英語力が一番伸びる語学学校

フィリピン・セブ留学

サウスピークの生徒が普通の語学学校の生徒と違う5つの点

2019年5月27日

本気留学サウスピークに留学に来る生徒さんは他の学校の生徒とは大きく異なる点があります。今回は、サウスピークの生徒に5つの特徴をあげてみます。

(1)イヤホンをしている

サウスピークの学内ではイヤホンをしている生徒とよく出会います。

↓こんな感じです。

↓この方もイヤホンをつけています。

彼らは何を聞いているのでしょうか。
実は、英語参考書のリスニング教材を聞いているんです。サウスピークでは通常2時間から4時間程度のリスニングが推奨されていますので、移動中もリスニング音源を聞く人が多いです。歩きながらブツブツ音読している人もいますが、 サウスピークは英語学習をしっかりやるための学校なので、変な目でみられることもありません。

(2)大きなカゴを持っている

サウスピークの学内を歩いていると生徒が大きなかごを持って歩いているのをみかけます。

こんな感じで持ち歩いています。

この方も。

カゴの中を見せてもらいました。

参考書がいっぱいです。

サウスピークは学校と宿舎が同じ場所にありますが、それでも部屋にわざわざ戻るのは面倒だと思うので、みなさんこのカゴを使って教材を運んでいます。1日10時間以上学習するので、このくらいの参考書の量になりますよね。

(3)朝が早い

サウスピークの朝は早いです。朝食は8時開始、授業は9時開始ですが、自習室は5時半から開放しています。毎日5時半ぴったりになると、多くの生徒が自習室に直行します。

朝5:30から勉強を開始する大山さん

こちらの大山さんは朝5時半に音読ルームに直行して、朝5時半から自習を開始していました。サウスピークの学生は1日平均10時間以上の英語学習を行なっていますので、全体に勉強する雰囲気があります。彼らのように朝早くから学習する生徒も一人では、学習を継続することは難しいと思います。しかし、サウスピークでは、周りの学生勉強しているので、周りに流されて勉強ができます。

(4)英語会話が活発

サウスピークでは、ランチタイムに講師たちと一緒に英語を話す時間を設けています。各テーブルに講師が散らばり、英語で会話をします。下記の動画をみてもらえますと恥ずかしがらずに積極的に英語を話していることがわかると思います。

(5)学外の活動も活発

平日は英語の学習を必死にしていますが、課外活動も積極的な生徒が多いです。例えば、セブンスピリットというNPO法人のスタディーツアーがセブ島で行われていますが、サウスピークの生徒は非常のよく参加されています。

せっかくのフィリピン留学ですので、英語学習だけではなくフィリピンのことも知るのは良い経験になるため、オススメです。

しっかり学習するので成果が出る

上記のようにサウスピークに来る生徒のみなさんは、しっかりと学習をしています。フィリピン留学にきたけど、周り遊んでいて集中できなかったという理由からサウスピークに転校される生徒さんも多くいます。しかし、サウスピークでは、むしろ周りの人に影響されてしっかり学習ができる環境となっています。

そして、しっかり学習ができるので、当然ながら成果が出ます。留学は一生に何回も行けるものではないですので、せっかくフィリピン留学にきたらしっかりと学習をして成果を出しましょう。

TOEICスコアが1ヶ月で「平均」118点UP↑ 3ヶ月で「平均」223点UP↑ 本気留学サウスピーク2018年前半TOEICデータの公開

フィリピン留学・セブ島留学|2大よくある失敗体験談(2018年最新版)

「無料説明会」を開催中です。

-フィリピン・セブ留学

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.