ホテル型の学校の場合は、このような乗り合いバスに乗って移動する必要があります。

ホテル型の学校の場合は、このような乗り合いバスに乗って移動する必要があります。

フィリピン留学、セブ島留学の中には、ホテルに宿泊する「ホテル滞在型」の語学学校が存在します。ホテル滞在型の語学学校は宿舎がきれいという良い面がありますが、あまりお勧めできない点もあります。それは「価格面でお勧めできない」というものです。

価格が高過ぎるホテル滞在型の語学学校

語学留学をする上で気になるのが料金です。フィリピン留学(セブ島留学)は欧米留学と比較して「格安留学」と言われていますが、近年の円安により気軽に利用できるものでは無くなりつつあります。そして、ホテル滞在型の語学学校であれば、その円安の影響をさらに大きく受けて、通常のフィリピン留学(セブ島留学)の相場よりも2倍以上高いレッスン料を支払う必要が有ります。

ではここで具体的にホテル型語学学校Aの場合の1ヶ月にかかる料金を確認しましょう。

<<ホテル型の語学学校A校の1人部屋プラン>>
1ヶ月の基本料:278,000円
入学金等   :20,000円
1ヶ月の食費 :18,000ペソ= 50,000円
=合計 348,000円
*ホテルプランの語学学校には通常食事が朝食のみしか付いていません。そのため食費が別途かかります。詳細は『フィリピン留学、セブ島留学において3食の食事を提供しない語学学校に行くことの2つの大きな損失』の記事を確認下さい。


<<サウスピーク6人部屋>>
次はサウスピークの最安プランである6人部屋プランです。

1ヶ月の基本料: 129,800円
入学金等   : 20,000円
1ヶ月の食費 : 無料
=合計 149,800円


最安プランとのみ比較すると不公平ですので、もう一つ、サウスピークで最も高いプランであるプレミアム校1人部屋の1ヶ月の料金を下記に記します。

<< サウスピーク・プレミアム校1人部屋 >>
1ヶ月の基本料: 229,800円
入学金等   : 20,000円
1ヶ月の食費 : 無料
= 合計249,800円


以上の料金をまとめると下記のようになります。

スクリーンショット_2015-06-10_15_35_26

1ヶ月(4週間)で10?20万円の差。3ヶ月(12週間)で30?60万円の差。5ヶ月弱(20週間)で50?100万円の差です。つまり、ホテルプランではなく、従来型の格安留学の語学学校を選択すれば、最大で2.5倍も長い期間を留学することが可能となるのです。

結局、料金差がここまで大きくなるのは「ホテルの宿泊費が高いから」です。ホテル滞在型の語学学校は固定費が、従来型の語学学校と較べて大きすぎます。

【補足】また、フィリピン留学、セブ島留学において3食の食事を提供しない語学学校に行くことの2つの大きな損失の記事でも指摘していますが、食事に行くために「1日90分、1ヶ月で45時間」の時間を余分に費やさなければならない点で、ホテル滞在型の語学学校はさらに学習時間が少なくなります。

語学学校が食事を提供していない場合 余分に必要になる食事の時間
朝食:往復10分
昼食:往復10分
夕食:往復70分(タクシーの待ち時間10分込み)
⇒合計90分/1日 (月45時間の浪費)

2.5倍も滞在期間が変わると英語力の伸びにどれほど差が出るのか

2.5倍も滞在期間が変わると英語力の伸びにどれほど差が出るのかを、具体的な数字を上げながら説明します。

2ヶ月滞在(8週間)滞在するだけだと「約464時間」しか勉強出来ませんが、20週間滞在するのであれば「約1,160時間」の学習が出来ます。つまり、滞在期間を2.5倍にすることでなんと約700時間も余分に勉強することが可能なのです。

そして、現時点でTOEIC(R)試験の点数が400点の人であればどれくらい英語力の伸びに差が出るのでしょうか。

(サウスピークに留学した場合)
8週間滞在で150?200点アップし、550?600点まで到達出来る見込みです。
20週間滞在で250?300点アップし、750?800点まで到達出来る見込みです。
勉強時間に約700時間の差があるので、TOEIC(R)試験で到達可能な点数が200点も変わる。
(参考記事)TOEIC(R)試験の点数を上げるために必要な勉強時間

TOEIC(R)試験が600点と800点では英語力が大きく異なりますし、また他者からの評価のされ方も大きく変わってきます。後者の800点まで到達出来れば、外資系企業や日系の有名企業(LINEや楽天など)への応募も可能になります。逆に600点しか取れないのであれば、外資系企業への応募も、日系の有名企業への応募も出来ません。2.5倍も滞在期間が変わるとフィリピン留学後の就職・転職活動でも大きな差が生まれるのです。

まとめます。フィリピン留学(セブ島留学)の最大の利点の1つである「従来の欧米留学や、駅前留学と較べて圧倒的に格安であること」がホテル滞在型の語学学校では機能しません。そのため「英語漬け」で勉強できる期間が大幅に短くなります。これでは短期間で一気に英語力を高められるフィリピン留学(セブ島留学)の利点は活かせません。ホテル滞在型の語学学校をお勧め出来ない最大の理由はここにあります。

だからこそ、現状では「英語力を上げられないホテル滞在型の語学学校は一部の金持ちの道楽のためのもの」と業界内では見なされています。

語学学校の宿舎とホテルでどれくらい生活に差があるのか

そうは言っても「きれいなホテル滞在」という言葉に惹かれている方々には、発展途上国フィリピンのホテルの実情がどうなっているのかを説明します。

フィリピンの語学学校が利用しているホテルは、通常1泊3,000円〜4,000円程度のものです。そしてその質に関して述べると、設備面の充実やスタッフのサービスは一般的な日本のビジネスホテル以下です。発展途上国ですので、日本並のホテルを期待してこられるとガッカリすると思います。

フィリピンの中級ホテルに宿泊すると通常よくあるのが、「トイレットペーパーが流せない」「部外者が出入りしている(セブのナイトライフを楽しみに来たあまり質の良くない外国人観光客など)」「周りの部屋の客がうるさい(フィリピン人は日本人よりも騒がしいです)」といった問題です。こういうものですので、日本並のホテルを期待していると確実にがっかりすることになります。

サウスピークプレミアム校の校舎

サウスピーク・プレミアム校の校舎

そして、以上の状況を踏まえて、「フィリピンの中級ホテル」と「サウスピーク・プレミアム校の宿舎」とを比較すると、正直それほど変わりません。サウスピーク・プレミアム校の宿舎はフィリピンの語学学校の中の施設では綺麗な方ですが、過度な期待はされないことをお願いしております。

フィリピン留学、セブ島留学を行う際に宿舎に関してそれほど期待されないのがお勧めです。それよりもむしろ発展途上国フィリピンだからこそできる「マンツーマンレッスンを利用した効果的な英語漬けの日々」をどれだけの期間過ごせるのかに着目される方がお勧めです。