英語力が一番伸びる語学学校

セブ島観光 セブ島レストラン

セブ島でレアステーキが食べられる、隠れ家的ステーキレストラン!【St.Moritz Restaurant】

St.Moritz Restaurantの魅力TOP3

1.レアステーキをセブ島で食べることができる!

セブ島でレアステーキを食べることができます

St.Moritz Restaurantというステーキレストランを紹介します。衛生面的にセブ島でなかなか食べることのできないレアステーキを、安全かつ美味しく食べることができる数少ないレストランです。

2.隠れ家的レストランで、店内は落ち着いている

店内の様子

隠れ家的レストランなだけあって、店内は木造りの家具で統一されていて温かみがあります。ゆったりとした空間で、ステーキを楽しむことができます。

3.ステーキと相性バツグンの赤ワイン!


Yellow Tail Wineのボトル 1,300ペソ(約2,700円)

ステーキに合う飲み物として代表的なのが赤ワインだと思います。St.Moritz Restaurantはもちろんワインのメニューも揃えており、さらにステーキの味を堪能することができます。

※ワインメニューは記事の中で紹介しています。

社会人の方にお勧めのレストラン

社会人の留学生にお勧めします。セブ島にあるレストランの中では値段は高めですが、その分ステーキの焼き方や肉質は格別です。普段の語学学校で提供される料理とは違い、落ち着いた店内でステーキを食べて、日頃のストレスを解消しましょう。

本記事の内容

★St.Moritz Restaurantの基本情報

満足度:★★★★☆

値段以外は言うことなしです。レアステーキの柔らかさと量も申し分なしです。店の雰囲気は落ち着いていて、普段のセブ島から離れた空間の中、最高のひとときを過ごせます。

予算:2,000~2,500ペソ(約4,000~5,000円)

ステーキとワインを注文したときの値段。だいたい4人くらいで行きシェアするのがお勧め。

所要時間:2時間

料理は10~15分ほどで出てきます。※ステーキの焼き加減により異なる

アクセスのしやすさ:★★☆☆☆

アヤラモールのすぐ近くにありますが、隠れ家的レストランなので少し見つけるのが難しいです。

タクシーの乗り方に関しては、以下の記事を参考にしてください。

頼んだ料理と値段

1.チキンスープ:220ペソ(約450円)

2.オニオンスープ:220ペソ(約450円)

3.ポークチョップ:450ペソ(約900円)

4.和牛:1,950ペソ(約4,000円)

5.テンダーロイン:1,000ペソ(約2,000円)

6.リブアイ450g:1,550ペソ(約3,100円)

7.赤ワイン:1,300ペソ(約2,600円)

合計金額

6,690ペソ(約14,000円) 4人で行ったので、1人当たり3,500円+税金、サービスチャージ代

1.St.Moritz Restaurantの場所・行き方

St.Moritz Restaurantは、アヤラモールの近くにあります。
タクシーで行く際は、運転手に「Please go to St.Moritz Hotel」(セントモリッツホテルに行ってください)と伝えましょう。


St.Moritz Restaurantの入り口の外観

細い路地をタクシーで抜けると、St.Moritz Restaurantに到着します。古民家のような造りで、一見レストランだと気付かない外観をしています。

2.St.Moritz Restaurantの料理・価格帯

ステーキメニューの値段は900ペソ~2,500ペソまでとさまざまです。好みの焼き加減を選ぶことができます。

それでは、今回注文した料理を紹介していきます。

①オニオンスープとチキンスープ:各220ペソ(約450円)


オニオンスープ(左)とチキンスープ(右)

ステーキを食べる前に前菜としてオニオンスープとチキンスープを飲みました。オニオンスープには玉ねぎがぎっしり詰まっています。チキンスープもチキンの出汁がとれていてコクのあるスープです。いきなりステーキを食べるのではなく、お腹を少し慣らしてからステーキを食べてみてはいかがでしょうか?

