英語発音矯正レッスン。フィリピン語学留学で最も効果的なレッスン

発音矯正レッスンの様子

発音矯正レッスンの様子 左はSharmaine講師

この記事ではフィリピンに語学留学される方に、サウスピークで学習をされる生徒の方に必ず受講していただきたい、【発音矯正クラス】(Pronunciation)について紹介します。

最初にフィリピン留学(セブ島留学)で発音矯正クラスを受けるべき3つの理由を紹介をします。

フィリピン留学(セブ島留学)で発音矯正クラスを受けるべき3つの理由

理由1 最初に正しい英語の発音を学ぶとその後の学習が楽になる
理由2 日本でレッスンを受けた場合よりも費用が圧倒的に安い
理由3 単調な発音学習が面白いものになる

 

理由1 最初に正しい英語の発音を学ぶとその後の学習が楽になる

日本語の音と英語の音は全く違います。一例を挙げると、日本語の音は全て母音で終わりますが、英語の母音は子音と子音をつなぐ役割を果たしています。このように母音と子音の使われ方に関して日本語と英語では大きく異なります。そのため発音学習を行なっていない日本人の英語は、母音と子音の使い方について認識していない日本人の英語はきわめて聞き取りづらいカタカナ英語になります。

また、英語を学ぶ際に大きく足を引っ張るのが日本語化したカタカナ英語の存在です。カタカナ英語と実際の英語の発音は大きく異なります。最初に誤った音のカタカナ英語を学ぶと、たいていそのカタカナ英語は通じません。

もしすでに誤ったカタカナ英語を学んでしまった場合には、後から改めて正しい英語の発音を学ぶ必要があります。このような二度手間を行いたくない方は英語学習においてできるだけ早い時期に発音学習を行うことをお勧めしています。(ただし、現時点の日本の英語教育では一部の学校でしか発音教育が行われていないため、ほとんど全ての日本人がカタカナ英語を誤って学習してしまっています。)

英語の発音学習を行うことですぐに効果が期待できるものとして、TOEIC試験のListening Partの点数向上です。自分で発音できる音であれば、聞き取ることも出来るようになるのが点数向上の理由です。そのためTOEIC試験の点数を上げたいと考えている人には、サウスピークでは発音矯正クラスを必ず勧めています。

直接的な試験対策ではないため、一見すると遠回りに思えますが、最初に正しい発音を学習しておくと、その後の学習効率が格段に変わります。まず最初に発音学習を行うことをサウスピークではお勧めしています。

理由2 日本でレッスンを受けた場合よりも費用が圧倒的に安い

あなたがもし日本で発音矯正クラスを受ける場合には高い費用(1時間当たり5,000〜10,000円)を払わなければ発音矯正クラスを受けることができません。しかしながら、日本と比べると人件費が格安であるフィリピン留学(セブ島留学)の機会を利用すれば格安で発音の矯正を行う事が出来ます。

私自身(@HAL_J)はフィリピン人による英語サービスが一般的になる前に発音学習を行ったため、上記の高額な費用を支払いました。そのような体験をしているために、フィリピン留学(セブ島留学)で発音矯正レッスンを格安で受講できる方が羨ましいです。

理由3 単調な発音学習が面白いものになる

費用の面以外でもマンツーマンレッスンを利用した発音学習の場合だと、発音学習の最大の欠点である「つまらなさすぎて学習が続かない」という点を克服出来ます。マンツーマンレッスンで行う発音学習にはゲーム的な面白さがあります。

なぜ発音学習がつまらないかというと、自分の上達が独学では確認できないからです。発音の教材を使って独学で学んだ場合、学んだ発音が正しいのか間違っているのかが分かりません。そのため自分の学習がちゃんと行われているのか行われていないのかが分からず、多くの学習者はその手応えの無さに発音学習を最後までやり切ることが出来ないのです。一方、フィリピン留学(セブ島留学)ではフィリピン人講師という学習パートナーがいることで、自分の発音学習がちゃんと進歩しているのかどうかを確認出来ます。

