サウスピークのセブ島語学留学日誌

10分で分かるセブ島留学

(はじめに)
この記事を読むことで、セブ島留学の概要から始まり、サウスピークの特徴、学校概要、および実際に留学する際に必要となる料金やお部屋確保の手続きまで知っていただくことが可能です。

ページの目次

(セブ島留学とは)
欧米留学からセブ島留学へ
フィリピンが留学先に選ばれる理由
現在のセブ島留学が抱える問題

(サウスピークとは)
サウスピークの特徴
成果の出る本気留学
学校概要(アクセス、医療体制)

(留学の料金システム&部屋)
料金&部屋プラン
お部屋を選ぶ時のポイント
料金に含まれていないプラン
留学相談&お見積り

フィリピンで英語留学 欧米留学からセブ島留学へ

一昔前までは英語留学と言えば欧米留学を指していました。しかし、2010年以降、フィリピンのセブ島に英語を学びに渡航する日本人が急増しています。

フィリピンへの語学留学が最初に広まったのは韓国です。現在でも毎年10万人以上の韓国人がフィリピン(特にセブ島)へ英語を学びに留学しています。日本においても2010年頃からフィリピンで英語を学ぶことの効果が注目され、2014年には年間3万5千人を越える日本人がフィリピンへ留学しました。

日本人留学生数の推移

日本人留学生数の推移

フィリピン・セブ島が留学先に選ばれる理由


 セブにはこのような綺麗なビーチもあります。

フィリピンで英語を学ぶ学生が増えている背景には下記の3つの大きな理由があります。

(1) 価格が安く、マンツーマンレッスンが中心


フィリピンの物価は日本の5~10分の1であるため、日本では考えられない非常に安い価格で留学ができます。そして人件費が同様に安いため、日本や欧米留学ではコストが高くて不可能なマンツーマンレッスンを中心としたレッスンを受講できます。

「アメリカに留学して300万円使ったが、グループレッスンあまり話す機会がなかった。」「しかも話し相手は外国人ばかりで、アメリカ人と話す機会がほとんど無かった」という失敗談を良く聞きますが、フィリピン・セブ島留学ではそのようなことは起きません。

(2) 直行便で5時間と日本から距離的に近い

フィリピンは日本から非常に近いため、忙しい社会人の方でもゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始などを利用して1週間の短期留学をすることかが可能です。そしてまた、距離が近いため航空券も従来の欧米留学に較べて非常に安価で、繁忙期でなければ5〜6万円で往復チケットを取得出来ます。

(3) レッスン代、食費、宿泊費が4週間で129,800円から

欧米留学ではレッスン代以外に、宿泊費や食費が必要となります。また、食事に行ったり、洗濯・掃除などの家事をする時間も必要となります。サウスピークの留学ではレッスン代、食費、宿泊費のすべてが含まれて「4週間129,800円から」となっています。

また、語学学校内で3食の食事が出るほか、部屋の掃除や洗濯物についても自分でやる必要がありませんので、全ての時間を英語学習にあてることが出来ます。

フィリピン人の英語力について

フィリピン人の英語はアメリカ英語の影響を強く受けているため、強い訛はありません。また、フィリピン人の英語は母語ではなく、第2言語であるため、アメリカ人やイギリス人の英語とは完全に同じものではありません。しかしながら、TOEIC(R)試験で800点未満の人であれば、その違いに気づくことが出来ないくらいにしっかりとした英語を話します。

サウスピークの講師の英語はこのように綺麗です。

そしてフィリピン人の朗らか人柄も加わっているため「フィリピン人の英語は世界で一番聞き取りやすい英語」と言われています。特に語学学校で働くフィリピン人講師に関して言えば、発音が明瞭な講師以外は採用されにくい傾向が明確に有りますので、発音が不明瞭なフィリピン人講師から英語を学ぶことは有りません。

