英語力が一番伸びる語学学校

高校生プラン

高校生のフィリピン・セブ島留学体験談 2週間の留学で高校生の彼らはどのような経験をしたのでしょうか

この夏、サウスピークでは7月23日から8月6日まで2週間の「高校生フィリピン留学プラン」を実施しました。平日は8時間以上みっちりと英語学習し、土日は課外活動を通して「学んで」楽しめる高校生プランです。

そんな、「人生初の留学」に挑戦した高校生の皆さんにインタビューしました。

フィリピン・セブ島留学高校生プラン 2017年春休み開催のお知らせ <限定15名>

高校1年生 Kaito君

dsc01222

−− 留学前はどんな気持ちでしたか? 不安はありましたか?

正直、滅茶苦茶、不安でした。日本にいると実際に英語を話す機会はまったくなかったので、実際に海外に行くんだ・・って思うと「英会話できないと」とか「言いたい事がまったく伝わらなかったらどうしよう」とかマイナスな事を考えてしまって、不安になってました。

−− 今回どうしてサウスピークの高校生プランに参加しようと思ったんですか?

僕、そもそも英語が好きなんです。

それと、僕の従兄弟が帰国子女でみんな英語がペラペラなんですよ。

だから昔から、彼らが異文化交流しているのを見て、「かっこいいなーいつか自分も輪に入って話せるようになりたいな」と憧れがあったんです。従兄弟を見て”僕も帰国子女になりたかった。”と思った事もありました。

なので、自然と「いつか留学したいな」と思うようになってました。

ただ、留学というのは、大学生になってから行くものだと思っていたので、サウスピークのホームページで「高校生プラン」っていう文字を見た時はびっくりしました。

高校生向けに作られたプランだったら、「チャレンジしてみたい!」と思いました。それに「本気留学」という言葉にも惹かれました。なんかかっこいいですよね。

実は、昔北海道の1番強いサッカーチームに合格したのに、そこでやっていく自信がなくて辞めてしまった経験があるんです。

自信がなくても、そこに入って練習していたらもっと今より上手くなれただろうなって思うんです。今でも後悔しているんですよね。

でも、この経験をしてからは、苦しいだろうけど「厳しい環境」に自分の身を置いて、その中でもっと上のレベルを目指していきたいと思うようになったんです。

実は、高校生プラン開催時期と同じ時期に僕の学校でも、ニュージランドへ行く短期留学プランがあったのですが、友達と行くと日本語で喋っちゃうだろうな……と思ったので、あえて友達のいない環境に身を置こうと思ってサウスピークでの留学を選びました。

サウスピークを探してくれたのは両親だったのですが、話を聞いた瞬間に「行く」と即決しました。笑

−− そういう経験があってのサウスピーク留学だったんですね。留学に来て、良かった!と感じるのはどんなところですか?

本当に色んな刺激を受けた事です。きっと日本にいては感じる事が出来なかった刺激だと思います。

実は、サウスピーク留学中に色んな大学生の方や、社会人の方と話しをする機会があったんですが、その中で色んな人の経験、考え方を聞いて自分の将来やってみたい事を少し深く考えるきっかけになりました。サウスピークに来てからできた新しい目標というか、新しい選択肢があるんですよね。

dsc00046-2

−− そうなんですね、その新しい目標ってどんなことですか?

えっとですね。。「海外の大学に入学すること」です。

まだ、決定ではもちろんないんですが、サウスピークに来て、単純にもっと英語を勉強したいなって思うようになったんですよね。

僕の将来の夢の1つが「アナウンサー」になることなんですが、サウスピークで留学して英語を通して色んな人とコミュニケーションする事の楽しさと、英語が出来る事で、もっともっと幅広い角度から情報や知識を入手する事ができるんだなっと実感しました。