それでは、お待ちかねのステーキの紹介をしていきます!

②和牛:1,950ペソ(約4,000円)


和牛のレアステーキ!

まさかの和牛!? セブ島で日本のお肉を食べられるなんて思ってもみませんでした。肉の柔らかさがフィリピン産の肉とは圧倒的に違います。本当に口の中でとろけるような感覚です。


レアの焼き具合は完璧です。

焼き加減も写真の通り完璧なレアステーキの仕上がりです。噛んだ瞬間、口の中に広がる肉汁が何とも最高です。少し脂っこいステーキですが、野菜がついているので一緒に食べると脂っこさを抑えることができます。

③テンダーロイン(牛肉のヒレ肉):1,000ペソ(約2,000円)


テンダーロインのレアステーキ

続いてもレアステーキです。テンダーロインという名称の肉で、和牛に比べると肉は少し固いですが、値段は半額なのでお勧めのステーキです!

デミグラスソースをつけて食べるか、塩のみをつけて食べるか、それぞれのお好みに合わせて調整してください。

④ポークチョップ:450ペソ(約900円)


豚肉のステーキもあります

牛肉のステーキだけでなく、豚肉のステーキもあります。なんと和牛の1/3の値段で食べることができます。元々味付けされているので、そのままいただくことができるポークステーキです。

⑤Yellow Tail(赤ワイン):1,300ペソ(約2,600円)


ボトルの赤ワインを4人でシェアしました

ステーキに合う飲み物と言えば、赤ワインが思い浮かぶと思います。もちろんSt.Moritz Restaurantには数種類の赤ワインを取り揃えています。やはり赤ワインとステーキは合います。ワインがあるとステーキがさらに美味しくなると思うので、ぜひ赤ワイン試してみてはいかがでしょうか?


ワインのメニュー

ボトルワインは1本約2,500円から注文することができます。

3.St.Moritz Restaurantの店内の様子

St.Moritz Restaurantの店内の様子を紹介していきます。


St.Moritz Restaurantの店内

テーブルクロスが敷かれたテーブルで食事ができます。

座席数はそれほど多くなく、ゆっくり食事を楽しめます。


St.Moritz Restaurantのカウンター席

テーブル席以外にカウンター席もあります。たくさんのワインボトルが飾られておりお洒落です。カウンター席で食事をすれば、ロマンチックで大人のデートができるはずです!

4.St.Moritz Restaurantの営業情報

・住所:St Moritz Rd, Cebu City, 6000 Cebu
・営業時間:午前7時~午後11時
・定休日:無
・電話番号:(032) 231 1148
・Wi-Fi:あり

5.まとめ・サウスピーク各校舎からの行き方

予算
2,000~2,500ペソ(約4,000~5,000円)

こんな人にオススメ
社会人の方にお勧めです。値段は少々高いが、肉の質が他のレストランに比べて違います。店内の雰囲気的にも大人の方にお勧めのレストランです。

★★★★☆(5段階評価)
上記の写真から見てわかるように、ステーキの焼き具合、柔らかさ、美味しさなど何をとっても完璧に近いです。セブ島のステーキレストランの中では、群を抜いて一番だと思います。日本でこのようなステーキを食べると1万円は超えるかと思いますが、約2,000~5,000円で食べられるという点も魅力です。

最後に、サウスピーク各校舎からSt.Moritz Restaurantへのタクシー料金をまとめました。

オリジナル校(ウィンランドタワー2)……80ペソ(約160円)

日本語禁止校(JY SQUARE)……100ペソ(約200円)

プレミアム校(A.S FORTUNA ST, BENEDICT COLLEGE)……180ペソ(約360円)

★本気留学ならサウスピーク。3ヶ月でTOEICの点数を平均200点あげる語学学校

「無料説明会」を開催中です。

-セブ島観光, セブ島レストラン

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.