サウスピークは2019年の学校運営改善業務を担当するインターンスタッフを募集いたします。フィリピン・セブ島にて、英語を学びながら海外で働く経験を積んでみたいという方はぜひご応募ください。1日2時間のマンツーマンレッスンを受けることができ、英語力の向上を目指しながら働けるため、特に就職活動を控えている大学生におすすめできるインターンです。

また希望者で意欲・能力が十分な方は、インターン終了後にサウスピークの社員として働くことも可能です。

お申し込みはこちらから

サウスピークでインターンとして働く魅力

1.企業で働くための必須スキルが身につく

サウスピークのインターンでは、正社員やフィリピン人スタッフ、生徒様とのコミュニケーションを密に取りながら業務をしていただきます。そのため社会人にとって必須能力の1つである、対人コミュニケーション能力を大きく向上させることができます。

そのほかにも自分が担当している仕事について、常に深く考えながら働く必要があるため、この仕事は何のために必要なのか、どのような結果が求められているのかなど、ものごとを論理的に考える力を身につけることができます。

さらに業務上、フィリピン人スタッフや講師と英語で話す機会が多くあります。実際のビジネスの場で使われる生きた英語を学べる機会は、日本のインターンでは滅多にないでしょう。

お申し込みはこちらから

2.有給である(食事・住居付き・航空券支給)

社員の皆さんとリゾート地に行った際の写真です。和気あいあいとしています

インターンで気をつけるべきことの1つが「有給」であるかどうかという点です。なぜなら無給のインターンの場合、会社側は「無給だからとりあえず、置いておけばいいか」という対応になってしまい、教育がしっかり行われない可能性が高いからです。

サウスピークはインターンにも給与を支払っています。また食事や宿舎も無料で提供しているため、滞在費用も必要ありません。海外インターンのほとんどで、食事や住居が提供されていませんので、お金がかからずインターンができる点がサウスピークのインターンの魅力の1つです。また、日本からセブ島への航空券はサウスピークが負担いたします。

お申し込みはこちらから

3.サウスピークのレッスンを受講できる。英語力を向上させられる

ほかの生徒と同様に、毎日2時間のマンツーマンレッスンを受講できます

サウスピークはフィリピン留学の中で最も真面目で成果の出る語学学校であると自負しています。インターン生には1日最大2時間までサウスピークのレッスンを受講が可能ですので、インターン期間中に英語力を高めることが可能です。毎日「2時間のレッスン時間」+「2時間の自習時間」を確保できるようにしますので、インターンシップ6ヵ月の間に、TOEIC600点⇒TOEIC800点というように英語力を向上させることも期待できます。

(参考記事)サウスピーク・インターンのShunさんの学習日記

サウスピークで留学している生徒と同様、半年間真剣に英語学習を続ければ、飛躍的に英語力を伸ばすことが可能です。

※初期は午前8時から午前10時まで、サウスピークのレッスンを受けることを想定していますが、業務内容次第でレッスンの時間帯は変更されます。

※社員登用後も、希望に応じて毎日1時間の授業を受講し、英語力を高めていくことが可能です。

お申し込みはこちらから

4.本気で英語学習に取り組む生徒と出会える

帰国後も生徒同士で集まることもよくあります

サウスピークは本気留学を掲げている語学学校です。そのため本気で英語力を向上させ目的を達成したい、学習意欲の高い生徒達の生の声を聴くことができます。そういった方々との出会いから学べることはとても多いです。

お申し込みはこちらから

サウスピークでの業務内容

今回サウスピークでは5名程度の採用を予定しており、全インターンが以下の2つの業務をこなします。

  • 学校運営
  • 改善業務

また1日6時間ある業務時間のうち、3時間を学校運営、残りの3時間を改善業務などのその他の業務に当てていただきます。

※サウスピークでのインターンの業務内容をより詳しく知りたいという方に向けに「海外インターンを考えているあなたへ。サウスピークのインターンがどんな1日を送っているか、まとめてみた」というインターンの1日に密着した記事を執筆しました。臨場感溢れる記事となっておりますので、ぜひご覧ください!

