この記事のポイント

・英会話経験ゼロから、人前で英語で自分の意見をはっきりと言われるようになった。

・TOEICスコアが450点〜800点にアップ

今回、サウスピークに半年留学されHikaruさんにインタビューしました。

青山学院大学経営学部に入学後、充実したキャンパスライフを過ごしていたHikaruさん。

周りに合わせてなんとなく就職活動を始め、大学3年生の夏休みにある企業のインターンに参加しました。

その中で、あることに改めて気づくことになります。

「日本企業でも、英語できるとチャンスが広がる」

頭ではわかっていたけど、改めて実感させられたそうです。

考え抜いた結果、大学を一年休学して留学する決意しますが、彼には致命的な欠点がありました。

「英会話経験ゼロ」

人前はもちろん、英語で会話した経験が全くありませんでした。

そんな彼は、サウスピークでカリキュラムのもと、本気で勉強に取り組み、人前で堂々と英語で自分の意見を言えるまでに成長しました。

サウスピークで成功体験を手にした彼からは、来たる就職活動に対する自信を感じました。

この記事は

・ノースキルの文系の大学生で、就職活動が不安でしょうがない……

・新卒では日本企業に就職したいけど、いつかは海外で働いてみたい……

以上の方々にオススメの記事となっています。

名前島岡 輝さん
年齢21歳
職業大学生
所属大学青山学院大学経営学部
留学期間26週間

目次

  • 就職活動から一転、休学×留学
  • 「目に見える数字の結果」が欲しかった
  • 英会話経験ゼロから日本語禁止校に転校するまで
  • 意外と充実! セブの日本食
  • 英語とインターンで未来の選択肢を広げる!

就職活動から一転、休学×留学

ーーそれではまず、自己紹介をお願いいたします。

Hikaruです。

東京都出身の21歳で、青山学院大学経営学部に通っています。

現在、大学を1年間休学して、サウスピークに6ヶ月間の留学をしています。

ーーということは、就職活動真っ只中だったんじゃないですか?

そうですね。真っ只中でした。

大学3年生の時にいくつかの企業でインターンをして、その中で興味がある業界や職種も出てきました。

ただ、ある企業でインターンしているときに、日本企業で働いていても英語ができるとかなり有利だとわかったんですよ。

ーーなぜ英語ができると有利だと感じたんですか?

その企業では、英語ができると会社で海外研修を受けることができるんです。

日本企業に勤めていても、英語ができると経験の幅が広がることを改めて知りました。

研修以外もそうじゃないですか。

海外に駐在できたり、海外との大きなプロジェクトに参画できたり。

英語ができると、チャンスが多くなることが改めてわかりました。

僕は大学卒業後、日本企業に就職しようと思っています。

しかし、日本企業でも英語ができると有利なことを考えると、就職活動を本格的にスタートさせる前に、英語を勉強すべきだと思うようになりました。

ーーそれまでは英語を勉強していなかったんですね。

はい。

ですが、以前から英語を勉強したいと思ってはいたんです。

海外で働くことにも興味があったんですけど、なかなか一歩が踏み出せなくて。

国内でのインターンがキッカケで、英語を勉強したい気持ちが強くなり、休学して留学することを決意しました。

「目に見える数字の結果」が欲しかった

* 2019年7月20日当時のスコア。9月14日に800点取得。

ーー夏休みを利用して留学することも可能だと思うのですが、なぜ休学を選択したんですか?

英語を身につけるのには時間がかかると思ったからです。

やるなら最低でも半年留学して、ちゃんと英語を勉強したかった。

だから、休学することを決めました。

ーーちなみに、私は休学経験がないのですが、休学はどのような手順でできるんでしょうか?

親の承諾書などいくつかの必要な書類提出と在籍基本料を支払えば、休学できます。

僕の大学の在籍基本料は、1年間で8万円でした。

意外とあっさりしていましたね。

もちろん、大学によって変わるとは思いますが、大体同じ感じだと思います。

ーー多くの留学先があるなか、フィリピンを選ばれた理由をなんだったんですか?

まずは費用の安さですね。

友人が留学していたメルボルンへの留学を考えていたんですが、費用があまりにも高くて。

カナダとか他の欧米諸国も同様に高かったです。

後、オーストラリアとかカナダって遊んでるイメージがあったんですよ。

グループレッスンばかりなのも、不安材料でした。

そこで見つけたのがフィリピン留学です。

生活費を含めた費用は欧米の 1/3 ~ 1/2ですし、マンツーマンレッスンも受けられるので、セブ島に留学すること決めました。

ーー数あるフィリピンの語学学校のなかで、サウスピークを選んだ理由はなんでしょうか。

サウスピークは、TOEICが確実に伸びるという実績があるじゃないですか。

だから、安心感がありました。

僕は日本企業での就職をしたいので、TOEICスコアで英語力を証明する必要があります。

TOEICスコアが高ければ、就職活動を有利に進められます。

あと、休学して留学したので、目に見える数字の結果が確実にほしかった。

だから、サウスピークを選びました。

ーーありがとうございます。留学を決めた時のTOEICスコアはいくつだったんですか?

450点でした。

大学入学直後にTOEICを受けたら550点だったので、100点も下がっていました。

大学では、特に英語の勉強はしていなかったので。

ーー勉強してないとそうなりますよね。ショックだったんじゃないんですか?

