サウスピークでは、通常の留学だけではなく生徒の方の要望に合わせて様々なプランをご用意しております。サウスピークの留学を通じて英語力を高めるだけではなく、卒業後に「海外で働く」「ワーキングホリデーに行く」「海外でインターンシップを行う」ことも可能です。

ここでは、サウスピークが実施している「海外就職準備プラン」、「ワーホリ準備プラン」、「ノースキル文系プラン」、「高校生プラン」について説明をしたいと思います。

海外就職準備プラン

サウスピークでは、海外就職を考えている方向けに海外就職準備プランを実施しています。現在、東南アジアを中心に多くの日系企業が海外進出を行っておいります。その中で、海外での日本人の求人が増えています。サウスピークの「海外就職準備プラン」では、これから海外で仕事を見つける方をサポートしています。

また、まだ具体的に日本で働くか、海外では働くかはわからないという方でも、13週間以上の方に無料で実施しておりますので、とりあえず参加をしてからどちらを選ぶか決めることも可能です。

海外就職準備プランでできること

  • 1. 海外就職説明会への参加: サウスピークで開催する海外就職とはなにかがわかる説明会に参加することができます。これにより海外就職についての基礎情報を得ることができます。
  • 2. 海外就職者のコミュニティに参加:海外就職を実際にしている日本人のSNSグループへの参加が可能です。
  • 3. プロの海外就職コンサルタントとの相談: 海外就職者を数百人以上送り出したプロのキャリアコンサルタントと30分の無料面談が可能です。
  • 海外就職体験談

  • Tatsuyaさん 月589時間労働のブラック環境から、マレーシアでホワイトな労働環境へ!
  • 30歳
  • 日系メーカー営業職
  • 前職を退職し、未経験の仕事をするなら、日本より海外のほうが良い仕事があるだろうと考えて、海外就職を決意しました。サウスピークの「海外就職準備プラン」では、自分では取りにくい海外就職情報を収集できました。まあ、職務経歴書・英文レジュメの添削を通じて、効果的に自分の経験・強みをPRすることができました。

    日本では長時間の労働で、最大1ヶ月で589時間働いたことがあるのですが、今はホワイトな労働環境で働けています。平日夜・土日は趣味のスポーツに励み、東南アジアの中心地であるマレーシアの地の利を生かして、近隣諸国へ年8回旅行に出かけています。

    フィリピン留学でTOEIC800点レベルまで向上させ、マレーシア就職したTatsuyaさんの海外就職活動体験談

    ワーホリ準備プラン

    サウスピークでは、ワーキングホリデーに行く前の準備を行える「ワーホリ準備プラン」を13週間以上、サウスピークに留学された方には無料で提供しております。

    多くの日本人が毎年ワーキングホリデーを利用して海外渡航をしていますが、実際にはワーキングホリデーに必要な事前準備がしっかりできていないため、多くの方がワーキングホリデーを満足できない形で終えています。

    その代表的なものが英語力不足です。実際にワーキングホリデーでしっかりと現地で暮らそうと考えると、最低でもTOEIC600点程度の英語力が必要です。英語力がないために「ワーホリしたけど、日本人と一緒に日本食レストラン(通称:ジャパレス)で働いていた」であったり、「英語力が伸びると思っていたけど、聞いているフリをすることだけが上手くなっていた」という失敗が起こっています。

    ワーホリで仕事を探す際によくあることなんですけど、従業員に渡すと、履歴書を捨てられてしまうことがあります。だから従業員に「マネージャーを呼んでください」って伝えるんです。ただ、そこに至るまでの会話で、うまくコミュニケーションが取れない。自分の英語力の低さがバレてしまう。

    参考記事
    【朗報】黄金ルートは、フィリピン留学→ワーキングホリデー!ワーホリブロガーに聞いたフィリピン留学活用法

    このようなワーキングホリデーの失敗をなくすためのプランが「ワーホリ準備プラン」です。ワーホリ準備プランでは、サウスピークの留学で英語力を高めるだけではなく、無料で下記を実施しています。

