英会話を習うポピュラーな方法として駅前留学の英会話スクールに通うことがあります。駅前という名前の通り、日本全国各地のアクセスの良い場所に教室が立地しています。忙しい学生や社会人にとっては非常に便利でしょう。

しかし、便利だからというだけで駅前留学で英語を習うと決めてしまって良いのでしょうか
とりあえず通ってみたけど英語が話せるようにならなかった、成果が出なかった…あなたの貴重な時間とお金を費やすことになりますので、それだけは避けるべきです。事前に、駅前留学でどれだけ成果が出せるのか入念に検討すべきです。

大学受験で英語をしっかり勉強した人は駅前留学でも伸びる

駅前留学に向いている人は大学受験時に英文法・英文読解を長時間勉強した人です。英文法・英文読解力は、英単語を組み立て言いたいことを英語で表現するための基礎となります。その英文法・英文読解力がすでに身についている人は、あまり勉強せずともすぐに英会話ができるようになります。

そのため、大学受験で英語をしっかり勉強した経験があり、現在でも英文法・英文読解力に自信がある人にとって駅前留学は向いています。

英語初心者は駅前留学に向いていない

駅前留学に向いていない人は、大学受験時に英文法・英文読解の勉強をしっかりしなかった人です。つまり英語初心者です。目安としては、事前対策無しでTOEICスコア600点未満の人です。

多くの駅前留学の英会話スクールは英語ネイティブ講師との会話を売りにしており、英文法・英文読解を重視していません。駅前留学で英語ネイティブ講師との会話により英会話に「慣れる」ことはできます。

しかし、あくまで簡単な表現を丸ごと暗記して使っているだけであり、英語ネイティブと自由に会話できるようには決してなりません。英単語を組み立て言いたいことを英語で表現するための基礎となる英文法・英文読解力を欠いているからです。英文法・英文読解力のない英語初心者に駅前留学は向いていないです。

英語初心者はまずは英文法・英文読解力を向上させるプロセスを経なければならない

それでは、駅前留学に向いていない英語初心者はどのようにして英会話を習えばよいのでしょうか。その答えは

①従来の日本の英語教育
②英会話サービスの良い点を組み合わせた教育にあります。

従来の日本の英語教育では、グラフの縦軸の英文法・英文読解力などの英語力の向上に重点を置いています。しかし、英語のアウトプット力は向上しにくいです。

一方、駅前留学では英会話力の伸び、英語でのアウトプット力の向上に重点を置いています。
しかし、多くの駅前留学では英文法・英文読解力の向上に重点を置いていません。

英文法・英文読解力は英単語を組み立て、言いたいことを英語で表現するための基礎です。しっかり英会話ができるようになるためには、まずは英文法・英文読解力などの英語力を向上させるプロセスを経なければなりません。そして、英会話に欠かせない英語を聴きとるリスニング力、英語でアウトプットする力も同時に伸ばしていきます。英語力を向上させるためには英語で読む・書く・聴く・話すの4つの能力を総合的に伸ばしていく必要があります。

英文法・英文読解力、そして英会話も向上するカリキュラムの実践

サウスピークでは、前述の①従来の日本の英語教育②駅前留学(英会話サービス)の良い点を組み合わせた英語教育を実践しています。

サウスピークにおいて生徒は、英文法・英文読解などの英語知識、英語表現を毎日最低4時間、予習・復習することを義務付けています。

そして、3時間のマンツーマンレッスン+1時間のグループレッスンでは予習で学んだ英語知識、英語表現を用いて英語でアウトプット。講師がそのアウトプットを確認・修正します。レッスン後、生徒はレッスンにおいて理解が不十分だと判明した点を重点的に復習します。

予習でレッスンに向けて新たな知識を学び、レッスンはその知識を活用したアウトプットの場とするレッスンの進め方を「反転授業」と言います。反転授業はその効率性の良さと生徒の学ぶ意欲を引き出せることから、欧米や日本の先進的な自治体の学校で導入され始めているレッスンの進め方です。

サウスピークでは駅前留学のような「簡単な英会話の機会」の提供を目指してはいません。生徒が英文法・英文読解などの英語力を向上させ、さらに英語で言いたいことをしっかり表現できる英会話力を身につけられる英語教育を実践しています。

成果が出る語学学校サウスピーク

TOEICスコアを目安にすると、600点を超えると英語で言いたいことをしっかり表現できる英会話が可能な状態と言えます。

サウスピークでは2015年7月から2016年6月の期間にサウスピーク留学中にフィリピン・セブで実施されているTOEIC(R)の試験を受けたサウスピーク卒業生のデータを確認したところ、留学前TOEIC(R)スコアが395点以下の英語初心者の生徒達のTOEICスコアが3ヶ月の留学期間を経て平均282点上がったと分かりました。英語初心者のTOEICスコアが600点超えしたことは、英会話力が向上したことの証左となります。

データ分析結果について詳しくはこちらの記事→日本初、語学学校史上初の成果3ヶ月で「平均」TOEIC200点アップを達成

留学前後の<ビフォーアフター>驚くべき英会話力の向上

実際にサウスピーク卒業生の留学前後の英会話を収めた動画をご紹介します。留学前後で比較すると英会話力が飛躍的に向上していることが分かります。

Asukaさん 留学期間5カ月 TOEICスコア380点→760点

Takumiさん 留学期間4カ月 TOEICスコア320点→720点

サウスピーク留学前、Takumiさんは会話の最中に何度も詰まっています。しかし、留学後は詰まることなく会話できています。英語の発音も見違えるほど良くなっており、英会話力が飛躍的に向上していることが分かります。

当記事でご紹介したように駅前留学には向き不向きがあります。英語初心者であれば、まずは英会話ではなく英文法・英文読解力を向上させるプロセスを経なければ、しっかり英会話できるようにはならないのです。

英文法・英文読解力を地道に向上させ、「自分が言いたいことを自在に操れるくらいまで英語を話せるようになりたい」そんな方にとってサウスピークは最適だと言えます。