英語力が一番伸びる語学学校

セブ島観光 セブ島レストラン

セブ最高峰のレストランTavolata(タボラタ)。AS Fortuna沿いの高級イタリアン3

こんにちは、サウスピークの丸山です。
1年間で外食を500回くらいしていると思います。

そのうち、セブでの外食はたぶん、300〜400回くらいだと思います。セブ島のいろんなレストランに行きましたが、その中でもトップ5にはいるお気に入りのイタリアンを今日は紹介いたします。

そのイタリアンはAS FortunaストリートにあるTavolata(タボラタ)です。AS Fortunaはセブといいましたが、正確にはセブ市のとなりのマンダウエ市にあります。AS Fortunaは日本食レストランも多くあり、日本人が多くいる場所でもあります。

ちなみにTavolata(タボラタ)も以前に紹介したPHAT PHOと同じAbaca系列のレストランです。セブの高級イタリアンだとこのTavolata(タボラタ)と前回紹介したアンザニが双璧と言えるのではないでしょうか。

目次

1)Tavolata(タボラタ)の場所と行き方
2)Tavolata(タボラタ)の外装と内装
3)Tavolata(タボラタ)のメニュー
4)Tavolata(タボラタ)の実食レポート
5)Tavolata(タボラタ)のその他の料理
6)まとめ

Tavolata(タボラタ)の場所と行き方

Tavolata(タボラタ)は、DESIGN CENTER(デザインセンター)という商業施設の大通りに面した場所にあります。「AS Fortunaのデザインセンター」とタクシードライバーに伝えれば、わかると思います。

この黒いガラス張りのレストランがTavolata(タボラタ)です。

住所:Design Center of Cebu AS Fortuna at, P.Remedio St, Mandaue City, 6000 Cebu
電話番号:(032) 505 6211
営業時間:11時30分?14時30分、17時30分?22時00分
HP:theabacagroup.com

Tavolata(タボラタ)の外装と内装

天井が高く扉も大きいです。

テーブルは木製で高級感があります。

吹き抜けの天井からライトがぶら下がっていておしゃれです。

二階もあります。昼だと光が差し込んでまた雰囲気が違います。

Tavolata(タボラタ)のメニュー

Tavolata(タボラタ)の料理はサラダが300ペソから600ペソ、ピザとパスタが400ペソから600ペソくらいです。メインディッシュは800ペソくらいから3,000ペソくらいまで価格帯がいろいろとあります。メインディッシュがどうしても高くなりますので、安く済ませたい場合は、ピザとパスタを中心に頼むとよいと思います。

また、メニューは時折変わります。新しい料理が追加されるのも飽きなくていいことだと思います。

メインメニュー

サラダ、パスタ、ピザのメニュー

デザートメニュー

Tavolata(タボラタ)の実食レポート

それでは、Tavolata(タボラタ)の実食レポートです。まずは、シーフードサラダです。

よく見るとシーフードがゴロゴロ入っています。イカ、カニ、エビ、ホタテなどが入っていました。味付けも濃すぎずちょうどいい感じで美味しいです。

ドリンクに頼んだパイナップルジュース。最近飲みすぎなので、今日はアルコールは控えました。ワインもある程度品揃えがあります。

Tavolata(タボラタ)にくるといつも感じますが、スタッフがしっかり働いていて、サービスの提供もしっかりしていると思います。料理が出てくるのがあまりにも遅いとかそういったトラブルも少ない店だと思います。

こうやって砂糖を足して自分で甘さを調節できるのもいいですね。フィリピン人に合う味付けになると日本人には甘すぎる場合が多いですので、こういうのは嬉しいです。

アスパラガスのスープ。パンも付いてきます。

プロシュートとアルグラのピザです。465ペソなので1,100円くらいですね。セブの価格で考えれば高いですが、このピザすごく美味しいので、東京のレストランと比較する方がフェアだと思います。そう考えると結構安く感じると思います。

ピザの記事がクリスピーなんですが、最後の部分が膨らんでいてもっちりしていてこれがうまいんですよ。

4種類チーズのピザ。これも文句なく美味しいです。

アサリのパスタ。
ピザとパスタはだいたい400ペソから600ペソの間くらいですね。

アサリがたっぷり入っています。

メインはラムステーキにしました。

最高に美味しいです。メインはどれもボリュームも結構あるので、2〜3人で食べることができます。

デザートも5種類くらいあります。1つ200ペソくらいです。

BUDINO DI CIOCCOLATE185ペソ。

VANILLA BEAN CREME BRULLE195ペソ。

Tavolata(タボラタ)のその他の料理

別の機会にTavolata(タボラタ)に行った際の料理も紹介します。

ファーマーズサラダ

パスタは自家製麵のものもあります。乾麺とは違ってもっちりしています。

パスタ

ピザ

ピザ

ポークカツレツ

チキンとニョッキ

すずきのソテー

リブステーキ。肉の焼き方もしっかりしていて、Tavolata(タボラタ)で食べる肉料理はどれも美味しいです。

リブステーキ

ポーク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
Tavolata(タボラタ)は少しお値段は高めですが、セブ島にあるレスランのなかでも最も安定したサービスが提供されているレストランだと感じますので、失敗したくない機会などに是非利用してみてください。

Twitter
Facebook
Hatena
Pocket
執筆者
Naoki Kitayama
Naoki Kitayama
立命館大学三回生を休学し、サウスピークでインターンをしていました。二度のサウスピークでの留学を通してTOEIC500→855点に。現在は890点。Twitterアカウントは@naokin_0811。