  • 1. ワーホリ交流会: これからワーキングホリデーに行く方が集まる交流会を実施しています。
  • 2. 履歴書の添削: 現地で必要となる英語履歴書を添削しています。これにより現地に着いてからの仕事探しがスムーズになります。
  • 3. ワーホリセミナー:ワーキングホリデーをする際に気をつけるべき点など説明する説明会を実施いたします。
  • サウスピークに3ヶ月留学をし、TOEIC600点から780点までアップしたRyujiさん。時給が23ドルの5つ星ホテル内のレストランで、仕事を得ることができました。結果、半年のオーストラリアにおけるワーホリ期間を通し、300万円稼いだそうです。

    ワーホリに行く人は、サウスピークでレジュメの添削と面接対策を絶対にした方が良いと思います。日本で作る履歴書とは書き方が根本的に違うので、整理してもらった方が良いです。フィリピン人講師からの指摘も的確で、外国人の視点で職歴のココが強く書けるんだということに気づけました。

    参考記事:オーストラリアのワーホリで半年間で300万円稼いだ大学生のRyujiさんのワーホリ体験談

    ノースキル文系プラン(休学者向け)

    ノースキル文系プランはTOEIC800点以上を獲得し、海外インターンなどで実務経験を積むことで「就職活動で勝てる大学生を生み出す」新しいタイプのフィリピン留学のプランです。ノースキル文系プランは、サウスピークでの留学を通じて履歴書に書くことのできる「TOEIC800点」を取得します。また、留学後は海外でインターンを行い就職の面接で他者と差をつけることを目的としています。

    なお、サウスピークでは英語力がゼロという状態でも、6ヶ月間留学して頂ければTOEIC800点程度まで英語力を高めることが可能です。

    ノースキル文系プランでできること

    ・海外インターンを探す具体的方法の提示、案件ごとのアドバイス
    ・サウスピークに在学する社会人の生徒に学内OB訪問(実際に働いている人達がどのように仕事を決め、どのような仕事をしていたのかをインタビュー)

    詳しくは【休学+留学+海外インターン】ノースキル文系プラン募集開始!TOEIC800点+インターン経験で就職活動を成功させるためのフィリピン留学(2017年後期、2018年前期)をご覧ください。

    3ヶ月でTOEIC570点から850点まで伸ばし、就職活動で評価される英語力を身につけたShinさん。ノースキル文系プランを通して、アフリカでのインターンを決意されました。

    私はOB訪問をサウスピーク内で、行いました。私は50人以上の方に、目標である起業に向けて何をすべきか、相談に乗ってもらったのではないでしょうか。サウスピークには、様々な業界の大手に勤めている方が留学されています。そんな人たちが、利害関係がないため、正直な話をしてくれるんです。

    参考記事:英語もできないノースキル文系大学生が13週間でTOEIC570→850に!アフリカでのインターンに挑戦する真意とは? Shinさん

    高校生プラン

    サウスピークでは春休み・夏休みの期間を利用して、高校生の方を対象とした高校生プランを行なっています。近年、海外語学留学の選択肢として注目されているフィリピン留学ですが、高校生一人で留学させるのは不安だという声も多くあります。高校生プランでは、専属の担当者がつくため、一人でも安心して留学できるプランとなっています。

    高校生プランでは主に「英語学習の習慣化」「英文法の完成」「英検対策」できます。特に英語学習が習慣化し、帰国後も英語学習を継続することが期待されます。よって今後の進路選択に幅が広がるでしょう。

    帰国子女のHayatoくん。日本の生活では午前7時過ぎに起きて、学校の朝の門限にギリギリ間に合う生活を繰り返していましたそうです。しかし高校生プラン中は、朝4時半に起きて、午前5時から英語学習を開始できました。

    「勉強するのが当たり前で、勉強しないのは変」という雰囲気があって、そりゃ勉強しますよね。他の高校生の生徒も、みんな朝早くから勉強を始めているのに、自分だけ寝ていられないじゃないですか。一番最初に勉強を始めたいなという気持ちはありましたし。

    参考記事:【高校生のフィリピン留学】「帰国子女なのに英語が話せない」というニガテ意識を払拭できた2週間。Hayatoくん