英語力が一番伸びる語学学校

フィリピン・セブ留学

語学留学するならどの国がいい? アメリカ? オーストラリア? フィリピン?

多くの英語学習者は、できるだけ効率よく英語力を伸ばしたいと思っていることでしょう。

英語力を向上させる目的としては、就活・転職のためにTOEICの点数を向上させたかったり、海外で働くためのコミュニケーション能力を伸ばしたかったりすることが挙げられると思います。

しかし十分な勉強時間を確保できなかったり、そもそも勉強方法がわからなかったりして、なかなか集中して英語学習に励めない人も多いのではないでしょうか?

そのような人には、留学をおすすめします

留学というと、アメリカやカナダ、オーストラリアをイメージする人が多いかもしれませんが、短期間で効率良く英語を学びたいのであればフィリピン留学がおすすめです。

なぜならフィリピン留学であれば、このような目的を達成できるだけの学習環境が整っていて、かつ欧米と比較して値段が安いため、多くの人にとって有効な選択肢の一つなのです。

当記事では、フィリピン留学がおすすめな理由を、アメリカ・オーストラリア留学と比較して詳しく説明していきます。

サウスピークは生徒のTOEICスコアを3ヶ月間で平均226点向上させた語学学校であり、英語学習についての知識が豊富にあるため、正確な情報をお届けできるでしょう。

この記事を読んで留学に対する知識を深め、自分にとって最適な学習環境を見つけてください。

語学留学とは?

英語の勉強は日本でもできますが、短期間で効率良く英語力を伸ばしたい人にとって、語学留学がおすすめです。

日本では英語学習だけに集中することは難しいですが、留学であれば長時間の学習時間を確保できます。

英語力を伸ばすためには、インプット(単語や文法学習)とアウトプット(英語を書いたり話したりすること)をバランス良く行う必要があり、留学はこの2つを同時に行えるのです。

現地で英語力を高めながら、海外で生活する経験を積めるのも、語学留学の大きな魅力だといえます。

アメリカ・オーストラリア・フィリピン留学の比較

英語留学といえば、アメリカやオーストラリアなどの欧米圏への留学が大多数でしたが、近年ではフィリピン留学の知名度も年々向上してきています。

フィリピン留学普及協会の発表によると、2010年にフィリピン留学をした日本人の数が約4,000人だったのに対し、2014年には約30,000人にまで到達しており、その人気の高さがうかがえます。

また、短期間で効率よく英語力を伸ばせることから、現在でもその数は増え続けています。

また以下の記事にあるように、長期休みを利用した高校生、さまざまなニーズへの対応が可能です。

関連記事:女子高生でもフィリピン留学を満喫できる? 10日間で飛躍的に英語力を伸ばしたSakiさんの体験談【高校生留学プラン】

以下で、フィリピン留学が人気である理由を、アメリカ・オーストラリアへの留学と比較しながら紹介していきます。

アメリカ・オーストラリア・フィリピン留学の留学費用面の比較

まずはフィリピンとアメリカ、オーストラリアに1ヶ月留学した際にかかる費用をまとめました。

項目 / 国名フィリピンアメリカオーストラリア
授業料18万円(食費・寮費込み)15万円13万円
航空券(往復)6万円14万円8万円
生活費3万円10万円5万円
その他(ビザ、テキスト、寮費など)2万円16万円14万円
合計29万円55万円40万円

上記の通り、フィリピン留学が最も低費用で、アメリカの半分程度の金額で留学できます

フィリピン留学の場合、食費や寮費をまとめて留学費用としている学校が多いため、アメリカやオーストラリアにある学校のように、別々で計算する必要がありません。

さらにフィリピンは比較的日本から近い上に生活コストも低いので、コストパフォーマンスの良い留学ができます。

フィリピン留学にかかる費用をより詳しく知りたい方は、以下の記事を合わせてご覧ください。

関連記事:フィリピン留学(セブ島留学)1ヶ月の総費用は?効果について解説します

アメリカ・オーストラリア・フィリピン留学の学習面の比較

続いて、英語学習の面から見て比較していきます。

ここではレッスン内容とレッスン時間の観点から見ていきましょう。

項目 / 国名フィリピンアメリカオーストラリア
レッスン内容マンツーマン中心グループ中心グループ中心
レッスン時間(1ヶ月)200時間120時間80時間

上記のように、フィリピン留学はマンツーマンレッスンが主体でレッスン時間が長いのに対し、アメリカ・オーストラリアの学校では、短時間のグループクラスが主体です。

レッスン時間の多さが英語力の伸びに直結するわけではありませんが、特に初心者のうちはまとまった学習時間を確保する必要があるので、フィリピン留学がおすすめだといえるでしょう。

