英語力が一番伸びる語学学校

コラム

ポケトークを使って外国人の孫とおばあちゃんは話すことができるのか?

サウスピークの丸山と申します。

8年ほどフィリピンで生活をしています。

今回、息子の七五三のため家族を連れて日本に帰省しました。しかし、僕の子供は英語しか話せませんので、両親と会話ができません。

そこで、いま話題の翻訳機ポケトークを使って、おじいちゃん、おばあちゃんと孫が会話できるか試してみました。

*ポケトークとは「夢の通訳機」として販売されている話題の製品です。74言語を翻訳できるとされていますので、主要な言葉のほとんどはカバーされています。

ヨドバシカメラ梅田で販売されているポケトーク

検証!ポケトークを使っておばあちゃんは外国人の孫と会話ができるのか?

左:おばあちゃん
右:孫のバッシュ(11歳)

ということで、ポケトークを使っておばあちゃんと孫が話せるか試してみました。

孫のバッシュは、フィリピンのインターナショナルスクールに通っており、普段から英語を使って生活をしています。

ポケトークで話してみる(1)

おばあちゃん

おばあちゃん:宿題の内容はどんなんですか?
ポケトークの翻訳:What is the content of homework?

孫のバッシュ

Sometimes, it is just defining words
ポケトークの翻訳:時にはそれはちょうど定義の言葉です。

おばあちゃん

おばあちゃん:どういう意味かしら?
ポケトークの翻訳:I wonder what it means.

孫のバッシュ

孫のバッシュ:答えは私の本の中にあります。紙に書いてください。
ポケトークの翻訳:The answers are in my book. I just have to write them on a paper.

おばあちゃん

おばあちゃん:宿題が終わったら答え合わせができるのかしら?
ポケトークの翻訳:Can I answer when I finish my homework?

孫のバッシュ

孫のバッシュ:No. You can cuz you have to give it to the teacher.
ポケトークの翻訳:あなたは教師にそれを与える必要はありません。

おばあちゃん

おばあちゃん:答え合わせはしないのね。わかりました。
ポケトークの翻訳:I do not agree with the answer.

孫のバッシュ

孫のバッシュ:I don't understand.
ポケトークの翻訳:私は理解していない。

今回の翻訳についての総評

うーん。少し伝わりづらかったみたいですね。

ポケトークで話してみる(2)

おばあちゃん

おばあちゃん:家で暇な時は何をしているの?
ポケトークの翻訳:What are you doing at home when you have leisure time?

孫のバッシュ

孫のバッシュ:what does leisure mean?
ポケトークの翻訳:余暇はどう言う意味ですか?

おばあちゃん

おばあちゃん:家で何をして遊んでいるのかしら
ポケトークの翻訳:I wander what I am playing at home

孫のバッシュ

孫のバッシュ:Now I am trying to complete Dragon Quest.
ポケトークの翻訳:ドラゴンクエストを完成させようとしています。

おばあちゃん

おばあちゃん:それはあなた一人でしているの。それとも他の兄弟と一緒にしているの?
ポケトークの翻訳:It's you alone doing it with other brothers

孫のバッシュ

孫のバッシュ:It's just a one player game.
ポケトークの翻訳:それはちょうど1人のプレーヤーのゲームです。

おばあちゃん

おばあちゃん:あなたがそれをしている時お兄ちゃんや弟は何をしているのかしら
ポケトークの翻訳:I wonder what you and your brother are doing when you are doing it.

孫のバッシュ

孫のバッシュ:Can you say that again?
ポケトークの翻訳:もう一度言ってもらえますか?

おばあちゃん

おばあちゃん:あなたがドラゴンゲームをしている時に他の兄弟はなにをしているのかしら?
ポケトークの翻訳:I wonder what other brothers are doing when you are playing the dragon game.

孫のバッシュ

孫のバッシュ:My big brother is using his phone and Yuki is using a Nintendo switch.
ポケトークの翻訳:私の兄は電話を使い、ユキは任天堂のスイッチを使っています。

おばあちゃん

おばあちゃん:あなたのお兄さんはYoutubeをみているの
ポケトークの翻訳:Your brother is watching YouTube

孫のバッシュ

孫のバッシュ:Yes he is.
ポケトークの翻訳:はい、彼です。

結論:ポケトークはどれだけ使えるか

上記のように1時間ほど会話の中で試しましたが、ポケトークで会話が成り立つかというと、伝わる時と伝わらない時の差が大きいと感じました。

単純な質問をすることぐらいであれば可能ですが、文脈を把握することができないため、感情のニュアンスまで伝えることは難しいです。

また、ある程度その言語がわからないと一体何が伝わっているのかわからないため、自分がお客さんである場合や、友好関係にある人とのコミュニケーションで利用するのは良いですが、全く知らない人と話す場合は誤解を生まないように注意する必要があるでしょう。

そう考えると英語が全くできない人が使うのではなく、ある程度英語ができる人が表現を調べながら使うのが適切だと思います。

ただし、その利用方法であればGoogle 翻訳を見ながら会話することで問題ないので、実際の利用状況がどのようになるのかがあまりわからないというのが正直な感想です。

また動画をみてもらえるとわかりますが、タイムラグがある点もコミュニケーションをしていて結構疲れます。

結論

ポケトークを使って簡単な質問程度なら可能。

ただし、翻訳の精度はGoogle翻訳などと大きな差異は感じられない。英語中上級者が利用すると適切な言い回しの勉強に使えるかもしれない。

番外編:ポケトークを使って起きた事故!?

