この記事を読めば短期間のセブ島留学を満喫するための、必要最低限の情報がわかります。当記事を参考にし、4週間のセブ島滞在を最大限に充実させてください。

この記事の目次

1.セブ島生活の基本

1-1.タクシーの乗り方

1-2.日用品の買い方

1-3.両替方法・換金所の場所

2.セブ島おすすめレストラン5選

2-1.本格フィリピン料理レストラン「カフェラグーナ」

2-2.コスパ抜群の高級レストランビッフェ「マルコポーロプラザ」

2-3.巨大な豚の丸焼きを扱っている老舗「ハウスオブレチョン」

2-4.格安で焼き肉食べ放題「ダバダ」

2-5.新鮮な野菜を用いた料理の数々「ランタウ・ヴィーガンカフェ」

3.セブ島おすすめ観光地5選

3-1.ビーチリゾートで日帰り観光「プランテーションベイリゾート」

3-2.セブ島で最も有名な観光地の1つ「サントニーニョ教会」

3-3.日本人スタッフと共にスラム街を訪問「セブンスピリット・スタディツアー」

3-4.日本の半額程度の値段で、青く澄んだ海を体験「ダイビングツアー」

3-5.離島で自然を満喫「アイランドホッピング」

1.セブ島生活の基本

セブ島で生活するからには絶対に覚えておくべき基本情報が3つあります。

3つの基本情報

1.タクシーの乗り方

2.日用品の買い方

3.両替方法・換金所の場所

1つずつみていきます。

タクシーの乗り方

フィリピン・セブ島を移動する際には、タクシーを使った移動をおすすめします。なぜならセブ島のタクシー費用は初乗りが40ペソ(約86円 2018/12/14時点)と日本と比べて安い上に、安全に移動ができるからです。

セブ島では一般的に犯罪に巻き込まれるリスクは少ないですが、昼夜問わず人通りの少ない道を一人で歩くのは避けましょう。スリやひったくりといった、軽犯罪に巻き込まれる可能性は日本よりも高いです。

またタクシーを利用する場合にも、最低限の知識を身につけておかなければトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。

以下の記事ではそのようなトラブルに巻き込まれないために、セブ島でのタクシーの乗り方や注意点をまとめています。

【フィリピン・セブ島】タクシーの快適な乗り方【初心者必見!】

日用品の買い方 アヤラモール編

フィリピン・セブ島の中で、最も有名で大規模なショッピングモールの1つである「アヤラモール」では、セブ島留学に必要な日用品を全て揃えられます。日本でいうイオンモールのようなところです。

セブ市の中心に位置しておりアクセスも良好のため、セブ島留学中に一度は訪れることになるでしょう。

アヤラモール内のWatsons(ワトソンズ)という薬局で日用品を一通り買い揃えられます。日本と大差のない品揃えです

アヤラモールの基本情報

正式名称……Ayala Center Cebu(通称:アヤラモール)

営業時間……日~木:午前10時~午後9時、金~土:午前10時~午後10時

住所……Cardinal Rosales Ave, Cebu City, Cebu

店舗……食料品、ファッション、文房具、日用品、映画館、レストランetc

アクセス……マクタン空港からタクシーで約1時間、セブシティー内からタクシーで約5~15分程度

⇒タクシードライバーに”Please go to Ayala mall”(アヤラモールに行ってください)と伝えましょう。ただし、午後5時以降は渋滞に注意が必要です。

観光の難易度……★☆☆ セブ島に到着したその日から行くことができます。

ショッピングに必要な所要時間……3時間から半日。

治安情報……ショッピングモール内や入口には常に警備員がいるので女性一人でも安全です。

詳しくはこちら:【アヤラモール】留学生必見! セブ島の大型ショッピングモールの正しい周り方

両替方法・換金所

アヤラモール内にある換金所

日用品を買い揃えられるアヤラモールには、レートの良い換金所もあります。モール内には複数の両替所がありますが、一番近い場所は1階の中央広場の通路です。

基本的にアヤラモール内の両替所で大きくレートが変わることはありません。一番レートの良い換金所と悪い換金所で1万円を両替した場合、その差は50ペソ(約120円)程度です。

マクタン空港の両替所はレートが悪く、アヤラモールで両替するのに比べて、1万円あたり400ペソ(約1,000円)程度損をしてしまう場合もあります。

そのため空港では多くとも5,000円程度の両替に留めておき、残りはアヤラモールで両替するのがお得です。

※サウスピークには週に一度両替商が訪れ、留学初週の生徒を対象に両替を行っています。

2.セブ島おすすめレストラン5選

フィリピン・セブ島には現地の味を楽しめるフィリピン料理レストランが数多くあります。その上イタリアンや韓国料理を、日本で食べるときに比べて半額以下の値段で味わえます。