フィリピン留学と欧米の語学学校に通う場合の違いについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:フィリピン留学と欧米の語学学校の比較について

アメリカ・オーストラリア・フィリピン留学の生活面の比較

続いて生活面の比較をしていきます。

項目 / 国名 フィリピンアメリカオーストラリア
食事学校が提供することが大半ホームステイなら出ることもあるホームステイなら出ることもある
宿泊形式学生寮 / ホテル学生寮 / ホームステイ学生寮 / ホームステイ

フィリピン留学の大きな特徴の一つに、学校で食事が提供されるところが多いことが挙げられます。

そのなかには3食とも提供している学校もあるため、そのような場所で留学した場合には、時間とお金の節約に繋がります。

その一方で、アメリカ・オーストラリアの語学学校で、食事提供がされることは稀なので、外食したり自炊したりする必要が出てきてしまうのです。

ホストファミリーによっては、毎食の食事を提供してくれることもありますが、場合によっては1食しか出なかったり一切作ってくれなかったりすることもあるので、当たり外れが大きい部分です。

みっちりと英語学習のみに集中したいのであれば、フィリピン留学がいいでしょう。

また、フィリピンの中でも留学先として人気の高いセブ島には、ビーチリゾートやアクティビティを楽しめる場所が充実しているので、週末の息抜きには困りません。

アメリカやオーストラリア留学の場合、滞在先やホストファミリーとの関係によって週末の過ごし方が変わると思いますが、ビーチを満喫するというよりも、ホームパーティーやバーベキューをして楽しむ機会が多くなるでしょう。

この点に関してはどちらが良いとはいえませんが、南国リゾートを味わいたいのであれば、セブ島への留学がおすすめです。

セブ島の観光情報については、以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:【フィリピン・セブ島留学】4週間以下の短期留学生向け、おすすめレストラン&観光地5選

英語力を伸ばしたいのならフィリピン留学がおすすめ

ここまでの比較内容を読んでいただければわかるように、効率良く英語力を伸ばしたいのであればフィリピン留学がおすすめです。

上述した通り、フィリピン留学であれば質の高いマンツーマンレッスンを長時間受けられるので、英語の基礎力が伸ばしやすいという特徴があります。

わかりやすく説明するために、TOEICスコアの伸びで比較していきましょう。

TOEIC400点から800点に到達するために必要な学習時間は、約1,250時間です。
※サウスピークの英語学習時間シミュレーターを使用。

フィリピン留学であれば1ヶ月200時間前後の時間を英語学習に割けるため、約半年で必要時間を満たすことができます。

※当校のように1日平均10時間勉強した場合。語学学校によっては学習に時間が割けず、1ヶ月に150時間程度しか勉強できないケースもあります。

しかしアメリカ・オーストラリア留学の場合、1ヶ月間の学習時間はそれぞれ120・80時間前後なので、この基準を満たすのに10ヶ月から1年以上の時間がかかってしまうのです。

上記のことから、短期間で目に見える成果を出したいのであれば、フィリピン留学がおすすめです。

ここからは、このように多くのメリットがあるフィリピン留学が、どのような人におすすめできるのかを紹介していきます。

就活を控えている大学生

就職活動を控えている大学生は、TOEICで高い点数を取得しておくことをおすすめします。

フィリピン留学であれば、TOEIC対策に力を入れている学校も多いので、比較的短期間でハイスコアを狙えます。

英語力を一つの武器として使いたいのであれば、フィリピン留学を通して800点以上取得しておきましょう。

TOEICで800点を取得している人は、中学・高校までの基礎が完璧に身についている上に、ビジネスで英語を使う際にも、メール対応などの業務であれば十分可能なレベルです。

このレベルの英語力があれば、就職後に英語を活かすチャンスに恵まれやすいという利点もあるので、海外志向の人は頑張って800点を目指しましょう。

以下の記事では、TOEIC800点を取得する具体的なメリットや学習方法について紹介しています。

関連記事:TOEIC800点のメリット、英語力のレベル、勉強方法、必要時間について

転職を考えている社会人

転職を考えている社会人にとっても、大学生と同様に、フィリピン留学を通してTOEICの点数を向上させておくことをおすすめします。

以下の記事で紹介している通り、企業が中途採用の社会人に求めるTOEICスコアは700点以上です。

関連記事:就活・転職・昇進で企業に求められる英語力・TOEICスコアまとめ!

