こんにちは。
サウスピークの学校運営責任者の丸山です。

今日は、セブ島にある最大のショッピングモールSMシーサイドの中にあるちょっと豪華な映画館「Director’s Club Cinema」を紹介したいと思います。

SMシーサイドモールについては下記の記事を参照にしてください。
セブに新しくできた巨大モールSMシーサイドの紹介

今回は家族で、Power Rangesという日本でいう戦隊モノの映画を観てきました。Power Ranges(パワーレンジャー)は日本の戦隊モノのアメリカ版みたいなやつです。これが、フィリピンの子供達には大人気なんです。うちの3歳の子供も大好きです。

そのPower Ranges(パワーレンジャー)の映画ですが、人気がありすぎて普通の映画館のチケットが完売していたため、今回はちょっと値段が高い映画館「Director’s Club Cinema」を利用することにしました。

ということでSMシーサイドに向かいました。SMシーサイドはセブ市の中心からは南西の方向にあり、ITパークなどからタクシーで行くと片道150ペソくらいだと思います。

中央に立っているビルの上階にはレストランができるそうですが、まだ入っていません。前よりは完成に近づいていますね。

映画の予約の時間までまだ少し時間があったのでSMシーサイド屋上にやってきました。ここは誰でも無料で入れます。ただ、ちょっと暑いですね。セブの映画の予約はについてはこちらを参考にしてください。

セブの映画情報と映画の予約方法について紹介いたします。

店舗は少なかったですが、猫カフェなんかがありました。毛がふわふわの猫がいました。

平日だとあまり人が入っていないので、広々していていいですね。

子供用の遊具もありました。ただ、暑い。。

そんな感じでぶらぶらしていると映画の時間がやってきました。

さすがに高級路線の映画館ですので、外観もお金がかかっている感じがします。でもでも、一回あたりの料金は400ペソ(900円程度)ですので、日本の映画の半額ですね。

中にはほとんど誰もいません。日本と比べれば安いといっても、セブの普通の映画館の二倍の料金がするので、そこまで混んでないのだと思います。

劇場の中はこんな感じです。ひとつひとつの席がゆったりしています。

ふかふかのソファーです。映画の最中に寝てしまいそうですね。

座るとこんな感じです。横にあるポップコーンは映画中に運ばれてきます。本当に集中して映画を観たいなら結構邪魔です(笑) あと、フィリピン人は映画を観ながら大声で笑ったりとか、少し喋ったりするのは普通ですので、日本の感覚で映画館には行かない方がいいと思います。

背もたれをするとこういう感じになります。
最近セブの映画館は週末はかなりの人ごみですので、人ごみを避けたい人はSMシーサイドで映画をみるといいかもしれません。Director’s Club Cinemaに関しては、そんなにめちゃくちゃおすすめではないですが、ゆったりと映画を観たいのであれば利用してみるといいと思います。あと、利用者は少ないので予約は簡単にできると思いますよ。

ちなみにPower Rangers(パワーレンジャー)は、子供にすら不評でしたw
テレビ版の方がいいんだと思います。