ここではそんなセブ島のおすすめレストランを紹介していきます。

1.Cafe Laguna(カフェ ラグーナ)

アヤラモールにある、本格フィリピン料理レストランです。

代表的なフィリピン料理である、豚の耳の肉を玉ねぎと一緒に炒めたSisig(シシグ)から、日本人好みの味付けがされたシーフードまで食べられます。

Cafe Lagunaの基本情報

予算……1,000ペソ(約2,080円)

→学生・社会人の方にお勧めです。

所有時間……1~2時間程度

アクセス……アヤラモール、タクシー乗り場前

詳しくはこちら:【セブ レストラン】アヤラモール のオシャレなカフェでフィリピン料理を楽しもう!【LAGUNA GARDEN CAFE】

2.Marco Polo Plaza(マルコポーロプラザ)

ホテル内にあるビュッフェ(バイキング)形式のレストランです。高級レストランのビュッフェを1,500ペソ(3,000円程度)で楽しめるので、たまの贅沢に訪れてみるといいのではないでしょうか?

日々の勉強のご褒美として、美味しいご飯を食べて息抜きをしましょう! とてもおしゃれな雰囲気なので、異性の友人と来ても良いですね。

またホテルの敷地内にはプールがあり、ビュッフェの利用者は無料で使用できます。

写真:Marco Polp Plaza公式ホームページ

マルコポーロプラザの基本情報

フィリピン料理はもちろん、鮮度の高いお寿司も味わえます

予算……1,250〜1,550ペソ(約2,700〜3,300円)

⇨高級な雰囲気で社会人の方におすすめです。値段は少し張りますが、お寿司やピザ、デザートなどが時間制限なしで食べ放題なので、時間を気にせず料理を満喫できます。

留学仲間の卒業記念や誕生日パーティに、優雅なときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

またマルコポーロプラザにはラウンジがあり、フレッシュジュースやコーヒーをゆったりとした雰囲気の中で味わえます。

200ペソ前後の低価格で楽しめるので、日々の疲れを癒やしたいときなどに気軽に利用できます。

ホテル内のラウンジ。静かで落ち着いた雰囲気です

所要時間……2時間~3時間

⇨日本のビュッフェとは違い制限時間がないので、高級料理の数々を思う存分満喫できます。

アクセス……JYスクエアモール(EOP校近く)から車で5分

⇨タクシードライバーに「Please go to Marco polo hotel(マルコポーロホテル)」と伝えましょう。

3.House of Lechon(ハウスオブレチョン)

フィリピンの伝統料理の一つであるレチョン(豚の丸焼き)を扱っている老舗レストランです。

雰囲気、アクセス、コスパのどれをとっても良いので、フィリピン・セブ島に訪れた際には一度は食べに行ってみてください。

House of Lechonの基本情報

レチョンという豚の丸焼き。フィリピンの伝統料理です。迫力満点ですね

予算……一人約500ペソ(約1,100円)。安く済むので特に学生にお勧めです。

予算……一人約500ペソ(約1,100円)。安く済むので特に学生にお勧めです。

所要時間……1~2時間程度

アクセス……アヤラモールから徒歩10分、セブシティー中心部からタクシーで約5分

セブシティーの中心部である、アヤラモールのすぐ近くにあるのでアクセス良好。

低価格で美味しいフィリピン料理がお腹いっぱいに食べられ、食べ盛りの学生にお勧めできるレストランです。

詳しくはこちら:フィリピンの伝統料理レチョンを、セブ島で格安かつ美味しく食べられるレストラン【ハウスオブレチョン】

4.The BaDa(ダバダ)

なんと300ペソ(約640円)で焼き肉が食べ放題の韓国料理店です!

キムチやナムルまで食べ放題で、ライスもおかわり自由というコスパ抜群のレストラン。たくさん食べる男性でも満足できること間違いなしです。

The BaDa の基本情報

韓国料理店特有の前菜も盛りだくさんです。これらも299ペソ好きなだけ食べられます

難易度……★☆☆

⇨セブシティーからタクシーで5分とアクセス良好。店員さんも日本人に慣れており注文もスムーズにできるため、留学1週目の方でも安心して行けます。

予算……299ペソ〜(約640円〜)

⇨低価格でたくさん食べたい学生におすすめ。

肉・サイドメニューの食べ放題だけなら、299ペソで済みます。のちほど記載しますが、ラーメン、ビビンバ、チゲ鍋などの別メニューやドリンクもあります。

所要時間……1時間半〜

⇨制限時間は設けられていないため、心ゆくまでおかわりできます。

休日の夜(18時ころ〜)は混雑しており順番待ちとなることもあります。ただし筆者が日曜18時に訪れたときは、40分待ちでした……。平日か、休日であれば17時ころの早めの時間帯に行くことをお勧めします。

