普通の大学生は英語を勉強しているのか

こんにちは。元サウスピークインターンのHajimeです。大学生の皆さん、最近英語の勉強してますか?

僕はサウスピークを卒業した今でも継続的にやっています。今回の記事では「自分の大学の友人、他の大学に通う友人が実際に英語の勉強を行っているのか」、「もし就活が迫ってきたら、突然英語を勉強するようになるのか」などについて、実際に自分の友人達から話を伺うことができたのでそれについて書いていきたいと思います。

目次
千葉大学文学部、法政経学部のケース
法政大学国際政治学部のケース
東洋大学政治経済学部のケース
まとめ

千葉大学3年生は英語を勉強しているのか

千葉大学のhajime

千葉大学のTOEICの点数の平均は500点前後と一般の大学生平均よりは高いものの、就活で評価されるような点数ではないことは確かです。僕自身も入学した当初は470点と大学平均くらいの英語力しかありませんでした。

では他の千葉大学生は英語を勉強しているのか見ていきたいと思います。

文学部のケース

まずは、地方国立大学文学部の3年生。自分の友人達ですが、就活は迫ってきているものの、英語の勉強はいっさい行っていないとのことでした。

その理由を友人に聞いたところでは、英語の勉強をやったほうが良いのはわかってるんだけれどそもそも、アルバイト、サークル、大学の課題に追われてそれどころではないと話していました。

また、勉強をする必要もないと考えている人が多いような感じがしました。その理由としてはそもそも英語に興味がないし、将来にやりたい仕事も英語が関わるような仕事をするつもりがないからだそうです。

法政経学部のケース

では、他の学部に関してはどうでしょうか。少し意識高めの学生が多いと思われる、法政経学部の同期に話を伺ってみたところ、一応TOEICの勉強はすでに始めていて、目標は就活で評価される点数である730点が取れれば良いかなとのこと。

周りには何人か英語の勉強を始めている人もいるが、まだサークル活動も終わっていない人も多く、本気で勉強し始めている人は少ないとのこと。

また、千葉大学にはイングリッシュハウスと言う施設があり、外国人と英語を話す事ができる施設があるのですが、そこもあまり使われていない様子、、、。

僕は千葉大学出身ですが、他の人と比べて評価されるような人材にならないと就活では評価されないのではと思い、この大学を休学し、サウスピークで3ヶ月の語学留学をして470点から810点まで点数を上げることができました。

大学が提供している欧米の語学研修プログラムよりフィリピン留学の方がオススメ!語学研修で英語力の向上を実感できなかったhajimeさんの体験談

今後はこのサウスピークで培った英語力は、これからの就活でも評価されると思っていますし、何も勉強していない千葉大学の学生よりも圧倒的に社会から求められている人材になることができたと思います。

法政大学3年生は英語を勉強しているのか

法政大学3年生のケース

サウスピーク卒業生のkoheiさん

では、MARCHの私立大学の学生はどのような感じなのでしょうか。法政大学に通う友人に伺ったところ、国際系以外の学部の生徒以外はほとんどやっていないという話を伺うことができました。

実際大学3年生のこの時期ですからまだ就活も差し迫ってはいませんし、そもそも勉強するのも面倒くさいのでしょう。

しかし、やはり意識の高い学生達は英語の勉強をしていて、元サウスピークの卒業生で法政大学の方で、一年間休学し英語力を大幅にあげていった生徒さんもいらっしゃったのを覚えています。今は就活も無事に成功したそうです。

彼らと差をつけるためには休学をして英語力を大幅にアップさせましょう。就活に少しでも不安がある大学生は休学が良いおすすめです。

東洋大学の大学生は英語を勉強しているのか

経済学部4年生のケース

26週間で圧倒的な量の教材を終わらせて、TOEIC LR試験の点数だけでなく、英会話能力も高めてフィリピン留学を終えたShotaさん。

東洋大学の友人に聞いてみたところ、彼自身は英語の勉強をしているようです。やはり、そのほうが就活でも評価されますし、このままだとまずいという危機意識を持って英語の勉強をしているようでした。

