブ島留学で過ごしやすい季節はいつなのでしょうか?

本記事では、多くの視点から見るフィリピン留学の季節を解説します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC01032-1024x681.jpg です

集中して学習ができる時期はいつなのか?

4月上旬~7月中旬、10月上旬~1月中旬がオススメです。

この時期は、留学生も比較的少ない乾季の季節でもあるため天気もよく学習にも集中できる環境が整っていると言えます。

留学生が多ければどうしても、外出をする機会も増えてしまうものです。

そこであえて閑散期の時期に留学をして学習に専念するのも良いでしょう。

また、乾季はフィリピン・セブ島特有のアクティビティーがより活発に行われているので観光シーズンとも言えます。

費用が抑えられる時期

留学をするにあたり、なるべく費用を抑えて留学したいと考える方も多いと思います。

先ほども少し紹介しましたが、繁忙期のシーズンは特別料金を設定している語学学校が多く、費用が高くなりがちです。

そのため、少しでも留学費用を抑えたいのであれば、閑散期の4月~7月中旬、10月~12月末のシーズンを選ぶことをオススメします。

また航空券の料金もシーズンにより大きく変動します。

繁忙期の航空券は、直行便の往復で10万円ほどとかなり高額です。
しかし、閑散期であれば5.5万円ほどまで費用を抑えることもできます。

詳細はこちらの記事をご確認ください。

友人を多く作ることができる時期

せっかく留学をするのであれば、同年代の方と仲良くなりたいと思うのも自然のことです。

交友関係を増やすのであれば、繁忙期がオススメですが、ここでは世代別での紹介をします。

高校生

  • 高校生であれば、7月下旬〜8月中旬が一番多いです。

  • 語学学校によっては、高校生限定の留学プランを設けているので交友関係や安全面も心配する必要はないでしょう。

大学生

  • 大学生の場合は、繁忙期である長期休みのシーズンが一番オススメと言えるでしょう。
    また、4月の学期始めに休学をしている大学生が集まりやすいです。

  • 最近では1年間の休学期間中に、留学をしてその後、海外インターンする大学生も増えています。

観光・アクティビティーがオススメな時期

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は GOPR2607-1024x768.jpg です
DCIM\101GOPRO\GOPR2607.JPG

フィリピンでは1年中、ビーチリゾートやアイランドホッピングなどの観光が盛んに行われています。

しかし、乾季のシーズンは天気もよいため、多くの旅行会社などでも一番オススメの時期と言われています。

そのため多くの方がビーチや、アイランドホッピングを留学の息抜きとして楽しむことが多いです。

せっかくフィリピン・セブ島留学をするのであれば観光もしていきたいですよね。

観光業も盛んなフィリピン、留学と観光を楽しむのであれば乾季のシーズンに訪れることをオススメします。

学生の目的別オススメ留学時期一覧

フィリピン・セブ島留学には多くの学生の方が訪れます。

そこで、学生の方に一番オススメな留学のシーズンを費用を含めて紹介します。

オススメの時期

フィリピン・セブ島留学で学生の方にオススメの時期は、やはり繁忙期である長期休暇の夏休み・春休みです。

繁忙期であれば、多くの学生が留学に訪れるので新たな出会いや視野を増やすこともできるでしょう。

短期留学の場合、繁忙期であれば多くの留学生がいるため交流などを楽しむことができます。
閑散期であれば、人も少ないので学習のみに専念することができます。

休学をしてがっつり英語力を伸ばしたい方は、留学を開始した4月から半年間などの留学を行うと良いでしょう。

就職活動前に英語力をつけたいのであれば、大学3年生の夏休みなどに留学をして英語力を底上げするようにしましょう。

留学プランについて

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は vvvvvvvv-1024x692.jpg です

語学学校によっては、学生の方に向けた留学プランを用意しています。

例えば、高校生の方に向けた留学プランであれば、英語学習とフィリピン・セブ島の観光も含めたものもあります。

費用は学校により多少異なりますが、約20万円で2週間ほどの留学などのプランが多いです。

高校生向けのプランでは、語学学校が手続きやフィリピンの観光も全て行うため安全面に関しても心配する必要がありません。

オススメの環境

長期休暇のシーズンであれば、多くの学生がフィリピン留学をしているので簡単に友達を作ることもできるでしょう。

また、同じ学生だけでなく社会人の方などとも積極的に交流すれば簡易的なOB訪問などもできるかもしれません。

せっかく社会人の方や、違う価値観をもった人と接するチャンスです。

積極的に話をしたりして自分の視野を広げてみるのも良いでしょう。

社会人の留学におすすめの時期

社会人の方が留学する際に一番気になるのは、やはり周りの留学生の多さや雰囲気ではないでしょうか?

留学先の語学学校で学生が多いと、学習に集中できないということもありえます。
英語力を伸ばすことができれば、自身のキャリア形成を優位にすることができます。
昇給を目指した転職なども英語力を獲得すれば十分可能です。

フィリピン・セブ島留学は日本から近いこともあり在職しながらの留学も行うことができます。
まずは英語学習に専念して自身のキャリアを伸ばす策を練ってみましょう。

英語学習に専念するのであれば、なるべく静かな環境を選ぶことが重要です。
そこで先ほども紹介した、閑散期をうまく活用して留学してみてはいかがでしょうか。

または、大型連休などの社会人の方が短期留学をするチャンスなのでそのようなタイミングで違う業種に勤めている方と出会うことで新しい学びがあるかもしれません。

短期留学におすすめの時期

フィリピン・セブ島留学の良い点は距離が近いので、短期的な留学もすることができるというところです。

短期留学のオススメはやはり大型連休を利用した留学です。

社会人の方は仕事の休みも取りづらいので、大型連休を利用して留学される方が多く人気となっています。

休学者におすすめの時期

先ほども述べた通り、休学をする学生の中では「留学+海外インターン」という1年間の休学での流れが人気になっています。

大学生の方が休学をするのであれば、4月からになります。

4月から休学をして、数ヶ月間の留学を経て海外インターンをする流れは皆さんの就職活動などを優位にしてくれることでしょう。

フィリピン留学ではどの時期からでも留学を開始することが可能です。そのため、後期から休学をする方でも留学を開始することができます。

まとめ

ここまで、目的別にオススメする留学シーズンを紹介してきました。

この表は社会人でも学生の方でも、同じ時期にオススメできるので参考にしていただければと思います。

集中して学習をしたい場合

  • 閑散期 4月~7月上旬/10月~12月がオススメです。

費用を抑えたい場合

  • 閑散期 4月~7月上旬/10月~12月がオススメです。

交友関係を増やしたい場合

  • 繁忙期 7月末~9月末の期間がオススメです。

アクティビティーを楽しみたい場合

  • 乾季 12月~5月下旬の期間がオススメです。

他の留学生が少なめな時期を希望する場合

  • 閑散期 4月~7月/10月~12月の期間がオススメです。

このようにみなさんの留学の目的によって、オススメの時期は異なります。

自身の留学の目的をしっかりと考えて、最適な留学シーズンを選ぶようにしましょう。