ショックでした(笑)。

なので、留学の1ヶ月前から事前に勉強しました。

サウスピークの事前学習カリキュラムを利用して、まずは高校英語の総復習からスタートさせました。

大学受験で身につけた文法や単語を思い出していきました。

就職活動をストップしたので、勉強する時間を確保できましたし、カリキュラムもちゃんとこなせたので、留学に向けていい準備ができたと思います。

英会話経験ゼロから日本語禁止校に転校するまで

ーーいざ留学生活をスタートさせて、勉強はスムーズにできましたか?

留学生活1ヶ月目の模試で650点を獲得できました。

ーーすごい。いきなりサウスピークのレジェンドですね(笑)。

留学前もそうですけど、カリキュラム通りにしっかり勉強しました。

サウスピークのカリキュラムには自習の方法も書かれているので、それに忠実に勉強を続けた感じです。

ーー日本語禁止校(EOP校)に転校しましたか?(日本語禁止校はTOEIC600点以上が入学資格。)

はい。

ただ、英会話の経験が全くなかったんですよ。

もちろん海外留学の経験なんてないので、スピーキングに対する自信がゼロでした。

英語だけで生活するなんて想像もできませんでした。

だから、日本語禁止校に行くまで、めちゃくちゃ勉強しました。

オリジナルにいたときは、1日12時間以上勉強していたと思います。

部屋にいるときも勉強してました。

ーーそのなかで、どの授業が役に立ちましたか?

発音矯正レッスンですね。

日本にいたとき、発音なんて習ったことすらなかったですから。

RとLの発音の違いだったり、細かな違いを勉強できてよかったです。

スピーキングの基礎を身についたと思います。

あとは、グループレッスンです。

人前で英語を話すのに抵抗があったので、最初は苦痛でした。

最初からレベル6※1のグループレッスンに入りましたし、同じレッスンの人たちは話すことに慣れていたので。

そのような状況だったので、「とにかく話す」、これしかなかったです。

克服したというよりは、克服させられたと言った感じですね(笑)。

でも、とても役に立ちました。

※1……サウスピークはTOEICのスコアをレベル分けの基準に採用しています。https://souspeak.jp/school/classes/

ーーオリジナル校と日本語禁止校の両キャンパスでの留学されましたが、どこに違いを感じましたか?

生徒さんの勉強に集中している雰囲気は同じでした。

だけど、勉強する内容が違うと感じましたね。

オリジナル校の生徒の方が文法や単語などの勉強に熱心に取り組んでいました。

一方で、EOP校の生徒は文法や単語などの基礎ができているので、スピーキングなどアウトプットに積極的に取り組んでいる印象です。

ーー残りの留学でさらに伸ばしたいところはありますか?

スピーキング力を伸ばしたいです。

SWレッスンを受講しているのですが、しっかり勉強してもっと話せるようになりたいです。

後、TOEICスコアを900点以上とりたいです。

目標が800点だったのですが、日本語禁止校に来てすぐ達成できました。

なので次は、900点を取れるように勉強を頑張りたいです。

意外と充実! セブの日本食

ーーセブで生活をしていて、苦労したこと、大変だったことはありますか?

特になかったですね。

留学する前にインターネットでいろいろ事前に調べていたので。

例えば、水道水は飲んではいけないとか、トイレットペーパーはトイレに流してはいけないとか。

1週間もすれば慣れたので、特に苦労したことはなかったですね。

ーー部屋の生活環境はどうでしたか?

快適でしたし、何も問題はなかったです。

僕は4人部屋だったのですが、日中はみんな勉強しているんで誰も部屋にいないんですよね。

基本的に寝に帰るくらいだったので、何も気になることはありませんでした。

ーー週末はどのように過ごしていましたか?

基本的に、部屋で寝ているか、動画を見ていましたね。

僕、すごいインドアなんですよ。アウトドアは全く行かなかったですね。

あんまり興味がなくて。海もセブ島に来た時の飛行機からしか見ていないです(笑)。

ただ、日本食が恋しくなるんですよね。

なので、定期的に外に出て日本食を食べていました。セブって日本食屋さんがいっぱいあるじゃないですか。

アヤラモールで食べたお好み焼きはめちゃくちゃ美味しかったです。

英語とインターンで未来の選択肢を広げる

ーー帰国後はすぐ、大学に復学されるんですか?

いえ。1年休学したので、後半年ほど休学期間があります。

なので帰国後はいろいろ企業でインターンをしたいと思います。

ー1つの企業に長くインターンされるのではないんですか?

そうです。

できるだけ多くの業界を知りたいんですよね。

去年のインターンを通して、興味がある業界や職種をいくつか見つけることができました。

だけど、もっと知りたいんです。

就職活動の材料としてのインターンというよりは、やりたいことを探すためのインターンですね。

ーー最後に、就職活動に悩んでいる後輩大学生に一言お願いします。

英語だけは勉強したほうがいいと思います。

まずはTOEICでいい。

僕も1,2年生のとき、本当に何もしていませんでした。

今回休学して留学しましたが、TOEFLやIELTSのスコアを持っておけば交換留学という選択肢もあったと思います。

単位も取得できますし、休学する必要もありませんでした。

少しでもやりたいと思っているのなら、今すぐ行動したほうがいい。

そうすれば、選択肢がどんどん増えていくと思います。

ーーhikaruさん勉強でお忙しい中、ありがとうございました。

TOEICスコア800点はどのように評価されるのか?

また、就職活動で最大限に活用するためにはどのように伝えると良いのか?

こちらの記事で説明しております。ぜひご覧ください!