サウスピーク 発音矯正担当講師達
写真はサウスピークで発音矯正レッスンを専任で担当するフィリピン人講師たち。発音矯正レッスンはセブ島留学の名物レッスンの1つです。

セブ島留学の問題点

これからサウスピークの特徴の説明をしていきますが、その前に現在のセブ島留学が抱える問題について記します。サウスピークは、当然ですがこれらの問題点を全てクリアしています。

フィリピン国内にある語学学校の90%以上が韓国資本の学校だと言われています。そして、2011年頃から日本でもセブ島留学が注目を集めるようになり、現在はそれに合わせて日本資本の語学学校も参入してきています。
↓ お見積もりはこちらから

韓国資本の学校が日本人に向かない理由

韓国資本の多くの学校では、食事が日本人向けでなかったり教材が韓国語で書かれていたり、英語学習に集中できる環境とは言い難いのが現状です。サウスピークは日本人が経営している語学学校で、日本人が短期間で英語力をあげるにはどうすればよいかを徹底的に研究しています。

適切な教材が少ない

韓国系、日系の学校を含め、非常に多くの語学学校が違法コピーの参考書を利用しています。中には、解説が韓国語で書かれたコピー教材を使用している語学学校も有り、適切な教材で勉強に集中できるとは限らないのが現状です。一方、サウスピークでは、日本の有名参考書を用いて学習することができます。

無許可スクールの乱立

フィリピンで語学学校を設立するためにはフィリピン教育省(TESDA)、フィリピン移民局(SSP)からの許可が必要です。これら期間から許可を得るためには語学学校のカリキュラムの提出、校舎内の消防基準の確認、学校の財務状態の確認など多岐にわたるチェック項目を満たす必要があります。

日系も含めて多くの語学学校では、これらの基準を満たすことが困難であるため、許可を得ずに語学学校を運営している場合があります。許可のない違法語学学校に通っている生徒は政府から帰国を命じられます。

残念ながら過去にその対象となっている生徒も少なからず存在しています。サウスピークでは、フィリピン政府の認可を受け、TESDAとSSPを取得していますので、その点はご安心ください。

カリキュラムの無い学校

現状のフィリピンの語学学校にはカリキュラムと呼べる物がほとんど存在しない学校が多数を占めています。それらの学校は、「オーダーメイドカリキュラム」や「要望に柔軟に対応」などと宣伝している事が多です。

また、マンツーマンレッスンで雑談(フリートーク)を何時間も続ける語学学校が現在のフィリピン・セブ島留学では多数派を占めています。しかし、雑談を続けているだけでは3週間もすると英会話力は伸び悩むようになります。

雑談をしているだけでは、特定の講師と話すことに慣れるだけで、英語力の向上につながっていない場合が多々あります。

サウスピークでは英語学習本の著者である柴田氏が、は英会話力と同時にTOEIC(R)試験の点数が伸びる学習カリキュラムを作成しています。TOEIC(R)試験の点数が伸びるというのは、試験対策に特化しているという意味ではなく、英会話力だけでなく「聞く・読む・話す・書く」の4技能全ての英語力が向上する学習カリキュラムにしたがって学ぶことで、結果的にTOEICの点数も向上するということです

セブ島留学サウスピークの特徴

サウスピークは、上記の現状のフィリピン留学の問題を解決し英語が圧倒的に出来る日本人を輩出するために、英語学習の専門家が設立した語学学校です。


サウスピーク学習アドバイザーの柴田@HAL_J
英語学習指導のプロである柴田が、個別に学習カリキュラムを作成致します。

(1) 日本人の日本人による日本人のための語学学校

韓国系の語学学校は韓国人の生徒向けに最適化しています。一方、サウスピークは経営者が日本人であり、生徒も全員日本人の語学学校であるため、「食事」「学校の規則」「学習カリキュラム」の全てを日本人向けに最適化しています。日本人が英語学習をするために必要な環境を提供しています。

