英語力が一番伸びる語学学校

フィリピン・セブ留学

フィリピン・セブ留学の費用はどれくらい? 費用内訳と留学期間毎の価格

グローバル化が進んでいるこのご時世、英語を話せるようになりたいと考えている人も多いと思います。

そこで、浮かぶと思うのが、オンライン英会話、国内の英会話スクール、そして海外留学だと思います。

その中で、一番効率よく英語力を伸ばせるのが海外留学です。

語学留学といったらアメリカやオーストラリアを想像する人がほとんどではないでしょうか?

しかし、

「英語を勉強したいけど、なるべくお金をかけたくない…...」

と考える人にぴったりな留学先があります。

それが「フィリピン・セブ留学」です。

なぜなら、フィリピン・セブ留学は、アメリカやイギリス、オーストラリアでの語学留学に比べて授業料が安く、かつマンツーマンレッスンを提供しているためです。

そこで、

「フィリピンで本当に英語力が身につくの?」

「リーズナブルといっても、どのくらいかかるか分からない」

「お小遣いも含めていくらかかるか知りたい」

「何にいくらかかるか知りたい」

と疑問を持つ人もたくさんいるかと思います。

そんな人に向けて、フィリピン留学の魅力・詳しい留学費用について細かく紹介していきます。

欧米留学より圧倒的に安い! フィリピン留学

フィリピン留学1ヶ月にかかる費用は、約20〜30万円です。

学校によっても異なりますので、ご自身の予算と目的に合わせて学校選びをされるといいでしょう。

1ヶ月にかかる費用の内訳は以下の通りとなってます。

カテゴリ費用
学校関連費用約15〜25万円
航空券(往復)約3〜7万円
ビザ0円
SSP(Special Student Permit)約1万4,000円
海外保険(3ヶ月未満はクレジットカード付帯を想定)約1万5,000円
交際費/雑費約1〜3万円
合計約21万9,000円〜約37万9,000円

学校関連費用とは授業料・海外送金手数料・教材費・入学金・サービスチャージ・空港送迎費用の合計となっております。

ビザについては1ヶ月未満の滞在ではかからず、SSPはフィリピンで学習する際には必須で26週間まで有効です。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

