Barikataの赤ラーメン

こんにちは。セブレポーターの、はなえです。
海外に長期滞在すると恋しくなるものの1つが日本食ですよね?フィリピンの食事は主食が米なので日本食と似てはいるのですが、やはり日本人の私たちが何かを食べて満足感を味わえるのは、美味しい日本食を口にしたとき。
栄養のバランスが整っている定食もいいのですが、ときどきどうしても食べたくなるものの1つが「ラーメン」です。

セブにはラーメンのお店が多く味も日本に劣らないものがたくさんありますが、どこが美味しいのか、やはり気になりませんか?
短〜中期留学の方だと毎週末ラーメンを食べて味を比較するわけにもいかないと思いますので、私がITパークで食べられる豚骨ラーメンを食べてどこがおいしいか調査してきました。これを読んでからラーメンを食べれば、きっと失敗しないと思います!
(最後の2つはSugbo Mercadoというナイトマーケットのラーメン屋です。木曜〜日曜の夜限定でオープンしているお店になっています)

 

目次

1)Barikata
2)RAMEN DOJI
3)TOKYO TO GO
4)東京ストリート1・2・3
5)一幸舎

(記事の最後に地図を載せています)

Barikata

ITパークの THE WALKというエリアの隣にあるラーメン屋さんがこちらです。以前にご紹介した、ITパーク内の知暮里(Chibori)という日本食レストランと同じ系列なので、なんとなく安心感がもてます。

知暮里の記事はこちらをご覧ください!

【セブ島 日本食】IT-Park(ITパーク) で豪華な日本食を食べるなら、迷わず知暮里(Chibori)へ!

ラーメンのメニューはこちらです。(他にも定食メニューもあります)

さっそくとんこつラーメンを注文してみました。

1杯320ペソとセブで外食するにしては少し高めです。
日本のラーメンの味に限りなく近いです。麺が極細でとんこつスープとよくからみます。

スープは一幸舎(後ほど紹介します)と比べるとこってりしていて、食べた後も豚骨の旨味が口に残ります。チャーシューは少し厚くて食べ応えがあるものが一枚入っていました。
一言で表現すると「普通に美味しい」。こってりしたスープが好きな人にオススメできます。

一緒に来店した友人がつけめんを頼んでいたので一口もらってみました。

魚介の味がよく出ていて日本を思い出しました。つゆを薄めるためのダシも美味しかったです。個人的にはラーメンよりつけ麺がオススメです。

RAMEN DOJO

THE WALKの中にあるラーメン店です。こちらのラーメンの魅力はなんといっても安いということ。Barikataの半分の150ペソです。
メニューはこちらです。(この他に、さらにお得なセットメニューもあります)

そして、ラーメンはこちら。

スープはさっぱりめ、麺はコシがあるちぢれ麺です。トッピングはチャーシュー、懐かしい味メンマ、ネギ、紅ショウガ、きくらげ。Barikataほど日本のラーメンに近い味ではありませんが、値段がこれなら納得できます。
お金をかけず、失敗もしたくない方はRAMEN DOJOに行ってみてください。

TOKYO TO GO

こちらのお店は2017年7月ごろからオープンした新しいお店です。ITパークの入口付近にあります。新しいものをちょっと試してみたい好奇心でお店に入ってラーメンを注文してみました。

気になるラーメンのお味は…うーん…。麺とスープの味がミスマッチで一体感がなく、キャベツの味とスープの絡みもいまいちでした。180ペソで特別安いわけでもないし、正直なところまた食べたいとは思いませんでした。
ですが、こちらのおすすめ商品が1つあります。それが、巻き寿司(写真左)

100ペソの寿司ロールの中にたっぷり具が入っています。
唐揚げ巻きとカリフォルニア巻きの2種類あります。ご飯も具もぎっしり入っていて美味しいので腹持ちがよく、これなら日本人の友達にも勧められます。

残りの2店舗は、木曜〜日曜の夜に開かれるナイトフードマーケットSugbo Mercadoのラーメン屋です。

東京ストリート1・2・3

こちらの店のオーナーは日本人です。お店のメニューを見て一番驚くのはその安さ!なんと1杯75ペソ、日本円で200円以下です。屋台なのでラーメンの量は普通のラーメン屋の半分くらいであるとはいえ、この安さで食べられるのは素晴らしいです。オーナーの話によると、「日本食はフィリピンの上流階級しか食べられないイメージがある。でも、普通のフィリピン人にも日本のラーメンを知ってほしくて、この店では一般的に手が届きやすい価格で売っている」とのことです。

お味は、この値段なら文句はいえないでしょう。麺はフィリピン人の好みに合わせてあるので日本人からしたら柔らかくてコシがなく、好きかどうかは好みが分かれます。とんこつラーメン独特のくさみはほとんどなく、食べやすいです。トッピングには卵もチャーシューも入っています。これで75ペソなら、ちょっと小腹が空いたときにも最適です。

一幸舎

最後にご紹介するのは、一幸舎。
2017年6月ごろからこちらのマーケットに出店を始めました。JYモールに本店があります。ここでは本店の6割くらいの量を1杯130ペソで販売しています。

これは、限りなく日本のラーメンに近いというか、完璧に日本の味です。細麺で、Barikataと比べてスープはさらっとしています。後味もすっきりして、とんこつラーメンでありがちな、食べ終わっても脂っこい感じが口に残るようなことはありません。薄くてとろっとしたチャーシューが2枚入っています。日本のラーメンを食べたい人は一幸舎に行くのが間違いありません。

ちなみに、JYモールにある、一幸舎本店の外観はこちら。

メニューはこのようになっています。

純粋に一幸舎のラーメンを食べたいときは、もちろん本店の方がコスパもメニューも充実しています。そして、JYモールの近くにある、本気で英語を学べる学校がサウスピークです。

まとめ

ITパークで食べられるラーメン5杯を食べ比べてみました。どれも個性があって、甲乙つけがたかったです。どれが一番美味しいかは…食べる人の好みによります。こんなことを言うと、この記事の回答「一番おいしいのはどこか」を達成していないので、ターゲット別にオススメのラーメンを設定して終わります。

・日本食は小綺麗な日本食レストランで。極細麺とこってりスープが好きな人→Barikata
・安くてそこそこ美味しいラーメンを食べたい人→RAMEN DOJI
・フィリピンでしか食べられない珍しいラーメンを寿司ロールと一緒に食べたい人→TOKYO TO GO
・激安ラーメンを食べることでフィリピンの食文化を知りたい人→東京ストリート1・2・3
・ラーメンはやっぱり日本のものじゃなきゃダメ、細麺とさらっとしたスープが好きな人→一幸舎


みなさんが、セブで好みのラーメン屋さんを見つけられるよう応援しています!