中には韓国人と話すことが英語の学習になるという方もいますが、サウスピークでは韓国人学生を受け入れることは英語学習の効率が下がると考えています。具体的には「学習カリキュラムの質」「生活環境の満足度」の2点が多国籍運営になることで明確に落ちます。生徒を日本人に絞ることでこそ、高い水準の英語教育を提供出来ます。

「学習カリキュラムの質が落ちる」という点に関しては次項の「日本で販売されている優れた参考書を利用」が代表例です。

(2) 日本で販売されている優れた参考書を利用

日本の書店には日本人が英語学習をする上で最適な優れた英語参考書がすでに数多くあります。サウスピークはフィリピンにある語学学校で唯一の「違法コピーの海賊版教材を生徒に使用させない」と宣言をしている語学学校です。学習効果が高い日本人向けの質の高い参考書で学ぶことが出来ます。

なお、多国籍の語学学校では日本人向けに特化した教材を使用することが出来ないため、結果として質の悪い出所不明の海賊版教材を使用している語学学校が大半です。

サウスピークには海賊版教材の質の低さに辟易して定期的に転校してくる生徒の方々がおり、聞き取り調査を実施しています。その結果、日系の学校にも関わらず、発音のテキストが韓国語のテキストであり、説明が理解できなかったということが2015年でも未だに発生していることが分かっています。

(3) フィリピン教育省認定の語学学校

サウスピークはフィリピン教育省から正式に許可を取得している語学学校です。すでに述べたように、残念ながらフィリピンは行政手続きが煩雑であるなどの理由から正式に許認可を受けずに違法に運営されている語学学校が多くあります。そのような学校に留学した場合、生徒も国外追放となる可能性もあります。また、煩雑な行政手続きを行えないスクールの場合、運営もきちんと行われていないケースも多くあります。

(4) 学習カリキュラム

サウスピークは英会話力と同時にTOEIC L&R試験の点数が伸びる学習カリキュラムを作成しています。TOEIC L&R試験の点数が伸びるというのは、試験対策に特化しているという意味ではなく、英会話力だけでなく「聞く・読む・話す・書く」の4技能全ての英語力が向上する学習カリキュラムにしたがって学ぶことで、結果的にTOEICの点数も向上するということです。具体的なカリキュラムについては、3ヶ月でTOEIC試験の点数が200点上がる学習カリキュラムのページをご参照ください。

(5) 本気で勉強したい人達が集まります


10時間。これはサウスピークに来る人の1日の平均的な勉強時間です。通常、語学留学というと「楽しい留学」を期待する方も多いです。しかし、サウスピークは「ただ、ただ楽しいだけの留学」ではなく、「きついけれど、 みっちりと勉強することで充実した気持ちになる留学」を提供している語学学校です。そのため、集まってくる生徒はみな真剣に英語力を高めたいと考える人たちであり、高い目標を持っている方々が多くいます。

実際、多くの卒業生が「サウスピークには周りの生徒のやる気に流されて勉強ができきる雰囲気がある」と言ってくれます。

(参考記事)平均10時間の学習時間、徹底的に英語学習が出来る環境
↓ お見積もりはこちらから

成果の出る留学


サウスピークは「英語ができるようになった」という他の多くの語学学校が語っている曖昧な指標ではなく、語学学校の外でも通用する基準で英語力の伸びを測定しています。
サウスピークは「3ヶ月でTOEICが200点伸びる語学学校」ということを謳っておりますが、過去の真剣に学習する卒業生は「平均」3ヶ月で200点を超える成果を出しています。

特に留学開始の3〜6ヶ月以上前に申し込みをし、日本で指定された英文法・英単語の教材を終わらせて来ていただければ、「3ヶ月のフィリピン留学でTOEIC(R)試験300点を伸ばすことすら可能」です。