フィリピン留学(セブ島留学)1ヶ月の総費用は?効果について解説します

欧米留学と具体的に比較

欧米留学は都市や種類によって値段は異なりますが、アメリカで語学留学をする場合の費用を試算してみました。

カテゴリ費用
渡航費約8万円〜
学費&滞在費約22万円〜
テキスト代約1万円
ビザ取得費用約4万円
現地生活費約8万円
合計約43万円〜

この試算は比較的節約した前提で行なっていますので、

「観光もしたい」

「美味しいご飯が食べたい」

とお考えの方は50万円程度を目安にしていただけるといいと思います。

フィリピン留学のクオリティーについて

以上の通り欧米留学と比べてリーズナブルに留学を可能にするのがフィリピン・セブです。

しかし、安物買いの銭失いにならないか心配する人も多いと思いますのでフィリピン・セブ留学のクオリティーについてご説明します。

結論からいうと、適切な学校を選べば欧米留学よりも質が高い場合が多いです。

英語学習においてクオリティーを考えるにあたって大事なのが、

・授業自体の質

・自分にその授業が適しているか

の2つになります。

まず授業に質について。

サウスピークでは、フィリピン人講師の中で上位10%の学力を持つ講師のみを採用しております。

サウスピークではTOEIC LR 試験において900点以上を保持していることが講師の最低条件です。

もう1つ高い講師の質をキープできる理由が「反転授業」の導入によって必要なフィリピン人講師の採用人数を大幅に削減できているからです。

フィリピン人の採用人数を削減することで、講師の勤怠をしっかりとチェックし満足な教育を行なっています。

いわば、少数精鋭ということです。

次に授業の適性について説明していきます。

欧米留学はネイティブスピーカーに囲まれて学習ができるという点において、とても魅力的です。

しかしこのアドバンテージを活かしきるには、英語上級者以上である必要があるでしょう。

TOEICでいうと800点ほど必要でしょう。

また欧米留学は1人の講師に対して10〜20人ほどの生徒がいる大規模なグループレッスンが主軸となっております。

大人数の中で存在感を示し主導権を握っていくことが必要とされますが、それができるのはごく一部の積極的な人だけです。

それに対してフィリピン留学はマンツーマンレッスン中心となっており、自分に適したレベル・ペースで授業が行われ、十分にスピーキングの機会を得ることもできます。

欧米留学とフィリピン留学の比較に関しては以下の記事をご参考にしてください。

フィリピン留学(セブ留学)は値段が安い|欧米留学より安い根拠を解説

また詳しいサウスピークの学習メソッドはこちらをチェックしてください。

語学学校サウスピークの魅力

セブ内の他の語学学校と徹底比較

今回はサウスピークとセブ内の語学学校3校の値段を比較していきます。

今回は便宜上、それぞれの学校の一人部屋に泊まった想定で試算を行いました。

どこの語学学校にも共通しているのですが、複数人部屋の方が費用を抑えることができます。

サウスピークでは1人部屋のほかに、オリジナル校では4人部屋・6人部屋・8人部屋、日本語禁止高では3人部屋・4人部屋、プレミアム校では2人部屋・3人部屋を用意しています。

共同生活が苦手でなく、費用を抑えたいという方には複数人の寮がオススメです。

それではサウスピーク含めセブの語学学校4の留学費用の内訳について説明していきます。

・サウスピーク 

・留学費(レッスン料・食費・寮費)

・登録料

・教材費

・航空券代

・海外保険代(3ヶ月未満はクレジットカード付帯のものと仮定する)

・サービスチャージ(日本人スタッフ学習相談代・電気代・水道代・光熱費)

・SSP取得費用(フィリピンで勉強するにあたって必要な特別勉強許可証のことです)

・ACR I Card(外国人登録証のことで60日以上滞在する生徒は取得する必要があります)

・ビザ延長費用(5週間以上滞在する生徒は延長が必要になります)

・A校

・留学費(レッスン料・宿舎代・朝食代・教材費)

・登録料

・航空券代

・海外保険代

・サービスチャージ(水道代・光熱費・SSP)※この学校は25週未満と以上で2通りの値段設                     定となっております

・ACR I Card

・ビザ延長費用

・昼食/夕食代

・洗濯代

・B校

・留学費(レッスン費・食費・寮費)

・登録料

・教材費

・航空券代

・海外保険代

・サービスチャージ(光熱費/超過した分は別途かかるが超過しないものとして扱う)

・SSP

・ACR I Card

・ビザ延長費用

・C校

・留学費(レッスン料・宿舎代・朝食代)

・登録料

・教材費

・航空券代

・海外保険代

・SSP

・ACR I Card

・ビザ延長費用

・昼食/夕食代

・洗濯代

わかりやすく表にまとめると以下のようになります。


サウスピーク A校B校C校
留学費
登録料
教材費×(留学費に含まれる)
航空券代
海外保険代
サービスチャージ×
SSP代×(サービスチャージに含まれる)
ACR I Card代
ビザ延長費用
昼・夕食代××
洗濯代××

具体的な料金比較

1週間、4週間、8週間、13週間、26週間、52週間の留学費をそれぞれの学校ごとに試算して表にまとめました。

1週間


サウスピーク A校B校C校
留学費69,80070,000105,88495,230
登録料20,00030,00015,00021,400
教材費20,00002,8845,000
航空券60,00060,00060,00060,000
海外保険代0000
サービスチャージ4,20020,0001,0300
SSP13,390013,39013,390
ACR I Card0000
ビザ延長費用0000
昼・夕食代07,00007,000
洗濯01850185
合計金額187,390181,185198,188196,205