アクセス……セブシティーからタクシーで約5分

⇨タクシードライバーに「Please go to The BADA Korean Restaurant in North Escario Street(ノースエスカリオストリートにある、BADAに行ってください)」と伝えましょう。

少し長い英文なので、不安な人は紙に書いて見せながら話すことをおすすめします。

※A.S. Fortuna Street(A.S.フォーチュナストリート)にチェーン店があるので、間違えないようにしましょう。

詳しくはこちら:セブ島にある韓国焼肉店「BADA」がおすすめ! 安い・おいしい・たっぷりでコスパ◎【焼肉食べ放題299ペソ(約640円)】

5.Lunhaw Vegan Cafe(ランハウ ヴィーガンカフェ)

新鮮な野菜を使った料理を楽しめます。

フィリピン料理が口に合わないかもしれないと不安に思っている人もいるかもしれませんが、セブ島にはこのお店のような野菜料理中心のレストランや日本食レストランがあります。

そのため過度に食生活の心配は必要ないでしょう。

※Vegan(ヴィーガン)とは……卵や乳製品などの動物由来のものを口にしない、完全な菜食主義者のこと。

Lunhaw Vegan Cafeの魅力3つ

魅力1.セブ島で美味しい野菜を食べることができます

魅力2.リーズナブルな値段で料理を楽しめます

魅力3.店内がカフェなのでおしゃれ空間でリラックスできること間違いなし!

Lunhaw Vegan Cafe 基本情報

住所 The Maxwell Hotel,82 N Escario St, Cebu City, 6000 Cebu

営業時間 11:00~23:00(日曜から木曜)、11:00~17:00(金曜)、7:00~23:00(土曜)

電話番号 0947-784-6856

詳しくはこちら:セブ島で野菜不足に悩むなら隠れ家的ヴィーガンカフェへ!キャピトルのLunhaw Vegan Cafeでリラックス。

3.おすすめ観光地5選

フィリピン・セブ島は有名なリゾート地です。ここではビーチやウォーターアクティビティに加えて、現地の暮らしや歴史を体感できる、おすすめ観光地を5つ紹介します。

注意点や楽しみ方など、必要な情報はそれぞれのリンク先記事にまとめてあるので、実際にセブ島観光する前に参考にしてみてください。

1.Plantation Bay Resort & Spa(プランテーションベイ リゾート&スパ)

セブ島に来たのであれば、リゾート観光をしたい。でも、そんなにお金に余裕がない。そのような方にはプランテーションベイのデイユース(日帰り観光)がおすすめです。

プランテーションベイの基本情報

観光の難易度……★★☆ セブ市街から少し距離があるので、留学に慣れてきた2週目以降に行くのがおすすめ。

予算……2,500ペソ(約5,000円)

⇒学生と社会人の両方におすすめ。

宿泊の場合の予算は2万円から(社会人向け)

観光に必要な所要時間……1日

アクセス……セブシティーからタクシーで約1時間、マクタン空港からタクシーで約20分

⇒タクシードライバーに”Please go to Plantation Bay.”(プランテーションベイに行ってください)と伝えてください。ただし、午後5時以降は渋滞に注意が必要です。

申し込み方法……現地に着いてから、チェックイン・カウンターで申し込み可能で、事前予約は不要です。

治安情報……リゾート内の治安は当然良いです。女性1人でも安心して観光できます。

詳しくはこちら:【プランテーションベイリゾート&スパ】南国リゾート体験を格安で出来るデイユース(日帰り観光)を満喫してきた

2.Santo Nino Church & Magellan’s Cross(サントニーニョ教会&マゼランクロス)

サントニーニョ教会は1565年に建築されたフィリピン最古のキリスト教の教会です。

ポルトガルの探検家であるマゼランがファナ女王に贈ったとされる、サントニーニョ像(イエス・キリストの幼き頃を象った像)が納められています。

サントニーニョ教会の基本情報

観光の難易度……★★☆

⇛留学に慣れてきた2週目以降に行くのがおすすめ。

予算……300ペソ(約640円 2018/11/6時点)

