社会人がフィリピン留学・セブ島留学する5つの意義

最近では英語の必要性に駆られている方も多く、英語学習をサポートしてくれる機会も日本国内で多くあります。そういった中でわざわざ飛行機代を払い、セブ島まで留学することにはどういった意味があるのでしょうか?

特に、大学生であれば、外国に行く経験の1つと捉えることもできるかもしれませんが、社会人の方であれば、留学することによる実利が欲しいところです。

本記事では、社会人がわざわざセブ島留学に来る5つの意義に関して考察しました。

(目次)

1. 時間の捻出
2. 学習環境
3. 発音矯正
4. speaking
5. コミュニティーの価値
日本で英語学習をする場合には

社会人の方にわざわざ時間を作ってセブ島に留学してもらう意義としては、時間の捻出、学習環境、発音矯正、Speaking、コミュニティーの価値、と大きく5つあると考えています。以下ではそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

1. 時間の捻出

わざわざ忙しい合間を縫ってまでセブ島に英語の勉強にすることの意味は、その方が勉強できるから、という思いの外シンプルな理由になるでしょう。「勉強できる」は様々なことを含有していますが、特に効果的であるのは学習時間の捻出に関してです。

これは語学を学習する上での大原則ですが、語学力=学習効率×学習時間という構図が成立します。

この関係を見たときに、まず「学習効率を高めることが重要」が重要です。

短期留学などでは、学習時間自体は多く確保できません。ですがサウスピークでの学習を通して「効率の良い勉強法」を知ることができます。ですので、1週間の短期留学でも「学習法」という後々の財産を得る事が出来ます。

次に「学習時間」ですが、語学を習得した人と習得できない人の間には膨大な学習時間の差があり、学習時間を確保することこそ語学習得への近道です。

サウスピークでは生徒の方々に学習時間を確保してもらうために様々な工夫をしています。


食事、洗濯、掃除を代行してくれるフィリピン人スタッフ

宿舎一体型の校舎は生徒の方々を移動による時間のロスから自由にしてくれますし、1日3食の食事提供、洗濯、部屋の掃除をフィリピン人スタッフが代行してくれるので、留学期間中は起きてから寝るまで、英語学習に全ての時間を費やすことができるように設計されています。

勉強したいことはたくさんありながらも日常の雑務に忙殺されて、気がつけばまた1日が終わってしまっている…このような日々を過ごすこともある社会人の方であれば、100%英語に時間を使うことのできる環境は喉から手が出るほど欲しているのではないでしょうか。

2. 学習環境

周りの環境に自分のパフォーマンスが左右されてしまう。
特に社会人の方であれば、痛感していることではないでしょうか。

自分自身で思っている以上に、勉強する際の環境というのは結果に大きく影響します。

サウスピークでは生徒の方の平均学習時間は1日10時間です。この学習環境を確保できているのは、本気の人しか集まらない場所であること、こなすためには1日10時間程度は勉強する必要がある学習マニュアルの存在によるところが大きいでしょう。

また、仕事を通して自分の学習方法を体得している社会人の方は効率よく学習することは上手い方が多いですが、同じ校舎の中で体力にものをいわせて長時間勉強して語学力を伸ばしている大学生の存在が刺激になったとおっしゃる社会人の方も少なくありません。

このようなストイックな環境に身をおくことで、日本ではついつい怠けてしまいがちな方も周りに引きづられるように学習に打ち込むことが可能です。

3. 発音矯正

社会人の方で実際に仕事の中で英語を使用している方でも、自分の発音に自信のある方はそれほど多くはないのではないでしょうか?

サウスピークではマンツーマンレッスンでの発音矯正レッスンを受けることが可能です。

フィリピン人に英語の発音を習うなんて、と思われる方もいるかもしれませんが、彼ら彼女らは英語講師として非常に優秀です。確かに、英語のネイティブスピーカーではありませんが、セブにはアメリカ企業のコールセンターが設置されるなどその英語力の高さには定評があります。

発音矯正を適切に指導するためには2つの能力が必要となります。

1つは生徒の発音を正確に聞き分けることのできる、英語のリスニング力です。この点、フィリピン人は映画館でも字幕なしで最新の映画をほぼ完璧に理解することができ、英語の発音を聞き取る能力は非常に高いです。

さらに発音の仕方を説明する技術も必要です。聞き取った生徒の発音と正しい発音の差を埋めるためには、どのように口の形を作り、舌を動かすべきか具体的に指導しなければなりません。この説明する技術に関しては英語を流暢に話せる全てのフィリピン人が持っている能力ではありませんが、サウスピークでは講師への研修を通して、獲得してもらっています。

この発音の方法を説明する技術に関しては、サウスピークのフィリピン人講師が多くの英語のネイティブスピーカーの講師よりも優れている点でもあります。


単なる”Repeat after me(私の後に真似して)”を遥かに上回るレベルのレッスンを提供しています。

私たち自身のことを考えてみれば分かることでもありますが、私たちは日本語を流暢に話すことができますが、日本語の発音指導などは専門の訓練をしていなければどのようにすればいいか検討もつかないでしょう。つまり、ある言語のネイティブスピーカーであることがその言語に関して良い講師であることは保証してはくれません。

