英語力が一番伸びる語学学校

TOEFL

英語学習初心者でもTOEFL対策ができる「TOEFL準備コース」のご紹介

本気留学サウスピークでは、TOEFLの点数を短期間で効率良く向上させる「本気TOEFL対策コース」を提供しています。

TOEFLは主に、アメリカの大学・大学院への留学や編入学をする際に、英語力の基準を満たしているかどうかの指標とされる試験です。

日本人に馴染みのあるTOEICに比べてより高いレベルの英語力が求められる試験であり、英語学習初心者の域を脱していないうちから、TOEFL対策に臨むことは効率が良いとはいえません。

そこでサウスピークでは、英語学習初心者(TOEIC200点台~500点台)の方が将来的に、TOEFLの目標点数を取得できるようサポートする「TOEFL準備コース」を開始いたします。

こちらの記事では「TOEFL準備コース」について詳しく紹介していきます。

当記事の内容 ・TOEFLとは?

・TOEFL準備コースについて

・TOEFL準備コースのレッスン内容および「本気TOEFL対策コース」への移行について

・TOEFL対策をサウスピークで行うメリット

・TOEFLコースのお申込み方法

TOEFLとは?

冒頭でも述べた通り、TOEFLは主に、アメリカの大学・大学院への留学や編入学をする際に、英語力の基準を満たしているかどうかの指標とされる試験です。

TOEFLには、いくつかの種類があり、その中でも日本人が海外の大学に行く際に受験を求められることが多いのは「TOEFL iBT(Internet-based Test)」と呼ばれる試験です。

※一般的に「TOEFL」というと「TOEFL IBT」のことを指すことがほとんどであり、サウスピークでもこの「TOEFL iBT」の点数を向上させるためのコースを提供しています。

TOEFLは英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)のすべてを測る試験なので、対策をしなければ高得点の取得は困難です。

それぞれ30点満点の計120点の試験であり、合計で80点を取得すれば、アメリカにある77パーセントの大学への入学基準を満たします。

TOEFL準備コースについて

TOEFLは難易度が高い試験なので、英語学習初心者が基礎を固める前に、TOEFL対策をするのは学習効率が良くありません。

そのためまずは、TOEFL準備コースを通して「TOEFL対策を効率よく進めるための基礎英語力」を身につけていただきます。

ここでいう基礎英語力とは、中高で習う英文法や基本的な単語を身につけて、TOEFL iBTにおいて51点以上取得できるだけの英語力を指します。

これは、現状中学レベルの英語が身についていない方でも、サウスピークで数ヶ月から半年かけて学習に望めば十分到達可能な点数です。

学習効率を高めるためにも、海外の大学への留学基準の1つである「TOEFL iBT80点」を目指す前に、まずは基本的な英文法・英単語を学び「TOEFL iBT51点以上」を取得できるよう、基礎英語力の向上に努めましょう。

<TOEFL準備コースの例>

◆TOEIC300点スタート◆
「6ヶ月でTOEFL iBT51点を目指す + 3ヶ月でTOEFLに集中する」コース(39週間)

◆400点スタート◆
「3ヶ月でTOEFL iBT51点を目指す + 3ヶ月でTOEFLに集中する」コース(26週間)

◆500点スタート◆
「2ヶ月でTOEFL iBT51点を目指す + 3ヶ月でTOEFLに集中する」コース(21週間)

TOEFL iBTで51点以上を取得できるだけの英語力を習得してしまえば、その後3ヶ月間でTOEFL iBT80点の達成は現実的になります。

関連記事 本気留学サウスピークのTOEFLコース 〜TOEIC600点から3ヶ月でTOEFL80点を目指すコース〜

TOEFL準備コースのレッスン内容および「本気TOEFL対策コース」への移行について

サウスピークのTOEFLコースの学習カリキュラムは、日本人のTOEFL学習者向けに作成されています。

このカリキュラムに沿って学習を進めていくことにより「英語の4技能(聞く・話す・読む・書く)」をまんべんなく伸ばすことが可能です。

また、サウスピークでの「TOEFL準備コース」を通して、TOEFL iBTで51点以上を取得できるだけの英語力を身につけた後に、日本語禁止校舎(EOP校)にて「本気TOEFL対策コース」へ移行できます。

このコースは、TOEFL iBT51点以上(TOEIC LR600点相当)の方が、 3ヶ月でTOEFL IBT80点の取得を目的に作られたコースであり、既に基礎的な英語力を習得している方であれば短期間で点数を伸ばせます。

TOEFL準備コースに比べて、教材やレッスンの内容が高レベルになるので、TOEFL iBT51点以上もしくはTOEIC600点以上を取得している方のみが受講可能です(どちらもサウスピークで定期的に行っている模試を含む)。

コース移行を希望する生徒は日本人スタッフとの面談を行い、移行時期や学習ペースなどについてを話し合います。

TOEFL対策をサウスピークで行うメリット

試験対策であれば日本でもできると考える方も多いと思いますが、サウスピークで対策することにより圧倒的に効率よくTOEFLの点数を向上させられます。

以下がその理由です。

1.英語力が高いフィリピン人講師によるマンツーマンレッスン

サウスピークで働いている講師はTOEIC LR試験で900点レベルの英語力を有しています。

さらに彼らは日本人に英語を教えていることに慣れているので、日本人の英語学習者がつまずきやすいポイントを熟知しており、わかりやすいレッスンの提供が可能です。

2.活動時間のほとんどを英語学習に割ける

サウスピークは全寮制で、校舎と宿舎が同じ敷地内にあります。

そのため学習スペースと宿舎間の移動時間が限りなくゼロに近く、家事はすべてフィリピン人スタッフが行うため、生徒のみなさんは英語学習だけに集中できます。

日本でTOEFL対策を行う場合、独学か予備校での学習が主になると思いますが、いずれにせよ生活のほとんどを英語学習に充てるのは困難です。

そのためサウスピークで留学をして英語の学習時間を確保することは、 コストパフォーマンスの良い自己投資だといえるでしょう。

関連記事 サウスピークで1日平均10時間の学習ができる理由

3.日本人のTOEFL学習者に特化したカリキュラムの提供

サウスピークのTOEFLコースの学習カリキュラムは、日本人のTOEFL学習者向けに作成されています。

この学習カリキュラムの存在により「英語の勉強方法がわからない」と悩む時間を減らすことができ、学習効率が飛躍的に高まります。

TOEFL試験で高得点を取るためには、TOEFLの基礎知識やテクニックを覚えることも重要であり、この学習カリキュラムに沿って進めていけばこれらも同時に身につけられる点が大きなメリットです。

TOEFLコースのお申込み方法

お見積もりページで「日本語禁止校」「TOEFLコース」の2つをそれぞれご選択ください。

通常2営業日以内にご案内いたします。

また、現在TOEFLコースを13週間以上お申し込みの方に「TOEFL公式テスト1回の受講」をプレゼント中です。

将来的に海外の大学で学びたいと考えている方は、その前にサウスピークで留学をして、短期間でTOEFLの点数を向上させることをおすすめします。

「本気TOEFL対策コース」では、TOEFLの点数アップはもちろんのこと、日常的な英会話力の向上も望めるので、実際に海外の大学に訪れた際の苦労も軽減するでしょう。

お見積もり依頼をする

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

サウスピーク編集部

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-TOEFL

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.