◆300点以上伸ばした卒業生のセブ島留学体験談
(TOEIC405点⇒915点)「英会話もTOEICも両立できる!」半年間のセブ留学でTOEIC405点から915点まで伸ばしたShotaさんの体験談

(TOEIC375点⇒820点)休学してフィリピン留学!就活で希望の業界へ行くためにTOEIC820点までアップ!23週間で445点アップした大学生Maikaさんの体験談

(TOEIC485点⇒825点)日本の教育に貢献したい!半年の留学でTOEICスコアを485点から825点にアップしたTatsuyaさんの体験談

(TOEIC505点⇒810点)18週間でTOEIC505点から810点までアップ!スピーチコンテスト3回優勝のYusakuさんが語る「スピーキング」「インプット」「暗唱」の極意

(TOEIC490点⇒865点)TOEIC490点から865点に375点UP!海外の学術論文を読むために実践的な英語力をみにつけたYoshieさん

(TOEIC430点⇒790点)2つの語学学校での失敗を経て、ワーホリ前にサウスピークで本気留学!18週間でTOEICスコアを430から790まで伸ばし、徹底的に英語基礎力を鍛え上げたMegumiさん

◆初級者のセブ島留学体験談

(TOEIC180点⇒620点)TOEIC180点から620点までアップ!1632時間の英語学習を通じて、Shoさんが「勉強する方法」を体得した瞬間とは?

(TOEIC245点⇒690点)「目的意識、動機、学習環境」TOEIC200点レベルから690点まで向上したTaichiさんが語る、「英語力を上げるための3つの要素」

(TOEIC250点⇒660点)10週間のフィリピン留学でTOEIC255点から660点まで410点アップ!「英語で話せるようになるために品詞分解した」Takamitsuさん

(TOEIC250点⇒705点)渡辺成明さん 7ヶ月のフィリピン留学で中学生レベルの英語力(TOEIC250点)からTOEIC705点へ。

また、他の多くの語学学校がマンツーマンレッスンというアウトプット重視の学習カリキュラムに対して、サウスピークの学習カリキュラムは「インプット学習:アウトプット学習=1:1」の割合を重視しています。

このようにインプット学習を重視しているサウスピークであるからこそ、長期間であっても英語力の伸びか大きく逓減することはありませんでした。このようにサウスピークは「成果の出る留学」を提供しています。

学校概要

サウスピークの立地

サウスピークはフィリピン第2の都市部、メトロ・セブの中心地にあります。


サウスピーク・オリジナル校

サウスピーク・日本語禁止校

サウスピーク・プレミアム校

サウスピークの校舎&周辺概要

サウスピーク・日本語禁止校はフィリピン第2の都市セブ市の中心地にあり、サウスピーク・オリジナル校はセブの中心的なオフィス街からほど近くにあり、サウスピーク・プレミアム校はセブ市の隣街であるマンダウエ市にあります。いずれのキャンパスも徒歩10分以内の場所に中型のショッピングモールが有り、また近所に有名な飲食店が多数有り、とても便利な場所に有ります。

サウスピークのスタッフ

サウスピークの学校スタッフは全員TOEIC800点以上です。現在5名の日本人スタッフが常駐しています。

フィリピン人講師達

サウスピークの講師は全員がTOEIC(R)試験で900点以上の英語力を持っています。また、採用時には発音のチェックも厳しくしているため、常に一定以上の質のレッスンを提供出来ます。

サウスピークの医療体制


サウスピークはジャパニーズヘルプデスクという医療支援サービスと提携しています。そのため、サウスピークの校内には定期的に医師が訪問し、診察をしてもらえる体制になっています。また、海外保険を利用するとキャッシュフリーで診察が受けられる仕組みになっており、日本よりも気軽に充実した医療サービスが受けられたと多くの生徒様に満足をして頂いております。

