英語力が一番伸びる語学学校

セブ島観光 セブ島レストラン

セブ島で野菜不足に悩むなら隠れ家的ヴィーガンカフェへ!キャピトルのLunhaw Vegan Cafeでリラックス。

2018年11月22日に加筆しました。

みなさん、こんにちは。サウスピーク・マーケティングインターンのMinaeです。

フィリピンの定番メニューと言えば何でしょう。Jollibeeはもちろん。レチョン?シシグ?どれも美味しく中毒性が高いですが、ちょっぴり脂っこい気がするのは私だけでしょうか。
また、セブ島での留学期間が長くなればなるほど野菜不足にも悩まされることでしょう。

レチョン。フィリピン名物・豚の丸焼きです。美味しいですが、見ているだけでヘビーさが伝わってきます。

野菜たっぷりの食事が恋しくなっていた頃、私は運命の出会いを果たしてしまったのです。私が出会ったのはこちら、「Lunhaw Vegan Cafe」。

※Vegan(ヴィーガン)…卵や乳製品などの動物由来のものを口にしない、完全な菜食主義者のこと。

Lunhaw Vegan Cafeの魅力3つを紹介します

魅力1. セブ島で美味しい野菜を食べることができます
魅力2. リーズナブルな値段で料理を楽しめます
魅力3. 店内がカフェなのでおしゃれ空間でリラックスできること間違いなし!

Lunhaw Vega Cafeの魅力が伝わる写真3選

写真からもオシャレな雰囲気が伝わってきますね!

こちらも全て野菜を使った料理だそうです。ボリュームも良しですね!

セブ島でサラダを食べられるのはとても嬉しいです。

Lunhaw Vegan Cafe 基本情報


住所   The Maxwell Hotel,82 N Escario St, Cebu City, 6000 Cebu
営業時間 11:00~23:00(日曜から木曜)、11:00~17:00(金曜)、7:00~23:00(土曜)
電話番号 0947-784-6856

サウスピークオリジナル校舎徒歩圏内に位置しています。エスカリオ通りに面しているMaxwell Hotel1階部分の奥にあるんです。

タクシー運転手には”Please go to Maxwell hotel"と伝えましょう。

タクシーの利用の仕方をまとめた記事はこちらになります。
【フィリピン・セブ島】タクシーの快適な乗り方【初心者必見!】

Lunhaw Vegan Cafe 店内はこんな感じ!

穏やかな雰囲気が伝わるでしょうか。皆さんとてもリラックスしています。

本当は誰にも教えたくない大好きなカフェなのですが、特別にお教えしましょう。今回だけですよ!(笑)

お姉さんの素敵な笑顔がこのお店の心地よさを物語っていますね。

聞けば店主さんはヴィーガン料理を研究されていたとのこと。どんな料理なのか、楽しみです。

サラダ、前菜、メインのメニューです。

メニューが豊富なのもこのカフェの魅力の1つ。サラダ、前菜、メインといろいろな組み合わせが楽しめますよ。

メニューはこちら

スープ、パスタ、飲み物はこちら。

スープは「White」「Green」「Yellow」の3種類。色の濃いスープを見るとワクワクするのは私だけでしょうか。悩んだ末、「Yellow」を注文しました!

デザートならこちらをチェック。

店内ではバロック音楽が静かに流れています。リラックスできること請け合いです!

いざ実食!

Fresh Soy Shake。バナナ味をセレクトしました。

こちらが「Fresh Soy Shake」(120ペソ、約268円)。バナナとマンゴーの2種類があり、私はバナナ味を注文しました。大豆のくさみはまったくなく、バナナの自然な甘みがします。

お次はサラダです。

サラダは「Mango Pomelo」(90ペソ、約200円)。きゅうり、マンゴー、グレープフルーツ、パプリカ、カシューナッツのサラダにバジルのビネガードレッシングをかけていただきます。野菜と果物の甘みと食感の違いが楽しめます。マンゴーの入ったサラダなんてセブならでは。

続いてはスープ。「Yellow」果たしてどんな味なのでしょう。

「Yellow」と来ればかぼちゃだろうな〜と思っていた私は、1口飲んでみて驚きました!かぼちゃと一緒にしょうがの香りがふわっと広がったのです。こういう驚き、楽しいですよね。しょうがのおかげで体がじんわり温まります(85ペソ、約190円)。

パスタが運ばれてきました。

3種類のパスタから選んだのは「PS Lasagna」(160ペソ、約360円)。ラザニアといえば普通挽き肉が使われていますが、ヴィーガンカフェですのでもちろんお肉は使われておりません!お肉が入っていないにも関わらずボリュームがあって美味しいです。

メインの「Buffalo Broccoli」(170ペソ、約380円)

人気メニューらしく店員さん1押しのメニューでした!名前の通りブロッコリー・カリフラワーでつくられていて、唐揚げのような食感です。かなりスパイシーなので、辛いものが苦手な人は難しいかもしれません。

それからこのご飯、セブでは珍しい玄米を使用しているんです。貴重な玄米をLunhaw Vegan Cafeでいただくことができますよ。また、毎日市場で野菜を仕入れているとのこと。付け合わせのサラダ、どうりでみずみずしかったです。なるほど。

「LIVE & LOVE」。このお店のモットーでしょうか。素敵ですね。

そして、みなさんもうお気づきですね。セブで珍しいヴィーガンカフェなのに、非常に安いんです!体に優しく栄養価が高くて、かつリーズナブル。これはもう行くっきゃないですね。

セブのヘビーな食生活に疲れてきた方、暑い日差しでバテ気味の方、野菜大好きな方、ぜひぜひLunhaw Vgan Cafeでリラックスしてみてくださいね。

「無料説明会」を開催中です。

-セブ島観光, セブ島レストラン

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.