英語力が一番伸びる語学学校

第二言語習得論 英語学習

運動で脳を鍛える!?|長期留学の勉強生活には「適度な運動」も必要である理由

長期留学は適度なリフレッシュが大事

 

人生において成功するために、神は人にふたつの手段を与えた。

教育と運動である。

しかし、前者によって魂を鍛え、後者によって体を鍛えよ、ということではない。

その両方で、魂と体の両方を鍛えよ、というのが神の教えだ。

このふたつの手段によって、人は完壁な存在となる。

ープラトン

『脳を鍛えるには運動しかない!』より

英語を学習中の皆さん、こんにちは。

 

英語学習中、特に長期留学中の皆さんは、モチベーション維持や気分転換の方法を模索しているのではないでしょうか?

 

長期の留学で終わりが見えず、勉強に気疲れしてしまったり、外国での暮らしに疲れ勉強する気が起きなかったりということ、ままありますよね。

 

「ダラダラと勉強するのではなく、適度にリフレッシュしながら勉強を進めたい!」そう思っている方は多いはずです。

 

 

そこで今回は脳をリフレッシュさせ、学習に最適な状態へ持っていくベストな方法についてご紹介したいと思います。

 

参考にするのはハーバード・メディカルスクールの准臨床教授であるジョン・J・レイティ氏の著書『脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方』です。

 

運動と脳の密接な関係

 

カナダのマギル大学の心理学者ドナルド・ヘップ教授が、子どもたちを喜ばせるために研究室のラットを何匹か家に持ち帰ったところ、意外な研究成果を得ることができました。

 

家に連れ帰ったのラットは、研究室でずっと保管されていたラットに比べて学習検査で非常にいい成績を収めたのです。研究室という住み慣れた場を離れ、人間の住む家で子どもたちに触られたりといった経験が、脳に変化を与え、学習効率が高まったのです。

 

新しい環境に出会い、それに順応していくことは脳にとって、非常に良い刺激となるのです。

 

そして、リフォルニア大学アーヴァイン校の脳老化・認知症研究所の所長であるカール・コットマン教授がマウスと回し車を用いて行った研究によれば、より多く運動したマウスはよりの脳由来神経栄養因子(BDNF)* が増えていることが判明したのです。

 

 

* 脳由来神経栄養因子(BDNF):神経細胞の生存・成長などの神経細胞の成長を調節する脳細胞の増加に不可欠な、神経系のタンパク質。

 

BDNFが増えているなら脳の成長が活発化しているということ。学習効率も上がっているといえます。

 

運動でリフレッシュ&頭を鍛える

 

では、どうして運動がそれほど脳と密接に関係しているのか、上記の研究を踏まえて考えてみましょう。

 

まず、運動をすると心臓から血液がさかんに送り出され、脳が最も活発に働く状態になります。運動すると気分がすっきりするのはこのはたらきによるものです。

 

そして、運動をすることによって神経細胞の生存・成長に密接に関わるタンパク質が増え、学習効果が上がるのです。

 

また、一口に「運動」と言ってもどんな運動でも良いというわけでなありません。行うべきは有酸素運動です。有酸素運動を行うことによって脳の血流量が増加し、脳の動きが活発化するからです。

 

 

有酸素運動+「型・動きを覚えること」がカギ!

 

脳にとって有効に働く運動の2つの条件は「技能の習得(新しい情報)」と「有酸素運動」です。

 

以上の点を踏まえると、長期留学中に実際に導入できそうな運動はヨガやラジオ体操、ダンスなどと言えそうです。ヨガのポーズやラジオ体操の動き、ダンスのステップを覚えるという「技能の習得」と有酸素運動がセットになっており、手軽で脳を鍛えるために効果的な運動ができるでしょう。

 

アメリカの疾病管理予防センターや米国スポーツ医学大学などの、公の機関による提言では、少なくとも週に5日、30分程度の有酸素運動をするのが望ましいとのこと。

 

 

ジムや機械を利用できる環境であれば、そちらを利用するのも良いかもしれません。

歩く以上に複雑な運動技能はすべて、学ばなければ身につかないため、どれも脳を刺激する。(中略)楽しさと社交的要素が加わると、脳と筋肉の組織全体が活性化する。そうするとつぎの課題に取り組む準備が整う。それが大切なことなのだ。

 

大切なのは、楽しく継続的に運動を続けていくこと。運動仲間を見つけてコミュニケーションを取りながら毎日の習慣にしていくのも良いでしょう。一人で黙々と取り組むのも素敵ですが、仲間とともに運動することで、脳がより刺激され、より効果的になります。

 

せっかくの長期留学です。効果的な運動を通して体と脳の状態を整え、学習に最適な健康状態で生活してみてはどうでしょうか。

 

 

参考

『脳を鍛えるには運動しかない!』ジョン・J・レイティ著、NHK出版

 

「無料説明会」を開催中です。

-第二言語習得論, 英語学習

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.