この記事はフィリピンに留学、セブ島留学をする人に必ず読んでおいてほしい、フィリピンってそもそもどのくらい危険なのかという治安情報と、それを知った上で犯罪に巻き込まれないための治安対策について記しています。

また、多くの人が考える「フィリピンって大丈夫なの?危険じゃないの」という疑問に応える記事になります。

外務省によるフィリピンの地域毎の危険度。ミンダナオ島は危険度が少し上がりますが、セブやマニラは「十分に注意して下さい」という危険度でそれほど高くありません。

外務省によるフィリピンの地域毎の危険度。ミンダナオ島は危険度が少し上がりますが、セブやマニラは「十分に注意して下さい」という危険度はそれほど高くありません。

フィリピン・セブ島の治安情報

「フィリピンの治安は悪いですか?」と聞かれた場合なんと答えるべきでしょうか?

答えは「Yes」でもありますし「No」とも言えます。単純に日本と比較してフィリピンの治安が悪いかと聞かれれば、それは間違いなく「Yes」です。

しかし、日本が世界でもまれに見る治安の良い国です。女性が一人で夜道を歩いても問題がないほど治安が良いというのは、先進国の中でも非常にまれだと言えるでしょう。

セブ市にあるアヤラモール。こういった場所は治安がよいです。

セブ市にあるアヤラモール。

そのような日本の特殊性をふまえて考えると、フィリピンは他の国と比較しても際立って治安が悪いわけではありません。人口比における殺人件数、強盗件数、強姦件数などを国際的に比較しても、殺人件数はアメリカと同程度、強盗件数や強姦件数はニュージーランドやイギリスよりも低い数にとどまっています。

日本でフィリピンが非常に危険だというイメージがあるのは、殺害される日本人が毎年5名〜10名ほどいることが原因だと思われますが、こういったフィリピン国内で発生する殺人はビジネス上や人間関係で恨みを買った人が被害に遭うケースがほとんどです。

つまり、殺人事件などの重犯罪は、語学学校の生徒や旅行客とは関係のない犯罪と言えます。特に語学学校に来た日本人が殺害されたケースは今まで一度も聞いたことがありませんので、普通に留学していれば問題は起きないと言えるでしょう。

日本人の旅行者や語学留学生が気をつけるべきフィリピンでの犯罪とは

実際にフィリピンに来た語学学校の生徒や旅行客はどのような犯罪に合うことが多いのでしょうか?実際に語学学校や旅行客から報告される事例を並べてみました。もちろん、下記に当てはまらない事例もありますが、日本人が出くわす犯罪やトラブルはほとんどこのようなものです。

(1)トランプ詐欺
トランプ詐欺とは、見知らぬ人から「自分の妹が日本に今度行くので日本人の友人を探している」とか「日本のことを教えて欲しい」ということを言って巧みに誘いかけ、自宅やその他見知らぬ場所に連れて行かれます。

その後、トランプを使ったギャンブルに誘われお金をだまし取られるというものです。セブ島に来る語学学校生の中にも騙される人がいるようです。特に手口としてはディーラーをしている知り合いの人がたまたま家におり、「絶対に負けることがないから一緒に知り合いの富豪相手に勝負をして儲けよう」という誘いを持ちかけられます。そして、最初はその通りに勝ち続けるのですが、最後に大負けし、その分の掛け金を払わねばならないと脅されます。

上記の流れを見ても分かるように、最初に知らない人についていかなければ防ぐことのできる犯罪です。いきなり現地の人に家に招待されたり、他の場所に移動しようと誘われた時は、一度自分の置かれている状況を疑ってみてください。

(2)睡眠薬強盗
睡眠薬強盗は、上記のように巧みに誘われた後などにドリンクに睡眠薬が含まれており、眠ってしまったあとに金品を盗まれてしまうという犯罪です。ここでも同様に、知らない人にはついていかないと基本を守ることが重要です。

(3)スリなどの窃盗被害

乗り合いバスのジプニー

乗り合いバスのジプニー

様々なケースがありますが、ジプニーに乗っている際に鞄から貴重品を盗まれたり、ダウンタウンなどの治安の良くない場所で高価な物を持ち歩いていてひったくりにあうなどのケースがあります。

セブ島の公共交通機関であるジプニーですが、車内は薄暗く、隣の人と密着しながら座ることもよくあります。そのように、最初から一部が接している状況では自分の持ち物が取られたとしても気付きにくいですし、スリを行う側からしたら絶好の環境であるので気をつけてください。

ジプニーの中でスリを行う人がよく使う手口としては、「小銭を落としてそれを拾ってもらう間に盗む」「1人がターゲットに話しかけ、反対側にいる人がスリを行う」「髪にガムがついているよ、と教え、その対処をしている間に盗む」などです。