しかし、彼の周りにはほとんど英語の勉強をしている人はいないとのこと。理由をきいてみると、単にめんどくさいから。4年生になって就活が目前に迫ってきても全く動じずに、英語の勉強をしていないそうです。

サウスピークに留学していた、東洋大学の学生は今年の就活で業界最大手の企業に就職された方がいらっしゃいますが、彼は休学を通して英語力を大幅にアップさせ、他の学生とは大きく差をつけることに成功しました。

東洋大学で今英語力が低かろうと、今から休学して英語力を上げることで、就活でも評価されるような人材になることができるでしょう。

まとめ

これまでに見てきたようにここに出てくる多くの大学生が英語を勉強していない中で、何処かで集中して英語を勉強してTOEICの点数を取ることによって、他の大学生たちと大きく差別化を図ることができ、就活でも評価されるような人材になることができました。ですので、もし、周りに英語を勉強していない人がいたら、むしろチャンスだと思って今からでも英語の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

時間がないのでしたら、半年から1年の休学をすることがおすすめです。多くの大学生が1年間の休学を行って「留学+海外インターン」や、「留学+世界一周」をして、大企業に就職するなど、成果を出しています。

成城大学を大学4年生で休学し留学+インドで海外インターンの後、一部上場企業に内定が決まったKaiさんの体験談

このサウスピークでは勉強に圧倒的に集中できる環境と何人もの成果を出している学習アドバイザー柴田が作った学習カリキュラムを使うことによって、効率的な英語の勉強を行うことができます。

面倒くさいからという理由で英語すら勉強をしていない同期の大学生達と差をつけるためにも、大学の早いうちから英語の勉強を行うことをおすすめします。

ノースキル文系プランの料金とお申し込み方法

参加条件

・大学生、もしくは第二新卒であること
・ノースキル文系と呼ばれても怒らない人(現実を受け入れることが大切です)
・2017年後期 2017年11月1日〜11月30日に期間にサウスピークに留学すること。
・2018年前期 2018年5月1日〜5月30日に期間にサウスピークに留学すること。

講座内容と料金

ノースキル文系プランはサウスピークの学校責任者の丸山が担当致します。

ノースキル文系プランはサウスピークの学校責任者の丸山が担当致します。

・就職活動対策(株式会社ネオキャリア様提供)
・学内OB訪問(サウスピークに留学している社会人にインタビューをして現実を知る)
・海外インターン(有給インターンを探す手伝いをします。)

講座費用:50,000円(ただし、留学期間が18週間以上の方は20,000円)

現在の英語力と留学期間

*TOEIC800点以上を目指す必要があるため、留学期間は現在の英語力に応じて定められています。
*ノースキル文系プランに参加できる生徒はオリジナル校での留学をお申し込みください。

現在のTOEICスコアと留学期間 留学期間 費用
TOEIC400点以下 27週間以上の留学 通常の留学と同料金 +20,000円
TOEIC400-495点 22週間以上の留学 通常の留学と同料金 +20,000円
TOEIC500-595 18週間以上留学 通常の留学と同料金+20,000円
TOEIC600-695 13週間以上留学 通常の留学と同料金+50,000円
TOEIC700点以上 8週間以上留学 通常の留学料金 + 50,000円

お申し込み方法

↓ 下記のお見積り依頼からお申し込みください。備考欄にノースキル文系と記述してください。
header_application

↓ 毎週東京、毎月大阪で説明会も実施中です(ノースキル文系プランについても説明致します)

説明会バナー

100万円ぴったりでで半年間留学できる「100万円留学プラン」との併用も可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
NagasakaHajime
  • twitter

NagasakaHajime

日本文学専攻、大学2年生(休学中)。将来の目標はWEBを使って日本文化を海外に発信すること。インターンとして、WEB記事作成と英語をサウスピークで学んでいる。ツイッターのアカウントは@hanamogera02132