少し話しは横道に逸れますが、「たいがいのつまらないゲームでも、誰か対戦相手がいれば面白くなる。」という話をゲームを開発している人から聞いた事が有ります。この発音学習もまさにそれと同じです。発音学習自体はあまり面白くはないですが、学習パートナーがいることで学習を楽しくすることが出来ます。

私自身は発音学習を行う通勤電車の中で学習をしました。地味で単調な発音学習を逃げ場のない場所で行いました。率直に言ってかなり辛かったです。一方マンツーマンレッスンを利用した発音レッスンの場合だと、フィリピン人講師という学習パートナーがいるためか楽に続けられました。

以上の3つの理由からフィリピン留学(セブ島留学)では発音矯正レッスンを受講されることを強くお勧めします。

フィリピン留学(セブ島留学)で発音矯正クラスを受けるべき3つの理由

理由1 最初に正しい英語の発音を学ぶとその後の学習が楽になる
理由2 日本でレッスンを受けた場合よりも費用が圧倒的に安い
理由3 単調な発音学習が面白いものになる

 

オンライン英会話で発音レッスンを受講した方々へ

フィリピン系オンライン英会話サービスとフィリピン留学(セブ島留学)で発音レッスンを行う場合にも2つの大きな違いがあります。

オンライン英会話とフィリピン留学(セブ島留学)の発音矯正クラスにおける大きな違い

違い1 マンツーマンレッスンの臨場感が違う
違い2 フィリピン人講師が妥協しない

 

違い1. マンツーマンレッスンの臨場感が違う

言わずもがなだとは思いますが、たとえ光回線で繋がれたオンライン英会話サービスでも、実際に留学をして対面でマンツーマンレッスンを受けるのと比べるとその差は段違いです。対面のマンツーマンレッスンでは唇・舌の動きをはっきりと見ることが出来ます。また、目の前に講師がいるので音の震えでさえ感じることが出来ます。

発音矯正レッスンの様子2

発音矯正レッスンの様子2。Skypeと対面では臨場感が違います。写真はMencheann講師

 

違い2. フィリピン人講師が妥協しない

オンライン英会話の場合には通常「フィリピン人講師が生徒に厳しく接した場合、生徒は次のレッスンで同じ講師を指名しない恐れ」があります。そのためオンライン英会話における発音レッスンの採点基準は留学の授業と比べると合格基準がかなり甘く設定されています

フィリピン留学・セブ島留学の場合には、通常担当講師が固定されているため、オンライン英会話と比べた場合よりも厳しく接してもらう事が可能です。また、25分のオンライン英会話レッスンではレッスンがちゃんと終わらなさそうな場合、講師はほぼ必ず「まあいいか」と妥協します。これはオンライン英会話サービスには時間制限があるために発生する事態です。一方、留学の場合には授業時間が終わっても生徒は目の前からいなくならないので、オンライン英会話に比べると妥協しづらい仕組みになっています。

上記で説明した「臨場感が違う」「フィリピン人講師が妥協しない」という2つの理由があるため、私はすでにオンライン英会話で発音レッスンを受けた方々がフィリピン留学(セブ島留学)をした際には発音レッスンの受講を勧めております。

最後に実際にサウスピークの発音矯正レッスンを受講された方の留学体験談を紹介します。

オンライン英会話を2年間受講した後にフィリピンへ1週間の短期留学をしたKazu.Tさん

 

サウスピーク・発音矯正レッスンの舞台裏

この発音矯正レッスンを行うためにどのような工夫がされているのか、また今後の英語教育・フィリピン留学にどのような影響を及ぼすかについて下記の記事にまとめています。こちらの記事も引き続き読み進めてください。

(次の記事)サウスピークが英語発音矯正レッスンで行った2つの革新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
柴田 はるじぇー @HAL_J
  • twitter

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」