『英語上達完全マップ』は英文読解の正当な学習方法

TOEIC試験でA level入り(860点以上)を果たすためには、また英会話でまともな文章で話すためには、英語の基礎力は欠かせません。基礎力がなければ、いくら英語を学習してもめちゃくちゃな文法のBroken Englishでしか話せません。

そしてまた、TOEIC試験でListeningの成績はよいが、Readingの成績が伸び悩んでいる人はこの英文読解学習が不足しているのだと思います。読解力とそれを支える文法力がなければ上級者には決してなれません。

私は現在TOEIC試験で900点を超えていますが、特にReadingの対策はしませんでした。対策しなくてもよかったのは、大学受験時にみっちりと読解と文法について勉強したためです。そんな私ですのでTOEICを初めて受験した際には何も対策をしなくても600点を超える点数を取得していました。

そしてこの本を読んでいるみなさんには、TOEICで最低600点を超えるまではしっかりと英文読解を通じて英語の基礎能力を向上させてほしいと考えています。

以上を踏まえた上で、英文読解向上のためのWebsiteと参考書を紹介します。書籍とWebsiteはほぼ同じ内容です。手元に書籍が必要という人以外はWebsiteで内容を確認するだけで十分です。

ここで紹介されている勉強法はまさに正当な学習方法です。かなり大変に思えるかもしれませんが、結果としてはこれが最短にして正しい学習法だと私は思います。

特に「ひとつの文章を100回音読すること」を推奨している「音読パッケージ」なんて、本当にこの通りに実行する必要があるのかと思えるかもしれません。けれども私自身の学習履歴を振り返ると、私は100回音読を実際にしました。私が学生時代に流行っていた本、『「超」勉強法』 (野口悠紀雄著、講談社文庫)においては、英文を20回音読することを推奨しています。私はこれを自身の勉強に取り入れ、復習を含めると100回くらい音読していました。その結果、音読していた文章をほぼ丸暗記するまで読み込みました。

100回音読することによって英語を日本語に翻訳することなく、英語を英語のままで理解することが出来る「英語回路」が出来ます。この回路がないとこれから紹介する英語学習法も効果を発揮しません。まずは大変でしょうがこの回路を作ってください。次の記事で紹介する英語参考書を2冊終わらせる頃にはこの回路が頭の中に出来ていることでしょう。

英語上達完全マップ』は英語学習の専門家がお書きになっているだけあって、学習の仕方や参考書について詳細に記されています。英文読解の学習方法の詳細はこちらをご参照ください。ここまで詳しく書かれた記事が公開されていると、正直言って私はもう書かなくても良いかなと思えてきます。

この『英語上達完全マップ』で読解学習をする際に、私が【発音】と【英単語】の記事で紹介した方法、Phonics語源暗記法と組み合わせて行うととても効果的です。また、『英語上達完全マップ』で紹介されている瞬間英作文については、後で取り上げますのでそちらもご参照ください。

英文読解学習の目安について記しておきましょう。TOEICの点数が600点を超える水準に到達したら、次章「英語実践編」にお進みください。また、TOEIC860点を超えるまではこの英文読解の学習を続けてください。600点を超えるまでは特に大変だと思いますが集中して学習してください。ここが踏ん張りどころです。600点を超えたくらいから英語学習が楽しくなります。

もし心がくじけそうになったときには、下記で紹介するWebsiteを参照ください。実際に『英語上達完全マップ』を実践して素晴らしい成果を上げた人がそこにいます。

次の記事では音読学習の重要性について記します。