TOEICの点数が向上すると年収もアップするというデータも出ているので、できるだけ早いうちに少しでも高い点数を獲得しておきましょう。

ワーホリ前に英語力を上げたい人

ワーホリに挑戦したいという人にも、事前にフィリピン留学をして英語力を高めておくことをおすすめします。

ワーホリ中に必要な英語力は、英語を使ってコミュニケーションを取る力であり、そのためには英語の基礎を習得しておくことが欠かせません。

TOEICでいうと、最低600点は必要です。

しかし600点レベルでは、英語を素早く理解する力やリスニング力が不十分なので、現地で英語を使いながら働きたいのであれば、800点の取得を目指しましょう。

そこまで伸ばせれば働きながら英語のアウトプットができ、さらなる英語力の向上を狙えます。

関連記事:ワーホリ前にフィリピン・セブ島留学に行く4つのメリットとは?

TOEFLの点数を上げたい人

TOEFLで高得点がほしい人にもフィリピン留学がおすすめです。

TOEFLはアメリカの大学・大学院への進学や留学のために必要な試験で、120点満点のうち80点取得していれば、アメリカにあるすべての大学のうち、約8割の大学の入学基準を満たします。

海外進学を目的としているのならば、できるだけ早いうちに短期間で目標スコアに到達しておくべきです。

またセブ島の語学学校であるサウスピークでは、2ヶ月の留学でTOEFLで110点を取得した生徒もいます。

TOEFLスコアを短期間で向上させたいのであれば、このような明確な実績のある語学学校を選びましょう。

スピーキング力を上げたい人

スピーキング力を身につけるためにも、フィリピン留学が有効です。

スムーズに英会話をできるようにするためには、TOEIC600点を取得できるだけの基礎力が必要で、フィリピン留学はその基礎固めに適しています。

基礎を身につけた上で、話すための練習を重ねていけば、徐々に話せるようになるでしょう。

文法や単語が曖昧なうちに英会話ばかり行っても、すぐに限界が来てしまい、なかなか成長には繋がらないので注意してください。

また、TOEIC SW(Speaking&Writing)を受験して、定期的にスピーキング力を測るのもおすすめです。

TOEIC600点レベルに到達するための学習方法については、以下の記事で紹介しています。

関連記事:TOEIC600点レベルに届く最短勉強法(TOEIC600点への道)

語学留学をするならフィリピンがおすすめな3つの理由

これまで紹介してきた通り、英語力を向上させたい多くの人にとって、フィリピン留学は最適な選択肢の一つです。

ここまでのまとめとして、フィリピン留学の大きなメリットをより具体的に紹介していきます。

1.費用が安い

フィリピン留学は、欧米留学と比べて留学の費用をかなり抑えることができます。

上述しましたが、フィリピン留学を1ヶ月する場合の費用は、およそ25万〜30万円で、アメリカやオーストラリア留学と比べて半分程度で済むこともあるくらいです。

費用が安い分、長期間の留学がしやすいというメリットもあります。

欧米留学とフィリピン留学の費用の違いについては、以下の記事を参考にしてください。

参考記事:フィリピン留学と欧米の語学学校の比較について

2.マンツーマンレッスン

フィリピン留学のレッスンは、マンツーマンレッスンを中心に進んでいきます。

マンツーマンであればグループレッスンと違い、いつでも質問できますし、レッスンのペースを自分に合わせてもらうことも可能です。

これがグループレッスンだと、周りに気を遣ってしまい、なかなか質問できないこともあるでしょう。

その上マンツーマンレッスンのほうが、会話量が圧倒的に多くなるので、比較的短期間で英語を話すことに慣れます。

3.毎日の食事提供がある

フィリピン留学の多くの学校では、毎日3食の食事を提供しています。

食事の料金は留学費用に含まれているので、追加でお金を取られることもありません。

欧米留学では食事提供がなかったり、あっても1食だけだったりする学校が多いのですが、それでは英語学習に割ける時間が極端に少なくなってしまいます。

少しでも長い時間勉強するためにも、毎日の食事提供をしている学校への留学がおすすめです。

以下の記事では、フィリピン留学の魅力についてより詳しく紹介しています。

参考記事:英語留学でフィリピン留学がおすすめなワケ。主要な留学先10か国と徹底比較!