サウスピークでは「英語で話す」「英語で書く」能力を飛躍的に高められる。

サウスピークでは「英語で話す」「英語で書く」能力を飛躍的に高められます。

サウスピークで行われているマンツーマンレッスンは「すでに英語が出来るようになった日本人が、後に続く日本人学習者のために作成したレッスン」です。「日本人の英語学習アドバイザーが、日本人生徒のために、日本で販売されている優れた英語参考書を使い、日本人にとって最適な学習カリキュラムを提供している」のがサウスピークです。

この日本人英語学習者向けに特化したサウスピークでのレッスンを通じて、「日常会話程度の簡単な英会話が出来るようになるだけでなく、仕事や学業の場面で通用する高度な英会話を身につけることが可能」です。

また、最初に述べたTOEIC(R)試験で600点以上の中上級者の方は、TOEIC SW試験対策を行うことで、ビジネスで通用する「英会話能力」「英作文能力」を身に付けてもらいます。TOEIC SW試験の点数では320点(8割の得点)、360点(9割の得点)を獲得することを目指してもらいます。

【参考】サウスピークでTOEIC SW試験対策を行ったHayatoさんの英語スピーチ動画。

◆上級者の生徒体験談 ※全ての体験談にスピーチ動画有り

海外の大学に留学中のMasakiさん、11週間のセブ留学で「英語で議論する自信」を手に入れる

海外就職目指して、フィリピン留学!10週間のフィリピン留学でTOEIC940点、iELTS平均6.5まで到達したMasanoriさん

オーストラリア留学の前にフィリピン留学で基礎固めを行い、TOEIC865点に到達したKoheiさん

↓ お見積もりはこちらから

料金システム&部屋プラン

部屋 1週間 2週間 3週間 4週間 5週間 6週間
オリジナル校6人部屋 45,800 77,800 103,800 129,800 162,250 194,700
オリジナル校3人部屋 52,800 89,800 119,800 149,800 187,250 224,700
オリジナル校1人部屋 69,800 119,800 159,800 199,800 249,750 299,700
プレミアム校3人部屋 55,800 95,800 127,800 159,800 199,750 239,700
プレミアム校2人部屋 59,800 101,800 135,800 169,800 212,250 254,700
プレミアム校1人部屋 76,800 131,800 175,800 219,800 274,750 329,700
標準学習時間 58 時間 116 時間 174 時間 232 時間 290 時間 348 時間

 

部屋 7週間 8週間 12週間 16週間 20週間
オリジナル校6人部屋 227,150 259,600 389,400 519,200 649,000
オリジナル校3人部屋 262,150 299,600 449,400 599,200 749,000
オリジナル校1人部屋 349,650 399,600 599,400 799,200 999,000
プレミアム校3人部屋 279,650 319,600 479,400 639,200 799,000
プレミアム校2人部屋 297,150 339,600 509,400 679,200 849,000
プレミアム校1人部屋 384,650 439,600 659,400 879,200 1,099,000
標準学習時間 406 時間 464 時間 696 時間 928 時間 1,160 時間

※標準学習時間とは…サウスピークが推奨する自習を行った場合の合計学習時間です。推奨する自習…週7日間、授業時間以外にも毎日自主的に2時間の自習を行うことをサウスピークでは推奨しています。

※ご注意 日本語禁止校6人部屋は「男性専用」となっております。
※繁忙期の料金に関する注意…1月末〜3月末の春季繁忙期、7月末〜9月末の夏季繁忙期、これらの期間においては『4,000円/1週間』の追加料金が有ります。

お部屋を選ぶ時のポイント

とにかく料金を抑えたい男性の方 ⇒ 「オリジナル校6人部屋」を選択して下さい。サウスピークで最も安いこのプランはとても人気があるため、留学開始希望日の3ヶ月前に申し込み※をするくらいでないと予約の確保は難しいです。

※3週間以下の留学の場合は申し込み期間に時期に制限が有ります。⇒【注意】6人部屋プランを希望されている方で、3週間以下の短期留学を計画されている方は繁忙期・閑散期を問わず、2ヶ月前からのみお申込み可能です。

