フィリピン留学(セブ留学)は値段は安い|欧米留学より安い根拠を解説

フィリピン(セブ)での語学留学と聞いた時に、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?綺麗なビーチを思い浮かべる人もいるでしょうが、それと同じくらい多くの人が抱くイメージは格安で留学できる、ということではないでしょうか。

本記事では実際にどの程度安いのか、フィリピン留学(セブ留学)のコストパフォーマンスに関して分析していこうと思います。結論から言うと、明らかに欧米留学より安く、コストパフォーマンスが良いといえます。

目次

フィリピン留学に必要な費用
欧米留学とのコスト比較
値段と質は比例するのか?(値段は抑えられるが質は高いフィリピン留学)
東京で一人暮らしをしている場合との比較

フィリピン留学に必要な費用:(東京のひとり暮らし生活費用+約15万円)

まずは一般的にフィリピン留学に必要とされる費用をご紹介しましょう。フィリピン留学といっても学校ごとの設備の充実度や、同じ語学学校の中でも部屋の選択などで大きく値段が変わってきます。

そこで今回はフィリピン留学を最大限活用できるための環境(宿舎一体型校舎、3食食事付き、掃除・洗濯代行)が揃っているサウスピーク・オリジナル校舎の3人部屋での1ヶ月の留学に必要な費用を試算してみたところ以下になりました。

フィリピン留学の場合

◆渡航費用:40000円(LCCの場合)、◆学費・滞在費:169800円/1ヶ月、◆テキスト(教材費用):20000円、◆現地支払い費用:24500円、◆現地娯楽費:2〜3万/、◆1ヶ月海外旅行保険:10000円

合計:259000円

また、普通に東京でひとり暮らしをする場合のコストも推定してみました。

東京でひとり暮らしをする場合

なみに日本での生活費と留学した場合に必要とされる費用も比較してみましょう。日本での生活費は東京で1人暮らしをしている場合をサンプルとしました。平成26年のデータですが、月々の生活費は平均175,015円でした。(総務省統計局「家計調査」より)

そのうち、住居費が6~7万円が平均です。急に部屋を解約することは難しいでしょうから家賃は払うものとして、その他の約10万円の生活費に関してはカットすることが可能です。

すると、サウスピークへの1ヶ月の留学(オリジナル校・3人部屋)が1ヶ月で約26万円ですので、普段の生活費に約15万円追加することで、留学することが可能になります

そして最後に、欧米留学にかかる費用も推定算出しててみました。この内訳は、記事の中で解説します。

欧米留学の場合

欧米留学の1ヶ月費用を計算してみました。計算の根拠は記事の中で解説しますが、大まかに見積もって、試算の結果計443,000円〜からとなります。

結論としては、欧米留学の半分〜6割ほどの費用で、東京で普通に暮らしている生活に+15万ほど追加すれば、フィリピン留学が可能という事になりました。

 

フィリピン留学に必要な費用の内訳紹介

こちらの記事では、フィリピン留学に必要な費用の内訳を紹介していきたいと思います。

(参考リンク:語学学校選びの6つの基準
後悔しない留学にするために、考慮すべき事項がまとめてあります。


サウスピーク・オリジナル校舎(奥)

以下で詳細をみていきましょう。

渡航費用:約4~5万円(LCC利用時)、約7万円~(直行便利用時)

格安で航空券を手に入れられるVanila AirCebu PacificなどのLCCを利用して1ヶ月先のチケットを予約した場合には往復で4万円強からが一般的な相場でしょう。

これらのLCCは荷物の重量、予約の変更などに関して制約がかなりあります。特に、テキストを日本から多く持参する場合には大きく重量オーバーをしていると超過料金で数万円請求される場合もあるので、利用する際には注意してください。またマニラで乗り換えをする必要もあります。

一方、直行便を利用した場合は1ヶ月前の時点での予約で約7万円から往復チケットがありました。この場合はPhilippine AirlinesANAを使うのが一般的でしょう。

LCCを利用する場合に比べて預け荷物の重量も余裕がありますし、予約の変更などが可能なチケットもあります。直行便ですので、日本で飛行機に乗り込めば着いたときにはセブなので、乗り換えもなく楽ではありますが、その分、航空券代が高いです。

時期やセールの有無によってはさらに安くチケットを手に入れることが可能ですが、平均的にはこれくらいの費用が航空券にかかるでしょう。

学費&滞在費:169,800円

レッスン代、食事代、宿泊費で149,800円、さらにサウスピーク登録料(入学金など)で2万円の計169,800円です。この滞在費に関しては何人部屋にするのか、あるいは設備のレベルによって変わってきます。

同じオリジナル校でも1人部屋であれば、学費&滞在費が219,800円ですし、6人部屋であれば149,800円で済みます。設備のよいサウスピーク・プレミアム校であれば3人部屋で179,800円です。

