この記事ではこれまでと視点を変えて「TOEIC800点未満の人にお勧めの語学留学計画」について紹介します。

私は英語力がほとんどない人でも早い段階で観光なり、短期の語学留学で米国に来るのは良いことだと思います。海外に出て、日本以外の世界があるのを体験すること、そしてそこで英語を使って暮らしている人々がいるのを目撃するのは英語を勉強する強烈な動機になります。

語学留学を希望する800点未満の人は期間を1ヶ月くらいの滞在にする事をお勧めします。最初の2週間を語学学校(現地に適応するための期間、また現地で、もしくは語学学校で日本人以外の友人をつくる期間)、残りの2週間を観光などで出来るだけ現地を見て回るようにしたら良いと思います。そして現地を観光しながら出来るだけ多くのNative English Speaker達に話しかけることお勧めします。以下、私ならこういう風に話しかけるいう例を紹介します。

  • 観光中は、観光案内所で観光場所について尋ねる。
  • NYCだとそこら中にいる警官に「最寄り駅はどこ?」と尋ねる。
  • RestaurantやDinnerで「Bathroom(トイレ)使わせて下さい」とお願いする。
  • NYCの場合は駅で「?の駅まで行きたいのだけれど、何番線に乗れば良いのか。そして所要地まで何分くらいで着くのか」と尋ねる。

こういう風にして過ごせば無料で現地の英語を学べます。また、こういう経験を通じて英語を話す度胸も付きます。英語を話す度胸はとても大切だと思います。英語が話せない日本人に最も欠けていることはこ「度胸」だと思います。

そしてそこで度胸を身につけると共に自分の英語の未熟さを実感してください。未熟さを実感することで、英語を強烈に勉強したいと思うようになります。また、英語を使って意思疎通が出来る事の楽しさも知る事が出来ます。

はっきり言って、現地の語学留学の学費は安くないです。だから語学学校で2週間、いま言ったような現地観光を2週間というように期間を1ヶ月未満にした方が良いです。また、期間が3ヶ月未満の場合は米国の場合は観光VISAで行けます。

そして語学留学後は留学で身につけた「英語を勉強する動機」「度胸」「楽しさ」を備えて、また「留学期間を短くする事で浮いた費用」を使って日本で英語学習に励んでください。そして早急にTOEIC860点の壁を越えて下さい。

以上「New York英会話学校」についての私の経験と、語学留学する人に対しての提案でした。一連の記事の内容についてより深く理解したい方には以下の本をお勧めします。語学留学を希望している人は一度は目を通す事をお勧めします。