英語力が一番伸びる語学学校

セブ島観光 セブ島レストラン

セブ島留学中に息抜きがしたい?「Yolk Cafe」で、セブ島で文句なしに一番美味しいコーヒーを飲みなさい

Yolk

セブ島留学中にリフレッシュするなら?ジンベエザメ?はたまた、アイランドホッピング?いやいや、「美味しいコーヒー」に決まってるでしょ!!

ということで、セブ島留学で英語学習に励む留学生の皆様に今回ご紹介するのは、コチラ!「YOLK Cafe」です。
「セブ島で一番美味しいコーヒー」はいかにして、淹れられるのか?要チェック!

Yolk Cafeの店内を見回してみた

Yolk-32

ドアを開けるとそこに広がるのは、自由が丘にある隠れ家カフェと見紛うオシャレな店内。席数もそこそこあるので、お友達と来ても良さそうですね。

Yolk-30

本の貸し借りプロジェクトなんかがある。全部英語の本です。なんかオシャレ。

Yolk-31

そしてオシャレカフェといえば「オシャレ黒板」と相場が決まっています!ウォルト・ディズニーなんて、オシャレ。今度、「1日10時間英語学習しなさい」に変えてもらっておきます。(※サウスピークでは、1日10時間勉強している生徒さんが多くいらっしゃいます)

Yolk-35

「セブ島で一番美味しいコーヒー」コーヒーに合う飲み物は?パン?ケーキ?チョコクロワッサンでしょ!!ということで、チョコクロ。

Yolk-36

プリン的な何か。セブのスーパーではプリンなんか絶対売っていませんが、こういうとことにはあるんですね。

Yolk-37

そんなこんなしていたら、YOLK Cafeはベスト・スペシャリティコーヒーに選ばれたようです。

Yolk Cafeのコーヒー豆と淹れ方について語る

Yolk-39

店内突き進んで、遂に見えるはコーヒー豆。エチオピア・コンガの豆が置いてありました。香りや味など詳細に書いてあるので、コーヒー好きは要チェック。

Yolk-40

さて、どんどんコーヒーの話に移行しますよ。こちらYOLKで頼めるコーヒーのガイドライン。まず?「Specialty Coffee(160ペソ)」を注文し、?コーヒーの産地を選んで、?淹れ方を選べば注文完了。
例えば、Specialty Coffeeを選んで、「産地はエチオピア・コンガ、淹れ方はハンドドリップでお願いします」などと頼むと完了です。

え?「英語でどう注文すればいいかわからない」だって?1日10時間勉強しなさい!!(訳:電子辞書か単語帳を持って行きなさい)

(※サウスピークでは、1日10時間勉強している生徒さんが多くいらっしゃいます)

Yolk-46

店内に飾ってあり、実際にドリップに使われているコーヒー危惧。左から、Aeropress、真ん中の2つがV60というハンドドリップ、右がフレンチプレスです。普通は淹れ方のイメージわからんので、興味あるものから頼んでみればOK。

Yolk Cafeの「セブ島で一番美味しいコーヒー」をハンドドリップで淹れてもらう

Yolk-4

ザン!!俗にいう「クソ美味いコーヒー作るセット」ですね。注文してしばらくしたら、店員さんがこういうセットを運んできてくれます。まだ始まったばかり、焦るんじゃありません。

Yolk-3

こちら、コーヒー豆。細かめに挽かれていることがわかります。コスタリカ産豆を選びました。

Yolk-9

ドリップスタート!かと思いきや、まずはコーヒーフィルターの臭みを取り、同時に下にあるコーヒーサーバを暖めるために、お湯だけ入れます。

Yolk-11

お湯の入ったコーヒーサーバー。ぐるぐる回してお湯の温度をサーバーに行き渡らせています。じれったい。

Yolk-12

勿論、そのお湯をドリップに使うなんて野暮なことはしませんよ!別のカップへ注いで捨てます。これで準備万端。

Yolk-13

やっと・・・やっとコーヒー豆の投入です。少しずつ、粉の山ができないように、丁寧に挽いた豆を入れます。

Yolk-24

コーヒー豆にお湯の投入です!

Yolk-17

じわあっとお湯が行き渡ります。写真で伝えられないのが残念ですが、新鮮な豆でドリップする場合、豆が膨らむんですね。是非YOLKを訪れて、膨らむところを見て頂きたい。

Yolk-23

ポタポタとコーヒーサーバーにコーヒー豆から抽出されたコーヒーが落ちていきます。さっきコーヒーサーバーを暖めたのは、このときのためだったんですね。サーバーが冷たいと、コーヒーも冷めてしまいますから。

Yolk-27

全部落ちきったら、最後にコーヒーを注ぐカップにお湯をまた注ぎ、カップを温めます。そこまでするか!という丁寧さ。そんなん絶対コーヒーうまいやん。

Yolk-26

できた!コーヒー落ちきりました!おめでとう!!

Yolk-28

できあがったコーヒーをサーバーからカップに注ぎます。暖めておいたカップにコーヒーを注いでも、暖かいままです。

Yolk-47

できあがり!!

コーヒーのお味は?

今回、コスタリカ産の豆をハンドドリップで淹れてもらったのですが、「酸味が強くすっぱくて美味しい」コーヒーに出来上がりました。多分、コスタリカ産豆を煎る時に浅煎りして、今回のコーヒーの入れ方も「すっきりしていて酸味が強め」に味が出るようにドリップしていたのでしょう。

ここまでの品質のコーヒーを淹れようと思ったら、1日10時間ハンドドリップで淹れる訓練を積まなければいけないでしょう。
(※サウスピークでは、1日10時間勉強している生徒さんが多くいらっしゃいます)

文句なしに、「セブ島で一番美味しいコーヒーが飲める店」認定です。セブ島留学生は、土日はYolk Cafe集合!!

Yolk Cafeの行き方

Yolk_-_Coffee_and_Breakfast_-_Google_マップ

Yolk Cafeは少し分かりにくい場所にあるので要注意。とにかく、「Barbecue Boss at Mabolo」まで行って、次の角を右折したところにYolk Cafeはあります。道としては、「Castle Peak Hotel」に行く道と同じ道であり、その途中を右折するのです。

少し分かりにくいですが、一度行ってしまえばなんのその。場所としてはアヤラモールから徒歩5分程度くらいのところにあるので、サウスピーク日本語禁止校、第二校舎の生徒さんは特に行きやすそう。

是非、セブ島留学の息抜きに、一度足を運んでみてください。

 

「無料説明会」を開催中です。

-セブ島観光, セブ島レストラン

Copyright© サウスピーク日誌 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.