英語力が一番伸びる語学学校

ビーチ アクティビティ セブ島観光

セブ島はダイビングスポットの宝庫! セブ留学の息抜きに満喫できるダイビングツアーを紹介

当記事では、人気のダイビングスポットが数多くあるセブ島でのダイビングツアーを紹介します。
今回は日本人経営のダイビングショップである「all blue」さんを取材しました。

当記事の目次

セブ島ダイビングツアーの魅力紹介

魅力① たくさんの魚とセブ島の綺麗な海を、同時に満喫できる! 


日本ではなかなか見られないような、澄んだ海でダイビングができま

魚だけではなく、イソギンチャクやサンゴも目の前で見られます

魅力② 予約から当日のガイドとの会話まで日本語でOK! 英語初心者も安心して楽しめる


日本人スタッフが元気いっぱいに迎えてくれます

魅力③ 機材の準備からセッティングまですべてスタッフが行ってくれる「お姫様・お殿様ダイビング」を楽しめる


通常であれば機材のセッティングは自分でするのですが、セブ島の体験ダイビングでは全てのセッティングをスタッフが行ってくれる場合がほとんどだそうです

セブ島ダイビングツアーの基本情報

観光の難易度……★☆☆
⇛all blueのツアーを利用した場合、全て日本人スタッフに対応してもらえるので、英語に自信がなくてもダイビングを満喫できます。


また今回ご紹介するのは体験ダイビングなので、ライセンスを取得していなくても楽しめます。


all blueではライセンス取得コースも用意しているので、セブ島滞在中にダイビングのライセンスが欲しいという方は、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか?

予算……3,000ペソ〜(約6,200円 2019/1/17時点)
⇒日本人のガイドが付いてこの値段は格安です。日本で同じようにダイビングを楽しむとしたら通常1万円以上かかってしまう上に、できる場所も限られています。


またall blueでは頻繁にお得なキャンペーンを行っており、この値段よりもさらに安くなる可能性があるので、公式サイトの割引キャンペーン情報をチェックしておきましょう。
※ホテルの施設利用料として、別途400ペソかかります。

観光に必要な所要時間……6時間
⇛午前8時集合で、お昼ごろにダイビングショップに戻ってきます。

アクセス……セブシティーからタクシーで約40分
⇒タクシードライバーに”Please go to Vistamar Resort.”(ビスタマール・リゾートに行ってください)と伝えてください。


タクシー利用時の注意点については本文に掲載している記事で紹介しています。

申し込み方法……all blueのWebサイトからオンライン事前予約

治安情報……ビスタマール・リゾート周辺は治安が良好で、ホテルの目の前までタクシーで行けます。そのため女性だけでも安心です。

関連記事 【セブ島 アイランドホッピング】英語が話せなくても簡単に行ける、天国に1番近い島!

1日のスケジュール


午前7:00……セブシティ出発

午前8:00……ダイビングショップ「all blue」到着

午前9:00……乗船→出発

午前9:30……ダイビング(1本目)

午前11:00……ダイビング(2本目)

