英語力が一番伸びる語学学校

サウスピークからのお知らせ サウスピーク

【イベントレポ】フィリピン本気留学サウスピーク卒業生の同窓会2017@東京を開催しました!

2019年8月26日

先日、11月26日(日)に、サウスピークの卒業生をお呼びし、同窓会を開催いたしました!

以下、イベントレポートです。

開場前の様子

来場者も集まりだしました。当然、全員サウスピーク卒業生とのことで、お互いに懐かしい顔を見合わせています。

お互いに以前会ったのはサウスピーク留学時、という方もチラホラ。

まず最初は、スタッフよりご挨拶。

久々に生徒のみなさんとお会いできたスタッフも、思わず顔がほころびます。

目玉イベントであるスピーチコンテストの様子

そして本日の目玉はこちら!サウスピーク卒業生有志による、英語スピーチコンテスト。テーマは、「英語」「国際交流」に関するものであればなんでもOK。

スピーチの内容の質はもちろんのこと、発音、語彙、話し方(身振り手振りなど)まで細かに審査されます。

今回参戦いただくのは、6名のサウスピーク卒業生。心なしか、緊張の面持ち。

精鋭6名の卒業生を審査するのは、まずはAnna講師(左)とSharmaine講師(右)です。

両者とも何度もベスト講師として選出されたことのある実力者。

ちなみに、AnnaもSharmaineも、現在はその腕が買われ、新宿西口の英語塾エングリットで勤務しています。

フィリピン人講師のマネジャー、Manilyn。サウスピークで、幾人ものフィリピン人講師を束ねる責任者。

「サウスピークの生徒は、本気で挑んでくる」と理解している彼女らも、真剣なまなざしです。

一番手、切り込むのはAikaさん。

2番手は、Kenさん。

3番手は、サウスピーク卒業後も英語を使う環境に身を置くため、外国人のいるシェアハウスにわざわざ移り住んだというHiromichiさん。

スピーチを見ている観客であるサウスピーク卒業生の皆さんも、6人の本気っぷりを思わずくぎづけ。

4番手は、サウスピークでTOEIC835点まで上げたMiyuuさん。テーマは、国際ボランティアについて。

参考:4ヶ月のフィリピン留学でTOEIC535点 → 835点!10年ぶりの英語学習で、中級者から上級者へと華麗なるステップアップを遂げたMiyuuさん

5番手は、Yoheiさん。

6番手は、Masahiroさん。ブログ「たっけのメモ」で知られるブロガーさんです。

6名の発表が終わりました。ここからは一旦、フィードバックタイムです。

評価項目に応じて、審査員から今後に活かせる講評をいただきます。

フィードバックの内容は、厳しい・・・顔もこわばります。

Anna講師、Sharmaine講師からも講評です。「これがもったいない」「こうするとよくなる」という言葉が飛び出していました。

「NOBU式」著者・山田暢彦先生とサウスピークスタッフとのパネルディスカッション

スピーチコンテストの審議が行われている間、別のイベントへ移ります。

次は、ゲストである「NOBU式トレーニングBook」の著者・山田暢彦先生と、サウスピークスタッフによるパネルディスカッションです。

「NOBU式」は、サウスピークのカリキュラムでも使われている、「英語を話せるようになる」と名高い名著。

サウスピークスタッフもお気に入りの参考書、とのこと。

次のテーマは、山田暢彦先生による「バイリンガル教育とは」。

実はバイリンガルな山田先生は、子育てにおける語学教育をどうしているのか?というお話でした。

英語だけで子育てができる山田先生が、「あえて英語漬け、英語だけの教育にはしない。」という意見が興味深かったです。

パネルディスカッション第二部は、漫画家鈴木みそ先生と、サウスピーク共同創業者丸山によるものでした。

お題は、「サウスピークあるある」。

鈴木みそ先生には、なんと実際にサウスピークに留学いただき、その様子を漫画にしていただきました。

サウスピークの第一印象は、「ほんとにみんなめちゃくちゃ勉強している」と。

飛び出す「サウスピークあるある」ネタに思わず笑ってしまう、サウスピークの学校責任者でもある丸山。

スピーチコンテスト結果発表!一位は誰の手に・・・?

さて、ここでついにスピーチコンテストの結果発表?!!

フィリピン人マネジャーのManilynより行います。

息を飲むサウスピーク卒業生の皆様。一番手Aikaさんもドキドキ。

優勝はだれの手に・・・?

・・・優勝は、Miyuuさんでした!!

おめでとうございます?!!

優勝賞金の金一封が渡されます。

「まさか私が選ばれるとは!」という驚きの気持ちを表現されていました。

6名が全員全力でぶつかりあうスピーチコンテストゆえ、無理はありません。改めて、おめでとうございます!!

懇親会の様子

すべての演目が終了した後は、卒業生・スタッフ・ゲスト入り混じって懇親会となりました。

写真は、もう3年くらい前に留学されていた生徒さん達。これだけ時間が経過しているのに、同窓会に来ていただけるのは誠にありがたいことです。

真ん中のNatsukiさんは、サウスピーク留学で英語力アップさせ、転職活動の末、なんとインド駐在のチャンスを得た方。

なんと彼は1年半前TOEIC310点だったんですよ。すごい。

参考:ワーホリ前の事前準備として、19週間のフィリピン留学でTOEIC310点からTOEIC650点まで向上されたNatsukiさん

激戦をくぐりぬけ見事優勝を果たしたMiyuuさんを囲んで、パシャリ。

死闘を繰り広げたかつてのライバルは、戦が終われば仲間なのです。

山田暢彦先生になにかを相談しているであろう卒業生と、山田先生。真剣な眼差し。

サウスピークを卒業したら同窓会以外ではフィリピン人講師に会うこともない、ということで記念撮影。

厳しくも愛のある指導をしてくれたフィリピン人講師と久々に会える!と来てくださった方もいらっしゃいます。

最後に全員で記念撮影?!(よく見るとみんな「S」の字を作ってくれています。SouspeakのSのつもりです)

一年に一度、本気留学を経て旅立っていかれたサウスピーク卒業生が会する貴重な機会。また来年お目にかかりましょう!!

「無料説明会」を開催中です。

-サウスピークからのお知らせ, サウスピーク

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.