サウスピークのセブ島語学留学日誌

10万PVブロガー・カルロスさんが「遊びに来たつもりが、めっちゃ勉強しちゃいました!」と語った”予想外”のフィリピン留学とは?

名前 カルロスさん
職業/年齢 28歳、ブロガー
留学期間 4週間

先日サウスピークでは、ブロガー無料招待企画を発表し、たくさんの方から応募していただいております。今回は、そのブロガー無料招待枠で、留学されたカルロスさんにインタビューを行いました。

カルロスさんのことがよくわかる記事↓

野村證券の辞め方。新卒入社1年半、僕は給料泥棒でしかなかった。

結婚を予定している女性に好きという気持ちを伝えた話。


ーーよろしくお願い致します!

お願いします。

日本語禁止校インターン・Naoki

ーーはじめに、”今回の留学で一番思い出に残ったこと”を教えていただきたいです!

やっぱり、校舎の屋上での英語学習かな。気分転換に”屋上で汗かきながら勉強する”っていうのが最高だった。

サウスピーク校舎の屋上

ーー確かに。”太陽の光を浴びながらの英語学習”って気持ち良いですよね!

ちなみに、Naokiくん。ふんどし姿で、英語学習したことってある?

ーーえっ、どういうことですか?いきなりですね。

実は、「屋上で太陽の光を浴びながら英語学習した」って言っても、”ふんどし姿”で英語学習してたんだよ。

衝撃の事実に唖然とするNaoki

ーーえっ?そんなことしてたんですか?!知らなかったです…

初めはパンツ一丁でやってたんだけど、物足りなくて。ふんどし姿のほうが勉強もはかどった気がするね。

苦笑いを隠せないNaoki

ーーぜったい関係ないですよ!!というか、そもそも留学された経緯ってなんでしたっけ?

サウスピークがブロガー無料招待企画ってのを始めたじゃん。それを見た友達が「カルロス、無料でセブ島行けんじゃん、セブロスなれるじゃんっ!」って勧めてきたの。それで、「俺、無料でセブ島行けるんだ!!」って応募したんだよね。

【サウスピーク無料留学】フィリピン・セブ島にある語学学校サウスピークを紹介していただけるブロガー(月間5万PV以上)・ユーチューバー・インスタグラマーをそれぞれ募集中です。

ーーすごいな(笑)ノリで留学を決意されたんですね。で、実際に一ヶ月間の留学を振り返ってみて、どうでした?

サウスピークで過ごした一ヶ月間をを一言で言うと、「ガチだったな」と。正直ここまで勉強するとは思っていなかったし、一ヶ月間、驚きの連続だったよ。

”午前五時起き→勉強”が日常化する環境

ーーそんなこと言ってますけど、本当に勉強してたんですか?

してたよ!!午前五時には起きて勉強始めてた。

ーーそうなんですか!失礼しました。でも、午前五時から勉強するのって辛くなかったですか?

午前5時前から英語学習を始める生徒に驚くカルロスさん

いや辛いもなにも、「サウスピークの生徒は午前五時に起きて英語学習を始めるものだ」って”学習オリエンテーション”の時に言われてたから。実際にルームメイトが午前五時に起きて、勉強するために部屋から出ていくわけ。中には午前三時過ぎに起きて勉強を始めるツワモノもいるんだよね。

※”学習オリエンテーション”とは、生徒が留学中に、どのような勉強をすべきかを理解していただくために、設けられた説明会。サウスピークでは留学初週と、二週目に行なっている。

自習時間に音読しているカルロスさん

さすがにそれは「サウスピークが朝型の勉強を推奨しているからって、やりすぎだろ」って思ったんだけど、それくらい、生徒は朝から勉強してるんだよね。それを見ると刺激されて、「俺もやらなきゃ」って思った。それで普段なら寝ている時間に、英語学習ができた感じかな。

まさかの”自分でも一日10時間できる”カリキュラム

ーーすごい周りに影響されたんですね。

そう、俺って、ものすごく周りに影響されやすいんだよね。周りの生徒が高い意識で勉強しているから、俺もつられて長時間の英語学習ができたというところはあると思う。

ーー今回の留学で一日あたり、どれくらい勉強されていたんですか?

一日あたり、10時間くらい勉強してたね。ただ、”一日10時間の英語学習”って、サウスピークの生徒の平均時間でしょ。食事の時はバカなこと話して笑っている生徒も、食事後は切り替えて、勉強するから一日 10時間以上勉強しているわけで。

食事中に他生徒と談笑するカルロスさん

ーー確かに、”生徒が本気で勉強している”ということはサウスピークの強みですね。

本当にそうだと思う。セブ島で面白いことないかなーって探索してた時に、他の語学学校の生徒に出会ったことがあって。その生徒たちに、”一日10時間勉強している”ってことを伝えたら、びっくりしてたよ。その他の語学学校の生徒は「僕が通っている語学学校は、午前中に”授業”で午後からは”フリータイム”ですよ!」って言ってたからね。まあ、そんな環境だと一日10時間勉強することはできないかな。

