英語力が一番伸びる語学学校

セブ島観光 セブ島レストラン

ほっこり暖かな気持ちを思い出したいなら、セブ島の洋食屋「Skillet(スキレット)」に行ってください

Skilet

「英語の勉強、しているのか...?」と問われても、「俺は英語の勉強をしている!!」と自信を持って答えられるセブ島留学生ほど、精神的には荒れていることでしょう。徹底的に英語の勉強なんてしていれば、そりゃ心も荒みますよね。

そんなとき、穏やかな、あったかい気持ちになれるような洋食が食べられる。そんなお店があったら、行きたくなりません?そんなあなたにオススメなセブの洋食屋「Skillet(スキレット)」をご紹介。

「Skillet(スキレット)」の店内

Skilet-2

日本人オーナーということだけあって、店内はまるで本当に日本の洋食屋さん。柔らかな照明、暖かいBGMに包まれた、なんだかほっこりするような雰囲気でした。

「Skillet」の実食

Skilet-3

さて、ご託を並べるのもアレなので早速実食に移ります。つきだし(?)はクラッカーとチーズ。このチーズが、おいしかった。しっかりとチーズらしい味がするものでした。いわゆる、良いチーズ。この時点で、筆者は「来て良かった...」という想いが溢れてきていました。

Skilet-4

サラダ。美味い美味いともしゃもしゃいただきました。「サラダが美味いお店に悪いお店はない」というのは、うちの親父の言葉。

Skilet-5

トマトとチーズ!!イタリアン〜。トマトとチーズの組み合わせで、美味しくないわけないですよね?

Skilet-8

お次はクリームコロッケ!コロッケって、案外アジアでは食べられないものなんです。それにこのコロッケ、サクッ、トロッという食感が、もう一度食べたくなることうけあい。

Skilet-6

リゾット。あっつあつで、最後の方はパンにつけて頂きました。

Skilet-9

はい!!みなさん「Skillet」の意味って知ってます?フライパンのことなんですよ。ですので、これがまさに「The Skillet」。

Skilet-11

お肉がっつりのものもありますよ!マッシュドポテトとコーンを添えて。

Skilet-12

最後はこちら!下にご飯が入っていて、上にはカレーが載っています。それにパプリカ・チーズを交えたもの。もう、おなかいっぱい!

Skillet(スキレット)のメニューが増えましたので追記

スキレットの新しいメニューが増えましたので、追加公開します。(2017年7月)

ワタリガニのパスタ。セブ島で食べられるのはおそらくここだけです。ワタリガニはそんなに身がないんですが、だしがしっかりでて美味しいんです。

ローストビーフ。低音調理器具を利用して作られているので、しっとりしています。

とうぜん、ローストビーフ丼もあります。半熟卵が合います。

牛肉とパクチーのサラダ。パクチー好きにはたまらない一品です。スキレットではサラダ類も充実しています。あと、ハーフサイズのさらだもあるので、一人でランチで食べられるのがいいですね。

最後はフレンチトースト。こちらは量が非常に多いので、みんなで分けてもいいですね。

Skillet(スキレット)の場所と行き方

「Skillet」は、J Center mallの隣にあるエリアに所在しています。とにかく、J Center Mallの真横にいけば、大体行き着くことが可能です。

日本の洋食が恋しい方、今週末にでも足を運んでみて下さい。きっと、近所の洋食屋で晩ご飯を食べていたときの情景を思い出すでしょう。オススメです!

場所: V.Albano, Mandaue City, Cebu
電話番号: (032) 417 2805
営業時間:ランチ:11時00分?14時00分, 17時00分?23時00分

Skillet_-_Google_マップ

「無料説明会」を開催中です。

-セブ島観光, セブ島レストラン

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.