仮に自分がすられたことに気づいた場合にも、犯人を自分で追いかけることは非常に大きな危険を伴うのでやめてください。

また、積極的な窃盗被害ではありませんが、よく留学生の間であるのが、タクシーの中に携帯を忘れてしまい、そのまま戻ってこなくなってしまうケースです。日本人の多くが持っているiPhoneはフィリピンにおいては高級品ですので、どこかに置き忘れたりした場合にはまず戻ってこないと思った方が良いので、気をつけてください。

(4)ストリートチルドレンによる窃盗
セブ市内で非常に多く報告されている犯罪です。道を歩いているとストリートチルドレン数名が寄ってきて取り囲まれます。そちらに気を取られている間に鞄の中などから貴重品が盗まれるという犯罪です。また、派生した手口としてゴミなどを投げつけられ、そちらに気を取られている間に貴重品を盗まれてしまうケースもあります。

これと類似の犯罪としては、単独、あるいは複数名の女性に”マッサージ”などと話しかけられながら、体を触れらた際に携帯を盗まれるパターンの窃盗も複数報告されています。

(5)現地人とのトラブルを起こした末、恐喝される
旅行客や語学学校の生徒の中には、現地のフィリピン人と口論などをトラブルを起こす人がいます。どちらが悪いかさまざまなケースがありますが、フィリピン人とトラブルを起こすと残念ながら外国人はかなり不利になります。警察などが間に入り、最終的には恐喝されるように示談金を請求されてしまうことがあります。

また、フィリピン人女性とホテルへ行ったところ、フィリピン人警官が部屋に来て脅されたケースや、極端な例ではクラブにて薬物の売買を持ちかけられ、購入した後にフィリピン人警官に「薬物を持っていないか検査する」と言われ、その後脅されてしまうケースなどケースなど、フィリピン人と警官(あるいはニセの警官)がグルであると考えられるようなケースも報告されています。

(6)モールで話しかけられ、話している間に窃盗の被害にあう
人の多く集まるセブ市内のモールの中で、フィリピン人に話しかけられ、話し込んでいる最中に貴重品を盗まれてしまうケースも多く報告されています。よくある話としては「自分たちの子供が日本の大学に行っているから話を聞かせて欲しい」などと話しかけて来る中年の夫婦が多いようです。特に、その2人に挟むように座られた場合には気をつけてください。片方と話し込んでいる間に、もう片方に貴重品を取られる被害が多いです。

フィリピン・セブ島の治安対策と犯罪に遭わないための心構えについて

上記のような犯罪に巻き込まれない治安対策と心構えについてここでは説明致します。

フィリピンへ行く際の心構えについて
あなたはフィリピンにおいては小学生並に無知で無防備である

あなたがもしフィリピンを訪れた場合に、あなたは小学生と同じくらいに無知で無防備な存在だと思いましょう。「自分は小学生並に無知で無防備である」という心構えをすることで普段の生活に注意し犯罪にあうリスクを減らすことができます。実際、フィリピンで犯罪に巻き込まれる日本人の多くはあたかも自分が日本にいるかのように行動している観光客や語学留学中の学生達です。まずは、自分がフィリピンのことはなにも知らないという心構えをしましょう。その心構えをした上で、下記のフィリピンでの治安対策を守りましょう。

 

フィリピン治安対策1 地球の歩き方を人前で開かない

地球の歩き方

観光客が集まる場所でこの行動をやっている人は犯罪者からするとまさにカモです。人前では地球の歩き方、もしくはその他観光ガイドブックを開かないようにしましょう。

また、携帯電話やタブレットなども治安のあまり良くない場所では見せないようにしましょう。それらは、フィリピンの一般の人から見ると非常に高価な物であるため、スリにあうリスクを高めることとなります。実際に、スリにあったケースの大半に置いて携帯電話が盗まれた被害です。

人前で携帯電話を取り出し、しまうことは、自分がどこに携帯電話をしまっているか周囲の人に教えているのと同じ行為です。

フィリピン治安対策2 知らない人に声をかけられてもついて行かない

なぜこんなことをわざわざ書くかというと、知らない人に付いて行く人がいるからです…。本当にやめてほしいのですが、知らない人に声をかけられてもついて行かないで下さい。知らない人について行かなければ、トランプ詐欺にも睡眠薬強盗にも遭いません。

新宿駅前や渋谷駅前で声をかけられてもついていかない人が、なぜか外国で見知らぬ外国人から声をかけられるとついていく事が有ります(もしくは気安く連絡先を教える)。声をかけてくる人が馴染みのない外国人だから油断するのでしょうか。そういったフィリピン人について行き被害に合った人の話を聞くと「フィリピン人は気さくな性格なので、急に話しかけてくることもあるのかと思った」という話をする人もいますが、いきなり知らない人に話しかけることは日本と同じくフィリピンでも普通はありません。