1から100まで学習方法が指定してあるカリキュラム

ーーなるほど。そういうことだったんですね。

それだけじゃなくて、”予習復習の進め方を詳しく指定してもらえた”というのも、一日あたり十時間の英語学習ができた理由かな。

ーー学習マニュアルですね。

↑学習マニュアル・・・入学決定後にメールにて送付される、指定教材の学習手順が記載されている説明書。

そう。サウスピークでは、その予習と復習の段階で、”音読学習(英文を声に出して読む学習方法)”と”リスニング学習”をメインに行うでしょ。その際に単に「音読学習を行ってください」という漠然とした学習方法だと、絶対に勉強しなくなるよね。というのも、久しぶりに勉強するとなると、”どの教材を使用して、どのくらい勉強すればいいのか”というのが分からないわけで。

でも、「○○という教材を十回音読してください。○○という教材を10回リスニングしてください。」というように、詳しく指定して頂いたから、継続して英語学習できたというのはあると思う。

想像以上に厳しい!フィリピン講師による妥協なくレッスン

ーーそんな英語学習に集中できる環境で、レッスンを受けていただきました。レッスンはいかがでしたか?

もともと、英語教師の母親から、発音に関して厳しく指導されていて、発音には自信があったっていうか。でも発音矯正レッスンを受けてみて、一時は自信を失ったよね(笑)

ーー自信を失った?

発音矯正レッスンで苦しむカルロスさん

うん。 フィリピン人講師の指導がものすごく厳しいんだよ。正直なところ、ここまで厳しいとは想像してなくて、「こんなに細かい部分まで、指摘してくるの?」と思ったね。ずっと間違いを指摘されるうちに、「俺の発音はまだまだだったんだな」って感じた。むしろそう感じるだけでは終わらず、アゴが筋肉痛になっていたり、喉が痛かったり、体も異変に気づいていたんだろうね。初めての経験だったよ。

ーー発音矯正レッスンの他に、印象に残っているレッスンはありますか?

添削されたカルロスさんのエッセイ

4Sレッスンかな。4Sレッスンでは、予習の段階でエッセイを作成し、授業中に、フィリピン人講師に添削してもらうんだけど、ノートが真っ赤になるくらい、添削されちゃった(笑)

予習復習を行うカルロスさん

もちろん、添削されてばっかりじゃ嫌だから、「次の日の4Sレッスンで添削されないように」と、授業内容の予習と復習を真剣に行ったんだよ。それでも、毎回レッスンで、添削されている文章の量は減らない。「添削される部分を減らしたい!って頑張ったはずなのに、全然減ってねえ!ちくしょー」みたいな(笑)ただ、レッスンを受け続けている過程で、英語表現の幅が増えていることを実感できたのは良かった。

ーー週に一度開催されているスピーチコンテストで優勝されていましたもんね。

ーーそうだね。ありがとう。

「サウスピークのフィリピン留学は一種の成功モデル」

ーーでは最後に、カルロスさんにとって、一ヶ月のサウスピークでの留学とは、どのようなものでしたか?

サウスピークでの留学って”一種の成功体験”なのかなと思う。というのも英語力を伸ばすためには、”英語に集中できる環境”で、”どんな教材”に”どれくらいの時間”を費やせば良いのかだったり、モチベーションを保つには仲間が必要だったり。

サウスピークが提供している留学は英語だけじゃなく、多言語にも共通するくらいシステムとして体系化されていると思った。そんな”語学における成功体験するために必要なもの”を学べるということが本当に素晴らしいよね。

ありがとうございました!!カルロスさんのますますの活躍をお祈りしております!!

※サウスピークでは引き継ぎブロガー・ユーチューバー・インスタグラマー等のインフルエンサーを募集しています!!!

【サウスピーク無料留学】フィリピン・セブ島にある語学学校サウスピークを紹介していただけるブロガー(月間5万PV以上)・ユーチューバー・インスタグラマーをそれぞれ募集中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
KitayamaNaoki

KitayamaNaoki

立命館大学3回生を休学し、サウスピークピークでウェブマーケティングインターン中。英語学習ではTOEICLR900点とSW320点以上を目指す。Twitter、Instagramアカウントはそれぞれ@naokin_0811

関連記事

ジンベイザメツアー 2013年10月

今月も恒例のジンベイザメツアーが開催されました。サウスピークでは月に一回程度、セブ島のオスロブという…続きを読む

フィリピン・セブの高級ホテル「クラウンリージェンシー」の絶叫アトラクションに行ったら、「これは本当に死ぬ」思った話

こんにちは。サウスピークでインターンをしている長坂ハジメです。突然ですが皆さん「これは本当に死ぬかも…続きを読む

「ライザップイングリッシュ」でTOEIC200点アップは可能か?

テレビCMでもよく目にする「RIZAP(ライザップ)」が英語教育業界に参入します。「2ヶ月でTOEI…続きを読む

【在校生インタビュー】英語初級者のフィリピン短期留学!英語漬けの環境で日々音読に励むEriさんインタビュー

↑右がEriさん、左がオリジナル校第二校舎の日本人スタッフ・新井。 名前 Eriさん 職業/年齢 3…続きを読む

セブ島シャングリラホテルでミニゴルフ。フィリピンについて学びながら子供と一緒に楽しめます。

セブ島といえばリゾートホテル。今回はセブのリゾートホテル、シャングリラホテルでミニゴルフの体験レポー…続きを読む