4週間


サウスピーク A校B校C校
留学費199,800250,000300,535306,555
登録料20,00030,00015,00021,400
教材費20,00002,8845,000
航空券60,00060,00060,00060,000
海外保険代0000
サービスチャージ16,80020,0004,1200
SSP13,390013,39013,390
ACR I Card0000
ビザ延長費用0000
昼・夕食代028,000028,000
洗濯07400740
合計金額329,990388,740395,929435,085

8週間


サウスピーク A校B校C校
留学費399,600490,000601,072555,330
登録料20,00030,00015,00021,400
教材費20,00005,7685,000
航空券60,00060,00060,00060,000
海外保険代0000
サービスチャージ33,60020,0008,2400
SSP13,390013,39013,390
ACR I Card0000
ビザ延長費用8,4008,4008,4008,400
昼・夕食代072,000072,000
洗濯01,48001,480
合計金額554,900681,880711,870737000

13週間


サウスピーク A校B校C校
留学費649,350790,000976,742860,280
登録料20,00030,00015,00021,400
教材費30,000011,53610,000
航空券60,00060,00060,00060,000
海外保険代0000
サービスチャージ54,60020,00013,3900
SSP13,390013,39013,390
ACR I Card8,4008,4008,4008,400
ビザ延長費用21,00021,00021,00021,000
昼・夕食代091,000091,000
洗濯02,40502,405
合計金額856,7401,022,8051,119,4581,087,875

26週間


サウスピーク A校B校C校
留学費1,330,9501,570,0001,953,4841,625,330
登録料20,00030,00015,00021,400
教材費60,000017,30415,000
航空券60,00060,00060,00060,000
海外保険代152,010152,010152,010152,010
サービスチャージ109,20040,00026,7800
SSP13,390013,39013,390
ACR I Card8,4008,4008,4008,400
ビザ延長費用45,15045,15045,15045,150
昼・夕食代0182,0000182,000
洗濯04,81004,810
合計金額1,799,1002,092,3702,291,5182,127,490

52週間


サウスピーク A校B校C校
留学費2,662,9003,130,0003,906,9683,155,430
登録料20,00030,00015,00021,400
教材費120,000034,60830,000
航空券60,00060,00060,00060,000
海外保険代291,800291,800291,800291,800
サービスチャージ218,40040,00053,5600
SSP13,390013,39013,390
ACR I Card8,4008,4008,4008,400
ビザ延長費用82,95082,95082,95082,950
昼・夕食代0364,0000364,000
洗濯09,62009,620
合計金額3,477,8404,016,7704,466,6764,036,990

上記の表を見ていただくと、サウスピークの留学費用が他校と比べて安いということがわかると思います。

サウスピークの特徴

サウスピークには、生徒により良い留学を行なっていただくための特徴がいくつか存在します。

日本人スタッフによる個別の学習相談

サウスピークでは日本人スタッフが生徒一人ひとりとの学習相談を通して、それぞれの生徒のゴール、要望、弱点などを加味してカリキュラムを作成しています。

フィリピン・セブの語学学校は、このカリキュラム作成を学習相談もせずにフィリピン人講師が適当に組んでいる場合が多いです。

特に英語学習の初心者の方は、ほかの語学学校でレッスンを一切理解できずに英語力が伸びないなんてケースも多く見受けられます。

現在、サウスピークほど「生徒全員の英語力を伸ばす」ための体系的な教育システムが出来上がっている学校はフィリピンには存在しません。

この個人の学習面談、各個人に合わせた適切な学習カリキュラムこそサウスピークが誇る実績を裏付けしているともいえます。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

