英英辞典を使う。英語を使って英語を学ぶ。

英英辞典を使う。英語を使って英語を学ぶ。

TOEIC試験で600点を超えるくらいの実力がある人には、そろそろ英和辞典の使用をやめて英英辞典を使用することをお勧めします。「英語を学ぶ際には英語で学ぶ」。あなたはもうこのことができる段階に到達しているはずです。

できるだけたくさんの英語に触れる。たくさんの英語表現を学ぶ。このことがあなたの英語力を高めます。英英辞典はたくさんの英語に触れるのに最適の道具です。また英英辞典でたくさんの英語に触れて英文に慣れておくことが、後ほど紹介する英語書籍を読む準備になります。

私は英英辞典を常に携帯して、空き時間があればひたすら単語帳に登録した英単語を読み込んでいます。私が使用している辞書はSIIの『SR-G6000M』という小型の英英辞典です。そして英語の学習を集中して行った2009年の間はずっとこの辞書を携帯し続けていました。

New Yorkの地下鉄に乗っている際にはいつもこの辞書とにらめっこしていました。またBoarders(米国の大きな本屋)のCaféでもいつも英単語の暗記をしていました。こういう地道な積み重ねのおかげで英文を読む力を身につけることができたのだろうと、今振り返ると思います。

…と他人事のように書いていますが、いま現在も英英辞典の読み込みは変わらず続けています。学べば学ぶほど新しい英単語に出会います。ですから辞書での学習は一生終わることがないと思います。そしてまた日本語の辞書も私はいまも引き続けています。語学の勉強というのは、このように一生続く学習だと思います。

ここで、私が使用している電子辞書とその後継機の電子辞書を紹介します。

  • 私が使っている辞書『SR-G6000M』(セイコーインスツル株式会社)

  • その後継機『SR-G7001M』(セイコーインスツル株式会社)
    →後ほど別の記事で詳細説明しますが、PASORAMAが搭載されています。

英英辞典はこれからとても長い時間一緒に過ごすことになる戦友のような存在です。自分に適した辞書を選んでください。私が使用している『SR-G6000M』は小型で携帯しやすい点が良いです。ワイシャツの胸ポケットに入るくらいの小ささが気に入っています。

また私はiPod touchを使ってiPhone APPにある英英辞典をいくつか使ってみましたが、iPhone/iPod touchの仮想Keyboardでは打鍵しづらいという問題があります。物理Keyboardを持つ SR-G6000Mのほうが圧倒的に使いやすいのです。

そして本当にたくさんの回数辞書を引くことになるので、iPod touchやiPhoneで代替するのではなく、ちゃんと電子辞書を購入することをお勧めします。iPhone APPはあくまで予備の辞書として私は使っています。繰り返しますが辞書は本当に長い時間使うことになるので、自分にあった辞書を選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
柴田 はるじぇー @HAL_J
  • twitter

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」