語学留学先のなかでも、フィリピン・セブ島のサウスピークがおすすめな理由

今回はフィリピン留学の魅力を、アメリカ・オーストラリア留学と比較しながら紹介しました。

最後にセブ島にある語学学校「サウスピーク」の魅力をまとめて紹介しますので、この記事を読んでフィリピン留学に関心を持った方はぜひ当校への留学をご検討ください。

サウスピークが留学先としておすすめな理由は以下の3点です。

  • 英語力が高いフィリピン人講師によるマンツーマンレッスン
  • 活動時間のほとんどを英語学習に割ける
  • 日本人の英語学習者に特化した質の高いカリキュラムの提供

英語力が高いフィリピン人講師によるマンツーマンレッスン

サウスピークでは、講師を採用する際に厳しい基準を設けています。

具体的には、大学で英語の教授法を習得していて、TOEIC900点以上を取得していなければ採用にはいたりません

さらに当校では、フィリピン人講師の給与水準を、ほかの語学学校の1.5倍から2倍まで上げているので、特に優秀な講師を採用できています。

以下の記事では、サウスピークに優秀なフィリピン人講師が揃っている理由について、より詳しく紹介しています。

関連記事:サウスピークの特徴3 フィリピン人英語講師で上位10%の学力を持つ講師達

また、彼らは日本人に英語を教えていることに慣れているので、日本人がつまずきやすいポイントを熟知しており、わかりやすいレッスンの提供が可能です。

そのため英語初心者でも、自分のペースで着実に英語力を磨いていけます。

しかし英語力を効率よく伸ばしていくためには、ただひたすらにマンツーマンレッスンを受けているだけでは効果が薄いです。

効率の良い英語学習をするには、インプットとアウトプットをバランス良くする必要があります。

そこでサウスピークでは、学習時間のバランスを最適にするために「反転授業」を導入しています。

反転授業とは、自習の時間に学んだ英文法や単語表現を、レッスンの時間に実際に使用することで、学習効率を最大限にまで高めることが可能な授業形式です。

以下の記事では、反転授業について詳しい解説をしています。あわせてご覧ください。

関連記事:反転授業:サウスピークが毎日最低4時間もの自習時間を設けている理由

活動時間のほとんどを英語学習に割ける

サウスピークは全寮制で、校舎と宿舎が同じ敷地内にあります。

そのため学習スペースと宿舎間の移動時間が限りなくゼロに近く、家事はすべてフィリピン人スタッフが行うため、生徒のみなさんは英語学習だけに集中できます。

日本で英語学習をする場合、独学やオンライン英会話、英会話スクールでの学習が主になると思いますが、いずれにしても生活のほとんどを英語学習に充てるのは困難です。

そのためサウスピークに留学をして、英語の学習時間を確保することは、 コストパフォーマンスの良い自己投資だといえるでしょう。

またサウスピークの生徒は、1日あたり10時間以上勉強している人が多くいるので、学校全体の雰囲気がとても引き締まっています。

セブ島にある多くの語学学校に比べて、遊びほうけているような生徒はほとんどいません。

以下の記事では、サウスピークに留学した生徒が、これほどまでに長時間英語を勉強できる理由を解説しています

関連記事:サウスピークで1日平均10時間の学習ができる理由

日本人の英語学習者に特化した質の高いカリキュラムの提供

サウスピークの学習カリキュラムは、日本人の英語学習者向けに特化して作成されています。

学習カリキュラムの存在により「英語の勉強方法がわからない」と悩む時間を削減でき、学習効率が飛躍的に高まります。

さらにこの学習カリキュラムは「生徒一人ひとりに合わせて作成している」ので、最適な学習方法で英語力を伸ばしていくことが可能です。

その上、今回の記事で紹介したような具体的な成果も出ており、サウスピークの教育の質の高さが証明されています。

この記事を読んで少しでもフィリピン留学に関心を持ったのなら、1週間からの留学に対応しているサウスピークへの留学をご検討ください。


サウスピークへの無料お見積もり

サウスピークへの留学をお考えの方は、ぜひサウスピークの無料見積もりページよりお申し込みください。

通常2営業日以内にご返信いたします。

また以下の記事では、フィリピン留学のメリットや失敗パターンについて詳しく紹介しています。

せっかく留学するからには、有意義なものにしたいですよね?

フィリピン留学を成功させて圧倒的に英語力を伸ばしたい方は、ぜひ一度ご覧ください。

フィリピン・セブ島留学のメリット・失敗パターン・成功法【体験談あり】(2019年5月更新) 今回は、TOEIC700点レベルの英語力についてお話します。 TOEICは、…続きを読む

サウスピーク無料留学説明会について

サウスピークは東京新宿のオフィスにて、毎週「無料留学説明会」を行っています。

また名古屋・大阪・京都でも月に1回、出張説明会を行っています。

「説明会で話す内容・開催日・場所」については、無料説明会のページをご覧ください。


「無料説明会」を開催中です。

-フィリピン・セブ留学

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.