英語力が一番伸びる語学学校

英語学習法

スペシャル対談企画?オンライン英会話サービスの現状と未来 その1 フィリピン人が日本の英語教育を確実に変えている。

2015年12月28日

サウスピークのスタッフが、音楽家として、そして日本初の英語キュレーターとして活躍中のセレンさん(Twitter @cellen0と特別対談を行いました。自分自身の英語学習経験、また英語学習に関する指導経験を元に、実用的な英語力向上の為に、フィリピン系オンライン英会話やフィリピン留学を現状と未来、そしてそれらをどのように活かすべきなのかについて対談しました。

サウスピークのレッスン開発にセレンさんは実は関係していた

--セレンさんに初めてお会いしたのは、今から2年半以上前、2012年に「フィリピン英語」をキーワードにしたオフ会でしたね。今となってはとても懐かしいです。それからだいぶん経ちまして、お互いここまで「フィリピン英語」にどっぷりと関わることになるとは驚きです。

セレンさん:懐かしいですね。

--実は語学学校サウスピークで行っている、グループレッスンの課題、写真描写レッスンはセレンさんが Twitterで投稿していた内容を参考にして開発したものです。セレンさんの投稿と、あと安河内先生がTOEIC SW試験について書かれた記事を参考に、こんな学習方法があるのなら、そのまま語学学校のグループレッスンで導入できるなと思いレッスンを作成しました。セレンさんは実はサウスピークの写真描写レッスンの生みの親なんです。

セレンさん:そうなんですね、お互いに参考にしあっていましたね。僕もプロの方の学習法を参考にして、沢山勉強させていただきました。

--あれから約3年経って、セレンさんは英語の分野での活躍の場が広がりましたね。

セレンさん:そうですね、英語に限ってではないですが、その都度自分にできる事をやっていこうかなと思って今はやっていますね。」

フィリピン系オンライン英会話、フィリピン留学の登場で何が変わったと思いますか。身の回りで起きた良い変化について

サウスピークのフィリピン人講師からレッスンを受けるセレンさん。レッスン始まる前でちょっと緊張気味

サウスピークのフィリピン人講師からレッスンを受けるセレンさん

セレンさん:フィリピン英語が注目される以前と比べて、英語を使う機会が増えたので、単純に英語を話すことができる人が増えたかなと思っています。よく電車の中で「グループレッスンが4回で1万円」というような駅前留学の広告を見かけますが、1回40~50分のレッスンを4人で行えば、当然英語を話すチャンスは少なくなります。この場合、英語で話せる時間は1人当たり10分くらいですね。

一方、オンライン英会話で毎日25分のマンツーマンレッスンを受けたり、フィリピン留学で1日6?10時間もマンツーマンレッスンで英語漬けになる環境に身を置いたりすれば、必然的に英語運用レベルは上がるだろうと思います。

ーーそうですね。個人単位で見ると、確実に英語を話す機会が増えました。年配の方で英語学習を長く続けてきた方達が、オンライン英会話という今まででは考えられないような「マンツーマンレッスンで授業料を気にすることなく英語を話せる学習機会」をありがたく活用しているという話も聞いたことがあります。

セレンさん:昔は英語を話す場所が英会話スクールぐらいしかなかったので、数年前のその環境と比べると現在は断然と良い環境ですね。僕自身も、マンツーマンレッスンを含めたいくつか英会話スクールには行ったことがあります。でも、日本の英会話スクールの講師のレベルが高かったおかげですぐ英語力が伸びたというよりは、結局自分で自習学習をして伸ばせた部分が大きいと感じています。

そういう意味では、語学学校を利用するには最適な段階があると思います。初心者がいきなり飛び込んでしまうと、語学学校という学習環境を自分なりに活用するのは難しいかと思います。レッスン時間が短いですし、授業料が高いですしね。

一方で、フィリピン留学・オンライン英会話は、授業料が安く長時間のレッスンを受けられるので、場数の必要な初期から中期の段階に関してはかなり機能すると思っています。

ーー何もできない初級者がいきなり1時間当たりのレッスン単価が高い日本の英会話スクールに行ってしまうのはもったいないなと思いますね。上級者の方が行くのは良いと思います。しかし、初心者はそもそも英会話にも慣れていないので、お勧めしていません。

一方、オンライン英会話の1ヶ月分のレッスン代が毎日25分話して約6,000円なので、日本の英会話学校の1回のレッスン代と同じくらいなんですよね。値段に関していえば、オンライン英会話はレッスン代を気にしないで受けられるレベルです。