多少料金が高くなっても集中して勉強したい、勉強時間を増やしたいと考えている方 ⇒ プレミアム校をお勧めします。「プレミアム校3人部屋」と「オリジナル校3人部屋」では1週間当たり2,500円の違いがありますが、2,500円※を追加することで専用の自習室を確保することが出来ます。※4週以上滞在する場合の料金

その他の部屋の構成の詳細については部屋の構成についてのページを御確認下さい。

↓見積もり料金の詳細に関しては下記のリンク先ページからお問い合わせ下さい。
【補足】フィリピン留学の申し込みは事前学習の期間も考えると、3〜6ヶ月前に申し込まれるのが理想的です。
⇒(参考記事)サウスピークは留学前にTOEICを200点上げることも可能です。

基本料金に含まれない費用について

項目 料金 参考
登録料金 20,000 卒業から半年以内に再申し込みの場合は5,000円になります。
留学前に行う事前学習相談 無料 生徒様が日本にいる内から事前学習のための学習カリキュラムを作成します。この事前学習の指導があるため、理想的には留学開始希望日の3〜6ヶ月前にお申込みされることを強くお勧めしています。
英語参考書代 ¥5,000〜¥40,000 1ヶ月の留学で平均4〜6冊を購入していただきます。海賊版教材を一切使用していないため、サウスピークは他校に較べて教材費が高くなっています。
サウスピークが指定した参考書を日本の書店であらかじめ購入して頂き、セブ島に持参していただきます。

(参考記事)サウスピークは留学前にTOEICを200点上げることも可能です。
(参考記事)日本で販売されている英語参考書を教材として使えます。フィリピン留学海賊版教材問題

追加レッスン 週末レッスンの受講に関して

留学期間が短い方向けに週末レッスンを追加レッスンとして提供しております。1〜3週間の短期留学を考えられている方は週末レッスンの受講もご検討下さい。

項目 料金 参考
週末マンツーマンレッスン ¥7,000/3h 土曜日、日曜日にもマンツーマンレッスンを希望される方向けです。

※フィリピンに来てからでもお申込みは可能です。
※マンツーマンレッスンの受講は学習上の効果を考慮して1日3時間までとしております。

留学相談&お見積り

↓ お見積もりはこちらから

↓新宿オフィスでの説明会情報はこちらから
b_3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
  • twitter
  • facebook

丸山 要平

筑波大学国際総合学類を卒業後、すぐにフィリピンでオンライン英会話を起業。2013年からサウスピークの現地責任者として勤務。セブでは5年以上生活をしているため、現地の情報に明るい。

関連記事

トビタテ!留学JAPANを利用してセブ島留学!その後ダバオでのフィールドワークをするAyakaさん

↑いつも御世話になっているフィリピン人講師と、Ayakaさん(左から二番目)。 名前 ? ? Aya…続きを読む

『「学力」の経済学』から学ぶ、セブ留学で身につけられる三つの「人生の成功の鍵」とは

教育に関する様々な研究についてまとめられている『「学力」の経済学』という書籍があります。 「ゲームは…続きを読む

『トビタテ!留学JAPAN』合格者に聞いた2次選考の面接対策について。質問集付

『トビタテ!留学JAPAN』の最終選考では個人面接とグループディスカッションが行われるのですが、今回…続きを読む

1日密着!たった1ヶ月でTOEIC660点から820点に上げたRyodaiさん、「ストイックに15時間勉強」の1日に迫る。

TOEIC600点台の皆さん、こんにちは!ウェブマーケティング・インターンのNaokiです。突然です…続きを読む

【Camotes(カモテス)島旅行記】満天の星空の下、何もいらない、ただ静かな時が流れる島

こんにちは、トリップアドバイザーのShunです。 みなさん、いかがお過ごしでしょうか?僕はクリスマス…続きを読む