むしろ、観光客が集まる場所やショッピングモールで急に向こうから声をかけてくる外国人・現地人は基本的に「敵」だと思ってください。決して相手をしてはいけません。海外で見知らぬ人との偶然の出会いを期待されている人も中にはいるかもしれませんが、そういう出会いは基本的にないです。フィクションです。物語の中にしか存在しません。特に「娘が日本の大学に通っている」なんて都合の良い夫婦にショッピングモールの中で出会うことがあれば、その出会い自体を疑った方が得策でしょう。

もしそれでも何らかの出会いを期待しているのであれば、少なくとも観光客が来ない場所で、しかも裕福な現地人が集まる場所に行って下さい。補足すると、仮にそういう場所に行っても英語が満足に出来ないとまともなやり取りは出来ないので、英語が出来ない人にはこの案も全くお薦めしませんが。

フィリピン治安対策3 危険な場所には行かないで下さい

セブ島であればダウンタウン地区、また夜のマンゴー通りには近寄らないようにしましょう。語学留学で来る学生で犯罪に遭う人の95%はこの地区で犯罪に巻き込まれているのではないかと思えるほど、多くの語学学校生が犯罪にあっています。

ダウンタウン地区の観光名所、サントニーニョ教会やサンペドロ要塞を訪問する際には貴重品(スマートフォン・デジタルカメラなど)は持参しないで下さい。これはスリに遭う可能性が有るためです。地球の歩き方に載っているダウンタウン地域の市場、「カルボン・マーケット」も近寄らないようにしましょう。なぜ地球の歩き方はカルボン・マーケットを掲載しているのだろうか、と思えるくらいに治安の良くない場所です。

あなたはフィリピン・セブ島では「小学生並に無知で無防備である」という事実を再度認識して、どこか知らない場所に出かける場合には学校スタッフに確認して下さい。またこういうことを言うと必ず「俺はその危険な場所に行ったけど、平気だった」という人がいますが、彼らは運が良かっただけです。たまたま犯罪に遭わなかっただけです。つまり「確率」という言葉の意味を理解してこのような人たちの言葉には耳を傾けないようにしましょう。もしあなたが彼らの言葉を真に受けて危険な場所に行って犯罪に遭ったとしても、残念ながら、彼らは何も責任を取ってはくれません。

フィリピン治安対策4 海外だからと行ってハメを外さない

南の島に来てはしゃぎたい気持ちは分かりますが、ハメは外さないようにしましょう。日本で普段しないことはフィリピンでもしないようにしましょう。日本でクラブに行かない人はフィリピンでも行かないほうがよいです。犯罪に遭うのは慣れない場所で慣れないことをしている人です。また、女性は肌を露出する服装は控えましょう。

また、お酒の量にも気をつけてください。特に1人で帰る必要がある場合には、少し物足りないくらいで抑えておくのが良いでしょう。日本であれば、酔ってふらついた状態で帰途につくことがそれほど危険には結びつきませんが、フィリピンにおいてはふらついた状態で夜道を帰ることは大きな犯罪に巻き込まれる可能性を助長している行為で非常に危険です。

ハメを外しすぎて、フィリピン国内における違法行為に関わってしまうと、現地の警察官から脅され、高額の交渉代を支払わなければならないケースも報告されています。特に現在はドゥテルテ大統領の下、麻薬関連の犯罪に関しては非常に厳しい対応が行われているため、自身が購入するのは論外ですが、自分が何か関係してしまいそうな場合などにも気をつけてください。

フィリピン治安対策5 イヤホンをつけて歩く

これは語学留学をしている学生に向けて特別に記します。

イヤホンをつけて歩いていると不審者が近寄ってきても気付かない恐れがあります。また、フィリピンでは日本に比べ交通マナーがそれほど守られていないため、歩道にバイクが乗り上げて来ることもままあります。そういった時にイヤホンをつけていると警告のクラクションへの反応が遅れることもあり、非常に危険です。フィリピンでイヤホンをつけながら歩くことは自分を危険に晒すことと同義です。これは他の語学学校における過去のケースではありますが、イヤホンをつけて歩いている際に、自動車事故に巻き込まれてしまったケースもあります。

「留学中に歩いている時間を無駄にしたくない」という気持ちは分かりますが、安全の方を優先して下さい。日本はイヤホンをつけて歩ける数少ない国です。フィリピンは他の多くの国と同じで、イヤホンをつけて歩くことは勧められていません。イヤホンを使ったリスニング学習は安全が確保された場所でのみ行なって下さい。

