英語もできないノースキルの文系はこれからどうすべきか

「文系なのに英語が出来ない」

「就職(転職)活動で他に売りになる資格やスキルもない」

このままでは就職活動・転職活動でまともな企業に採用されそうにない。

 

この記事はそんな「英語も出来ないノースキルの文系の方々」へ向けた記事です。

厳しい話になりますが、今の「英語もできないノースキルの文系」が就職活動・転職活動で成功するのは大変です。そのため履歴書に書けるような「なにか」が必要です。しかし、その「なにか」を見つけるのは難しいです。

そこでその「なにか」を見つけるためのプログラムをこの度、語学学校サウスピークでは『英語もできないノースキルの文系はこれからどうすべきか』の著者である大石哲之さんの協力の元に始めます。

その「なにか」とは大石さんの著書の中で紹介されている「英語力を高め」、そして「海外企業でインターンシップを行うことで他にはない実務経験を身につけること」です。そして、いま大学生である人達、また既卒の方や20代社会人の方のために、「英語力を高め」「職歴を積む」ための留学プログラムをサウスピークで提供開始します。

この「英語もできないノースキルの文系」のための留学説明会を、2015年1月31日(土)に東京・五反田にて開催致します。当日は著者である大石哲之さんもお招きしてノースキル文系がどのようにしていけば良いのかを語って頂きます。

 

説明会情報 (*こちらの説明会は終了致しました。次回の説明会はこちらです。)
開催日時 : 1/31(土) 午後2時30分?午後4時30分

場所 : 東京・五反田 CONTENTZ

※説明会当日に 『英語もできないノースキルの文系はこれからどうすべきか』を持参されましたら、大石さんの直筆サインを貰えます。是非書籍を説明会に持参下さい。

 

サウスピークで本書の書評を書いているので、まだ書籍を読んでいない方はとりあえずこちらの書評を参考にしてください。⇒ 【書評】英語もできないノースキルの文系はこれからどうすべきか

 

英語もできないノースキル文系を抜けだす方法とは

サウスピークに留学する前は中学生レベルの英語力しかなかった渡辺さん。卒業後の現在はシンガポールの外資系企業で英語を使って仕事をされています。

留学後は海外インターンを行ない英語を使って実務経験を積みます。これにより、就職活動で圧倒的有利になる経験が手に入ります。

大石さんは著書の中で、ノースキル文系から抜け出すのに必要な期間は1年間であると言っています。まず、大学を1年間休学することから、ノースキル文系を抜け出すことが始まります。

そして、6ヶ月間フィリピン留学をして英語力を高めること、次に6ヶ月間海外インターンをして英語を使って働く経験を積むことで、ノースキル文系から抜け出せると明確な解を出しています。

1年間という期間と英語留学を行なうための金銭はそれなりの大きな投資です。しかし、就職活動時に履歴書に書くことがなく、就職活動を失敗するかブラック企業しか勤め先がない状態を避けるためであると考えれば、リターンの良い投資と言えるのではないでしょうか。また、このプランはきわめて優秀でないと達成が難しいというわけではなく、通常の能力と求められる努力がこなせれば達成可能です。

 

ノースキル文系プラン概要

 

(1) サウスピークで3ヶ月から6ヶ月間の留学でTOEIC800点を目指す

サウスピークで留学を行い英語力を高めます。就職(転職)活動で評価される為にサウスピーク滞在中にTOEIC試験を受講して頂きTOEIC800点を目指します。また留学中に履歴書の作成指導、外資系向け面接対策も行ないます。さらに、ノースキル文系プランの参加者はFacebookグループ機能を通じて大石さんにキャリア相談ができる特典がついてきます。

外資系勤務経験のあるサウスピークのマネージャーが英語面接と履歴書指導を担当致します。

外資系勤務経験のあるサウスピークのマネージャーが英語面接と履歴書指導を担当致します。

また、英語力の低い人でもサウスピークなら成果が出せます。サウスピークが初心者に行なっているサポートがこちらです。

英語初心者の留学を失敗させないための6つのサポート

 

