英語力が一番伸びる語学学校

TOEIC

Youtube動画を使った英語学習を「異文化理解」「教材としての使いやすさ」の2点から解説

バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika

無料で公開されているYoutubeにある動画を使った英語学習をどのように行えば効果的について「異文化理解」「教材としての使いやすさ」の2つの観点からまとめました。

「異文化理解の観点」からバイリンガールがお勧め

Youtubeの人気動画、バイリンガール英会話 | Bilingirl Chikaについて紹介します。

バイリンガールの良い点

異文化体験・異文化理解の観点でお勧めです。多くの日本人が触れている試験のための英語ではなく、まさに現地で使われている生きた英語に触れられるのは素晴らしいです。

外国語は机の上で、教科書だけで学ぶべきものではないと思います。やはり日本国外へ行って、日本とは異なる背景を持つ人達、異なる生活、異なる文化と触れ合わなければ、完全には学べません。

動画教材は、日本人学習者のこの文化的な欠落を埋めてくれる良い教材です。バイリンガールの中で特に人気がある教材を2本紹介しますが、これらは海外旅行や留学を予定している人が、事前に現地体験を出来るのでお勧めです。

バイリンガール 人気の動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=IOHTbJd3rGM
https://www.youtube.com/watch?v=8JmMobypEgQ

異文化体験教材、こうだったらもっと良いのに

異文化体験としてはお勧めですが、バイリンガールは英語学習の教材としてはやや難点があります。第一に上げられるのは『英語学習の教材としてはレベルが高すぎる』ってことでしょうか。そもそも英語学習教材として動画を作成しているわけじゃないので全くの的外れな指摘かもしれませんが。

早口で、かつ教科書に載っていない砕けた表現が多用されているため、初心者では理解が極めて難しいです。動画なので雰囲気は分かるけれど、動画から表現を何か学んで自分でも使いこなせるようになるのは難しい。

先ほど紹介した2本の動画の推奨レベルは、英会話の教材として使用する場合、TOEIC LR試験で800点以上です(≒東大・京大の文系学生の水準)。このレベルの人達であれば早口英語であってもほとんどの表現を知っているからなんとか聞き取って理解することが出来るでしょう。

字幕付きのバイリンガール動画

これらは動画の中には英文と日本語が表示されているものもあります。この動画であれば、英会話の教材として使用する場合、TOEIC LR試験で600点水準から楽しめるでしょう。ただ、それにしてもまだまだ普通の日本人にとっては難しいですね。動画なので異国の雰囲気は伝わってきますが。

補足すると、英語初心者の方はここで述べている英語学習云々は気にせずにバイリンガールの動画を楽しんだら良いと思います。最初に英語学習のモチベーションを上げるために、バイリンガールの動画を観ることはとても良いことなので。

初心者の方はとりあえず動画を観て、モチベーションを上げてから英語学習に着手するのがお勧めです。

おまけ バイリンガール こうなったらいいな、という要望

要望としては人気動画で使われた『英文を抽出』して、『英文法解説とその和訳』と『リスニング用音源』を付けて、そして英語学習者にとって使いやすい紙の書籍がほしいな、って思いました。

あと最後に、チカさんの声はとても綺麗で聞き取りやすいので、リスニング用音源はチカさん本人が読み上げてくれたらすごく嬉しい。※チカさん本人が前向きであれば、私が書籍の企画・構成まとめます。5?10年以上読まれる・使われる教材案を企画します。

Youtube動画で英語学習の教材としてお勧めなもの

Youtube動画で英語学習の教材としてお勧めなものは先ほどバイリンガールで要望として上げた3つの条件を満たしているものです。

Youtube動画で英語学習をする場合に必要な要素
1.話されている内容の英文字幕があること
2.英文原稿の和訳があること
3.リスニング用音源があること

それぞれ簡単に内容を補足します。

1. タイトル話されている内容の英語字幕があること

そもそも英文の原稿無いと勉強を始められません。初中級者は英文内容が聴き取れません。知らない表現をずっと繰り返し聴き続けていたら理解できる、そんなことは出来るようにはなりません。

補足すると、時間が無限にある人であれば、このような赤ん坊が言語を学ぶような学習法をしても良いかもしれません。が、少なくともいまこの記事を読んでいる人に関していえば、全員がこの学習法をすべきではありません。

動画で話されている英語内容を理解して、使いこなせるようになるためには、英文字幕の内容をみて、理解した上で動画を観るべきです。この学習手順で英語学習の時間を節約しましょう。

2. 英文原稿の和訳があること

英文字幕があっても、初中級者にはまだ難しすぎることが多いです。せめて和訳がないと全く歯が立たないです。

理想的には英文法・英文読解の解説があるのが望ましいです。

3. リスニング用音源があること

動画で使われている英文を理解出来ただけでは不十分です。理解したら次は、理解した英文を耳で覚えるまで聴きこまなければいけません。

毎回Youtubeの動画を開いて、音源を聴き込むのは不便すぎます。スマートフォンでこれをやっていたら、すぐにバッテリーがなくなります。

そうならないで済むように、リスニング用音源(CDやmp3ファイル)が別途あるものが良いです。

3つの条件を満たしているYoutube動画

さきほどのまとめを再掲します

Youtube動画で英語学習をする場合に必要な要素
1.話されている内容の英文字幕があること
2.英文原稿の和訳があること
3.リスニング用音源があること

この3点を満たしている動画が英語教材として理想的なものです。

実はこの3点を満たしているものはYoutube上に本当にたくさんあります。ここで1つ紹介します。

Youtube動画で理想的な英語学習教材は、洋楽の動画です。特に『歌の名前』 + 『Lyrics』※歌詞という意味+ 『日本語字幕』あるいは『日本語訳』という3つのキーワードを組み合わせて検索した時に見つかる動画です。

Youtube動画では事細かに英文の解説をしてくれている動画もありますので、洋楽を聴いて英語学習をしたい人にとってはとてもありがたいです。下記に解説が良いなと思った動画を2本紹介します。

一昔前は洋楽を使って勉強する場合、歌詞カードを観るだけでした。でも、今なら動画付きで学べます。Youtube動画を使った学習では、動画の情報量が桁違いに多く、異文化理解にも最適です。

この点は圧倒的なYoutubeの恩恵です。Youtubeが無かった時代を知っているので、今の英語学習者は恵まれているなと思います。

Youtube動画を観て、英文内容を理解したら、次はiTunesやAmazon Musicでその歌の音楽ファイルを購入して、手持ちのスマートフォンやWalkmanに入れて繰り返し聴き込みましょう。

おまけ 発音矯正にも洋楽がお勧め

語学学校サウスピークの発音矯正レッスンでも、洋楽の学習を取り入れています。先ほど紹介したズートピアの"Try Everything"、また「アナと雪の女王」の"let it go"を使って発音矯正を行います。

「異文化理解+英語学習」の一石二鳥が狙えるので、洋楽を使った英語学習お勧めです。

 
 

「無料説明会」を開催中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

サウスピーク編集部

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-TOEIC

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.