語学学校サウスピークの魅力

選び抜かれた質の高い日本語教材を使用している

サウスピークで多くの学生が英語力を伸ばしている大きな一つの理由は「質の高い日本語教材」を学習教材として採用しているからです。

その上、日本語教材をマンツーマンレッスンで使用できるため、質の高い教材でインプットとアウトプットがどちらとも行えます。

良質な教材を採用することが、フィリピン留学の成功に繋がるのです。

サウスピークでは英語学習に膨大な知識を持った日本人スタッフが全生徒に適したカリキュラムを組むための教材選びを行なっています。

一方他校では「白黒コピーの海賊版教材」が使用されているような学校もあります。海賊版の教科書を使用することの問題点がいくつかあります。

まず初心者が英語の説明文を理解できないことです。

英文法を理解していない初心者が英語で書かれた教科書を見ても、何も理解できないため使いこなすことができません。わからない英語をわからない英語で学ぶという行為は非常に非効率であるといえます。

次にあげられるのは、リスニング音源がついていないという点です。

リスニング音源のついていない海賊版の教科書でどうやって正しい英語の音を学ぶのでしょうか。

リスニング音源がついていない教材を使用しているということは1日に数回あるフィリピン人との授業で学ぶしかありません。しかし、フィリピン人が話す英語というのは「アメリカ英語」がベースになっていますが、「独特の表現」であったり「特有の訛り」がある場合もあります。

サウスピークではリスニング音源がついている教材を使用することで正しい英語の音を身につけていただきます。

最後にあげられるのが、そもそも教材として質が低い点です。

日本では質の高い教材が次から次へと出版されます。それに対してフィリピンでは長年の間使用教材が変わっていないのが現状です。

一方、サウスピークでは2ヶ月に1度、生徒からのフィードバックや新たな教材の出版を基に使用教材の見直しを行っています。

毎日3食の食事提供をしている

サウスピークでは1日3食バランスのとれた食事を提供しています。また、衛生面にも非常に気を使っている上に、日本食とまでは言いませんが、日本人好みの味付けを心がけています。

一方でセブ内には1日3食提供されていない学校があります。そのような学校では以下のような大きな損失が生じます。

まず最初に考えられるのは、お金がかかるという点です。

上述の表を見てもわかる通り、3ヶ月で91,000円かかります。今回の比較では1日1,000円という前提で試算を行いましたが、ローカルの比較的やすいとされているレストランで毎回食事を行なっている想定となっております。

日本食レストランや、少し高級なレストランで食事をするとさらに大きな食費がかかります。

節約しようとして道端の不衛生な場所で食事をすると体調を崩してしまう危険性もあり、医療費がさらにかかる可能性すらあります。

またその場所までのタクシー代もかかるので費用がかさむことが考えられます。

次にあげられるのが勉強時間を大幅に搾取してしまうという点です。

サウスピークの魅力は「勉強以外何もしなくて良い」という点でもあります。

3食の提供、洗濯、掃除を全て学校が行なっているので、生徒が行う必要はありません。

セブでは夕食の時間帯での渋滞は日常茶飯事となっていて、普段10分で行けるような場所まで時間帯によっては30分かかることもあるので、3食外食することが大きな時間の損失になりうるのです。

よってフィリピン・セブ留学において、3食の提供、さらには掃除や洗濯を学校が行うことは勉強に集中するという点で必要不可欠だといえます。

セブの留学生向けオススメオススメ観光地3選

フィリピン・セブ留学を成功させるために勉強に集中するといっても留学期間中毎日朝から晩まで勉強するとなると気が疲れてしまうものです。

そんなときに息抜きとしてサウスピークがオススメする観光地を3箇所お伝えします。

プランテーションベイ

「セブに来たからリゾート観光がしたい! けどお金も時間もあまりかけたくない...」

という方にはプランテーションベイのデイユース(日帰り観光)がオススメです。

デイユースとはホテルに宿泊せずにホテル内のプライベートビーチやプール、その他のアクティビティーを楽しむことでセブ島・マクタン島には数多くデイユースができるホテルが存在します。