学校運営

正社員と学校運営業務について話し合っている様子

業務内容

学校運営業務として、生徒さんの生活面や学習面のサポートや、昼食時のアナウンスのほか、必要に応じて資料作成などを行っていただきます。その他には、サウスピークが高校生を対象に行っている「英語力強化合宿(高校生プラン)」の運営補助業務などもあります。

※英語力強化合宿(高校生プラン)については「【フィリピン・セブ島留学高校生本気留学】英語力強化合宿開催!(説明会 in 東京)」で詳しく紹介しています。

身につけられる能力

  • コミュニケーション能力
  • 計画・企画力
  • 実践していく力
  • マルチタスク能力

求めている人材

  • コミュニケーション能力がある人(付けたい人)
  • やり抜く力がある人(力を付けたい人)
  • 人の意見を聞いて成長出来る人

改善業務

レッスンに対する生徒さんからの評価を、フィリピン人講師に英語で伝えているインターンのRyota

上述の学校運営業務に加えて、サウスピーク全体の改善業務を行っていただきます。具体的には、生徒さんにより美味しい食事を提供できるよう味付けや献立のチェックをして、キッチンスタッフにフィードバックをすることや、サウスピークの公式SNSを運用してより多くの人の目に留まるようにするといったことです。

先ほど紹介した「海外インターンを考えているあなたへ。サウスピークのインターンがどんな1日を送っているか、まとめてみたの記事執筆も、より多くの方にサウスピークのインターンについて知ってもらうための業務だと考えると、改善業務の一環だといえます。

主な業務は学校運営補助であるため、まずはこの業務に慣れてから、改善業務に取り組んでいただきます。

お申し込みはこちらから

サウスピークでのインターン終了後のリーダー制度

半年のインターン期間を終えたあと、意欲・能力が十分なインターンには、次期インターンを率いるリーダーとして勤務していただくことも可能です。リーダーはインターン全体を統括する立場になっていただきます。具体的な業務内容は以下の通りです。

  • インターン全体のマネジメント
  • 正社員スタッフと相談、連絡をしながらインターンメンバーがそれぞれのタスク、やりたいことを実施していけるように計画、実施していく
  • サウスピーク公式サイトの運用補助

おわりに、現インターンからサウスピークでのインターンを検討している皆さんへ 

Takuya

大学を休学すること、海外で働くこと、フィリピンで生活をすること、その全てが勇気のいる決断だと思います。しかし大学生のうちから海外でインターンをすることは、人生の視野を広げるための貴重な経験になると確信しています。ほんの少しでも挑戦してみたいという気持ちがある方は、ぜひ応募してみてください。半年後には大きく成長した自分に出会えるでしょう!

Takuyaのインターン体験談:「少しでも自分に合うと思ったらぜひ挑戦してみてほしい」そう語るTakuyaさん。サウスピークインターンで何を得られたのか。

Shunri

こんにちは。インターンのSHUNRIです。僕は19歳の時に半年通った大学を休学してサウスピークで半年間の留学を経験しました。その後卒業と同時にサウスピークでインターンをすることを決意し、気がつけば異国の地セブ島で20歳の誕生日を迎えていました。今、インターンをしようかどうか迷っているあなたは色んなことに不安を感じていることでしょう。そんな僕もサウスピークのインターンシップを通してそれらと向き合うことができました。ここにはそういうチャンスがあります!

Shunriのインターン体験談:堕落した大学生活から脱却するため、海外インターンに挑戦したShunriさん

Kaori

あなたにとって、大学を休学して海外インターンをする目的は何ですか? まったく違う文化を持つ外国人と働くこと? さまざまなバックグラウンドを持つ人たちと出会い、将来について考えること? 自分を変えること? 企画を考えて実行すること?

これ全部サウスピークインターンでできます。嘘じゃないです(笑) 好奇心旺盛で欲張りな方、お会いできるのを楽しみに待ってますー!

Kaoriのインターン体験談:【長期インターン】「経験を求めて海外インターンを始めたけれど、得られたものはそれだけじゃなかった」 サウスピーク第4期インターン Kaoriさん

Kenya

海外で働くことの楽しさや難しさを、実際に経験できるのはとても良いことです。サウスピークでのインターンは、将来海外就職を目指す僕にとって、毎日「学び」しかありません。また仕事面、学習面、生活面のどれをとっても成長を感じることができます。絶対にインターンして良かったと思える内容なので、ぜひ応募してください!