値段を大きく左右する部屋の人数と宿泊する校舎の設備の水準ですが、自身の予算と要望が折り合うところで選択するとよいでしょう。

テキスト代:約2万円程度

フィリピンの語学学校においては、テキストを語学学校側で用意しているところもありますが、サウスピークでは日本で市販されている日本語で書かれたテキストを使用してレッスンを進めて行きます。

そのため生徒の方に留学前に各自で購入してもらう必要があり、テキスト代はそれぞれのカリキュラムによって多少変動します。

なお、語学学校側で生徒用のテキストを用意している場合は市販のテキストに比べてかなり安い場合もありますが、その中には海賊版のテキスト利用という問題もあります。

現地支払い費用:11,000ペソ(約24,500円)

現地支払い費用としてはVisaの延長費用やSSP、ACR-i カードの取得の他、サービスチャージ(電気代、水道代、光熱費、洗濯代、ネット代、清掃費用、警備費用、学習アドバイザーへの相談費用を含む)があります。

4週間の留学の場合にはSSP取得費用7,000ペソとサービスチャージ1,000ペソ×4週を合わせて、11,000ペソです。

フィリピン留学におけるビザの手続きなど、現地で必要となる手続き、費用に関してより詳しく知りたい方はこちらの記事を参照してください。
(参考リンク:フィリピン留学(セブ留学)に必要なビザについて

現地娯楽費:約2万円(節約時)、約4万円(平均)

 
セブ市内でもちょっとよいレストラン。大体1人1,000ペソ〜です。

現地での生活費用はそれぞれの方の生活スタイルによっても大きく変わりますが、だいたい上記のような予算で過ごしている方が多いでしょう。

サウスピークでは祝日以外は土日も含めて3食提供しているので、さらに節約しようと思ったら身の回りの日用品以外は全くお金を使わずに過ごすことも可能です。

ただし、そのような生活だと息がつまる方が多いでしょうから、週末に食事に出かけたり、市内観光に出かけるのもよいでしょう。食事は安いローカルの食堂であれば100ペソ程度で1食済ませることもできますが、一般的に日本人が満足する食事をしようと思うと1食あたり300~500ペソ以上を考えておくとよいでしょう。

さらに週末にフィリピン国内旅行や近くの島へと旅行へと行く場合にはもう少し予算を用意しておく必要があります。
(参考リンク:【Palawan(パラワン)・El Nido(エルニド)】世界で1番綺麗な島に行ってきた話をしよう


セブから少し離れると多くの綺麗な島々があります。

海外旅行保険費:約7,000円〜21,000円

海外保険は留学をするのであれば入っておいた方が安心して留学できるのでよいでしょう。

慣れない環境で過ごすと、思っているよりも多くの人が体調を崩す場合が多く、病院にかかる方も多いです。海外旅行保険であればキャッシュレスサービス対応のものが多いので、一時負担する必要もなく安心です。

また、海外旅行保険に関してはカード付帯の保険を使うこともできますが、自動付帯のものと利用付帯のものがあったり、キャッシュレスサービスの有無など、利用条件が異なるので日本出発前によく確認しておくようにしてください。特に、利用付帯の場合は旅費の支払いをクレジットカードでする必要があります。

欧米留学とのコスト比較

欧米留学も様々な留学先があるので、今回はアメリカで語学留学をする場合の費用を試算してみました。試算の結果計443,000円〜でした。

ちなみにこの試算は比較的節約する前提で計算したものですが、欧米留学の値段帯としては1ヶ月で35~50万円の場合が多いです。

渡航費用:約8万円〜

航空券は上記の値段から手に入れれる場合が多いでしょう。ただし、これらの値段は全て乗り継ぎ便を利用した場合の値段で、直行便を利用する場合にはさらに高額になり、往復で15万円以上する場合も多いです。

学費&滞在費:約22万円〜

欧米留学における語学学校の費用と生活費は上記の表が平均的なところでしょう。語学学校の授業内容としては1日に5コマ程度のグループレッスンです。10~20人の生徒が1人の講師に教わる場合が多いです。

また欧米留学の滞在方法としてはホームステイが主流です。メリットとしては語学学校の授業が終わった後もホストファミリーとの会話の中で英語を学べることや、現地の生活を体験できることがあります。

ただし、それは当たりのホストファミリーの場合でしょう。ビジネスとしてホームステイの受け入れをしているホストファミリーも多いので、そこまでステイ先で話さなかったという体験談も多くあります。

テキスト代:120 U.S ドル〜(約13,000円)

アメリカでの語学留学の場合は1冊30~50ドル程度のテキストを授業ごとに購入する場合が多いです。

Visa取得費用:360 U.S ドル(約4万円)

アメリカでの語学留学に際してはビザを出発前に取得しておく必要があります。

現地生活費:約8万円

その他ランチ代、語学学校への入学金、滞在手配料、交通費、娯楽費など合わせて8万円程度かかるのが一般的です。その他アクティビティや旅行をしたい場合は物価は日本と同様の水準なので、日本での生活でどの程度費用がかかるかを考えてもらえると分かりやすいでしょう。

海外旅行保険費:8,800~21,000円

海外旅行保険の値段はフィリピン留学とさほど変わりません。欧米留学ではちょっとした手術や救急車を利用した場合など驚くほど高額の請求をされることもあるので、加入しておいた方が安心でしょう。

値段と質は比例するのか?