【前の記事】 【スタディーツアー】セブ島はリゾート・留学だけではない。スタディーツアーに参加して、貧困問題を実感することになりました。【SLPC】
Edit

セブ最高峰のレストランTavolata(タボラタ)。AS Fortuna沿いの高級イタリアン
2016年12月24日 丸山 要平
Twitter
Facebook
Hatena
Pocket

こんにちは、サウスピークの丸山です。
1年間で外食を500回くらいしていると思います。

そのうち、セブでの外食はたぶん、300〜400回くらいだと思います。セブ島のいろんなレストランに行きましたが、その中でもトップ5にはいるお気に入りのイタリアンを今日は紹介いたします。

そのイタリアンはAS FortunaストリートにあるTavolata(タボラタ)です。AS Fortunaはセブといいましたが、正確にはセブ市のとなりのマンダウエ市にあります。AS Fortunaは日本食レストランも多くあり、日本人が多くいる場所でもあります。

ちなみにTavolata(タボラタ)も以前に紹介したPHAT PHOと同じAbaca系列のレストランです。セブの高級イタリアンだとこのTavolata(タボラタ)と前回紹介したアンザニが双璧と言えるのではないでしょうか。

目次
1)Tavolata(タボラタ)の場所と行き方
2)Tavolata(タボラタ)の外装と内装
3)Tavolata(タボラタ)のメニュー
4)Tavolata(タボラタ)の実食レポート
5)Tavolata(タボラタ)のその他の料理
6)まとめ

Tavolata(タボラタ)の場所と行き方

Tavolata(タボラタ)は、DESIGN CENTER(デザインセンター)という商業施設の大通りに面した場所にあります。「AS Fortunaのデザインセンター」とタクシードライバーに伝えれば、わかると思います。

この黒いガラス張りのレストランがTavolata(タボラタ)です。

住所:Design Center of Cebu AS Fortuna at, P.Remedio St, Mandaue City, 6000 Cebu
電話番号:(032) 505 6211
営業時間:11時30分?14時30分、17時30分?22時00分
HP:theabacagroup.com
Tavolata(タボラタ)の外装と内装

天井が高く扉も大きいです。

テーブルは木製で高級感があります。

吹き抜けの天井からライトがぶら下がっていておしゃれです。

二階もあります。昼だと光が差し込んでまた雰囲気が違います。
tavolata6

Tavolata(タボラタ)のメニュー
Tavolata(タボラタ)の料理はサラダが300ペソから600ペソ、ピザとパスタが400ペソから600ペソくらいです。メインディッシュは800ペソくらいから3,000ペソくらいまで価格帯がいろいろとあります。メインディッシュがどうしても高くなりますので、安く済ませたい場合は、ピザとパスタを中心に頼むとよいと思います。

また、メニューは時折変わります。新しい料理が追加されるのも飽きなくていいことだと思います。

メインメニュー

サラダ、パスタ、ピザのメニュー

デザートメニュー

Tavolata(タボラタ)の実食レポート
それでは、Tavolata(タボラタ)の実食レポートです。まずは、シーフードサラダです。

よく見るとシーフードがゴロゴロ入っています。イカ、カニ、エビ、ホタテなどが入っていました。味付けも濃すぎずちょうどいい感じで美味しいです。

ドリンクに頼んだパイナップルジュース。最近飲みすぎなので、今日はアルコールは控えました。ワインもある程度品揃えがあります。

Tavolata(タボラタ)にくるといつも感じますが、スタッフがしっかり働いていて、サービスの提供もしっかりしていると思います。料理が出てくるのがあまりにも遅いとかそういったトラブルも少ない店だと思います。

こうやって砂糖を足して自分で甘さを調節できるのもいいですね。フィリピン人に合う味付けになると日本人には甘すぎる場合が多いですので、こういうのは嬉しいです。

アスパラガスのスープ。パンも付いてきます。
tavolata1

プロシュートとアルグラのピザです。465ペソなので1,100円くらいですね。セブの価格で考えれば高いですが、このピザすごく美味しいので、東京のレストランと比較する方がフェアだと思います。そう考えると結構安く感じると思います。

ピザの記事がクリスピーなんですが、最後の部分が膨らんでいてもっちりしていてこれがうまいんですよ。

4種類チーズのピザ。これも文句なく美味しいです。

アサリのパスタ。
ピザとパスタはだいたい400ペソから600ペソの間くらいですね。

アサリがたっぷり入っています。

メインはラムステーキにしました。
tavolata22

最高に美味しいです。メインはどれもボリュームも結構あるので、2〜3人で食べることができます。
tavolata23

デザートも5種類くらいあります。1つ200ペソくらいです。

BUDINO DI CIOCCOLATE185ペソ。

VANILLA BEAN CREME BRULLE195ペソ。

Tavolata(タボラタ)のその他の料理
別の機会にTavolata(タボラタ)に行った際の料理も紹介します。

ファーマーズサラダ
tavolata14

パスタは自家製麵のものもあります。乾麺とは違ってもっちりしています。
img_5342

パスタ
tavolata5

ピザ
tavolata9

ピザ
tavolata11

ポークカツレツ
img_4628

img_5339

チキンとニョッキ
tavolata13

すずきのソテー
tavolata10

リブステーキ。肉の焼き方もしっかりしていて、Tavolata(タボラタ)で食べる肉料理はどれも美味しいです。
tavolata15

リブステーキ
tavolata16

ポーク
tavolata17

まとめ
いかがでしたでしょうか?
Tavolata(タボラタ)は少しお値段は高めですが、セブ島にあるレスランのなかでも最も安定したサービスが提供されているレストランだと感じますので、失敗したくない機会などに是非利用してみてください。

「無料説明会」を開催中です。

-セブ島観光, セブ島レストラン

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.