フィリピン留学の魅力(1)他国にはないマンツーマンレッスン!

image002

フィリピン留学の最大の特徴として長時間のマンツーマンレッスンが行えるということが有ります。

従来の欧米留学では、ネイティブスピーカーの講師1人に対して、生徒10〜20人で構成されるグループレッスンが一般的でした。しかし、生徒一人当たりの発言機会は少なく、せっかくアメリカに来ても授業中にアメリカ人講師と話す時間も多くありませんでした。

それゆえ、『アメリカ・カナダへの語学留学で1年間に300万円の費用を使ったけれど、現地の人達(Native English Speaker)とは話す機会はあまりなかった。話していたのは自分と同じ外国人留学生ばかりだった。だから英会話は今でもほとんど出来ない。』という留学失敗談を数多く聴くことがありました。

その点、フィリピン留学では英語講師も安く雇えるため、多くの語学学校が1日4〜6時間のマンツーマンレッスンを提供しています。中には、1日当たりのマンツーマンレッスンを、最大10時間としている語学学校も存在します。そのため、欧米留学に比べて英語を話す機会が圧倒的に多いのです。この長時間マンツーマンレッスンによって、「話す」能力を伸ばせる、と注目されています。

フィリピン留学の魅力(2)圧倒的なコストパフォーマンス!

2つ目の魅力は、欧米留学よりもフィリピン留学は費用の面で、圧倒的に抑えられるということです。
表003

アメリカ・イギリス・オーストラリアへ3ヶ月留学した場合、授業料・往復の航空券・VISA・住居費を合計すると100万円を越えます。特にアメリカの費用が高く約150万円になります。カナダ留学のように、学生寮を使用すれば料金は多少抑えられますが、それでも3ヶ月で100万円近くかかります。なお、ホームステイの場合、食費がさらに発生してこの料金よりも高くなる可能性があります。また、住居と学校が離れている場合には通学費も別途発生します。欧米は先進国のため、交通費・生活費は、日本と同等、もしくはそれ以上かかると考えておくべきです。加えて現在円安が進んでいるので、生活費はどんどんと上がっています。

一方、フィリピン留学では、留学費用は往復の航空券代・宿泊費を含めても、70?80万円まで抑えることができます。多くの語学学校は、学校に寮が併設されており、宿泊費込みの留学費用です。通学する必要もありませんし、食事は3食提供される学校もあります。その場合、食費・交通費は最小限に抑えられますし、家賃は発生しません。たまに外食する場合でも、フィリピンは発展途上国で物価もとても安いため、出費は可能な限り安く抑えることができます。

また、お手伝いさん(通常は語学学校のスタッフ)が炊事洗濯掃除等、生活に必要なことを全て行ってくれ、さらに同じ敷地内、同じ建物内に校舎と宿舎が併設されている語学学校も多く、「通学時間も限りなくゼロに近くなる」ことが多いです。つまり、「本当に英語学習だけしかしなくて良い」生活を送ることが可能だと言うことです。

これだけ費用が押さえられる上に、英語学習でも高い効果が見込めます。費用対効果でいえば、フィリピン留学の方がよほど良いと言えるでしょう。
image003

フィリピン留学の魅力(3)南国リゾートライフを満喫!

3つ目の理由はフィリピンが所有する豊富な観光資源についてです。フィリピンの気候は温暖で、綺麗なビーチが世界的にも高く評価されています。

MINOLTA DIGITAL CAMERA

MINOLTA DIGITAL CAMERA

人気のアクティビティ、アイランドホッピングでは、島々をボートで巡ります。

image005

パラワン島・エルニド。世界有数の代便スポットとして、高く評価されています。

以上3つの理由から現在フィリピン留学は注目されています。

(次の記事へ)詳細な留学費用の確認
(書籍無料プレゼントページへ)電子書籍プレゼント(リンク先ページにて無料プレゼントキャンペーンを実施中)
電子書籍プレゼントバナー