(2) 海外インターンを3ヶ月から6ヶ月で実務経験をつける

サウスピークに留学して英語力を上げた後は、海外インターンを行い「実務経験」を身につけるために海外インターンに参加して頂きます。インターン先はサウスピーク在学中に履歴書を作成し、応募して見つけます。もちろん、インターン先を見つけるための手伝いはサウスピークで行ないます。

*ただし、希望のインターン先で必ず働けるわけではありません。

 
ノースキル文系プランの料金とお問い合わせはこちら

 

ノースキル文系プランの利点

 

(1) 就職活動に圧倒的に強いTOEICの点数をアップさせることができます。

現在の就職(転職)活動ではTOEICの高得点を有していることは圧倒的に有利です。下記の記事にもありますが、TOEIC700点以上を保有している人の実に88%が希望する会社に転職できたというデータもあります。サウスピークでは短期間でTOEICの点数を大幅に上昇させる卒業生を何人も輩出している学校で、圧倒的なノウハウがあります。サウスピークの成果についてはこちらの卒業生体験談をご覧下さい。

TOEICスコア700点以上の人88%が、希望する会社に転職 – 年収も大幅アップ

 

(2) 英語ができる学生に対しても「実務経験」で差をつけることができます

近年、就職(転職)活動での競争が厳しくなることで人気企業に応募する学生の多くがTOEIC高得点を所持しています。そのため、就職活動で差をつけるためには、英語力ともう1つ履歴書に書けるものがあると他の応募者と差をつけることができます。ノースキル文系プランでは英語力を身につけた後、海外インターンをすることで「実務経験」を得られるようになります。履歴書にTOEICの点数と海外インターンで得た「実務経験」を書くことで他の応募者と差をつけて、就職活動を成功させましょう。

 

(3) 英語面接対策と履歴書指導を行なうことで外資系企業への就職も狙うことができます。

サウスピークでの留学中には、英語面接対策と履歴書指導も行ないます。これまで多くの生徒がサウスピークで点数を上げた後に、英語面接対策と履歴書対策を行ない外資系企業の中途採用等に合格してきました。就職活動でも外資系を受ける場合は上記の二つの対策を行なっていると非常に有利です。外資系も候補に入れて就職活動を行うことでキャリアの選択肢が大きく広がります。

 

(4) 外資系コンサル出身者である大石さんに直接質問ができます

『英語もできないノースキル文系学生はどうすればいいのか』の著者大石さん

『英語もできないノースキル文系学生はどうすればいいのか』の著者大石さん

大石さんは、外資系コンサル出身で、今まで多様なキャリアを歩んできた方です。外資系コンサル勤務、ベンチャー企業の立ち上げ、多数の著書を執筆、現在は海外で生活をしながら、ビットコインの研究家としても活躍しています。ノースキル文系プランに参加する方は、Facebookグループで大石さんとノースキル文系プランの参加者のみのコミュニティを作り、そこで大石さんに直接質問をすることが可能です。就活前で、今後の進路を検討する時に幅広く且つ、現実的な視点で今後の自分のキャリアについて考えることができます。

 

以上のような利点があるノーススキル文系プランについての説明会を開催致しますので、休学を検討している大学生は是非ご参加ください。

 

ノースキル文系プランの料金とお申し込み方法

ノースキル文系プランは8週間と12週間の短期の場合、料金が2万円と3万円の追加となります。それ以外は通常の留学料金と同じ料金です。また、TOEIC800点を目指すことが前提とされているため、留学期間は現在のTOEICの点数によって決まります。

お申し込みの際はこちらのフォームにからお願い致します。「その他」の欄に「ノースキル文系プラン」とご記入ください。

現在のTOEICスコア 留学期間 費用
TOEIC495点以下 24週間の留学 通常の留学と同料金
TOEIC500-595 20週間の留学 通常の留学と同料金
TOEIC600-695 16週間の留学 通常の留学と同料金
TOEIC700-795 12週間の留学 通常の留学料金 +3万円
TOEIC800点以上 8週間留学 通常の留学料金 +2万円