プランテーションベイでは綺麗な海が広がっており南国リゾートの雰囲気を楽しむことができ、インスタ映えもバッチリです。

また値段は5,000円程度で様々なアクティビティーを楽しむことができ。とてもリーズナブルです。

セブにはたくさんの綺麗なリゾート地がありますが、それのほとんどがセブ市内からタクシーで3-5時間かかったり、さらに船を乗り継いだり、中には飛行機に乗らないとならなかったりするような場所もあります。

一方でプランテーションベイは、セブ市内からタクシーで1時間ほどで行くことができるため、ほかのリゾート地に比べてアクセスがとてもいいです。

現地には日本語を話せるスタッフもいますので英語に不安がある人でも安心して利用することができます。また治安もいいので女性だけでの利用も問題ないです。

セブンスピリット

セブンスピリットは、子ども達が子どもたちらしく楽しみながら社会を生き抜き、未来を切り開くために必要な力を環境づくりを行うために暑どうしているNPO法人です。

そんなセブンスピリットが開催しているスタディーツアーに参加することで、セブ島の貧困地域の生活を身近に感じることができます。

自己紹介をしたのちに音楽に合わせて体を動かし一緒に遊びます。一生懸命遊ぶ子どもたちからは計り知れないエネルギーを感じさせられます。

人懐っこく、屈託のない笑顔を見せてくれる子どもたちには癒されるとともに笑顔の持つパワーを再確認させれます。

スタディーツアーには日本人スタッフが同行しており英語についての心配は必要ありません。値段は一般料金は5,000円ほどですが、サウスピーク生は毎月第2・第4日曜日は2,000円で参加することができます。毎週行われていて、セブ市内からタクシーでおよそ15分で行くことができるので参加しやすいです。

アイランドホッピング

アイランドホッピングとはセブ島近海の離島へ船をチャーターして遊びに行くことをいいます。フィリピンには小さな無人島も含めると7,500以上もの島が存在しており、アイランドホッピングの聖地といっても過言ではないでしょう。

アイランドホッピングにはいくつか申し込み方法が存在し、自分の英語力であったり、優先順位、予算なども併せて選んでいただくことをオススメします。

日本から申し込むオプショナルツアー

日本で事前に予約していくため、全て日本語で行うことができるため英語力に自信のない人でも問題なく行えます。またホテルまでの送迎やシュノーケリングセット、日本語ガイドなどアレンジができるのも魅力的です。

費用は行く島や時期、人数によっても異なりますが9,000〜13,000円が相場となっています。

セブ現地の旅行会社で申し込む

こちらはセブ現地で申し込む方法で当日の天気や状況なども加味できるのでキャンセルに対する心配が必要ありません。

日本で予約するより安くすみますが、ガイドが英語であったり、英語で申し込まなければいけないので最低限の英語力は必要になってきます。

費用はおよそ8,000円程度です。

自分で船をチャーターする

タクシーで港まで行き、そこで船をチャーターして小さな島へ行くという方法です。

1日10人乗りの船1隻借りると大体8,000円が相場です。10人で借りれば1人800円ととても破格です。

島に入るときにかかる入島勢やシュノーケリンググッズのレンタル代、食事代などを合わせても3,000円もあれば十分です。

しかし、船をチャーターしたり、行き先を伝えたりそのほかコミュニケーションを英語で行う必要があるので、多少の英語力が必要になってきます。事前に情報収集しておくとより円滑に観光することができます。

まとめ

以上がフィリピン・セブ留学の基礎情報になります。

英語学習にはさまざまな方法が存在します。

それぞれの目的や予算などの状況に合わせて適切な選択をすることが大切です。

本稿がその手助けになることができれば幸いです。

ぜひ、サウスピークに留学していただき一緒に英語を学びましょう!

お待ちしております!

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Sora Ishikawa

平成10年生まれの21歳。幼少期の一部をベトナムで過ごし、海外に興味を持つ。小学生の頃にサッカーを始め中高大とサッカー部に所属。現在、サウスピークにてマーケティングインターンとして活動中。趣味は映画鑑賞と海外旅行。

-フィリピン・セブ留学

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.