サウスピーク塾長日誌

就職活動でTOEIC試験の点数はどこまで求められるのか。各企業で最低限必要になる点数は何点?

サウスピークでは多くの学生がTOEIC試験のスコアアップを目標に勉強しています。

サウスピークでは多くの学生がTOEIC試験のスコアアップを目標に勉強しています。

この記事を見に来た方、特に就職活動を控えた学生の皆さんは、就職活動において求められるTOEIC(R)試験の点数が気になっていることでしょう。最初に結論を述べると一般的な就職活動には600点、人気企業を目指すならば730点のスコアが最低限必要ということになります。

以下、その理由を幾つかのソースとともに説明していきます。

TOEICは就職活動において、もはや必須

このことについては、この記事をご覧になっている読者の方たちも肌感覚では感じているのではないでしょうか。先輩に就職活動のアドバイスを求めると自身の経験から「TOEICの点数はとっておけ」と言う人は少なく無いですし、OB訪問をすれば多くの先輩社員が「学生時代に英語は勉強しておくべきだよ」と言います。

TOEICの運営団体であるETSが上場企業を対象に行った調査によると、約7割の企業が採用時にTOEICの点数を参考にしています。また、入社時に期待するスコア(平均)として2011年時点で550点、2013年時点で565点という結果がでていることから、今後就職活動を行う人はTOEIC600点を目安にスコアを取得するべきといえるでしょう。

採用時にTOEICの点数を参考にするか

人気企業では更に高いTOEICスコアが求められる

企業が採用時の基準となるTOEICの点数を公表することはあまりありません。例えば、ネット上でTOEIC 850点が足切りと噂されている某国際通信会社のセミナーでは、採用担当の社員が「TOEICを選考の軸にはしていません」とわざわざアナウンスする場面もありました。

しかし、これはあくまでも建前に過ぎません。

(1)実際には、前章で見たように名前の出ない調査では7割もの企業が英語力を参考にしていると回答しています。

(2)また、多くの企業がグローバルにビジネスを展開している中、”意思疎通できない”人間を優先的に採用する理由は全くありません。

(3)さらに、人気企業においては、数十倍?数百倍といった競争率も珍しくはありません。その場合、面接の内容が他の候補者に比べて圧倒的に良い場合を除けば、共通の軸で候補者を比較できるスキルである”資格”も検討事項に入るからです。その中でも、英語力は比較的どの業種でも優先度が高いため、英語資格の標準であるTOEICは有用です。

以下の表は、筆者が該当企業の内定者or社員や現在確認可能なソースによって、企業の求めるTOEICの点数を収集したものです。検索ワード“TOEIC 就活”等でよく出てくる表は真偽確認をした結果、情報が古いか内容が疑わしいものが多かったので新たに作成しました。人気企業(英語を頻繁に使う部門や外資は除く)を志望する上では、700点台中盤の点数があればいいことがわかります。

企業の求めるTOEICの点数(企業名 基準点 備考の順番で記述)

TOEIC600点以上
ANA 600点 入社時
日本IBM 600点 入社時
JICA 640点 グローバル人材育成プログラム(インターン)

TOEIC700点以上
ユニリーバ 720点 採用募集要項
日産 730点 新卒採用「皆さんに期待する英語レベル」
アビームコンサルティング 730点 入社時
東京海上日動 730点 TOKIO MARINE Premium Seminar(2DAYS) /グローバルビジネス編
GE Healthcare 740点 EEDP・OMLP部門(理系)

TOEIC800点以上
楽天 800点 入社時
UBS証券 800点 In-House Environment Program Part Time
日本IBM 800点 マーケットデベロップメント部門(インターン)
GE Corporate 860点 FMP (Financial Management Program)
野村ホールディングス 860点 グローバル型社員
三菱東京UFJ銀行 900点 グローバルCIB

トップ企業内定にはTOEIC900点+実際に話せることが求められる

前章の表の後半部分を見て、「こんなに高得点が求められるのか」と驚いた人もいるでしょうか。しかし、これらのトップ企業から実際に内定を得ている層からするとTOEIC800点レベルですら最低限以下です。外資就活ドットコムの調査によるとトップ企業内定者のTOEIC平均スコアは900点クラスになっています。