フィリピン治安対策6 深夜の外出

午後9時以降の外出はお勧めしません。その場合はタクシーを必ず使用してください。フィリピンで夜に出歩くのは非常に危険なことです。とくに、ジプニーなどは利用せず、タクシーを利用する場合でも複数人で利用することをお勧め致します。また、タクシーに乗る場合は、タクシーのプレートナンバーの写真を撮っておくとさらによいです。

休日の夜間などは場所によっては車通りが少なくてタクシーがなかなか捕まらないこともあります。そういった場合でもホテルや宿舎に戻るのが遅くなりすぎないように、事前に出掛ける場所については十分に調べた上で出掛けるようにしてください。

フィリピン治安対策7 フィリピン人とは絶対に喧嘩をしない

フィリピンでは当然ながら日本人は外国人です。もちろん、外国人にもフェアであるべきですが、残念ながら発展途上国でそのような公平な制度を望むのは難しいです。仮に自分が悪くない場合でも出来る限りフィリピン人とのトラブルは避けるようにしましょう。トラブルを起こしてしまうと、せっかくの旅行や語学学校生活が台無しになりかねませんので、なにかトラブルが起きそうであれば、速やかにその場から去りましょう。

また、フィリピンはみなさんが思うよりも銃が流通している社会です。自衛のために銃を持っているタクシードライバーも多くいますし、建物の前に控えているセキュリティーガードなども多くは銃を持っています。先日、そのようなセキュリティガードの1人と言い争いになった人が、ガードの持つ銃で撃たれ、亡くなるという事件もセブで起きました。その場で命に関わる怪我をする可能性もあるので、特にセキュリティガードなど銃を持っている人とは喧嘩することは避けてください。

語学留学中の貴重品の管理について

以下では特に語学学校の留学者向けの貴重品の管理方法について説明致します。語学学校に行く予定の方は是非参考にしてください。

サウスピークの学内風景

サウスピークの学内風景

語学留学中の貴重品の管理について1 鍵付きのスーツケース、もしくは南京錠を持参して下さい

鍵付きのスーツケースの中に、もしくは南京錠で施錠したカバンの中に貴重品を管理するのが一般的な貴重品の管理方法です。部屋の中で貴重品が紛失しないように、盗難されないように施錠して管理して下さい。また、警戒心強い人の場合には鍵付きのスーツケースを囮にして、他に保管している人もいます。

語学留学中の貴重品の管理について2 人混みに行く際にはポケットに貴重品は入れないで下さい
人混みに行く際にポケットに貴重品(財布・携帯電話など)を入れたまま行くとスリに遭います。私は人混みに行ってポケットの中のものをスられたという話を聞くと、その人は馬鹿なんじゃないかと思ってしまいます。それくらいに迂闊な行動です。あと、満員のジプニー(乗合バス)には乗らないようにしましょう。ジプニー内でスリに遭った話もよく聞きます。短期滞在の人は基本的にジプニーに乗らない方が良いです。知り合いのフィリピン人か現地に慣れている日本人と一緒の場合だけ乗りましょう。

語学留学中の貴重品の管理について3 カバン・バッグは身体の前にかけましょう。
カバン・バッグは身体の前にかけましょう、もしくは手でおさえながらの横掛けしましょう。カバンを背負っているとスリに遭います。自分の目の届く場所でカバン・バックを管理しましょう。

フィリピンに行く前に購入しておくとよい商品

ホールドチューブ

ホールドチューブ: 海外で身軽に出歩く時にお勧めです。

bag

ショルダーバッグ: 背負うタイプのリュックよりもこちらの方がスリが近づいても気づいてきても安全です。ロックを2回かけられてるものがお勧めです。チャックやその他ロックで2回鍵できるものがお勧め。財布やスマートフォンの貴重品はカバンの奥にしまいましょう。補足すると、いくら良いカバンを選んでも外出している際に警戒していなければ意味が無いです。カバンは身体の前面に配置し、身体から離さないように意識しましょう。

語学留学中の貴重品の管理について4 日本とフィリピンの金銭価値の違いを自覚しましょう。
最後に、フィリピンと日本における金銭の価値の違いに関しても話しておこうと思います。フィリピンは物価が安いと聞くことは多いと思いますが、実際にどの程度日本と物価が違うのでしょうか。フィリピンの一般的な職業についている人の月収は3万円以下の人も多くいます。そのお金をやりくりして暮らしている人が多い状態ですから、日本人の観光客が何気無く持っているiPhoneや財布、1万円札などがどれほどの価値があるかは推し量っていただけるでしょう。こういった金銭の価値の違いも理解しておくことで、無自覚なうちに高価なものを見せつけ、余計な危険を招くような行為は控えるようになるでしょう。

以上紹介した内容を常に心がけて安全な留学生活、旅行を送って下さい。