セレンさん:そうですね、この値段で英語を話す機会があるわけですから、あとはどのようにこの機会を使うかですよね。

ーー実際、サウスピークの生徒やTwitter上で繋がっている人達と接していると、英語が出来る日本人が着実に増えていると感じます。特にサウスピークの場合だと、20歳前後の学生でもTOEIC800?900点と極めて高い水準まで到達している学生が多いです。まだ20歳過ぎたばかりなのにこんなに英語ができるのか」と思う学生さんがたくさんいますね。

セレンさん:僕の場合は、自分自身がオンライン英会話で英語力を伸ばした人間なので、オンライン英会話が力になっている実感がありますね。

ーー私が英語を本腰入れて学んでいた時代(2008年以前)は、まだまだオンライン英会話に対して胡散臭いイメージがあってやる気が起きなかったですね。実際5年前までは、「フィリピン人から英語を学ぶ?フィリピン人って英語を話すの?タガログ語じゃないの?意味が分からないんだけど」って感じでした。

セレンさん:その頃に比べるとオンライン英会話に対する印象もずいぶんと良いものになってきていますよね。

ーーオンライン英会話大手のレアジョブさんが2007年にサービス開始しましたが、当時はなんじゃこりゃという感じでしたね。そもそもSkypeを使ってレッスンを受けるということに馴染みもなかったです。フィリピン側の事情を言うと、インターネット回線の環境が悪くて、Skypeの途中で切れることもありましたし。

実際にオンライン英会話を使ってみると…

ーーフィリピン人の英語に関して言えば、初級者には十分なものだと考えています。英語を全然喋ったことがない人は、ますはマンツーマンレッスン25分を1ヶ月やってもらえば、「英語で話す」とはいったいどういったことなのか、感じか掴めるようになると思います。

セレンさん:オンライン英会話に関して言うと、一番は話し相手として機能していると思っています。いつも言っているのですが、英語の学び方自体は日本人の教育者、もしくは非英語圏の英語習得者から学んで、フレーズ・言い回しはNative English Speakerから学ぶのが良いと思います。

ただ、やはり初中級で経験の必要な学習段階では、コストパフォーマンスを考えると、フィリピン系オンライン英会話は代わりのないものだと考えています。

ーー話し相手という点で言えば、サウスピークに過去にいた生徒さんで「僕、英語力を上げても話す内容がないんですが」という方がいました。

セレンさん:それは英語というよりも、もっと深いコンテンツの話になりますね。話すコンテンツがないと話は続きませんよね。また、どれだけ英語が流暢でも、論理構成に従って話せないのであれば、支離滅裂なことしか言えません。そもそもの意見がない場合も会話では厳しいですね。

ーー「英会話を行う」という実際の体験から、英語は学問というよりは、コミュニケーションの手段であることが認識できるといいですね。そして、「コミュニケーションの手段である」という観点が日本の教育には欠如していますよね。

セレンさん:そうですね。意見をぶつけて、共通の理解を作り上げるために生産的な会話をしていくことについて、教育ができていないですよね。これは英語教育というよりは、国語の話かと思いますが。

ーーフィリピン留学について言えば、フィリピンは地理的には隣の国ですが、あまり知られてないですね。未だにフィリピンパブのイメージを持っている人もいます。今では毎年3?4万の日本人が英語を学びにきている国でもありますが。

セレンさん:最近は語学留学の方が流行ですよね。

ーーこの夏も普通に大学生が夏休みを利用してきていました。ビザの手続きが簡単で、航空券を取れば手続き無しで入国できるので楽ですね。

セレンさん:30日未満なら手続き無しという、ビザがの簡単さもアドバンテージの1つですね。

ーービザ手続き無しで入れるのは大きな利点です(日本人はフィリピン入国と同時に30日滞在できる観光VISAが与えられます)。

セレンさん:知名度・認知度という点では、最近ではカフェや電車でもオンライン英会話・フィリピン留学といった単語を耳にする機会が増えました。

会社でも、企業研修として、あるいは個人的にもオンライン英会話を利用している人は増えていますね。

ーー実際、費用面で考えると高いお金を出して外国人を雇って大教室で研修するより、家でオンライン英会話をしてもらう方が合理的ですね。

セレンさん:例えば、社内研修で1対10のグループワークをしても、話せるのはレッスン時間が2時間あっても、一人当たりで考えると、ほんの少しですよね。そんな短時間では、アウトプットへの慣れが必要な初期段階では、レッスンの効果は低いです。

ーーフィリピン系オンライン英会話の影響だけではないとは思いますが、企業の現場でも英語のできる人達が増えてきています。毎週スカイプでの会議がある、外国人の上司がいると言った話も頻繁に聞きますので、英語を使う機会自体も増えてきているのだなと感じています。

(次の記事)オンライン英会話サービスの現状と未来 その2 オンライン英会話を効果的に活用する方法

「無料説明会」を開催中です。

-英語学習法

Copyright© サウスピーク日誌 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.