値段は抑えられるが質は高いフィリピン留学

上記のように、欧米留学と比べて非常に安く留学をすることができるフィリピン留学ですが、安いものを買う時に心配になるのが、その質ではないでしょうか。

フィリピン留学における質は学校を適切に選べば高いです。場合によっては多くの点において欧米留学よりも質が高い、と言える場合も多いです。


発音矯正も、欧米圏で受けるよりもフィリピンで受ける方が効果的な場合が多いです。

質の高さを考えるときには2つの要素(授業そのものの質の高さ、自分にマッチしているのか)を考えなくてはいけません。

授業の質自体が高いことは留学を成功させるために大事な条件の1つでしょう。新しい知識を十分に得ることができ、実践の場も豊富にある。そういった環境を得るために留学に行くのですから、当たり前のことです。

もう1つ、この条件以上に大事なのが、自分にその学習方法がマッチしているのか、ということです。たとえ、どれほど授業自体が素晴らしいものでも自分に学習方法やレベル感が合っていなければ得るものは少なくなってしまいます。

欧米留学も、ネイティブスピーカーに囲まれ学習できるという非常に魅力的な環境が揃ってはいますが、その利点を十分に感じることができるのはかなりレベルが上がってきてからの話です。TOEICでいうと800点以上くらいはないとネイティブスピーカーに囲まれた環境を生かすことが難しいことが多いでしょう。

また、学習方法に関しても、欧米のグループレッスン主体の授業方法と、フィリピンのマンツーマンレッスン主体の授業方法という違いもあります。

欧米留学においてはこのようなグループレッスンが主流です。性格等にもよりますが、発言が難しい場合もあるでしょう。

欧米留学においては講師1人に対して10~20名の生徒という大規模なグループレッスンが主体です。そのような授業形式においては、英語力が優れている生徒、あるいは英語力としては自分と同等か劣る程度だが、より積極的な日本人以外の生徒が多くを話すという構図になりがちです。

もちろん、そういった複数人がいる中で主導権を握る練習などは現実に英語を使って働いたりする際には重要なスキルとなるでしょうが、そこまで求められる人はごく一部です。


フィリピン留学で主流のマンツーマンレッスン。

フィリピン留学で主体となっているマンツーマンレッスンであれば自分のペースで学習を進めて行くことができるので、授業についていけないということはグループレッスンに比べて遥かに少なくなるでしょう。また自分が発言できるまで講師も待ってくれるので、十分に英語を話す機会を得ることができます。

授業もただ単に受講者に優しい、というだけではなく、その質も高いです。僕自身TOEIC 950点、IELTs Academicでoverall 7.0、speakingも7.0のスコアを持っていますが、まだまだスピーキングに関してはフィリピン留学を通して磨けそうですし、得るものがあると感じています。
(参考リンク:フィリピン留学・セブ留学でIELTsのスコアは伸ばせるのか?IELTs 7.0の医大生が分析してみた

フィリピン留学における格安語学学校の問題

ただし、フィリピン留学においていくら安くて質が高い授業を提供している学校もあると言っても、それが全てではありません。

値段が全てというわけではありませんが、あまりにも学費が安い格安の語学学校などでは、講師確保にかけられる費用が少なくなるため、優秀な講師も集めることができず、授業の質が維持できない場合もあります。

授業の質などの問題だけであればよいのですが、中には認可を得ずに運営している語学学校や、SSPの申請をしていない、など違法行為を行なっている学校もあるのが実情です。

そのような語学学校に通ってしまった場合には本人にその気がなくても結果として、違法行為をしてしまうことになるので注意してください。

また、中には働きながら空き時間に授業を受けることのできる0円留学を謳っている語学学校もありますが、働きながら英語を学習することにはかなりの困難が伴います。

あまりに安すぎる場合には、それに伴う理由があるということです。

 留学期間が1ヶ月以外の場合での料金も気になる方はこちらのページから、料金の確認、お見積もりができるので、留学を検討する際の参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
Shun
  • twitter
  • facebook

Shun

サウスピーク・ウェブマーケティングインターン。医学部医学科5年生(現在休学中)。インターンの傍でIELTs7.0以上取得、イギリス留学を目標に英語の勉強も継続中です。Twitter IDは@shun_taro_san