もちろん、英語のネイティブスピーカーで専門的な知識を持っている講師もいますが、そのような講師のレッスンをマンツーマンで受けようとするとフィリピン留学と比べて非常に高額な授業料を払う必要があります。

また、欧米への語学留学の基本的な授業形式は10人程度のグループに1人の講師で行うグループレッスンですが、このような授業形式は発音矯正には全く適切ではありません。

発音矯正では、「自分の発音と正しい発音の違いを指摘された上で、近づけようとする試行回数」が何よりも重要になってきます。そう考えると、自分の他にも多数の生徒がいる状況では、正しい発音を身につけるために必要なトライ&エラーの回数を確保することは難しいでしょう。

語学留学を自分への投資と捉えた際に、授業の質と値段の両面において、サウスピークでの発音矯正はその他の選択肢と比較して非常に効果的な投資であると言えるでしょう。

4. speaking

特に仕事で英語を使うことも視野に入れている社会人の方が伸ばしたいのがスピーキング力ではないでしょうか。

現在ではskypeなどで海外にいる人々と簡単にコミュニケーションも取れるようになり、会議に参加しなければならない場合もあるでしょう。

ですが、伸ばすのが難しいのがスピーキング力でもあります。

スピーキング力を伸ばすためには「質のよいインプット×試行回数×フィードバック」が必要です。これらの要素を自分で全て整えるのは至難の技ですが、サウスピークであればすでに揃っています。

何か自分の言いたいことを伝えるためにはまず英単語や、言い回しなどを知っておく必要があります。英語は急に話せるようになるわけではなく、こういった知識を少しずつ蓄えていく中で話せる内容の幅が広がっていきます。

そのため、インプットする知識の質はスピーキング力の伸びを大きく左右しますが、サウスピークでは日本国内で使用されている日本語の有名参考書を使用するため、参考書の質が保証されている上に、学習もしやすいです。

また、マンツーマンレッスンでは実際に自分が話す時間も十分に確保できますし、グループレッスンの形式では難しい細やかなフィードバックを行うことが可能です。また、TOEIC L&Rにて600点以上の方は校舎内で英語以外の使用が禁止されているサウスピーク日本語禁止校に留学することで、英語を使う時間を飛躍的に伸ばすことが可能です。

5. コミュニティーの価値

社会人の方にとって見逃せないのが、サウスピークのコミュニティとしての価値です。

忙しい仕事の合間を縫って、あるいは転職期間にわざわざフィリピンまで語学留学をしに来る社会人の方は日本全体で見るとまだまだ稀有な存在です。

その中でも本気留学を掲げているサウスピークを選ぶ方々となると、英語への意欲、目的意識が非常に高い方が多いです。

また、海外で勤務している中で発音矯正のために短期間サウスピークに留学している方も珍しくないので、今後海外での勤務も考えている方は、実際に目標としているキャリアを歩んでいる方からお話を伺う機会も得ることができるかもしれません。

↑ある時期にサウスピークへと語学留学で集まっていた方々の一例です。

これだけ英語と真剣に向き合っているコミュニティを日本国内で見つけることはかなりの困難を伴うでしょう。

一度このようなコミュニティに入ると、留学後も自分と同時期にサウスピークへと留学していた方々の活躍を見て、自分のモチベーションを湧き立たせることも可能です。

日本で英語学習をする場合には

ここまで、社会人の方でも時間をとってセブ島留学することの意義に関して話してきました。上記のようにメリットが大きく、学習環境としては整っているサウスピークへのセブ島留学ですが、やはり時間を確保するのが難しい方も多いでしょう。

そういった方には、サウスピークでの学習メソッドを日本へと逆輸入したエングリットをおすすめします。語学力を伸ばすためにはある限られた期間にそれなりの学習強度で学習を繰り返すことが必要ですが、エングリットであればパーソナルトレーナーが学習速度、強度を適切にコントロールしてくれます。

さらに6月下旬にはサウスピークのサウスピークの最優秀フィリピン人講師陣が来日予定であり、エングリットにおいてもセブ島のサウスピークで実施しているのと同内容の発音矯正の授業を受講することが可能になります。
エングリットー2倍速で学べる大人のための英語塾

なお、現在エングリットでは新規申込み者を対象としてセブ島にあるサウスピークでの1週間の留学を無料でプレゼントしています。「1週間であれば時間を確保できそう…」という方、こちらのキャンペーンに興味のある方は下記のリンクも参照してみてください。

1週間のフィリピン・セブ島留学を『無料』プレゼント!〜エングリット新規申し込み者が対象〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

執筆者
Shun
  • twitter
  • facebook

Shun

サウスピーク・ウェブマーケティングインターン。医学部医学科5年生(現在休学中)。インターンの傍でIELTs7.0以上取得、イギリス留学を目標に英語の勉強も継続中です。Twitter IDは@shun_taro_san