Kenyaのインターン体験談:【休学→海外インターン】サウスピークのインターンで英語力+キャリア+将来の夢をGet! 「悩むんだったら休学しよう」と語る、第4期インターンKenyaさん

Ryota

大学を休学してインターンシップを決意される方が大半だと思います。周囲との1年のズレに不安を感じる方も多いと思いますが、ここで学べることは休学した期間よりずっと長く活用できることばかりです。経験をしたという抽象的なものではなく、PCスキルなどこれから皆さんの社会人としてのキャリアを支えるものは多くあると思います。

今インターンをするか迷ってる方、ぜひここで学べることを吸収して将来の自分に役立ててください^^

Ryotaのインターン体験談:ほかのインターン生が働きやすくなるシステムを作った縁の下の力持ち。サウスピークのインターンで自分の適性を見つけ、チームに貢献したRyotaさん

Kazue

サウスピークでインターンをするメリットは

① “本気留学”を目指している生徒さんとともに生活しているので感化されて、きちんと勉強をしようというモチベーションに繋がること

② 自分で何をしたいのか声をあげられる

ということの2点だと考えています。積極性をつけたい、新規に何かを自分から考えて成し遂げたい、英語をきちんと伸ばしたいという人には適切な場だと感じます。

お申し込みはこちらから

応募資格・待遇・お申し込み方法 

(1)応募資格

・大学生、大学院生、また25歳以下の第2新卒の方を想定しています。

・若干名の採用を予定。5名程度の採用を予定。

・2019年2月〜3月より勤務開始できる方

・フィリピン・セブ島で最低6ヵ月以上滞在できる方。
※お試し期間1ヵ月有り。サウスピークでのインターンが合わないと感じた場合、お互いが不幸になる前に1ヵ月で終了させます。

・TOEIC LR試験で600点以上、もしくはそれに相当する英語力

・スマートフォン、PCタイピングができる方(ノートパソコンを持参していただきます)。

・健康な方。発展途上国で生活できる方。

・煙草を吸わない方

・食べ物の好き嫌いがあまりない方 ※アレルギーを除いて

・英語学習をする意欲がある方

・学習意欲が高く、素直な方(素直にフィードバックを受け止められる方はとても伸びます)

お申し込みはこちらから

(2)待遇

業務時間

・午前10時から午後5時の6時間を想定(午前8時~10時 レッスン2コマ受講)。

※1時間の昼休みが含まれています。また、業務内容次第で、勤務時間が変更される可能性は有ります。

・週休2日+フィリピンの祝日

サウスピークのレッスン受講

・1日最大2時間までサウスピークのレッスンを受講可能。※「2時間のレッスン+2時間の自習時間」を確保できるようにします。初期は午前8時から午前10時まで、レッスンを受けることを想定していますが、業務内容次第でレッスンの時間帯は変更されます。

食事・住居など

・住居は、サウスピークの学生寮に無償で居住します。部屋は1人部屋ではなく、多人数部屋です。

・食事は、サウスピークが学生向けに提供している食事を3食支給。※祝日は食事の支給はありません。

その他・航空券など

・日本とフィリピンの往復航空券を1回に限り無償で支給します。セブ・パシフィックなどLCC(6万円未満)を予定しています。

・報酬は月額10,000ペソ(日本円で約21,400円 ※2018/11/20時点)

※リーダーは月額20,000ペソ+賞与(タスクの達成度に応じて)

・滞在に伴ってのビザ等の費用は会社が負担いたします。

・海外旅行保険、予防接種が必要な場合は自費負担となります。

社員登用後の待遇について

十分な意欲・能力が有り、サウスピーク社員としてインターン後も働く場合には、社員として継続勤務可能です。

・給与・・・7万〜12万ペソ(※経験・能力に応じて要相談)

・勤務時間・・・午前9時〜午後18時

※食事・住居、休日等は上記の記述に準拠します。

お申し込みはこちらから

サウスピーク・インターンお申込フォーム

応募締め切り:2018年12月20日(木)

下記のフォームから自己紹介を300文字程度にまとめて送付下さい。

※1次選考を前田が行い、2次選考を志賀が行います。