瞬間英作文をTwitterで実践する

瞬間英作文をTwitterで実践する

先の記事で紹介している瞬間英作文の参考書をどれか1冊でも終わらせたら、すぐに瞬間英作文を実践してください。

瞬間英作文の実践場所としては、最初はTwitterがよい場となります。あなたが何を考えているのかを英作文にしてTwitterに投稿してみてください。またiPhoneなどのSmartphoneがあれば空き時間にも気軽にできます。これはとてもよい学習になります。

なぜTwitterに投稿するのかといえば、緊張感維持のためです。「瞬間英作文を学習しています! そしてTwitterに英文を投稿しています!」とあなたが英語を勉強していることを知っている人に宣言してください。誰にも知られずに一人で瞬間英作文をやっていると緊張感がなくあまり続かないと思います。

また、この学習方法はすでに何人かの人が実践している学習方法です。私のFollowerさんの中にも英語専用のTwitter Accountを作成して、英語Tweetを続けている人が何人もいます。かくいう私もその一人です。

瞬間英作文を実践し始めた際に、あなたは思った以上に自分が英作文をできないことに気づくことでしょう。しかし大丈夫です。最初はみんなそんなものです。そして数ヶ月も英語Tweetを続ければ、たいがいのことを英語で表現できるようになります。

この段階になってから英会話学校に行けば効果的です。逆に瞬間英作文もままならない状態で英会話学校に行っても、講師の言ったことを繰り返す九官鳥にしかなれません。ですからまずは英作文を日常的に作ることを始めてください。そうすれば自分に何が足りないのかがよく分かります。自分に何が足りないのかに気づくと、そのことについて学びたくなります。この一連の流れがあなたの英会話能力を飛躍的に向上させます。

「Twitterに自分の下手な英文を投稿するなんてとんでもない!」と思う人にここでひとつ助言をしておきます。英文Tweetで間違った英文をTweetしても誰も気にしません。私は自分から「失敗を指摘してほしい」と言ったとき以外に英語の間違いを指摘されたことはありません。「その文章/単語はおかしいです」という指摘は私はこれまでの人生において「日本語を話しているときに、日本人からしか」指摘されたことがありません。日本人は間違いを気にしすぎる国民性を備えているのかもしれません。

英語はあなたの第2言語ですから失敗して当たり前です。完璧な英語なんて純日本人だと一生かかっても九割九分九厘の人が話せません。だから気にせずにどんどんたくさん失敗してください。たくさん失敗すればするほどあなたの英語力は向上します。

ここで英文Tweetをする際にひとつ注意しておいてほしいことを記します。もしあなたが自分の英文Tweetを「日本人」、正しくは「英語を学んでいる日本人」にのみ読んでほしいということであればこれから先の文章は読む必要はありません。でもそうではなく「日本語を理解できない人たち」にもあなたの英文Tweetを読んでもらいたい場合には、私は英語専用のTwitter Accountを作成すべきだと考えています。

想像してみてください。もしあなたがハングル文字やアラビア文字で埋まったWebsite、つまり一文字も理解することができないWebsiteにたどりついた場合の事を。もし1文字も理解出来ないのであれば、Pageを開いた瞬間に閉じるのではないでしょうか。このことは日本語を理解できないNative English Speakerにとっても同様に当てはまります。彼らが日本語で埋まっているPageにたどりついたら、すぐにPageを閉じてしまいます。

ここで、このことに関連したブログの記事をひとつ紹介します。

中盤以降に注目すべき一文があります。

「joshsharp: 正直、多分デフォルトの日本語テキストがちょっとだけユーザーをビビらせたと思う」

ふぁぼったー」というTwitterのServiceは当初日本語が表示されていたために、日本人以外のTwitter使用者から敬遠されて、結果的に海外の利用者を獲得することができなかったのです。

私はfacebook(米国版のmixi)を使っていますが、そこでは英語ですべての文章を書いています。これも先ほどの考えがあるからです。あなたがもしTwitterで「日本語を理解できない人たち」と英語で意思疎通をしたい場合には、自己紹介欄も含めてすべて英語で書くべきだと思います。

私としてはせっかく英語でTweetするのだから、世界中の人たちとTwitterで交流したほうがよいと思います。ですから日本語Accountとは別に英語専用Accountを作ることをお勧めします。以上がTwitterで英文Tweetをする際に注意することです。

Twitterについて十二分に活用したいと考えている方には以下の書籍をお勧めします。分かりやすくて読みやすい本です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
柴田 はるじぇー @HAL_J
  • twitter

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」