だから、もっと英語を勉強して、色んな情報を多くの人に伝えていけるようになりたいなって思います。

−− 海外の大学ですか、素敵な目標ですね。この2週間振り返ってみてどうですか。

はい、この2週間は本当にあっという間で、短すぎます。今は、サウスピークにいてもっともっと勉強したい気持ちが大きいです。

でも、この短い期間で本当に沢山の事を学ぶ事ができたと思います。授業では、日本の高校では学ぶ事ができない「発音」や、その発音に必要な発声など、僕にとって新しいことばかりで大変だったけど、でもすごく新鮮で楽しかったです。

フィリピン人講師はいつも笑顔で、すごく丁寧に授業を進めてくれました。それに、授業以外でも、積極的に声をかけてくれて、コミュニケーションを取ろうとしてくれたので、恥ずかしがらずに話すことの大切さを感じることができました。

後、この2週間の間に英語そのものへの興味、知りたいという欲求がどんどん湧いていくのが分かりました。日本に帰ってもこの気持ちは忘れないと思います。

たった2週間だけど、とても大事な2週間になりました。自分の中に土台を作れた気がします。本当に来て良かったです!

フィリピン・セブ島留学高校生プラン 2017年春休み開催のお知らせ <限定15名>

高校1年生のKoukiくん

ribiwfq

−− 留学前はどんな気持ちでしたか? 不安はありましたか?

不安というか、僕は怠け者だから、勉強から逃げてしまうんじゃないかっていう心配がありました。

−− 笑 そうなんですね。 実際はどうでしたか?

実際は、そんな心配はいらなかったです。
サウスピークに来てみると、本当に見える人、みんなが必死に勉強していたので、僕も自然とやる気が出ました。

特に同じ高校生プランでルームメイトだったKaitoくんが滅茶苦茶頑張って勉強していたので、「これは、負けられない」と思い、僕も必死で勉強しました。

−− それは良かったですね。今回どうしてサウスピークの高校生プランに参加しようと思ったんですか?

実は、「英語が出来ない」という苦手意識を中学3年生くらいからずっと抱き続けてきたんです。

だから、苦手意識を克服するために留学しようと思いました。留学は以前から考えていたんですが、どこの学校が良いとか探すのが面倒で後回しになってました。最終的にサウスピークを両親が探してくれましたが、もっと早く留学に来ていれば良かったなっと思います。

−− 今回留学に来て良かった!と思うところはどこですか?

そうですね、僕は「井の中の蛙」だったことを知ることができたことです。

−− 笑 そうなんですか?

僕は、「英語が出来ない」とは言ったものの、学校での成績は友達よりも良いんですよね。

だから、密かに心の中では「発音も上手だろう」と勝手に思っていました。でも、実際にサウスピークで発音の授業を受けてみたら、全然出来ていなくって、めちゃくちゃ注意されました。苦笑

−− それで「井の中の蛙」と思ったわけですね。

はい。そうです。でも、この2週間こんなにも集中して発音の勉強できたので、リスニングの成績が伸びているなって期待しています。

実際に、2週間前に比べるとフィリピン人講師が何を言っているのかがだんだん聞き取れるようになってきました。後、だんだん注意される数も減ってきたので、成長しているのが分かって嬉しかったです。

後、もう1つ来て良かったと思う事は、英語を勉強する大切さを知れた事です。
僕の将来の夢はパイロットになることなんですが、その為には英語は必須だし、そうなるとTOEICを勉強することも今後必須になってくるんだなっと、、身が引き締まりました。

rmjue2o

サウスピークに留学中に大学生や社会人の方から色んな話を聞く事ができたのですが、これがとても有意義でした。

僕は、必ず「大学受験」に関する話を色んな人に質問しました。

実は、パイロットの他にも、医療の道へ進むことも考えているので、医学部生であるサウスピークインターン生のShunさんに「なぜわざわざ医学部に入ったのに休学して、今サウスピークでインターンをしているのか」とか、「休学して良かったこと」等いろいろ質問して、話を聞く事ができたのはとても勉強になりました。

フィリピン・セブ島留学高校生プラン 2017年春休み開催のお知らせ <限定15名>

「無料説明会」を開催中です。

-高校生プラン

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.