家族との食事中にもポケトークを利用しましたが、こんな事故も起きました。利用する際は注意しましょう 笑

自動翻訳はどこまで進化するのか

今回、試したポケトークも自動翻訳機ですが一体どこまで自動翻訳の技術は進歩するのかについても考えてみました。

AIを中心とした技術の進化により、言語学習をする必要性がなくなるのではないかという意見がありますが、現在のところ僕は懐疑的です。

世界中の人が言語の問題から解放させれて、自由にコミュニケーションができれば素晴らしいと思いますし、ポケトークのCMをみていてもそのような幻想を描きたくなりますが、実際に利用してみるとGoogle翻訳と同様で自動翻訳の限界を感じます。

自動翻訳技術の一番の問題点は、下記の記事で藤沢数希さんが指摘している通り、コンピュータが言葉の意味を理解することができないという点でしょう。

言葉の意味を完全に理解するわけではないので、完全な翻訳は行えないため、初心者が自動翻訳を使って完全に話せるようになることはないと思います。

むしろ、AIによる自動翻訳は英語がある程度できる人の能力を拡張するものであり、英語ができない人のためのものではないと藤沢さんは主張しています。

AI時代には英語学習がますます重要になる3つの理由

ロボットが東大入試を合格できるようになるかというプロジェクト東ロボくんの研究開発プロジェクトのプロジェクトディレクタを勤めた新井紀子さんも著書の中で、AIが言語を本質的には理解できないという点について書かれています。

「Siriが現在採用している統計と確率の手法を用いた自然言語処理技術では機械が意味を理解でいるようにはなりません。」

「現在のAIは、論理的に文章を読んだり考えたりすることはできません。」

東ロボプロジェクトでも、センター試験の国語と英語で点数を取ることが非常に難しいことが書かれており、機械による自然言語の理解が非常に困難であることがわかります。

多言語の展開について - 英語中心主義になる可能性

ポケトークやGoogle翻訳を使うことで、簡単な意思表示レベルであれば伝わるということは、上で述べました。しかし、日本語-英語間のやりとりではなく他言語の場合はどのようになるのでしょうか。

私は、トルコに旅行した際に、トルコ人とGoogle翻訳で会話したことがありますので、その際の経験について書きたいと思います。

トルコ人のドライバー

トルコ人のタクシードライバーとタクシー乗車中の20分ほどGoogle翻訳を利用して会話しました。

まずは、こちらが英語を使い、ドライバーはトルコ語を使いました。

この場合、上のポケトークと同じように簡単な内容であれば意思疎通ができます。

  1. 今日は道が混んでいる。
  2. 子供は3人いる。
  3. 日本人好きです。

 

だいたい、このような会話であればお互い理解できました。

ただし、有名な観光地の話になりましたが、なぜそこが有名なのかという話はなにを言いたいのかわからず断念しました。

日本語とトルコ語の会話は成り立たない

同じドライバーと日本語とトルコ語に置き換えてGoogle翻訳でやりとりをしてみました。

こちらの方は、予想通りなかなか難しかったです。ドライバーが何か話して訳されたのが下記の画像です。

「退役軍人をダウンロードします。」

「なに言ってるの??」と、なりました。

何度かやりとりをしましたが、明らかに「英語-トルコ語」の方が「日本語-トルコ語」よりも伝わりやすかったです。

これは、先に紹介した「AI時代には英語学習がますます重要になる3つの理由」でも予想されています。

このようにあらゆる言語の翻訳プログラムは、まずは対英語で開発されるのである。そして、対英語では、すでに述べたように、簡単な文章ならかなり使えるようになってきている。これは何を意味するかというと、英語を勉強する価値がさらに上がるということだ。英語さえわかれば、AIによる機械翻訳を使って、他の言語をしゃべる人ともかなり意思疎通ができるようになるからだ。

自動翻訳の技術も英語が中心となりされているため、トルコ語から日本語に翻訳する際に「トルコ語 → 日本語」と翻訳されるのではなく、「トルコ語 → 英語 → 日本語」と翻訳されるのです。

しかも、機械は言語の意味自体は理解していないので、どうしても複数の翻訳をすると言語の意味自体が変化してしまうという問題が起きます。

機械翻訳を使って簡単な意思疎通ができるようになった今、英語さえできれば何十の言語で簡単な意思疎通ができることを意味するかもしれません。

逆に英語ができない人は自国語にしかアクセスできないという点で自動翻訳の技術は格差を英語中心主義という格差をもたらす可能性もあります。

「無料説明会」を開催中です。

-コラム

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.