英語力が一番伸びる語学学校

フィリピン情報

発展途上国の渋滞に悩やむ日本人に朗報!フードパンダを使って自宅でレストランの食事を楽しもう。

アジアの途上国に住む皆さん、渋滞酷くないですか?発展途上国は車の台数の割にはインフラが貧弱で、どこも同じような問題を抱えていると思います。

僕の住むフィリピン・セブ島もクリスマスシーズンが近づいてきて、いつもよりもさらにひどい渋滞に悩まされています。

先日、そんな話をバンコクに住む友人としていたら、「フードパンダ使えばいいじゃないですか。いろんなレストランから宅配してくれるし。俺、フードパンダでしかカロリー摂取してないYo! てか、使ってないの?情弱だなーwww」と言われました。

悔しいので、早速セブに戻ってきてフードパンダを試してみることにしました。

フードパンダとは

フードパンダとはいろいろなレストランから料理を宅配してくれるサービスです。フィリピンだけではなく、その他アジアを中心に10カ国程度で展開されています。

ウェブサイトによると、シンガポール、香港、マレーシア、タイ、台湾、ブルネイ、インド、パキスタン、バングラディッシュ、カザフスタンなどで展開しているようです。

フードパンダを使ってみた

まずは普通にアプリをダウンロードします。

おー、セブでも結構いろいろなレストランが登録されてますね。

ただ、「Japanese」で検索すると8件しか出てこない。。

しかも、本当に日本食なのか怪しいのまで入っていてこれしかないのか。セブにある日本食レストランのオーナーみなさんぜひ登録してください。日本のお弁当とか手軽にオーダーしたいです。

ここに問い合わせすればレストラン登録できるのでしょうか?
Foodpanda

今回はセブで有名なレストランCasa Verdeにしました。

オーダー簡単なので、三つくらい頼んでみました。料理の料金が631ペソ、サービス料が94ペソ、デリバリー料金が30ペソ。

デリバリー料金はわかるんですが、サービス料ってなんなんだろう。
でも、合わせて124ペソだったらレストランにわざわざ行くことを考えれば、まあいいかという料金設定ですね。

そのあと、オーダーを決めて、初回なので個人情報の登録を済ませました。クレジットカード払いができるのが楽で良さそう。

オーダー完了。
45分でくるらしい。
ほんまかいな。

疑心暗鬼のなか待っていると。
「バイクドライバーが料理を受け取りました。今、お宅に向かっています」と連絡がきました。

ピンポーン

きたー!

支払いもカードで決済済みなので、料理を渡すとすぐに帰って行きました。

なんと効率的。

どこにも移動せずにご飯が食べられます。

ちゃんと包装されています。

Csa Verdeで人気のブライアンズリブ

バッファローチキンはスパイシーで美味かった。

ポークベリー。ちょっと形がわかりにくいですが、美味しかったです。

ということで、セブだけでなく渋滞のひどい地域で住んでいる皆さん、ぜひフードパンダをお試しください。

「無料説明会」を開催中です。

-フィリピン情報

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.