英語学習について日本人に最も伝えたいこと2つのこと

最初に、英語を学習している日本人に最も伝えたいことが2つあります。

  1. TOEIC 900点はたいしたことがない
  2. 完璧な英語でなく、第2言語としての英語という考え方。

まずはこれらについて説明していきます。

TOEIC 900点はたいしたことがない

TOEIC試験のためにまともに学習する前の私は、900点以上とれる人というのは「帰国子女」もしくは「英語圏の学校への留学経験者」、そうでないとしても猛烈に勉強している人だろうと思っていました。

当時『海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点―新TOEICテスト対応』という本が書店に並んでいたのを覚えています。「TOEIC900点というのはそれだけで本を書くことができるくらいにすごいことなのか」と、昔の私はすっかり誤解していました。実際、TOEIC試験の受験者の上位2?3%しか900点以上を取得していないのも事実です。

ところが、私はTOEIC900点を獲得してしまいました。そして、まず思ったことは「えっ、こんなにあっさり達成できるものなんだ」ということでした。TOEIC試験の勉強を本格的にする前の私は「最低限860点は到達したい。もしうまくいけば900点を獲得できるかもしれないけど、基本的には無理だろうな」と考えていたのですが、この考えは自分が思いのほか簡単に900点を取得したことで覆りました。

詳細は後ほど記していきますが、TOEIC試験向けの参考書も片手で数えられるくらいしか、ちゃんとやっていません。TOEIC試験の勉強を本格的にはじめる前に私はTOEIC900点を達成することができたのです。そしてまた、これから2?3 ヶ月ちゃんとReading Part の対策をすれば、TOEIC満点の990点も取れるだろうと思っています。帰国子女でもない、また英語圏の学校にも行っていない自分でも満点が取れそうだと思えるくらいなので、TOEIC900点は本当にたいしたことはありません。

私の主観になりますが、大学受験時に英語をちゃんと勉強した人であればTOEIC900点は半年から2年で到達可能な点数だと思います。なおこれも詳細は後ほど記しますが、900点の取得が義務づけられていないのなら、TOEICは860点も取ればそれで十分だと私は考えています。

最後にもう一度言います。TOEIC 900点はたいしたことありません。だから自分に英語習得は無理だなどと、勉強する前からあきらめないでください。

 

完璧な英語でなく、第2言語としての英語という考え方

なぜだか分かりませんが、日本人は英語を学習する際に「失敗をしてはいけない」「Native English Speakerのように完璧な文法でペラペラと話せないのは恥ずかしい」と思い込んでいるように思えます。事実、過去の私もそうでした。失敗を恐れるあまり英語を話すことをしないばかりか、Twitter上にさえ、自分の拙い英文を投稿することを恐れていました。

最初に結論を言いますが、帰国子女でもない日本人がNative English Speakerのように完璧な英語、完璧な発音と豊かな語彙を使いこなすことはほぼ不可能です。私は純日本人で後天的に完璧なNative English Speakerと同程度の水準に達した人を誰も知りません。そしてまた「発音と文法が完璧でなければ英語を話すべきではない」「些細な間違いが気になって仕方がない」と考えている人は一生英語はできるようにならないと、ここで断言します。

そして英語が出来ない人ほど「完璧な発音に固執する」「些細な発音の間違いを気にし続ける」ということもまた事実です。

 

さてここでひとつ、Youtubeに掲載されているお勧めの映像を紹介します。

 

これは日本語を学んでいる外国人の女性の映像です。彼女の日本語には細かな間違いが見られます。でも十分に理解できるものです。彼女は第2言語として日本語を使いこなしています。私たちが英語学習において目指すべき水準は、彼女の日本語の水準です。

英語学習においては、最初に「間違っちゃいけない」「完璧な英語を話さなければならない」という完璧主義は捨て去ってください。そして、まずは相手が理解可能な水準(相手に通じればOK!)を目指しましょう。完璧主義はそれからでも遅くありません。この「第2言語としての英語」という考え方は多くの日本人の英語学習者に欠けている点なので、しっかりと理解してください。とても大切な考え方です。

私は勝間和代さんが英語を話している映像を見たことがありますが、日本人の場合は彼女くらいの英語を話せればそれで十分だと思います。彼女も英語は20歳を越えてから学習を始めたため、かなり日本人訛りがある英語を話します。しかし立派な内容のある英語を話していますので、これで何の問題もありません。

 

(2013年12月11日追記)

第2言語として十分だと思われる日本人の方の英語スピーチ動画も紹介します。

 

英語スピーチの原稿は下記のリンク先で紹介しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
柴田 はるじぇー @HAL_J
  • twitter

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」