フィリピン系Online英会話は英語教育だけでなく、日本の教育を根こそぎ変えてしまうかもしれない。

上の記事をTogetterに投稿したところ、とても反響が大きかったので、改めてOnline英会話の可能性についてこの記事で紹介します。

最初にOnline英会話がこれまでの英会話学校と比べてどういう点で優れているのかについて3つの視点から紹介します。

  1. 料金が安い
  2. Skypeが使える
  3. たくさんの講師の中から、自分が関心のある分野について詳しい教師を選ぶことが出来る

以下、順番にこれら利点について紹介していきます。

利点(1)料金が安い

すでにご存知の方も多いでしょうが、「毎日25分話しても5,000円。毎日50分話しても8,000円」というように、安いです。これまであった英会話学校に通うよりもずっとずっと安いです。

利点(2)Skypeが使える

Online英会話では通常Skypeを使います。そしてSkypeの文字チャット機能を使えば、文字を使ってやり取りできます。この機能を利用すれば、聞き取りにくかった際には筆談できます。

そしてまた、英語で書いた文章の添削をしてもらえます。授業の前に添削してもらいたい文章を準備しておけば、Online英会話の最中に添削をしてもらえます。つまり、Online英会話を日本にはほとんどない"英作文"学校として利用出来ます。

ただまあこれらについてはやろうと思えば従来の英会話学校でも出来たのでそれほど画期的という訳ではないですね。実はSkypeを使うことで次に紹介する利点(3)が実現できる事の方がずっと凄いです。

利点(3)たくさんの講師の中から、自分が関心のある分野について詳しい教師を選ぶことが出来る

これこそが既存の英会話学校では実現するのが難しい、けれどInternetを使えば実現できる素晴らしい利点です。

多くの人はまだピンとこないかもしれませんが、この第3の利点が本当に凄いです。この利点のおかげで「英会話を学ぶ」だけでなく、「英語で自分の関心のある分野について学ぶ」事が出来るようになりました。

しかもOnline英会話では教師は1対1で教えてくれるので、英語さえ分かるのならば、日本人の家庭教師を雇うのより遥かに安く、数学や科学といった専門分野について学ぶことも出来るのです。

大体さ、国立の歯学生とか、薬学生とか公衆衛生、物理学科、数学科の先生がエイカイワを教えているとか完全に才能の無駄遣いだろ・・・ Twitterより

@takasuka_tokiさんが上記のように言っているように、フィリピン大学というフィリピンの一流大学の学生から、英会話だけを学ぶのはもったいないです。せっかくですから自分が関心のある分野について英語"で"学んでみてはいかがでしょうか。

この「利点(3)たくさんの講師の中から、自分が関心のある分野について詳しい教師を選ぶことが出来る」が実現したことでまさに私たちは『フラット化する世界』で生きなければならないのだなと強く感じました。

10年後くらいにはフィリピン人に"英語"で数学や科学を習う、そんな生活が当たり前になるかもしれません。私は「破壊的イノベーション」であるフィリピン系Online英会話がもたらず可能性、日本の英語教育だけでなく、その他の教育も一変させてしまうかもしれない可能性について本当にワクワクしています。

関連書籍の紹介

この記事内容についてさらに詳しく知りたい人は下記の書籍がお勧めです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
柴田 はるじぇー @HAL_J
  • twitter

柴田 はるじぇー @HAL_J

セブ島にある語学学校サウスピークの英語学習アドバイザー。著書に「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン留学」「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」