⇒学生と社会人の両方におすすめ。

観光に必要な所要時間……2〜3時間

アクセス……セブシティーからタクシーで約30分

⇒タクシードライバーに”Please go to Santo Niño Church.”(サントニーニョ教会に行ってください)と伝えてください。

ただし、午後5時以降は渋滞に注意が必要です。タクシー利用時の注意点については本文に掲載している記事で紹介しています。

申し込み方法……一般で無料に開放されているので、事前予約は不要。

治安情報……ストリートチルドレンやホームレスが多いダウンタウン地域なので、日が暮れた午後7時以降には行かないようにしましょう。

スリや置き引きといった軽犯罪に巻き込まれてしまうリスクがあります。

そのため財布や携帯のような貴重品は肌身離さず持ち歩きましょう。こういった理由から日中でも、女性一人で行くことは避けてください。

詳しくはこちら:【セブ島観光】留学生必見! セブ島最古のキリスト教会、サントニーニョ教会の魅力に迫る【サントニーニョ教会&マゼランクロス】

3.セブンスピリット・スタディツアー

セブンスピリットは、子ども達が子どもらしく、楽しみながら社会を生き抜き、未来を切り開くために必要な力を養う環境づくりを行うために活動しているNPO法人です。

そんなセブンスピリットが行っている活動の1つであるスタディツアーに参加することによって、セブ島の貧困地域での生活を間近に感じられます。

セブンスピリット・スタディーツアーの基本情報

難易度……★☆☆ 日本人スタッフが付いているため、留学1週目・英語初心者でも気軽に参加できます。

費用……2,500 ペソ(約5,200円)

※現地語学留学生:1,500ペソ

※5人同時お申込みの場合:1人1,000ペソ

※サウスピーク生:第2・第4日曜日は1,000ペソ

参加方法……セブンスピリットのHPにてお申し込みください。スタディーツアーは毎週開催されています。

体験に必要な所要時間……1日(9:30/10:00〜16:00のツアーです)

アクセス……セブシティーから車で約15分

⇨タクシードライバーに「Please go to Parian Monument(パリ・アン・モニュメント)」と伝えると、セブンスピリットの事務所前に到着します。

治安情報……住民と親しい関係が築けている地域にしか訪問しないツアーとなっているため、安心して参加できます。

もちろん女性でも安全ですが、露出の多い服や、ピアス・ネックレスなどの装飾品は避けたほうが良いでしょう。

詳しくはこちら:

・セブンスピリットスタジオと、子どもたちとの交流【セブンスピリット・スタディツアー】

・【セブ島スラム街訪問】現地の子どもたちの支援ができるスタディーツアーについて【NPO法人セブンスピリット】

4.体験ダイビングツアー

セブ島は1年を通してダイビングができるので、ダイビング好きにとっては天国のような場所です。

日本人経営で全てのサポートを日本人が行ってくれるダイビングショップが多くあり、セブ島に留学に来たばかりの人でも安心してダイビングを楽しめます。

体験ダイビングツアーの基本情報

難易度……★☆☆ 予約からダイビング当日のガイドまで日本語で対応してもらえるので、留学1週目・英語初心者でも気軽に参加できます。

費用……3,000〜4,000ペソ(6,500〜8,400円程度)

後述するアイランドホッピングツアーと組み合わせたお得なツアーもあります。詳しくはオールブルーのHPをご覧ください。

参加方法……オールブルーのHPにてお申し込みください。

体験に必要な所要時間……半日(8:00〜12:30のツアーです)

アクセス……セブシティーから車で約1時間

⇨タクシードライバーに「Please go to Vistamar Resort(ビスタマール・リゾート)」と伝えてください。

※ダイビングショップ到着後、船で移動します。

治安情報……ビスタマール・リゾートには警備員が常駐しています。周辺の治安も悪くないので、安心してダイビングを楽しみに行ってください。

5.アイランドホッピング

セブ島近海の離島へ船をレンタルして遊びに行くことをアイランドホッピングと呼びます。

フィリピンには小さな無人島も含めると7,500以上もの島が存在している、アイランドホッピングの聖地です。

そんなセブ島にはアイランドホッピングのツアーが多くあるので、自分に合ったプランを組み立ててセブ島の青く澄んだ海を満喫できます。

上述の日本人経営のダイビングショップであるオールブルーでは、アイランドホッピングツアーも提供しているのでそちらを紹介します。

アイランドホッピングの基本情報

難易度……★☆☆ 予約から当日のツアーまで日本語で対応してもらえます。ツアーガイドとして必ず1人の日本人スタッフが同行してくれるので、英語が話せなくても安心です。

予算……4,000ペソ(約8,400円)

※ダイビングツアーとセットで申し込むと、割安でダイビングを楽しめます。詳細はオールブルーのHPでご確認ください。

参加方法……オールブルーのHPにてお申し込みください。

所要時間……1日(8:00〜15:00までのツアーです)

アクセス……セブシティーから車で約1時間

⇨タクシードライバーに「Please go to Vistamar Resort(ビスタマール・リゾート)」と伝えてください。

※ダイビングショップ到着後、船で移動します。

セブ島観光情報まとめ

セブ島に留学して毎日長時間英語の勉強をしていると、日々の疲れが溜まってくるでしょう。

英語学習の息抜きのためにも、ぜひこの記事を参考にしておいしい食事や充実した観光を楽しんでください。

本気留学ならサウスピーク。3ヶ月でTOEICの点数を「平均」226点向上させる語学学校