また、国内トップクラスのメーカーに就職予定の友人はTOEIC900点クラス(英語圏に1年間留学)にも関わらず、「内定者の中では英語は出来ない方」なんだそうです。別の国内トップクラスのメーカー内定者で海外部門を希望した別の知人は「事前告知無しで配属面談が英語になった」そうです。

トップ企業内定者のTOEIC平均点

TOEICのすすめ

ここまで煽っておきながら、筆者は必ずしもTOEICが正確な英語力の指標になるとは思っていません。また、英語力が就職活動にとって、さらにはそこで仕事をするにあたって最も大事な要素だとも考えてはいないです。

しかし、(1)TOEICの勉強は英語力を高める上で必ずプラスになるし (2)英語力に限らず自分の能力や努力を定量的に示す姿勢は他者に評価してもらう上で重要になる、と思います。だからこそ、おそらくこれまでの人生で最も自分の将来について考える就職準備期間に、TOEICのスコアという努力の結果を残すことをおすすめします。

参考URL
ETS「上場企業における英語活用実態調査 2013年」報告書
外資就活ドットコム‐9割越えは当たり前!?外資系・日系トップ企業内定者たちの英語力

就職活動に強いサウスピーク

サウスピークは英会話能力だけではなく、TOEICの点数も3ヶ月で平均200点上がるという実績を出していますので就職活動でも有利です。実際に主食活動ではTOEIC800以上あると企業の面接での反応がよかったという声を聞いています。下記の生徒のように大学を休学してサウスピークへの留学と海外インターンを行うという「ノースキル文系プラン」というプランも用意しています。

【就活成功体験談】休学中にTOEIC900点 + インドでのインターンを経たHarukaさんが、一部上場企業に内定を決めるまで

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

【補足】TOEIC(R)試験の点数とSpeaking能力は比例関係

TOEIC LR試験対策だけしかしていないと英語は話せるようになりません。でも、TOEIC試験対策に加えて、Speaking対策を行えば、高度なレベルで英語を話せるようになります。

そしてまた、TOEIC試験の点数とSpeaking能力は通常高い相関関係が有ります。リンク先ページにTOEIC試験を行い、またSpeaking対策を行った人達のSpeaking動画を集めました。

(関連記事)「今年こそ英会を話せるようになりたい」は可能だと分かる日本人21名の英会話動画まとめ

TOEIC試験の点数を上げる必要がある方へ

東京・新宿の英語塾エングリットで学ぶ

TOEIC試験の点数アップを目指して学習をする方には東京・新宿にて開校予定の英語塾エングリットがお勧めです!中学英文法、高校英文法の学習から徹底サポートします。※毎週説明会を開催しています。

フィリピン・セブ島の語学学校サウスピークで学ぶ

3ヶ月でTOEICが平均200点伸びる語学学校、サウスピークについて5分で分かるページを引き続きご覧下さい。下記の画像をクリックしましたら、まとめページに飛びます。
souspeak-c_1200x630

柴田 はるじぇー @HAL_J

柴田 はるじぇー @HAL_J について

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
柴田 はるじぇー @HAL_J
  • twitter
  • facebook

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」

関連記事

今年こそ、英語を自分の武器にしよう TOEIC800以上を取得した人から学べる5点

「今年こそはTOEIC800点以上取る!」と決意された方へTOEIC800点以上を取得した方々からの…続きを読む

就職活動でTOEIC試験の点数はどこまで求められるのか。各企業で最低限必要になる点数は何点?

この記事を見に来た方、特に就職活動を控えた学生の皆さんは、就職活動において求められるTOEIC(R)…続きを読む

2016年5月29日のTOEIC(R)試験の形式が現在のものから、一部変更されて、新たな形式となります。

2016年5月29日のTOEIC(R)試験の形式が現在のものから、一部変更されて、新たな形式となりま…続きを読む