午後12:30……ショップ到着 ※海況によって到着時間は多少前後します。

午後2:00……ダイビングツアー終了 ショップ出発

ダイビングツアーの内容

all blueでのダイビングツアーの具体的な内容について紹介していきます。

午前7時……セブシティ出発

セブシティーの中心部から出発します。

移動のためにまずはタクシーを拾いましょう。

タクシーが通るときに手を上げていれば、すぐに捕まえることができます。

参考記事 【フィリピン・セブ島】タクシーを快適に利用する方法【初心者必見!】

タクシーの運転手に“Please go to Vistamar Resort.”(ビスタマール・リゾートに行ってください)と伝えましょう。

通常40分程度で到着しますが、混雑状況によっては1時間以上かかる場合もあるので、早めの出発をおすすめします。

また車が動き出す前に、料金メーターが40ペソ(初乗り料金)で稼働しているかの確認を忘れないでください。

時々メーターを使わずにぼったくりをしようとするドライバーがいるので、しっかり“Please use meter.”(メーターを使用してください)と伝えましょう。

セブ市街からのタクシー料金は渋滞時を除いて400ペソ前後です。

午後5時〜7時のラッシュアワーには道路が大変混雑するので、50ペソ程度多めにかかります。

午前8時 ダイビングショップ「all blue」到着

all blueのあるVistamar Resortに到着したら、まずは入口の警備員がいるところで名前を記入してください。

入口で名前を記入したら、次はホテルの受付でも名前を記入する必要があります。


ビスタマール・リゾートの外観。館内に入ってすぐ左手に受付があります

ホテルスタッフに「all blue」というだけで伝わります。ここでも名前を記入しましょう

次にall blueでの受付を行います。

まずはホテル内のレストランにある受付用紙に、必要事項の記入をします。


ホテルの受付のすぐ側にあるレストランです。写真の右奥のテーブルに、ダイビングツアーへの受付用紙があります

注意事項をきちんと読み、必要事項を記入していきます

受付用紙の記入が終わったら、レストランを出てすぐのところにあるall blueの受付に用紙を持っていき、日本人スタッフと必要事項の確認をしましょう。

その後全体への注意事項などのアナウンスがあります。


レストランを出てすぐ右手に見えるのがall blueの受付です

当日のツアー参加者が全員集まったら、日本人スタッフから注意点などの説明を受けます

注意事項のアナウンス前後の時間に水着に着替えておきましょう。

更衣室はありませんが、ホテル内には綺麗な個室トイレがあるので、そちらで着替えられます。


着替え終わったあとには、船に持っていかない荷物を受付に預けましょう。

受付内部で保管しておいてもらえるので安心です。


ホテル内にあるトイレ。個室があり床もきれいなので、安心して着替えられます

手荷物はすべて受け付けに預けられます

午前9時 乗船→出発

荷物を預け準備ができたら、いよいよ出発です。


all blueの目の前にビーチがあるので、船がある場所まで徒歩1分で行けます

ボートに乗り込み船まで向かいます

船に乗り込んだらすぐに出発します。海況によって船が大きく揺れる場合もあるので、必要な人は酔い止めを服用しておきましょう

all blueのフィリピン人、日本人スタッフと共に出発します

午前9時半 ダイビング(1本目)

出発から30分程度で最初のダイビングスポットに到着。

まずは水着の上からダイビングスーツを着ます。


それぞれの体型に合ったスーツを用意してくれます

次に日本人スタッフからダイビングをする上で覚えておくべきことに関するレクチャーを受けます。


ダイビング機材の使い方の説明をしていただいているときの様子。もちろん全て日本語なので、簡単に理解できます

機材のセットは全てスタッフが行ってくれます。セブ島での体験ダイビングが「お殿様・お姫様ダイビング」と呼ばれる所以です

ダイビング機材をセットしてもらったら、いよいよ海に入ります

海に入ったあとは、ダイビングする前に再度20分程度のレクチャーを受けます。

ゴーグルに水が入ったときの対処法や耳抜きの方法などを日本語で丁寧に教えてもらえるので、ダイビング初心者でも安心です。

レクチャー後、スタッフ同伴のもとダイビングを行います。

ダイビング中は常にスタッフが側にいるので、いざというときにはすぐに伝えましょう。

緊急時のハンドサインも、このレクチャーの際に教えてもらえます。

次に実際に海の中の様子を写真と共に紹介していきます。


海底の至るところに、サンゴやイソギンチャクなどの海の生き物が生息しています

海の中にいる生き物には触らないようにしましょう。怪我をしてしまう恐れがあります

泳ぐのに慣れるまでは、スタッフが引っ張っていってくれます。至れり尽くせりですね

深さによって太陽の光の入り加減が変わり、それに伴い海の色も違って見えます

海中では多くの魚が泳いでいました


場所とタイミングによっては、このように多くの種類の魚が見られます

魚との記念撮影を楽しんでいます。魚が目の前を泳ぐので、テンションが高まっていました

海の中では、ダイビングに慣れているスタッフが常に側にいてくれます

30分程度ダイビングを楽しんだあと、スタッフの案内のもと船へと戻ります。

水中では感じませんでしたが、船に上がると身体が冷えていたので、タオルを忘れないようにしましょう。

少し休憩したら、次のダイビングスポットに向かいます。

午前11時ダイビング(2本目)

2箇所目のダイビングスポットへ到着。

事前予約の段階で申請しておくと、1,000ペソで追加ダイブを楽しめます。

1回では物足りないと思う人は、予め申し込んでおくと良いでしょう。

追加ダイブを申し込まない場合には、船でのんびりしたりスノーケリングをしたりして過ごせます。

午後12時半 ショップ到着

お昼ごろにall blueに到着です。

ショップ到着後はそのまま解散なので、ホテル内のレストランで昼食を食べたり、併設しているプールで遊んだりして、自由な時間を過ごしてください。


私たちはフルーツシェイクを頼んで少しゆっくりしました

またショップのすぐ近くにはシャワーがあるので、そこで海水を洗い流せます

午後2時 ダイビングツアー終了、ショップ出発

今回紹介したall blueのあるマクタン島からセブシティまでは40分程度で到着しますが、午後5時以降に出発すると大渋滞に巻き込まれて、到着までに倍以上の時間がかかってしまうこともあります。

渋滞を避けるために、早い時間の出発をおすすめします。

セブ島ダイビングツアーまとめ

セブ島は海が綺麗で、ダイビングの費用も日本と比べて安く済むので、セブ島を訪れた際にはぜひダイビングに挑戦してみてください。

予約から当日のガイドまで、全て日本語で対応してもらえるので、セブ島に来たばかりの人でも安心して楽しめます。

最後に、サウスピークの各校舎からall blueのあるビスタマール・リゾートへのタクシー料金をまとめました。

オリジナル校(ウィンランドタワー2)……450ペソ(約950円)

日本語禁止校(JY SQUARE)……400ペソ(約880円)

プレミアム校(A.S FORTUNA ST, BENEDICT COLLEGE)……360ペソ(約790円)

本気留学ならサウスピーク。3ヶ月でTOEICスコアを200点上げる語学学校

「無料説明会」を開催中です。

-ビーチ, アクティビティ, セブ島観光

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.