フィリピン留学の特徴であるマンツーマンレッスン

フィリピン留学の特徴であるマンツーマンレッスン


前項ではざっくりと留学費用に関して紹介しましたが、この項ではさらに詳細に費用を見てみましょう。

詳細な費用

フィリピン留学ではほとんどの学校が授業の提供と寮やホテルでの宿泊施設の提供を合わせて行っています。そのため授業料の中には宿泊費用が含まれています。宿泊費用込みの授業料、その他の生活費共に他の3国で留学した場合と比べて圧倒的に安いです。

さらに授業料について補足すると、フィリピン留学は基本的マンツーマンレッスンの授業ですが、アメリカ・イギリス・オーストラリアの授業は、1クラスが10〜18人でのクラスで授業を1日 5時間程度受けた場合の料金です。マンツーマンレッスンの授業と10人以上の複数人で授業をする場合の学習効率を考えるとさらに授業料に大きな差があることが分かります。

アメリカ、イギリス、オーストラリアの生活費の中には宿泊施設での滞在費を含んでいますが、食事が3食提供される施設はほとんどありません。そのため自炊か外食をするための費用が追加で必要となります。施設によってはキッチンの使用が不可の場合もあるため、事前の確認が必要です。また外食の費用が高い国もあり、例えばイギリスではランチにファーストフード店で簡単な食事をする場合でも、ランチだけで1,000円程必要となります。その点フィリイン留学では、物価と人件費が安いため夕食に日本人経営の日本食料理屋で定食を食べても1日の食費は1,000円前後で済みます。

VISA料金に関しては、オーストラリアは3ヶ月までは観光ビザでの留学のため料金が安くなっています。フィリピンの観光ビザは21日間まで有効のため、表のフィリピン留学のビザ費用には、ビザの延長料も含まれています。その他、60日以上フィリピンに滞在する外国人は取得する必要がある外国人登録証、フィリピンで勉強する際に必要なSSP(Special Study Permit)という「特別勉強許可証」取得費用も含んでいます。

(次の記事へ)2章 試験を3ヶ月で300点上げることも可能。フィリピン留学の最大の魅力は「短期間で圧倒的な成果を出せる」こと
(書籍無料プレゼントページへ)電子書籍プレゼント(リンク先ページにて無料プレゼントキャンペーンを実施中)

電子書籍プレゼントバナー